アジア競技大会を終えて | ビーチバレー 清水啓輔のブログ

テーマ:
本日は決勝トーナメント一回戦を迎え、中国にフルセットで敗れました。



これで僕たちのアジア競技大会が終わりました。



最終結果は9位タイでした。








今回シード上との試合はグループ戦でのイラン、そして今日の中国でした。



共にフルセットの13-15での敗戦となりました。



ここから学ぶことはなんでしょうか。



足りないものはなんでしょうか。










試合中ですが、ペアがサービスエースを取った時なんだか涙が出そうになりました。



初めての経験でした。



外から聞こえるたくさんの声援、ペアの頑張り、この大きな舞台で自分が日の丸をつけて試合をしていること、そして素晴らしい対戦相手がそこにいること。



急にその全てが一気に自分の中に入ってきて、これはとんでもないことだ、と思いました。



それはとても良い意味で僕の中に吸収されました。



この試合勝てる、いや、勝つ。絶対に全てをここに出し切る、置いていく。



そういう気持ちになりました。






僕が心がけていること、それはいつも同じでいること。



どんな相手でも、どんな大会でも、予選でも本戦でも、いつも全力で、いつも同じ気持ちで向き合おうと思っています。



 
というよりも、それが当たり前だと思っています。






試合はいつも自分の実力を教えてくれるだけなのに、なぜ負ける大会や相手によって悔しさが違うのか、僕は昔自分に対して不思議に思いました。



相手が自分より練習していないから?年下だがら?背が小さいから?



だから悔しいのか?



それは裏を返せば、自分より練習していて、年上で、背も高ければ負けても悔しくないのか?



その時そんなことを思いました。



いつだって、どんな相手にだって僕は勝ちたいと思っているし、それがどんな相手かなんていうことを、勝手に自分の物差しで測って勝手に悔しさに優劣をつける、そんなおかしなことはないだろうと僕は思います。






ただ、そんな自分でさえもふと我に帰った時に、
「これはとんでもないことだ」
と思いました。



アジア競技大会だから、日の丸をつけているから頑張る訳ではない、なぜならいつも精一杯やっているはずだから。



でも、ペアがサービスエースを取ったことがなぜかトリガーになって、そこで多くのことを理解しました。




いつも同じだ、と思って夢中でやってきて気づかなかったことが、一気に押し寄せてきました。







素晴らしい大会でした。






自分の実力はここまででした。



いつも同じで、試合は自分の実力、立ち位置を教えてくれます。



今回もそれがわかっただけです。






自分の取り組みを信じていて、対戦相手をリスペクトしていれば、いつも同じでいられると僕は思っています。



いつも同じでいられれば、ブレーキがかかりません。




勝つための取り組みを、常に続けることができる。




僕はそう考えています。







アジア競技大会で負けようが、草大会で負けようが、僕はいつも同じです。




そこでビーチバレーボールをして、そこで結果が出る。




いつも勝てば嬉しいし、いつも負ければ悔しい。



僕はそんな無邪気なマインドを持ったプレーヤーであり続けたいです。



とはいえ今回は本当にたくさんの経験ができました。



アジアのレベルを肌で感じることができました。



そして確信も得ました。



悔しいことの方が多いけど、それだけに嬉しいことが起きた時は最高なんです。



魚釣りも、いつも入れ食いじゃ楽しくないしね。



アジアのチームとたくさん練習して帰ります。








次はジャパンツアー愛媛大会です。



今回は池田隼平選手と出場します。




引き続き応援よろしくお願いします。








Keeeeesukeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス