現役コピーライターが教える“売れ続けるセールスコピー”の秘密

  • 11Jul
    • 驚愕の音声入力

      こんにちは。亀川です。今回の記事は、テスト的に音声入力を使って書いています。実際、タイピングするよりも話した方が早いので音声入力はすごく助かります。もし、音声入力を使ったことがない場合はぜひ試してみてください。今回私が使ったのは、Googleドキュメントを使った音声入力です。ご参考:http://www.blog-support.com/entry/2017/06/05/220907Google ドキュメントをひらいて、「ツール」から「音声入力」を選んで、マイクのマークをクリックするとすぐに音声入力を開始できます。今までは、タイピングしている途中にミスタイプしたとき、思わずバックスペースを押してしまっていました。ですが、音声入力の場合、頭で考えていることをそのまま話して、最後に編集すればいいだけなのでバックスペースは押しません。そのため、タイピングよりも早く書くことができます。ちなみに、音声入力で記事を書く前に、下書きとして構成だけ先に決めておくともっと書きやすくなります。構成も必要ないような簡単なメールだったり短文のメールのやり取りだったらメールに対しての返信内容を話せばいいだけです。ですので、文章を書くのがものすごく楽になります。ただし、当たり前ですが、声を出せない場所にいると音声入力は使えません。たとえば、図書館とか、静かなオフィスとかです。こういう場所で音声入力をすると怒られるので気をつけましょう(笑)なお、文章の構成を作るときに役に立つ本があります。それはこの本。『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』伊藤 羊一(著)タイトルに「話せ」と書いていますが、文章で伝えるときにも使える便利な構成テンプレートが紹介されています。文章を作る前の段階で、全体の構成だけ作っておけば、さらに楽に文章が作れますよ。また、Google ドキュメントを使った音声入力の良いところは他にもあります。音声入力しながら、改行や句読点(「、」「。」)を入れることができるんです。つまり、話ながらエンターキーを押して改行を入れたり、句読点を入れれば、あっという間に記事が完成します。ちなみに、この記事は約10分で音声入力できました。構成は話しながら作っていった感じです。この記事は約1000字ですので、1000字ぐらいの記事だったら10分で記事が完成する計算ですね。音声入力で書き終えたあとは、編集をして記事をアップします。記事を書き始めて編集が完了するまで、30分から1時間くらいで終わるんじゃないでしょうか。たまに、メルマガの記事を書くのに3時間とか4時間かかると言う人がいるので、そんな人は、先ほどご紹介した本を読んでいただいて音声入力でサクッと記事を書いていただければと思います。劇的に記事を書く時間が短くなると思いますよ。ぜひやってみてください。私も、これから記事を書くときは音声入力がメインになりそうです。ありがとうございました亀川

