BIGJOYが伝えたいこと【19】島ソファ徹底解説② 島ソファのいろいろな使い方をご紹介します! | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具を提案するインテリアセレクトショップ。 実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例はBIGJOY独自のアイディア、独自の家具の配置術などの情報を発信しております

インテリアショップBIGJOYが

独自に考えた様々な家具の使い方や

コーディネート、商品についてなどを

「BIGJOYが伝えたいこと」として

ある商品にクローズアップした

コンテンツ・事例を

具体的に紹介させて頂きます。

 

今回ご紹介するのが昨日の続きです
 
昨日は「島ソファ」とは
「島ソファ」の組合せ事例などを
ご紹介させて頂きました。
今日は、いままで提案してきた
「島ソファ」のいろいろな使い方を
具体的にご紹介させて頂きます!
 
まず初めにご紹介するのが
「島型」の「島ソファ」は縦横どちらを
正面にしてもOK!斜めでもOKなのです!
 
 
ちょっと強引ですが、上の写真は
島ソファを横をテレビボードに向けて
斜めに配置した事例です!
 
通常であれば
 
 
テレビボードに対して2つのソファの肘部分が
ともに背もたれとなる配置ですが、
上の写真は2人掛け片肘ソファの背と
片肘シェーズロングソファの肘部分を
背とする使い方となります!
 
この使い方は何度か提案させて頂いており
下の事例もそのひとつです!
 
 
この事例の場合は
ソファ前とソファ横を広く開けたいため
 
 
あえて2人掛け片肘ソファの横幅162㎝を
ダイニング側の背もたれとし
ソファ前もソファ横も広くしようできるよう
提案しました。
こうすることで
お子さんの遊びスペースは
ソファ前もソファ横も、そしてソファ上も
すべてあそび場となります!
 
一戸建ての醍醐味でもある
どんどんと走り回っても
マンションとは違い音を気にしなくても
いいですよね!
 
この間取りで提案した「島ソファ」は
従来のカウチソファの配置も提案しました。
 
 
さらに・・・
半円形のリビングテーブルを2つ用いて
ソファ前とソファ後ろに
キッズスペースを分けて
ソファの中央で2つの空間をつなげる
提案もしました!
 
 
ソファ前ではのびのびあそび
ソファ後ろではお絵かきやお勉強!
という感じで使用して頂きます。
 
ソファを86㎝壁から離して設置し
そのすき間におもちゃ収納のハチロクシェルフ
もスッキリ納まっていい感じです!
 
 
ハチロクシェルフは島型の時でも
いい感じに納まるんですよ!
 
 
もう一事例ご紹介します!
 
こちらはカウチソファが左右逆バージョン
となります!
 
 
この間取りでも・・・
 
島型を横に組み合わせる「島ソファ」を
提案しました!
 
 
このように配置した理由は
掃き出し窓側の活用術をご覧頂ければ
ご理解いただけると・・・
 
窓側にお子さんのおもちゃ収納を
提案したのです!
 
 
また、こちらのリビングには
「島ソファ」を離して使用する提案も
させて頂きました!
 
 
島ソファはスペースさえあれば
こんな使い方も可能なのです!
 
先程までリビングテーブルとして
使用していた2つのテーブルを
それぞれのソファ横に設置し
サイドテーブルとして使用しておりますよ!
 
次にご紹介するのが
昨日、「島ソファ」とデスクの組合せを
ご紹介しましたが、
 
 
ソファの組合せで
ソファの中央をあけた場合に
デスクを対面から使用するという
使い方をご紹介します!
 
???
 
とお思いですよね!
 
こんな感じとなります。
 
 
ソファの背面の中央に幅86㎝のデスクを
設置し、両端に幅86㎝の
ハチロクシェルフを設置した事例です!
 
 
昨日も紹介しましたが
BIGJOYオリジナルの「島ソファ」の
隠れた特徴として
足の長さが変えることができる点が
あります。
 
ソファの背を70㎝とすると
座面の高さも高くなるため
島ソファの座面を椅子のように
使用することができます!
 
 
対面にデスクを使用する側は
”ほりごたつ”のように
使用することができるのです
 
 
ソファをカウチソファとして使用する場合は
この間取りの場合、ソファ後ろが
通路となる為、80㎝ほどスペースを
空ける必要があり、
その空きスペースに幅86㎝のデスクを
設置すると・・・
 
なんということでしょう!
 
見事に納まります!
 
 
島ソファと幅86㎝モジュールの家具を
組み合わせるとこんな使い方も
可能なのです!
 
最後に・・・小上がりの畳コーナーと
島ソファを組み合わせた
使い方事例をご紹介します!
 
 
こちらのリビングは2間の間口
柱芯から柱芯が3640mmのスペースに
幅160㎝角の畳スペースと
幅184㎝の「島ソファ」をくっつけた
提案となります!
 
 
畳スペースの高さとソファの座面の高さを
揃えることで
畳の上でゴロゴロしながら
ソファの上でもゴロゴロ
という感じで使用いただけます!
 
さらに・・・
 
カウチスタイルにソファを組み替え
ソファの後ろに畳コーナーをもってくると・・・
 
 
畳スペースでごろごろしてても
ソファの間からテレビを見ることができます
 
 
 
注文住宅で小上がりの畳コーナーを
採用する住宅もあると思います。
床と畳コーナーの高低差と
ソファの座面の高さを合わせる
ことで畳スペースとソファがつながり
畳スペースもソファの一部となるのです
 
 
インテリアショップBIGJOYでは
間取りをみて島ソファの活用術を
いろいろな組み合わせを考えて
提案させて頂きます!
 
時には島型としたり
 
 
島ソファの縦横を変えたり
 
 
時には
 
カウチソファを左右入れ替えて
提案したり、
 
 
 
 
時には話して置いたり・・・
 
 
島ソファとデスクや収納家具を
組み合わせて設置する提案をしたり…
 
 
 
BIGJOYらしい家具の配置術を
提案させて頂きます!
 
家づくりを計画されている方は
図面が確定する前に
一度ご来店頂き
家具の配置を具体的に考えることで
理想の住まいに近づけることができ
 
すでに図面が確定している方は
既存のスペースをいかに有効活用
することができるか?
BIGJOYと一緒に考えてみませんか?
 
インテリアショップBIGJOYが目指す
理想の家具屋像は
いろいろな使い方ができる
シンプルで飽きの来ない家具を揃え
お客様の悩みを解決することが
できる道具をそろえることです。
 
また、さらに川上に上ると
めざす景色は・・・
 
きっと家具から始まる家づくり
 
 
使い方から家の在り方を考え
道具の配置、道具の大きさ
作業スペースなど
スペースの使い方を考えて
家づくりをして頂きたいと思います。
 
間取りが出来てから道具を探す
のではなく
理想的な使い方ができる道具を
探してから理想的な間取り、住まいと
して頂きたい
 
 
そんな考え方こそ
 
きっと家具から始まる家づくり
 
なのです。
 
参考にしてください!