草ヒロ趣味。

草ヒロ趣味。

このブログは、草ヒロ趣味人のころころが見つけた草ヒロを紹介するブログです。
たまに旧車やネオクラ(90年代車)、そしてクルマ以外のネタも紹介します。ごゆっくりどうぞ♪

ダイハツ ミラ TR-XX

アバンツァートR(E-L502S)

or

ダイハツ ミラ TR-XX

アバンツァートR4(E-L512S)

1995~96年式

神奈川県にて 2015年4月26日撮影

 

軽自動車の馬力の上限が64psと決まるキッカケを作ったスズキ謹製のアルトワークス。

スズキの長年にわたるライバルメーカーであるダイハツも、指を咥えてみているだけに終わらず、『ウチんとこでも作れるわ!』と奮起。既に用意されていたミラのスポーツモデルであるTR-XXをベースに、自主規制値64psいっぱいまでチューニングしたホットハッチが、アルトワークス登場の1年後にリリースされましたとさ。

 

そして今回紹介するこのクルマは、ミラTR-XXにおける3代目モデル。ベースのミラで言うと4代目となるL500系です。

アパートの前で遊んでいるだけの、撤去の危険性が高めな個体でありました。

青空駐車ながら状態は良好で、タイヤの空気の抜け具合からしてもそこまで長い期間放置されていたとは考えにくく、比較的最近ナンバーが取れたものと推測されます。

 

こちらにお顔を向けていなかったのが残念ではありましたが、ホイールやテールランプのデザインより前期型と分かり、年式は絞れたのでまだいいでしょう。

問題なのはグレードです。

ホイールやリアバンパー、リアスポイラーからTR-XXというのは分かるのですが、アバンツァートのステッカーが一切なかったため、複数存在するアバンツァート系のグレードの中でもどれなのかというところで判断に迷いました。TR-XXのグレードとして、前期型にはアバンツァート/アバンツァートR/アバンツァートR4/アバンツァートGの4種類あるのです。

 

しかしありがたいことに、リアゲートには“TWIN CAM 16V”のステッカーが残されており、そこから四気筒エンジン搭載車両だと分かりました。

前期型は3気筒がアバンツァート/アバンツァートG、4気筒がアバンツァートR/アバンツァートR4という棲み分けになっているため、これのお陰でグレードを半分まで絞り込むことが出来るのです。

しかし、RとR4は駆動方式の違いなので、こればっかりはデカールが残っていないと外見からでは判断することが出来ません。

車高はR4の方が35mm高いらしいのですが、その程度の違いであれば両車を並べてみないことには分からないので、結局これ以上は絞り込むことは出来ないと判断しました。

お知らせ(?)

 

昨日の記事は、いつもの公開時間である6時00分に公開されなかったため、『また更新する時間がなかったのか』『何かあったのか』と思った方もいらっしゃるかも知れませんが、ただ記事公開日の設定を間違えただけでした汗

申し訳ございません。

12/6に公開とするべきところを、一週間後の12/13に公開するという設定にしていたようです。

まだご覧になっていない方は、是非ともご覧くださいまし。どうぞコチラへ。

 

 

 

 

…ま、それはさておき。今回紹介するくるぱく(日本自動車博物館)のクルマは…?

メルセデス・ベンツの歴史に残る、名車中の名車です。

 

 

メルセデス・ベンツ 300SL

1955年式

日本自動車博物館にて 2013年8月13日撮影

 

300SL!

もはや説明は要りませんね。

 

ガルウィングドアのクルマを一つ挙げよと言われれば、僕は真っ先にこのクルマの名前を答えます。

…というほどに、ガルウィング=300SLの印象が強いです。世界初のガルウィングドアを採用した市販車ですしね。

くるぱくに展示されていた300SLは、ドアを開けた状態で置かれていましたが、開いているときの見た目もまた美しいですねぇ。カモメが翼を広げているところにそっくりであり、ガルウィングと名付けられたのも肯けます。

 

 

 

メルセデス・ベンツ 190SL

1958年式

日本自動車博物館にて 2013年8月13日撮影

 

ついでこの子もご紹介。

…300SLではありません。似ているけれどもちょいと小さめなボディです。

このクルマは、300SLの弟分として登場した190SL。

300SLが醸し出す“本物の”風格には及びませんが、それでもカッコいいデザインであることには変わりありません。

『GWだ!峠へGO!』シリーズ、今回は、トレノとレビンをご紹介します。

 

 

 

 

トヨタ スプリンタートレノ

1600(E-AE101)

1993~95年式

長野県にて 2015年5月4日撮影

 

…と言って、ハチロクトレノが出てくると思った方はこのブログの読み込みが甘いです(爆)

やはりココで紹介するトレノは…こういうマイナーなトレノでないと!

