昨夜のボブディランサミット2018カラオケ演劇

またまた濃厚な一夜となりましたラブラブ

毎年、このイベントには錚々たる面々が揃い、他では味わえない刺激や衝撃をいただいていますドキドキ

この場に一つ足を踏み入れれば、まだまだ子供のようなキャリアのモモナシ女の子男の子

自身の両親世代にも重なる歌い手のそこはかとないエネルギーや包容力に満ちた演奏、その立ち振る舞いを目の当たりに

生きるとは!? はたまた、どう生きるのか!?

毎年、考えざるを得ないところに引き込まれますまじかるクラウン


主催の和久井光司さん


いつも大きな出会いを本当にありがとうございますビックリマーク


和久井さんのソロの後、モモナシキラキラ

ディランとはトラッドフォーク繋がりと称して、ディランカバー曲、昨年のサミットから1年歌い通した「女のように」、そして今年初お披露目の「時代は変わる」、そこに並べての郡上踊り 郡上節「猫の子」、「郡上甚句」を演奏音符

1.Just like a woman
2.The time they are a-changin'
3.猫の子
4.郡上甚句
5.朝焼け

そして最後に、20thに向けてモモナシの記念すべき最初のオリジナル曲「朝焼け」をアコースティックテナーベースで初披露キラキラ

なかなかないセットリストにて先陣を切らせていただきましたクラッカー


小林啓子さん
初めてお会いし、競演させていただけたしあわせラブラブ
とにかく恐ろしく美しい、驚異的な美しさ
圧巻の70歳キラキラ年齢を超越した存在感。
30年の活動休止期間から復活されて15年。
その歌声は深くあたたかく、「比叡おろし」も生で聴くことが出来ましたアップ


中川五郎さん

久々の再会、競演虹
ディラン曲の和訳は五郎さんによるもの。
どう影響を受け、何を継承するか、五郎さんのオリジナル曲で見事にそれを現し、会場を一気に盛り上げて下さいましたアップ
生き続けることの説得力ドキドキ


中山ラビさん

3年前に再会出来、そこから毎年この日にお会い出来るしあわせラブラブ
重ねる度に増し続けるエネルギー、一貫する存在感、どうしたらこんなに凛としていられるのか!?


ラビさん&和久井光司★MATRIX-1、そして和久井MATの演奏

全員でのアンコールセッションにて終演カラオケ演劇クラッカー

photo by 愛茉

今年は啓子さん、ラビさんと真逆でありながも共通する芯を持ったシンガーと同じ時空間を過ごせたことドキドキ

同じ女性として、シンガーとして、これから20年以上先の指針を示していただいたような虹

ご来場の皆さんもこの出演陣に側頭の中、私にとってもかなり貴重で、遠くまで見据えていこうビックリマークと又々今年も奮い立つ夜となりました恋の矢キラキラ


とにかくお2人共、立ち姿勢が美しいことも印象的でした!
姿勢は、本当に大事だとガッツリ確信ニコニコひらめき電球合格