いしいともえ公式ブログ【衆議院・愛媛2区】

いしいともえ公式ブログ【衆議院・愛媛2区】

元愛媛県議会議員・看護師・国民民主党新人いしいともえの想いや日々の活動をお届けしています。

「政治を変えなければ私たちの生活は変えられない」

19年前シングルマザーになったことがきっかけで女性支援活動を開始。当事者の声を政治に届けたいと選挙に挑戦、2回の落選を経験した後ネットを駆使し無所属で県議会議員に初当選。昨年の新型コロナ対策では県に何度も要望を出すも一向に支援は進まず、「まずは国を変えていかなければ」と県議会議員を辞職し国政に挑戦することを決意しました。

参議院選挙も間近になり、愛媛県内で街宣カーを走らせています。

しかし、政策を浸透させていく難しさを同時に感じています。

企業の理念を社員に理解してもらい浸透させていくのは難しいとお話しを伺ってましたが、

政党の政策を理解して頂くためにはよりわかりやすく、簡潔なメッセージが重要です。

国民民主党は

給料を上げる
国を守る

を柱に様々な課題を解決するため政策を立案しています。

YouTubeでも紹介していますのでぜひご覧下さいね!

参議院選挙に向けての準備も慌しくなってきています。

地域をまわっていて、盛り上がりに欠けていると感じますが、
全国の選挙区で様々な政党から立候補を表明していて、立候補予定者数が過去最多の地域も出てきているようです。

戦争、コロナ禍、物価高騰など、不安が高まっているなかで人々の考え方、要望も多様化していることを感じます。

各政党の政策をみて、政策を軸に判断し、投票していく社会になればと思います。

本日、午後衆議院本会議において、立憲民主党が提出した岸田内閣に対する不信任決議案は反対多数で否決をされました。この内閣不信任決議案は「内閣が信任できない」とする衆議院の意思を表明する議案のことをいいます。

 

 

国会の会期末で提出されることが多いですが、本来の目的として使われているのか?お決まりのように提出することは国民の理解を得られないのではないか?などと問題も指摘されています。

 

内閣不信任案については、国民民主党は長期化し、混迷を極めるウクライナ情勢、北朝鮮のミサイル発射など安全保障環境の緊迫化、コロナ禍、物価高騰など、国難ともいえる状況の中、 国民民主党が求めてきた原油高騰対策やヤングケアラー支援、カスタマーハラスメント対策などの重点課題が不十分ながらも前進を見ている状況もあり、 政治空白を作るべきではないとの判断の上、反対をしました。

 

 

不安定な世界情勢から国を守り、経済の立て直し、生活に困窮する国民に寄り添うために、政策実現に向けてまい進していきます。