 

というわけで、AE101型、通称トイチの登場です。

ハチロクに比べると圧倒的に知名度が落ちるトイチトレノは、ハチロクの孫と言える2世代後のモデルです。そしてこれは、バンパーの開口部が大きくなった後期型となります。

 

バブルの好景気によりデートカーとしてヒットしたキューニーがフルモデルチェンジしてトイチとなったわけですが、すでにバブルは崩壊し、このような趣味のクーペが売れる時代ではなくなってしまいました。

それでもトヨタは作り続けたのです。

デザインもハチロクトレノとは似ても似つかぬ柔和なデザインになってしまった…かと思いきや、間に92トレノを挟んでデザインを比較してみると、意外とデザインにつながりがあることが分かって面白いです。

一応先代の面影は踏襲しつつ、少しずつ変えながらモデルチェンジを重ねていることがよく分かります。

 

 

 

では、トイチと抱き合わせで紹介するレビンとは…?

ハチロクが出てこなくてがっかりしたハチロク好きの方に朗報です!

 

 

トヨタ カローラレビン 3ドア

1600GT APEX(E-AE86-ECMVF)

1983~85年式

群馬県にて 2015年5月4日撮影

 

このドライブで遭遇したレビンはハチロクレビンだけでしたので、世代は違いますが、トイチトレノと一緒にハチロクレビンを紹介する運びとなりました。

やはり王道を往くカッコよさです!定番のパンダカラーもキマッってますね。

この個体は前期型でありますが、皆さんはハチロクの前期と後期、どちらがより好きですか?

…ちなみに僕は、よりシンプルなデザインの前期型の方が好きです。

ダイハツ フェローMAXバン

スーパーデラックス(L38V)

1973~76年式

山梨県甲府盆地にて 2018年3月23日撮影

 

ライトエースやミニキャブが放置されていた廃屋の表側…。最も道路に近い場所に朽ちていたのはフェローMAX。

今回の撮影の3年前にこの廃車群を初発見した時は、このフェローがまずお出迎えしてくれたので何かと印象深く思い出深い草ヒロです。

 

竹林が傍らに広がっているおかげか、直射日光が柔らかい木漏れ日に変わり、ビビッドな青色は色褪せることなくそのままの状態を保っているご様子でした。

竹がボディを突き抜けているのも相変わらず。

竹の生命力の強さをひしひしと感じます。

 

…ってあれ?

ちょっと待った!

 

撮影日:2015年4月1日

紹介日:2020年11月22日

『草ヒロ満喫サイクリング@春の山梨(46)』

 

これが初発見時の画像。

ご覧の通り、ボディを突き抜けている竹は、ここから見える範囲で言えばこの当時は影も形もありませんでした。

ボディが大きくひしゃげているのは初発見時もそうだったため、竹がボディをひん曲げたのかと思って違和感を全く感じておりませんでしたが、そうではなかったようです。

いずれにせよ、竹の生命力が強いのは紛れもない事実です。

…否、むしろ、最長でも僅か3年でここまで成長するということが分かったので、竹の生命力が強いことがより克明になりましたね。

 

 

日産 スカイライン ハードトップ

2000RS(E-KDR30JFE)

1981~83年式

山梨県甲府盆地にて 2019年3月3日撮影

 

R30スカイライン前期型、通称:ニューマンスカイラインが軒先のちょっとしたスペースで朽ちていました。

R30といえばやっぱりコレ!な、赤と黒のカッチョイイ2トーンカラーを身に纏っており、交換されがちなホイールも、ものの見事にノーマル品が装着されている素晴らしい個体でした。

まさに80年代を感じるこのデザインのホイールがとっても魅力的なので、拝むことができて良かったです。

また、オプションパーツと思われる黒いリアウィングや、クーペのノッチ部分に装備されている整流板(?)も素敵です。

特に用もなく遊んでいる様子の草ヒロでしたが、このままの状態でずっと遊んでいてほしいものですね。

日産 エコー

ロング(GHC240W)

1968~70年式

山梨県富士五湖地域にて 2018年9月9日撮影

 

有料道路を使わずに山梨入りするときのお気に入りルート上にいる2代目エコーの草ヒロ。

もう何度も彼の目の前を通り過ぎ、そして何度もカメラにその姿を収めてきました。

今回は夏真っ只中の様子。

草木に囲まれた平和な環境で、木陰で休んでいるように見えました。

 

 

日産 キャラバン コーチ

10人乗 デラックス(E20系)

1973~77年式

or

日産 ホーミー コーチ

10人乗 デラックス(E20系)

1976~77年式

長野県にて 2015年1月3日撮影

 

真冬の山間部の長野ならでは!積もりに積もった雪!