      28
      テーマ:
  • 09Jul
    • 本は全部読まなくていい

      こんにちは、亀川です。今日の内容は、タイトルの通り「本は全部読まなくていい」ということについてお伝えします。というのも、私は、独立してから色々なセミナーに参加しています。マーケティング、コピーライティング系に限らず、Web広告や心理学のセミナーにも参加します。そして、セミナーには「起業を目指している人」が少なからず参加しています。そんな方々と興味本位で話をすると、ある共通した思い込みを持っていることに気が付きます。それは、・本は最初から最後まで全部読まなくてはいけないという思い込みです。はっきりいいますが、本を最初から最後まで読んでも、どうせ、ほとんど覚えていません(笑)重要なのは、本の内容を実践することですよね?ただ本を読むだけでは意味がない。本に限らず、学習をしたらアウトプットをしないと記憶に定着しません。もっと言うと、アウトプットに対してフィードバックをもらわないと、そのアウトプットがどの程度のクオリティなのかもわかりません。ここに、興味深いデータがあります。「1冊の読書で年収75万円の差がついている!?」https://news.mynavi.jp/article/20170428-a064/上記記事の「年収と読書量には相関関係がある!?」を読んでみてください。こんな記載があります。=================30歳代で年収が3000万円を超えている人の平均読書量は、1ヶ月で3冊=================この調査結果を見る限り、年収を上げるには「月に3冊以上」本を読むことが大事だとわかりますね。ですが、落とし穴もあります。それは、さきほども書いた通り読むだけでは意味がないということです。・読んでどうしたいのか?・なんために読むのか?ここを固めた上で、・何を読むか・どこを読むかを決める必要があります。そうは言っても、「忙しくて本を読む時間がない……」と思う人もいるかもしれませんね。そこで役に立つのがこの本。『コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ』大石哲之(著)まえがきをご紹介します。=================本を読んでも身につかない。本を読んでもスキルがアップしていない。本を読む習慣はできた。たくさん本を読んでいるにも関わらず、なかなか身にならない。仕事の成果に結びついてこない。そのような悩みを抱えているビジネスマンのために、本書を書きました。本書は「コンサルタントの」という冠がついているように、コンサルタントが実践する最短の時間で最大の成果を得るリーディングの方法について書いたものです。私を含めコンサルタントと呼ばれる人々は、本から知識・スキルを学んでそれを実践するのが、おそらく一番うまい人種だと思います。そのノウハウを凝縮して書きました。・明日までに企画書、 プレゼンを仕上げないといけない。 短期間に成果を出したい。・やったことのない新しい分野の 仕事に取り組む必要があるため、読書が必要。・少ない時間の中で、すばやく情報を得て、 本質を掴めるようになりたい。・読書と仕事の中で実際に役立てることとの間の 「つなぎ」の秘密が知りたい。・コンサルタントのように、幅広い知識を 短期間で身につける方法が知りたい。といった人にとって多くのヒントを得てもらえるものと思います。=================この本、めっちゃ安いわりに実践的で使える内容なので、ぜひ読んでみてください。あと、意識してほしいのは本の「はじめに」と「おわりに」を読んで「この本は使えない」と思ったら思い切ってその本を捨てることです。そうしないと、あなたの貴重な時間がムダになってしまいますので。「もっと自分の価値を高めたい」という方には月に3冊から読書をはじめてみるのをオススメします。亀川【メルマガのご案内】・「ファン」を作りながら「長期的に」売上を上げる方法・会社員が起業するまでの「ロードマップ」・「成功するプロモーション」を作る秘密の方法・不労所得を得るために必要なスキル・情報洪水で溺れている方へ。必要な情報と不要な情報を見極めるコツなどをお届け。メルマガの登録はこちらから

      2
      テーマ:
  • 08Jul
    • 99%の無駄を捨てる

      こんにちは、亀川です。今回は、前回のテーマに関連して「タスク管理の前にやること」をお伝えします。前回ご紹介した本のなかには、「GTD」や「CCPM」などのタスク管理、プロジェクトマネジメントのノウハウが書かれています。本を読んで、「このノウハウを実践すれば、 タスク管理ができて、時間と心に余裕が生まれる!」と思うかもしれません。ですが、残念ながらタスク管理のノウハウだけではうまくいきません……。これまでタスク管理系の本やノウハウを勉強したことのある人はわかると思います。・いざ実践しても長続きしない……・そもそもツールを使うのがめんどくさい……・忙しくなってくるとタスク管理する時間すらない……こんな状態になりませんか?もし、こんな状態になるとしたら、「タスク管理ができていないこと」が問題の原因ではない可能性が高いです。そもそも、膨大にタスクがある時点で「なにか」がおかしい。そう思いませんか?多くの人が持っている問題を言ってしまうと、・なにが本当に大事なことかわかっていないこれです。タスク管理の前にやることは、「本当に大事なことを見つける」です。この「本当に大事なこと」を見つけるのに非常に役立つ本がこちら。『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』グレッグ マキューン著Amazonの紹介文を引用します。=================Apple、Google、Facebook、Twitterのアドバイザーを務める著者の99%の無駄を捨て1%に集中する方法とは!?本書で紹介するエッセンシャル思考は、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術ではない。本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、システマティックな方法論だ。エッセンシャル思考が目指す生き方は、「より少なく、しかしより良く」。そのためには、ものの見方を大きく変えることが必要になるが、時代はすでにその方向へ動きだそうとしている。=================この「エッセンシャル思考」という考え方は一生使えます。・忙しい割に成果が上がらないという人には特に役立つ内容だと思います。ですが、注意点があります。「『エッセンシャル思考』を読んだだけで タスクがシンプルになりますか?」と聞かれたら、「いいえ」と答えます。その理由は、次回お伝えしようと思います。楽しみに待っていてください。亀川【メルマガのご案内】・「ファン」を作りながら「長期的に」売上を上げる方法・会社員が起業するまでの「ロードマップ」・「成功するプロモーション」を作る秘密の方法・不労所得を得るために必要なスキル・情報洪水で溺れている方へ。必要な情報と不要な情報を見極めるコツなどをお届け。メルマガの登録はこちらから

