クラニオセイクラルな日々-あたまをさわれば幸せになる

クラニオセイクラルな日々-あたまをさわれば幸せになる

大阪市西淀川区かなや整骨院院長のブログ

ココロに効く、カラダに効く、クラニオセクラル・セラピー


かなや整骨院 

 

 
 
 

自律神経調整・頭痛、耳鳴り、めまいの改善・受験生の心身のメンテナンス

 
 
 

完全予約制
 

 

受付 9時30分から8時30分(木・日曜日休み)
 

 

 

ホームページ(お問い合わせ・ご予約もできます)
 

 

https://craniosacraltherapy-tukuda.jimdo.com/  
 

 

 

施術のお問合せ・ご予約は上記ホームページの「ご予約・お問い合わせ」に必要事項をご入力のうえ、ご送信ください。

 





 

テーマ:
コンニチハ。

かなや整骨院です。

このふた月くらい、膝がむちゃくちゃ痛かったです。

立ったり座ったりに支障をきたすくらい。

得意技の光線療法とかキウレイコンとかも今回はあまり奏功してくれず難儀しておりました。

一昨日、家にあったカッピングを思い出して膝につけてみました。


そしたらねぇ、一晩経ったら膝の痛みがキレイに引いているのですよ。

疲労回復とか筋肉の凝りとかには重宝してたのだけど、

膝の痛みにも効くんや。






テーマ:
コンニチハ。

かなや整骨院です。

日曜日に神戸で口内法の話をします。

単独のテーマとして話すのは初めてなのでちょっと緊張しています。

ワタシはぶっつけ本番で話ができないので、あれこれ構成を考えます。

大学で教職課程をとったかたならご存知と思いますが、教科指導案ていって授業のシナリオを作らされます。

構成を立てないと、伝えたいことが効率よく伝わらないからね。

後に受験産業に身を置くことになった時に、研修で先輩の授業を聞かせてもらいました。

このときワタシは先輩の授業を指導案に起こす、ていう作業をずっとやってました。

いろんな先輩の授業でこれをやると、授業のうまい下手と構成がちゃんとしてるかどうかには相関性があるのが改めて理解できます。

講義のスタイルと構成がちゃんとしてるかどうかにはあんまり関係がなくて、

ハチャメチャに見える授業でも実は綿密なシナリオがあったりします。

ワタシは構成をとことん考えるのだけど、あとは本番は流れに任せます。

結果、「これ話そう」と思ってた内容は一通りお伝えできています。

モノを教えるようになって30年ちょっと、多少は進歩もしてるのでしょう。





テーマ:

コンニチハ。

かなや整骨院です。

パーミングていうのは手のひら全体でクライアントの顔とか即頭部とか顎とかを軽く覆う手技です。

palmは手のひらですから、それのingで「手のひらを当てる」ていう意味なのでしょう。

手の当たっている部分の骨どうしのバランスを調整する、と説明されていますがようは、

その辺りを「ならす」感じ。

なじませる、のほうがしっくりするかな。

それで実際に手を当てたあたりの緊張が緩んだりします。

レイキにも同じような手当てがあって、こちらの方は「気」を手のひらから送る、とされます。

どちらの作用機序のモデルが正しいのか、ていう問題ではなく、

何らかの意図をもって手を当てることで心身の緊張が緩む事実は、

もっと認識されてもいいと思います。

何となく憂鬱なときに頬杖をついたりするのも、知らず知らずパーミングを行っているのかも知れませんね。






テーマ:
コンニチハ。

かなや整骨院です。

4月21日の口内法セミナー、本日で受講お申し込みの受付を終了します。

口内法を習ったけど、なんかグダグダで結局わからなかった、ていう先生、

臨床でちゃんとお使いいただけるようになります。

https://www.towatech.net/seminar/search_result/10897





テーマ:
コンニチハ。

かなや整骨院です。

妊婦さんの腰痛について以前も書いたことがあります。

一般的には妊娠7ヶ月を過ぎてお腹が急激に出てくることで腰椎の前彎カーブが大きくなって腰痛が起きる、とされます。

でも、テーピングで姑息的に痛みのない状態を作ってあげると、

そのまま腰痛は治ってしまいます。

急激にお腹が出てきたことが痛みの直接の原因ではなくて、

腰椎のカーブの変化を脳が「イレギュラーな外力」と錯覚して、「動くな」ていう緊急命令を出した結果が妊婦さんの腰痛の原因なのでしょう。

ついでに言えば腰痛のでた妊婦さんに対して医師は「我慢するしかない」て言うらしく、それが新たなストレスになって痛みを増悪させます。

言ってみれば脳の過剰反応とか誤作動みたいなものと考えるとお腹はますます出てくるのに腰痛がなくなってしまったことの説明になるでしょうか。

痛みを姑息的にせよ止めてしまうと脳がカラダの変化を再確認して、「緊急事態ではないな」ていうことを認識することで、「動くな」ていう命令=腰痛は解除されるのだと思います。




Ameba人気のブログ