パニック障害では、突然訪れる強い恐怖、動悸、めまい、呼吸困難(パニック発作)に襲われます。

 

そして、発作が起きたとき困るような場所にはいたくない(広場恐怖)、また発作が起きるのではないか(予期不安)と心配になり通常の生活がおくれなくなります。

 

 

そして2次的に、うつ病を引き起こす場合もあります。

 

 

なかなか、治らない場合も多い疾患の一つですが、病院で治らないパニック障害は、ぜひ漢方薬局にご相談を。

 

体質改善が非常に役立つ事が多い疾患の一つです。

 

 

パニック発作が治らない理由は、主に2つが考えられます。

 

 

1つは、西洋医学の精神疾患の診断で大切な事の1つに、除外診断というものがありますが、こちらが適切に出来てない場合があります。

 

つまり、脳や考え方などの精神的な問題ではなく、体側の問題でパニック発作を起こしている場合です。

 

 

日本の保険制度では、お医者さんが患者さん一人ひとりにゆっくり時間がとれませんので、診断間違いはどの科でもあると思います。

 

特に精神科では、血液診断などの数値で判断ができませんので、再度受診した時に、主治医の判断に役立てるような症状は細かくメモに取っておき伝えて下さい。

 

 

パニック発作の原因が、脳の問題ではなく、体側の問題でしたら、なかなか治らないのも当たり前です。

 

 

 

そして、もう一つはパニック発作に使える薬物が少ない、という事です。

 

効かなかった場合でも、同じ薬を投与され続けている場合もあります。

 

 

すべての精神疾患に使う薬は、脳を健康にする薬ではありません。

 

その薬は、効いてなくても飲んだ方が良い薬なのでしょうか。

 

飲んだらすぐに効くものでもありませんが、ある程度の時期が過ぎて効いてない場合は、再度考えてみる必要があります。

 

 

当店では、その様な場合はもっと熱心に先生に相談してみて下さい、とお伝えしています。

 

上手く減薬でき、その後問題を起こしてない場合も多くあります。

 

 

そうはいいましても、自分勝手に減薬はお止め下さいね。

 

また、減薬できた所で、要らなかった薬が一つ減っただけで、それとパニック発作が起こることは大抵の場合、別問題です。

 

 

パニック発作は、体の虚弱や極度の疲労で起こしている場合もあります。

 

漢方薬局ではその様な場合の体質改善に良い漢方薬が沢山ありますので、ぜひ足をはこんでみて下さい。

 

 

漢方薬に興味がでたり、現在、服用中の方は、下記の「漢方薬、大切な事」もご覧くださいね。

 

 

 

 

 

登録後に送られてくるメールから、登録完了URLにアクセス頂き登録ボタンを押すと登録完了となります。

迷惑メールに振り分けられない様に設定をお願いします。

プレゼントは登録完了URLから入るメールマガジン配信登録ページにパスワードがありますので、アベ薬局HPのメルマガ登録者プレゼント専用ページをクリックしてパスワードを入力の上お入り下さい。(メールマガジン配信登録ページは登録後消えてしまいますので、パスワードは忘れない様に記載して下さい)

見逃してしまった場合は、メルマガの記事の終わりの方に記載してありますので、メルマガが届くまでお待ちくださいませ。

疾患別の情報は通常配信では配信されませんので、登録完了URLのページより、記載通りに生年月日を設定して下さい。

 

 

アベ薬局 名古屋 南区 相談できる薬屋さん

 

http://abeyakkyoku.com/