      1
      テーマ:
  • 03Jul
    • 幼稚園児でもできるタスク管理

      こんにちは。亀川です。ここ最近、仕事もプライベートも怒涛の忙しさで、てんやわんやしています。プライベートでは、宮崎で結婚式、妻の妊娠、出産準備……仕事では、新プロジェクトの複数立ち上げ、シークレットセミナーの開催準備……時間がいくらあっても足りない!という状況です(笑)この状況を脱出しようと情報を集めているとき、「これはいいな」と思った本を発見しました。多くの人に役立つ内容だと思うので、今回はその本をシェアしますね。『マンガでわかる! 幼稚園児でもできた!! タスク管理超入門』岡野 純 (著)テーマはズバリ「タスク管理」。Amazonの紹介文には以下の記載があります。=================何度も挫折したタスク管理、幼稚園児ができる!?「そんなこと、あるわけない」と思ったあなたにぜひ読んでいただきたい!どうすればタスク管理を継続できるのか、幼稚園児でもできるコツとともに、読みやすいマンガでお伝えします。「タスク管理は難しい」とは、もう言わせません!=================これまでタスク管理をしてきて思ったような成果が得られていない人は、「幼稚園児でもできる」と言われるとほんとか? と思うかもしれません。ですが、読み進めるとその理由がわかります。幼稚園児のタスク管理も、大人のタスク管理も基本は同じ。マンガを読みながら、タスク管理のコツをつかめる内容です。こんな方には特にオススメ!・タスク管理が苦手な方・常に忙しく、時間に追われている方・もっとうまくタスク管理をしたい方しかもこの本、「Kindle Unlimited」で読むことができます。話は変わりますが、「Kindle Unlimited」は、めちゃくちゃ便利です!0円で大量の本が読めるので、ちょっと気になったタイトルの本があったらかたっぱしからダウンロードして読むことができます。文字を読むのが苦手な人には、「マンガでわかるシリーズ」がオススメです。3時間かけて読むような本でも、マンガなら1時間かからずに読み切ることができます。「Kindle Unlimited」でガンガン本を読むことで、成長のスピードを上げることができますよ。逆に、「本を読みすぎて時間がない」とならないようにご注意ください(笑)亀川【メルマガのご案内】・「ファン」を作りながら「長期的に」売上を上げる方法・会社員が起業するまでの「ロードマップ」・「成功するプロモーション」を作る秘密の方法・不労所得を得るために必要なスキル・情報洪水で溺れている方へ。必要な情報と不要な情報を見極めるコツなどをお届け。メルマガの登録はこちらから

      10
      テーマ:
  • 24Oct
    • 脳を鍛えるには運動しか無い!

      こんにちは。亀川です。最近、「マラソンに挑戦したい!」という人が周りに2人ほどいましたので、ちょっとしたアドバイスをしました。それは、「いきなり走ったりすると、怪我したり、疲れ過ぎたりするので、まずは短い時間から始めるといいですよ」というアドバイスです。これは、習慣化できないとか、モチベーションが続かないとか、そういうことにも言えることですが、一度「ツライ」と感じたことを自主的に行動するのは脳に大変な労力がかかります。イチイチ、テンションを上げないと動けない状態というのは、異常な状態です。そうではなく、なるべく自然体でできるようなことから始めたほうが、結果的に長続きするのです。「1日60分走る!」ではなく、「1日10分走る」という目標にして、1日10分を続けていくことで習慣になり、結果的に体力が上がり、強い体とメンタルが手に入るのですね。詳しい情報は下記の本に書かれています。『脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方』ジョン J. レイティ (著), エリック ヘイガーマン (著)1日10分走るだけで、メンタルが改善するので、✔落ち込みやすい人✔ネガティブ思考から抜け出せない人✔運動不足で体力が落ちている人などの人には特におススメです。私の場合は、仕事の合間の気分転換に走ることにします。あなたも、まずは1日10分から、新しい習慣を作ってみませんか?P.S朝走るときに、よく聞いている曲がこれです。↓開始1秒からエンジン全開で走り出すことができます(笑)ランニング中に聞く音楽で走るスピードが変わったりするので、音楽のちからは偉大です。

