『第3回マリンアカデミ-』を須磨ヨットハーバーで実施いたしました。

 

■開催概要

・主催 神戸市立須磨ヨットハーバー共同事業体 (一財)神戸観光局 / (株)ヤマハ藤田

・共催 (一財)日本海洋レジャー安全・振興協会 

・後援 神戸市みなと総局

・協力 海藻おしば協会 / B&G神戸海洋クラブ

・対象 神戸市在住の親子

・開催日時 令和2年10月11日(日)午前10時~午後3時

・海藻おしば体験者数 42名(児童+保護者・関係者)

・海藻おしば指導 海藻おしば協会会長 野田 三千代

 

■開催内容

 (一財)神戸観光局港湾振興部須磨ヨットハーバー主催の「第3回マリンアカデミー」は20201011日(日)に開催されました。プログラムは「ボート乗船体験」ならびに海藻おしば体験教室の二本立てで、参加希望者は100人近くに達しましたが、抽選で48名が参加。

 「マリンアカデミー」とは、様々な体験プログラムを通じて海の素晴らしさ、厳しさを理解し、正しい知識を持つ「海洋人」の育成をめざすもので、今回も神戸市立須磨ヨットハーバー主催、一般財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会共催、神戸市みなと総局後援、海藻おしば協会ならびにB&G財団神戸海洋クラブの協力のもと「海に慣れ親しむこと」、「海の環境保護」を目的として、神戸市在住の親子を対象としました。 

 開催日当日は受付時に検温・アルコール消毒・マスク着用を確認。当日は42名の元気な親子が参加。参加者は24名づつに組分けされ、午前と午後で、それぞれボート乗船と海藻おしば教室を体験。開校式は密を防ぐ意味で表のヤードで行った後、全員で記念写真を撮影。午前・午後の海藻おしば教室では、海藻おしば協会野田会長挨拶で「今日は海藻おしばを楽しみ、きれいな海で遊ぶ楽しさを未来に向けて続けるためにも、海の環境保全の大切さを学んでください」と述べた後、DVD「ようこそ海の森へ」を鑑賞。終了後に野田講師は「海の中に森があり、海藻がつくるその森は、太陽の光を食べて生きており、多くの生き物を育てる棲み家になったり、海水をきれいにする働きがあります。ですから光が届くよう海を汚さないようにしてください」と説明。その後、DVDでおしばの作り方を紹介。終了後、ハガキ1枚のおしばづくりを親子で楽しみました。

 

■イベントの模様

●海藻おしば体験教室

会場となった神戸市立須磨ヨットハーバー

ヨットハーバーから見る須磨海浜公園と遠くに明石大橋

ヨットハーバー管理棟2階の研修室が会場

受付にはアルコール消毒液や検温計なども用意しました

蜜を防ぐために記念写真は外で撮影しました

スタッフも全員マスク着用でレクチュアの始まり

DVD「ようこそ海の森へ」を鑑賞後、海の中で海藻はどんな動き

をしていましたかを表現する子どもたち

レクチュアも終わり、いよいよおしばづくりの始まりです

 

●おしばづくり体験

親子で楽しく想像力を発揮しました!

 

 

 

 

●素晴らしい作品が出来上がります!

 

 

 

 

●見事な作品が完成しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●参加者からのメッセージ

それぞれの思い出をつづりました!

 

 

 

 

 

 

■きれいな須磨の海で初めてのボート体験乗船

 

 

 

台風14号の迷走や、コロナの感染防止対策など、準備も大変でしたが、何とか無事開催することができました。

家に閉じこもっていた子どもたちも、潮風を受けたボート乗船体験と、海藻おしばづくりを満喫した思い出の一日となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3回マリンアカデミー 実施報告書

 

 

●2020年秋の勉強会中止のお知らせ!

このメールは海藻おしば協会事務局より配信しております。

 

コロナ・猛暑・台風と次々とやってくる中で、今年も残すところ4ヶ月あまり。

皆様方におかれましてはお元気にお過ごしのことと願っております。

 

さて、毎年秋に開催しております「指導者養成講座~レクチュア編」ですが、

2020年度秋の開催を中止させていただきます。

 

コロナの影響がまだまだ収束していない状況であることと、会場を予定して

おります東京・品川にあります東京海洋大学品川キャンパスにおきましても、

当分オンライン授業とのことで、施設を使うことが無理なことなどを考慮し、

やむなく中止することとなりました。

 

春の勉強会に続いての中止で残念ですが、ご理解いただきたいと思います。

 

来春の伊東市・伊豆高原学園ならび東伊豆・南伊豆海岸での海藻採集を

予定しております春の勉強会で、皆さんとお会いできることを楽しみしております。

 

2020年9月10日 海藻おしば協会事務局

 

 

海藻おしば協会では、海藻おしば教室の開催に当たって「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」の啓発ポスターを作成し、会場などで掲示しております。「SDGs」とは、2015年に国連サミットで加盟193ヶ国により採択されました。内容は持続可能な世界を実現するための17の「目標」と169の「ターゲット」で構成され、地球規模で目指すべき、未来の地球環境到達点が表現されています。

 

海藻おしば協会は、この「目標」の14に掲げられています「海の豊かさを守ろう」の重要性を啓発する活動へ向け、ご覧のようなポスターを

つくりました。海藻おしば協会の活動主旨は「光はごはん、海を濁さないで~海の森も大切に」です。各地で開催する教室では、海の森をつくる海藻をテーマに、海の自然環境保全を啓発する活動を継続してお

ります。

 

今後とも海藻おしば協会へのご理解とご支援をお願い申し上げます。

 

 

 

海藻おしば協会「春の勉強会」中止のお知らせ!

 

海藻おしば協会事務局からのお知らせです。

 

先に告知しておりました2020年6月6日(土)~7日(日)に開催予定でした静岡県・伊東市「伊豆高原学園」施設と「南伊豆海岸」での漂着

海藻採集を基本プログラムとしました春の勉強会(実技編)は、コロナウイルスの影響が長引くことをふまえ、本日をもって開催を中止することとしました。

 

今回、参加申し込みをされた皆様には大変残念な結果となりましたが、勉強会は秋にも予定しておりますので、お楽しみください。

秋の勉強会の概要は9月頃には再度お知らせを配信いたします。

以上。海藻おしば協会事務局からのお知らせでした。

 

 

 

海藻おしば協会事務局から緊急のお知らせです。

 

国立科学博物館特別展「和食」の開催は、当初317日からと発表されていましが、昨日312日(木)の段階で再延期されました!

皆様方の中で見学に行く際には、必ず事前の情報確認をお願いいたします。

 

新型コロナウイルスが、国内はもとより世界中で猛威を振るっています。皆様方におかれましては影響のないことを願うしかありません。

 

さて、標記の国立科学博物館特別展「和食」の開催も、この影響を受けたびたび開催時期の変更が発表されていますが、昨日再び17日からの開催が延期となりました。今後は国内のコロナウイルスの状況次第で開催時期を発表するということです。

 

見学に出かける際には必ずいかのULRから情報確認をした上でご判断ください。

 

https://washoku2020.jp/outline.html