……。

お陰でキャラバンなのかホーミーなのかワカリマセン。おまけに年式もワカリマセン(リアワイパーが設置されていないように見えるため、1977年以降のモデルではなさそうですが…)。

雪は好きですし、冬を感じられるため写真に映り込むのもいいのですが…顔が見られなくなってしまうのはどうにもスッキリしません。

サイドにはかすれた屋号が書かれていたので、旅館か何かの送迎バスとして使われていたのでしょうね。

 

 

日産 キャラバン

長尺 ライトバン(E20系)

1976~77年式

or

日産 ホーミー

長尺 ライトバン(E20系)

1976~77年式

長野県にて 2015年1月3日撮影

 

ついでにもう一台紹介します!

今度は雪も少なく、顔が見られそう…?

…って、後ろ向いてる!!

…というわけで、これもキャラバンかホーミーか分からず。年式は、NAPSのステッカーがあってリアワイパーがないことから、かなり絞り込むことは出来ました。

今年も月日が過ぎるのが早いもので、もう師走です。

さて、12月の更新一発目に紹介するのは、日産のネオクラ車2台です。

 

 

 

日産 スカイライン 4ドアセダン

GTS(E-HR33)

1995~96年式

神奈川県西部にて 2015年4月26日撮影

 

R33スカイラインのセダンです。

売れ筋モデルはこういった普通のセダンモデルなのでしょうが、月日が経って足として用いられがちなセダンは淘汰され、趣味性の高いクーペやGT-Rの方が今ではよく見かけるというのは何とも皮肉な話。

撮影当時でも20年近く昔のクルマでしたが、年齢を感じさせない状態の良さが保たれている素敵な個体でした。

 

 

 

日産 ラルゴ(W30系)

1993~99年式

神奈川県西部にて 2015年4月26日撮影

 

白とグレーのツートンカラーを基調とし、ところどころに赤いラインが入っているという、みょうちきりんなカラーリングをしたラルゴを発見しました。また、グリルも違うものに交換されています。

当時はラルゴだから撮ったというよりも、ヘンテコなカラーリングだから撮ったという記憶がありますが、今からしてみればラルゴというだけでも充分撮影する価値があります。

バネットの上位車種として登場したバネットラルゴは、バネットのミニバンVer.であるバネットセレナが登場すると、バネットの名を外され、ラルゴとしてバネットセレナの上位車種として君臨することとなりました。

 

ラルゴは僕が小学生の頃はよく走っているのを見かけていましたが、現在はめっきり見なくなりました。

『現在はめっきり見かけなくなりました。』…コレ、ネオクラを紹介するときの常套句となっている気がしますが、本当にそうなのです。

 

さて、この謎めいたカラーリングですが、サイドを見てみると、あのアバルトのサソリマークが…。そしてその隣には“FIAT ABARTH”の文字が…?

否、“FIAT ADULT”と書かれてありました。

 

フィアット・アバルト、ならぬ、フィアット・アダルトとは…。

…なんじゃそりゃ笑

恐らく、サソリのマークも別のものに差し替えられているのでしょう。

勿論、アバルトとは何の関係もありません。

日産とアバルト、共通点は何もない気がしますが、オーナーさんはなぜラルゴにアバルト風の装飾をしようと思ったのか!?

日本の私立大学の最高峰として双璧を成している早稲田大学慶應義塾大学

早慶と一括りにされ、なにかと比較されることが多い、まさにライバル関係にあると言える両大学ですが、日本自動車博物館にもその様子を垣間見ることが出来るような展示車両が…?