      139
      テーマ:
  • 23Dec
    • 自分自身をコーチする

      こんにちは、亀川です。つい4ヶ月前から初めた習慣があるのですが、これがとても素晴らしく効果的なので、シェアしたいと思います。その習慣とは、今回の件名にあるとおり、「自分で自分をコーチする」なのですが、コーチの方ってたくさんいらしゃいますよね。起業家専門コーチとか、目標達成コーチとか、ダイエットコーチとか、まさに星の数ほどいるコーチの方々ですが、こうやって分野を特化させると、その人の強みや特徴がよくわかりますよね。たとえば、ダイエットコーチなら、「この人はダイエット専門のコーチなんだな、私は今ダイエットをしたいからこの人のブログを読んでみようかしら。あら、なかなかいいこと言うじゃない。え?無料の体験コーチングやってるの?じゃあ、ちょっとお願いしちゃおうかしら……」とまぁ、こうなれば理想的ですね。今回はコーチのためのマーケティング講座ではないので割愛しますが、実際、コーチがいると、目標達成がしやすくなります。これは、私自身も体験済み。一度モチベーションアップの電子書籍を販売したことがありますが、そのときは、コーチと一緒に「電子書籍出版!」という目標に向けて爆進していました。結果、約三ヶ月でその目標を達成することができました。なので、それを自分でやっちゃおう、というのが今回の趣旨です。自分が自分のコーチになって、毎日の自分の行動に対してフィードバックをするわけです。これは本当に効果抜群で、・客観的に自分の行動を振り返るので、素早く自己改善できる。・1つ1つの行動のスピードが上がる。・無駄なことをしなくなる(ネットサーフィンなど)・モヤモヤ、漠然とした不安が減少するなどのメリットがあります。私の場合は、iPhoneアプリの「10年日記」を使って日誌を書くようにしています。もちろん、紙の手帳でも問題ありません。やりやすい方法でいいのです。目的は自分で自分をコーチすることですから。書く内容は、1・今日よくできたこと2・今日ダメだったこと3・1と2を踏まえて明日は何をするか?仮説:(どうすればもっとよくできるか?)検証:(前日に立てた仮説を実践した結果どうだったか)反省:(なにか改善できることはあるか?)分析:(なにがどうなってこの結果がでたのか?)などなど。なにか明確な目標があれば、それに対する仮説、検証、反省、分析を書きます。仕事であれば、なぜ、この取組は成功したのか?なぜ、この取組は失敗したのか?細かくフィードバックをします。これを毎日繰り返すと、改善のサイクルが早く回ります。さらに、思考力もあがるので超おすすめです。頭の中で考えていることを文字にすることで、一気に頭の中を整理できますので、ぜひ今日から取り組んでみてください。亀川P.S:最近、作業中などに「Charisma.com(カリスマドットコム)」をよく聞いています。女性ファンが多いらしいので、リサーチがてらに聴き始めたのですが、思わずハマってしまいました(笑)歌詞をみると、なるほど共感する方は多いのではないか、と思える感じでした。私は「お局ロック」が特にお気に入りです。共感を呼んでいる要素はなにか、分析してみるのも面白いですよ。

      202
      テーマ:
  • 28Oct
    • 1日を32時間にする方法

      こんにちは、亀川です。さて、今回は、「1日を32時間にする方法」と題してお送りたいと思います。あなたは仕事をしている最中、「うわっ、いつのまにかこんな時間!全然仕事が終わらないよ(泣)」という経験はありませんか?私はあります(笑)こういったことが何度も続くときは、仕事のやり方や、仕事の内容そのものを見直すサインだと思いますので、ぜひ、一度時間をとって仕事の流れや工程を書き出してみるといいですよ。仕事の手順を、ステップ1で○○をする、ステップ2で○○をする、ステップ3で……という感じで書き出して、PCの横に置いておくだけで、仕事のスピードが上がるので、一度お試しください。この方法は「細分化」と「ステップ化」です。仕事術の本とかによく書いてます。実際に私がつかった例を紹介します。少し前にwebページの作成作業をしていたときのことです。(ブログのようなページです)以前はこんな感じでした。まずはタイトルを入れてー、次にタグを入れてー、本文入れてー、……あれ、次なんだっけ?えーっと、なんだったかなー。。。あ、そうだそうだ、画像を探してきてー、ダウンロードしてー、……あれ、次なんだっけ?こんな感じで、思い出しながら作業していたので、「手順を思い出す」という無駄な時間をつかっていたわけです。しかし、B5サイズの紙に手順を書き出して、すぐに確認できるようにした結果、ステップ1は○○ステップ2は○○ステップ3は○○ステップ4は○○ステップ5で終了!という感じで、仕事の手順が明確になり、作業時間の短縮に成功しました。具体的には、以前は150分程度かかっていた作業を100分で終わらせることができるようになりました。実に2/3です。短縮できた時間は50分です。50分はデカイですよね。これはもう、時間が「増えた」と表現してもいいくらいのインパクトがあります。そうして余った50分を使って、他の仕事をすることができます。そうすると、仕事の生産性が上がりますね。50分あれば、カップラーメンが16個作れます。「そんなにいらない」という意見は無視します(笑)この方法は、新しい仕事を覚えたときや、ルーチンワークが増えたときなどに使えますし、習慣を作るときにも使えます。例えば、週に1回ブログを更新するとか、毎日20分歩くとか、なにか、新しい習慣をつくりたいときに使えます。「細分化」と「ステップ化」は、本当にいろんな場面で使えるテクニックなので、ぜひ日頃から活用して時間を増やしていってください。ありがとうございました。亀川P.S:最近「水曜日のカンパネラ」にハマってます。「桃太郎」という曲が有名ですが、あえて「シャクシャイン」を紹介します。町名を連呼するところ、実際に歌ってみると口が気持ちいいです(笑)リズム感も素晴らしく、一発でファンになってしまいました。この曲を聞きながら記事を書くと、タイピングのリズムも良くなりますよ(笑)

      78
      テーマ:
  • 19Oct
    • なんでも売れるようになる魔法の方法?

      こんにちは、亀川です。今日は、コピーライターとして活動していく中で気づいたことをシェアしたいと思います。あなたは、ネットでいろんな情報をみていて、「売れる文章が書ければ、どんな商品でも売ることができる!」「すごい営業マンは、たとえゴミでも売ることができる!」「初対面のお客がどんどん物を買っていく、魔法のセールストークがある!」といったことが書かれたページを見たことありませんか?ハッキリいいますが、それは「ウソ」です。売れる文章(=コピーライティング)が書けたとしても、売れない商品は売れません。すごい営業マンの魔法のセールストークでも、売れないものは売れません。それは、売れない原因はコピーライティングやセールストークではなく、別のポイント、つまり「商品」であり、もっと突っ込むと「オファー(提案内容)」にあるからです。今回は詳しく書きませんが、「売れない」ことの原因は本当に色々あって、一概にこうだとは言えないんですが、おおまかに「売れる商品はこれです」と言えるものが4つあります。この4つを外さなければ、売れないってことはないでしょう。逆に、これを外すと、一個も売れないことになりかねません……そんなことになってしまう前に、絶対にこのポイントを外さないようにしましょう。チェックリストにして持っておくと良いですよ。その4つのポイントは・・・1:人間関係の悩みを解決する2:健康についての悩みを解決する3:お金の悩みを解決する4:スピリチュアルについての悩みを解決するこの4つです。なぜこの4つなのか?それは、この4つが、「人間がずっと抱えている悩み」だからです。それこそ、大昔からずーっと無くなっていない悩みなんですね。ですので、あなたが売る商品が、この4つのうちのどれかを解決できるのであれば、その商品は売れる可能性が高い、ということですこのテーマはすごく深いので、このままあっさりと終わってしまうのももったいないのですが、また改めてお伝えしたいと思います。亀川P.S:これは美容整形外科のCMですが、渋谷の街頭広告で流れていて、信号待ちのときに、思わず最後まで見てしまいました。街中でみたときは字幕があったんですが、一人目は40代、二人目は50代、三人目は60代、と出ていました。もう、映像を見てるだけで美容整形を受けたくなってきましたね(笑)先ほどの4つのポイントで言うと、「健康」の分野でしょうか。「健康で美しくありたい」という欲望を刺激しています。この動画を見て、ポイントは「描写」だと思いましたが、あなたはどう思いますか?

