かむなぎ(神和)の道

かむなぎ(神和)の道

日々の気づきやメッセージなどを書いていきます。

 

現在、世界は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けています。

予定していたイベントは中止になり、
学校は休校となり、
日本への観光客は激減している状況です。


私は、セミナーやイベントの仕事を生業としていまして、
そのほとんどがキャンセルとなり、
過去に経験したことがないくらい、
甚大な影響を受けています。


なんてひどい出来事が起こってしまったのだろう。


そんなことを考えたこともありました。


でも、

出来事そのものには、
絶対的に良い出来事も、絶対的に悪い出来事もありません。


自分にとって都合が良いか、それとも悪いか、
あるのはそれだけです。



すべての出来事に、

絶対的な善も、絶対的な悪もない。

 

すべては相対的なもの。

すべては、その人の受け止め方しだい。


そして、その出来事を踏まえ、
「今の自分には、何ができるか」だと思います。


セミナーがすべてキャンセルになる。

仕事的には、影響は甚大です。

 


収入は、もちろん減少します。

 

でも代わりに時間ができます。


その時間で、何ができるかなのだと思います。


現在、世界の株価は大暴落です。


でも、

もし株を買う資金を調達できるなら、
バーゲンセールになっている今の株式市場は、
トレードの大きなチャンスかも知れません。


変化が起きれば、
都合の悪いことも起こるし、
実はそれと同じくらい、
新たなチャンスが生まれます。



出来事に、絶対的な善も、絶対的な悪もありません。


すべては、その人の受け止め方と、
それを踏まえた上での
行動のあり方しだい。


出来事を変えることは、
できません。

でも、その出来事をどのように受け止めるのかは、
変えることができます。


受け止め方を変え、行動を変える。

ピンチをチャンスに変える発想というのは、
そういうことです。


新型コロナウイルスの影響で、
世の中が変わった今しかできないことがあります。

今だからできることがあります。

ぜひそれを見つけ、
チャレンジをしてみてください。


そんな発想から生み出した行動は、
きっと未来を良い方向に変えていきます。

 

 
 

 

「人は何のために生きるのか?」
と問われた時、

今の私ならこう答えます。
 
「今、自分ができることをするため」、と。
 
 
できることを、する。
 

 
とてもシンプルですが、自分のあり方を決める
大切な考え方だと思います。
 
 
当たり前ですが、私は、神さまではありません。
 
惑星を創造することはできないし、
天候を変える力もありません。
 
魚の気持ちは分からないし、
カメハメ波を打つこともできません。
 

 
でも私は、自分の意思で体を動かすことができるし、
人と会話もできる。
 
会話を通して、人に勇気や元気を送ることもできる。
 
夢を持つこともできる。

 
夢を共有する、仲間をつくることもできる。
 

 
人には、たくさんの「できること」があります。

 
その「できること」を「する」ことが、とても大切だと思うのです。
 
 
何を「する」かは、人それぞれでしょう。

目標に 向かって努力をする。
失敗を恐れずチャレンジをする。
時にバカなことをする。
自分探しの旅をする、など。

 
 

一方、できることを、しない。

 


例えば、不治の病を治すことができる人が、
治療の活動を何もしないとします。

もったいないなあ、と思いますよね。

 
すればいいのに、と思います。
(しないとダメだろ!とも思います)
 
 
例えば、異常気象の問題を解決できる画期的なアイデアを持っていて、

でも、何もしないとします。
 
すればいいのに!
いや、しようよ!と思いますよね。
 


何を「する」かは、人それぞれですが、
「できる」ことがあるなら、「する」ことが大切だと思うのです。
 
※ただ、法律に触れることは、よくないと思います。
 


文章を書いたり、
曲を作ったり。
 
子どもを思いっきり褒めたり、
読みたい本を読んだり。
 
そして、自分が培ってきた、スキルや人脈を
生かしてみたり。
 
 
あなたは、何ができる人ですか?

 
どんなことをし続けてきましたか?

 
「できる」ということは、すごいことです。


「何となくできそう」ではなく、
「できる」と言えるものがある。
 

それは、すごいことなんです。

 

できることを、「する」。

 

行動を起こすと、そこに新たな学びや気づきが生まれます。

そして、さらに「できること」が増えていく。
  

できることが増えるにつれ、
あなたの役割や、生きる目的は変わります。
  
 
生きる目的は、あなたの「できる」によって
変わるものだと思います。

 
 
できるものが何もない?

 
そんなことはありません。
 
日々生活をしながら、
自分の「できる」ことを、チェックして、
メモをしてみると良いでしょう。
 
できて当たり前のことも含め、たくさん書くことがコツです。
 
できるけど、やっていないことが思いついたら、
それもぜひ書いてみてください。
 


数日間、メモを書き続けてみると、
何のために生きるのかが、きっと見えてくると思います。
 

 

   

人の人生には、
いくつもの“夢のドア”がある。
 


人は…例えば「宇宙へ行く」
みたいな大きな夢を持った時、
 
目の前に現れた
バカでかいドアに畏縮して、
 

向こう側へ行くことを
諦めちまう。
 
「開けられるわけがない」ってな。

 
だがビビることはないんだよ。
 

 
本当ははじめから、
そんな“バカでかいドア”なんてものはない。

 


小さなドアが
いっぱいあるだけだ。

 


“成長のドア”
 

“発見のドア”
 

“勝利のドア”
 

“賞賛のドア”

他にもいろいろ見つかるだろう。
 

 
そして、その小さなドアを開けるたび、
君らの夢が

 
ひとつずつ叶っていくのが
わかるはずだ。
 


君らには、
そのためにやるべきことがある。

 
手探りでも何でもいい。

意地でも次のドアに
手を伸ばし続けることだ。

 

 
そんなことをしている間に、
気づいたら
宇宙遊泳とかしているかもよ。

 
『宇宙兄弟』23巻/宇宙飛行士 ブライアン・Jのスピーチより

 

**********************
 
2週間後、

宇宙飛行士さんにインタビューをさせていただきます。

 

その予習として、漫画「宇宙兄弟」を読んでいます。
  
素晴らしい名言がたくさんありますが、
このブライアンのスピーチは、
特に僕の心に刺さりました。
 
ほんと、そうだよな~って思います。

 
1日の中でできることなんて、ほんの少し。

でも、その小さなことを、積み重ねることが、
とても大切だと思います。