 

 

 

 

キャデラック フェートン

1936年式

日本自動車博物館にて 2013年8月13日撮影

 

まずはこれ。

1936年式のキャデラック・フェートンです。

フロントグリルをご覧いただければお判りいただけるかと思いますが、早稲田大学の立派な校章が掲げられており、早稲田大学と何らかの関係がある車両だということが分かります。

…ということで、これは一体どのようなクルマなのかを説明するために、掲示されていたレジュメの内容を引用させていただきます。

 

早稲田大学体育局自動車部で管理された学生の教材に、或いは箱根駅伝の伴走車として活躍したこの車は、早稲田大学の旗艦として大きく君臨したのです。

その後、**氏(**)の熱意に依り維持管理され原形を継承することができたのであります。そして、この度はご厚意に依り当館に提供されました。

(原文ママ。ただし、引用するにあたって個人名と在住地は伏せておきました。)

 

早稲田大学の自動車部の部車として使われていた車両とのことです。

箱根駅伝の伴走車としても使われていたというのも驚きました。

 

 

 

そして、早稲田大学自動車部の部車と横並びに展示されていたのが…

 

クライスラー インペリアル

1935年式

日本自動車博物館にて 2013年8月13日撮影

 

早稲田のライバル、慶應義塾大学自動車部の部車でした。これは紛れもなく、早稲田 VS. 慶應 の構図。

早稲田のキャデラック同様、フロントグリルには慶應のシンボルマークがドンと掲げられています。

そして、早稲田大学自動車部が部車として使っていたキャデラックは、BIG3のゼネラルモーターズ(GM)のブランドでありましたが…慶應義塾大学自動車部が部車として使っていたのは、GMのライバルとなるBIG3のクライスラーでした。

GM VS. クライスラー。こういったところにも、早慶お互いの対抗意識というのが表れているのでしょうか笑

 

こちらの車両の説明も、レジュメから引用させていただきます。

 この車は戦前から警視庁で使用されていたものを、戦後間もなく慶応義塾大学(慶応モーター研究会)が払下げを受けたのであります。

当時、慶応義塾大学が六大学の先頭を切ってこうした自動車を所有した事は歴史に大きく残る事であります。

 その後、昭和26年にこの車は慶応モーター研究会だけでなく、医学部モーター研究会及び慶応義塾自動車協会の3団体が合同して慶応義塾体育会自動車部として発足したのであります。

 現在は部の卒業生だけで500名を越えると言われております。

そして、全日本学生自動車連盟の中核として各種協議会・レース国内外遠征・学生モータースポーツにそして本塾要人の送迎等に大活躍をしていました。

 昭和56年、**主将(51年卒)時代当義塾のご好意と当義塾0Bの**様(**在住)の御世話に依り日本自動車博物館へ提供される運びと相成った次第です。

(原文ママ。ただし、引用するにあたって個人名と在住地は伏せておきました。)

 

文中にある六大学というのは、ご存知の方はご存知でしょうが、東京大学早稲田大学慶應義塾大学明治大学立教大学法政大学東京六大学のこと。いわゆる“京一工”、“早慶上理ICU”や“MARCH”と呼ばれる、大学受験生にとってはお馴染みの大学群とは異なり、受験というよりはスポーツでよく使われる大学群です。

この説明文によると、六大学の中では大学所有の自動車を最も早く導入したということになります。

導入の早さで勝敗を決めるとなると…自動車部早慶戦、今回は、慶應に軍配が上がりそうですね。

今回は、トヨタの現役旧型商用車を2台ご紹介します。

 

 

 

トヨタ カローラバン

4ドア(KE74V/CE74V)

1985~87年式

群馬県にて 2015年5月4日撮影

 

グリルにシルバー塗装のオーナメントが装着され、少々乗用車チックになった最終型の70カローラバン。

90系へとフルモデルチェンジする直前に最後に一花咲かせてやろうという心意気を感じます。

 

この個体は、昔から商用目的で使われ続けている個体というよりも、ピッカピカでホイール交換済み、そして3ケタナンバーであったため、趣味車として大切に乗られているように感じました。

もしかすると、仕事でも使っているのかも知れませんけどね。

 

 

 

トヨタ マークⅡバン

1800GL(YX76V) / 2000GL(YX78V)

1800:1988~93年式

2000:1993~97年式

長野県にて 2015年5月4日撮影

 

セダンとハードトップが80系へとモデルチェンジした後も、70系はバンとワゴンとして90年代後半まで生き続けました。

そのためか、僕が小学生だった時は、70マークⅡのバンやワゴンが普通にそこいらを走っているところを何度も見かけており、『古そうな見た目なのによく見るなァ』と、呑気にも思いつつ、カメラを持っているときに遭遇すれば撮影しておりました。

しかし、あれから十数年が経過した今、70マークⅡの姿も見る影もなく。年の流れを感じる今日この頃です。