      36
      テーマ:
  • 14Oct
    • 見えないところに本質はある

      こんにちは、亀川です。今日のテーマは「見えないところに本質はある」でお届けします。ところで、「ハビタブルゾーン」って知ってますか?ハビタブルゾーンというのは、ものすごくざっくり簡単に言うと、『宇宙の中で生命が生きていける環境』のことなんですが、実は太陽系の惑星の中で、このハビタブルゾーンに入っているのは地球しか無いそうです。それぐらい狭いということなんですが、このハビタブルゾーンをもっと身近なものに例えると、『自分が最も自分らしく活動できるエリア』と言えるのではないでしょうか?もしかしたらそれは、職場かもしれないし、カフェかもしれないし、図書館かもしれないし、自分の部屋かもしれません。それは人それぞれかもしれませんが、私の場合はダントツでカフェです。今のところ、仕事内容にもよりますが、自宅で何かするより、集中できます。周りのお客さんの会話も、聞いているとネタになったりするので、こっそり聞き耳を立ててみたりします。でも、ハビタブルゾーンはすごく狭いのです。ちょっと違うエリアに行くと、なかなか集中できなかったり、結局仕事が進まなかったり、ということが起こります。かなり絶妙なところにハビタブルゾーンはあります。私の場合、夜22時頃のモスバーガーがベストです。最強に集中できます。最悪なのはマクドナルドです。いつ行っても、なかなか集中できません。不思議なことに毎回そうなんですよね。と、今この記事を書いているのも、夜23時のモスバーガーです。20分そこらでサクサク仕事が進みます。面白いですねー。ホットレモンティーを飲みながら、モスライスバーガーを食べてます(笑)さて、ここで質問です。あなたにとってのハビタブルゾーンはどこでしょうか?最も集中できて、最も仕事がはかどり、最も生産的になれるエリア。「場所は関係ない」と思わずに、ちょっと意識してみると、意外と自分のことが分かったりしますよ。多少はざわざわしてた方がいいとか、静かな音楽が流れている所がいいとか、全く無音の方がいいとか、それが分かると、これまで以上に勉強や仕事がはかどりますよ。ぜひ、一度意識して探してみてください。きっといいことが起こりますよ。ありがとうございましたー。亀川P.S:今日のミュージックはシンディ・ローパーです。彼女の逸話で、こんな話があります。ある空港でトラブルが発生し、飛行機に乗れない人が大量に発生したとき、暴動が起こりそうになりました。そのとき、空港に居合わせたシンディがこの曲を空港のマイクを使って歌ったそうです。シンディの歌を聴いた乗客は怒りを忘れ、合唱が起こり、暴動が起こらずに、逆に喜びを感じたのです。心が荒んできたとき、この曲を聴くとまた気持ちを切り替えて楽しい気分になれるので要ブックマークです(笑)

      22
      テーマ:
  • 13Oct
    • 問題解決力=検索力

      こんにちは、亀川です。先日、困ったトラブルが起きました。今作成中のワードプレスサイトをいじっている最中、突然画面が真っ白に!若干焦りましたが、すぐにインターネットで検索です。「困った時の占いババ」ではないですが、「困った時のグーグル先生」ということで、早速検索です。検索キーワードは「ワードプレス 画面真っ白 困った」です。(笑)そのまんまですが、解決策が記載されているサイトを発見することができました。そのサイトに書かれていることに従って、まずはこれ、次はこれ、その次は……と、順番通りに作業を進めると、無事元通りに!その瞬間、「あー、良かった~」と思わず声に出してしまいました。私のために作られたサイトではありませんが、そのサイトで解決策を探している最中はまさに、「私のためのサイト」になっていたわけですね。もしあなたが、なにか解決したい問題を抱えているなら、単語でもフレーズでも文章でもいいので、検索してみてください。以外とあっさりと、解決策が出てくるかもしれませんよ。「困ったら検索!」が合言葉です。それでも解決しない場合は、詳しい人に聞くとか、本を読めば、大抵の答えは見つかります。解決策を探すステップをまとめると、1:まずは検索で解決方法を探す2:見つからない場合は詳しい人に聞く3:それでも見つからない場合は本を読むこの流れですね。わからない状態で立ち止まっていてもしょうがないですから、まずは検索して少しでも前に進んでいきましょう。そうすると、仕事のスピードを上げることができますよ。亀川P.S:今日のテーマは「検索」なので、検索エンジン世界一の、グーグルの動画です。2013年版も面白いので、興味があれば見てみてください。懐かしい気分に浸れますよ(笑)

      10
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス