いつも心にアロハを

いつも心にアロハを

いつだって人との出会いは一期一会 
ここで会ったのも何かの縁
はじめまして これからもどうぞよろしく

先月31日の日曜日から始まったスカイツリーの特別ライティング

 

14日以外の8月日曜日限定のデザインは花火

 

画質悪しなのはご了承ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「花火が打ち上がり火の粉が舞い上がる様子など、動きのある演出をお楽しみください」

 

ってホームページには書いてある

 

見ると、下からライトが移動して真ん中あたりでカラフルになり

 

てっぺんのライトの色が変わることで花火の

 

「ヒュ〜〜〜〜・・・・

 

ドカーーーン!!」を表現してる

 

 

だけど写真を撮るといつもより地味

 

動画でみると少しは花火らしさがわかる

 

 

 

 

そして、6日土曜日で終了した、ジョジョコラボの特別ライティングを浅草寺越しに。

 

 

 

 

 

 

 

今年はスカイツリー開業10周年なのでそれを記念した

 

特別ライティングが今後さらに予定されているらしい

 

忘れなかったら出来るだけ観て記録しておこうかな

先月、福島に帰省したときに映画を観に行った

 

 

「ミニオンズフィーバー」

 

 

 

 

ユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・スタジオが生んだ人気キャラクターのミニオンを主役に描く長編劇場アニメ「ミニオンズ」の第2弾。

最強最悪のボスに仕えることを生きがいとするミニオンたちが、なぜ怪盗グルーをボスに選んだのか、そしてグルーはどのようにして月を盗むほどの大悪党になったのか、その謎が明らかにされる。

1970年代、ミニオンたちはミニボスとして崇拝する11歳の少年グルーのもとで日々悪事を働いていたが、ある日、グルーが何者かにさらわれてしまう。

ミニオンのケビン、スチュアート、ボブは、グルーを救出するため奔走し、その過程でカンフーの達人マスター・チャウと出会う。

ケビンたちはマスター・チャウに弟子入りを志願するが、その先にはさらなる険しい道が続いていた。

 

監督は前作「ミニオンズ」や「怪盗グルーのミニオン大脱走」も手がけたカイル・バルダ。声の出演はグルー役のスティーブ・カレルほか。

日本語吹き替え版も笑福亭鶴瓶がグルー役を引き続き担当し、市村正親、尾野真千子、渡辺直美、田中真弓、速水奨、大塚明夫、立木文彦、宮野真守、鈴木拡樹ら豪華俳優・声優陣が集った。

 

 

 

今回は少年グルーがミニオンを受け入れるシーンから始まり

 

一緒に悪事を働く(と言っても子供のする悪さ)

 

かわいくて平和?な生活だったけど

 

仲間割れしてしまった憧れの大悪党グループ、ヴィシャス・シックスの

 

現リーダーにグルーが誘拐されミニオンズが助けに行く

 

 

相手は強いからカンフーの達人に弟子入りしようとするけど

 

門前払いされてしまい、必死に懇願するシーンがメチャメチャかわいかった

 

 

目がうるうる~ってしてるボブたちのグッズが欲しい

 

 

そして、ミニオンの新しいキャラクター、オットーが今回は活躍する

 

 

 

大悪党ヴィシャス・シックスの元リーダー、ワイルド・ナックルズ

 

 

現リーダーのベル・ボトム

 

 

 

 

カンフーの達人マスター・チャウ

 

今回のキャラクターはマスター・チャウは良かったけど

 

ベル・ボトムが元リーダーを裏切る理由とか、悪党になった目的とかが

 

あまり描かれてないからイマイチだった

 

「ミニオンズ」の女怪盗スカーレット・オーバーキルや

 

「怪盗グルーのミニオン大脱走」の元子役バルタザールみたいに

 

愛すべきキャラじゃなかった

 

まぁ、ミニオンのかわいさとグルーとの絆が見れたからいっか

福島滞在10日で再び東京へ

 

 

 

今回の帰省の目的は

 

町内会のゴミ捨て場の当番と婦人科の通院と歯科医院でのクリーニングと美容院でのカット

 

かかりつけ医じゃないと不都合だからってのもあるし、やっぱり家を空けるのは

 

1ヶ月くらいが妥当かな〜って事で・・・

 

 

案の定、掃除したはずのトイレの便器に黒カビが付いてたり

 

帰ってきた挨拶にお隣に行ったときに

 

「代わりに芝刈りしようかと思った」と言われるくらい

 

庭の草がぼうぼうだったりで戸建ての大変さが身にしみた

 

先月、東京でパートの仕事を始めたからようやく東京暮らしのリアリティが出てきたけど

 

福島の家を目の当たりにして、またどっちを拠点にするか迷い始めてしまった

 

 

とはいえ、まだ東京での生活は始まったばかり

 

もう少し様子見だな〜

 

 

さて、今回の居酒屋新幹線

 

 

 

 

猪苗代のクラフトビール

 

その名も17846(いなわしろ)

 

 

 

数字に当てはめているだけでなく、種類も5種類ある

 

 

 

 

いつものコラッセ福島の観光物産館にて

 

まずは、順番通りに飲もうと選んだのがピルスナー

 

 

 

 

たぶん、1番飲みやすいと思う

 

それに合わせたのは、神戸コロッケのビールに良く合うと謳った

 

ビアコロ

 

 

 

千切りのジャガイモと粗びき黒こしょうがビールに良く合う〜!

 

 

 

そして、お弁当は福島市のお店、ゆず沢の茶屋のゆずみそ焼きおにぎりとおかずのセット

 

 

 

 

 

 

これには、福島の地酒

 

 

 

 

 

曙酒造の一生青春AKEBONO1回火入れ

 

 

 

一生青春AKEBONOは、ほぼ生酒なのでフレッシュで飲みやすい

 

まさしく、若さみなぎるって感じ

 

ゆずみそ焼きおにぎりも外側が香ばしくゆずみその風味がして

 

中はふっくら炊き上がったお米で米どころ福島の名に恥じない美味しさ

 

福島はゆずの産地最北端(だったはず)なのでけっこうゆずみそがスーパーで売られてるんだけど

 

ここのゆずみその焼きおにぎりは初めて食べた

 

そして、食べすすめたら中に昆布が入ってた

 

 

 

 

いや〜満足したわ〜

 

さて、また東京での慣れない仕事が始まる

 

がんばっペ〜!

 

雨が降った先日火曜日、病院に行った帰りにランチを食べた

 

 

 

福島駅西口の目の前、イトーヨーカドーの3階にあるサイゼリヤ

 

 

 

福島はやはり人が少ない・・・

 

だけど夏休みに入ったばかりだったからか?

 

名前を記入して待つほど店内は混んでいた

 

新幹線のホームを見ると、ちょうどつばさがやってきて

 

やまびこと合体するところだった

 

 

 

ちょうど外壁の工事中で合体部分が見えないのが残念

 

さて、久しぶりにサイゼリヤに行ったけど

 

カトラリーケースがスライド式になっていて

 

最初開け方がわからず、あちこち引っ張ってしまったよ

 

 

 

 

平日なのでランチメニューからチョイス

 

 

 

っつーか、サイゼリヤで毎回食べるムール貝のガーリック焼きがなぜか品切れだったし、

 

これまたいつも食べるパルマ風スパゲッティは

 

いつの間にかメニューから消えてて目的のものがなくなった

 

ってことでランチメニューから

 

オニオンソースのハンバーグ

 

 

 

 

写真に写ってないけど、これにサラダも付いて¥500

 

ドリンクバー¥100付けても¥600

 

安い!

 

スープをお代りして、ドリンクバー3杯飲んだし満足、満足〜

おニャン子クラブは「春はお別れの季節です」って歌ってたけど


令和の今、夏は辛口の季節です


まずはマクドナルド


 

 

 ガンダムとのコラボでシャア専用のメニューが多数販売


 

赤いガーリックてりやきを食べたら、辛くない・・・

 

 

 バンズが赤いだけでテリヤキソースは辛くなく、普通に美味しい


ナゲットは辛口のもので美味しかった


そして日を改めて


辛ダブチ


 

これにはハラペーニョや辛いスライスチーズが入ってたので


ちゃんと辛くて美味しい

 


ハラペーニョを食べたとたんに汗が吹き出るけどね〜 

 

 

さて今度はファミリーマートでファミチキのハバネロホット

 

 

 どれだけ辛いかわからないから甘いチュロスで保険をかける


いつもの美味しいファミチキがハバネロで辛くなってさらに美味しい〜


辛いの〜、甘いの〜、辛いの〜、甘いの〜・・・


と、交互に食べてお口の中をリセットしながら美味しく頂いた



そして、夏の辛口フードの大本命


ケンタッキーフライドチキンから


レッドホットチキン



 

今回は別売りの辛口ソースも付けて辛さに挑戦!

 

 

 めちゃめちゃ辛くて美味しい〜!


 

大好きなドラムも入ってたけど、もう1つはリブだったから


食べるのにコツ(骨)がいる


でもやっぱりいつ食べても辛くて美味しい〜


レッドホットチキンは期間中に最低でも3回は食べたいから


絶対にノルマ達成するぞ〜!