小上がりの畳コーナーとソファを一体化させた家具の配置提案と活用術をご紹介します | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のリビングダイニング空間は

エコカラットのある壁面から

キッチンカウンターまでが

5m以下という

コンパクトなリビングダイニング

空間!

 

 

そして高さ40㎝の小上がりな

畳コーナーのあるお部屋でした。

 

 

フローリングは栗無垢材、

柱や梁などを見せるつくりで

ウッディな住空間でした。

 

今回の家具の配置で

もっとも重要なポイントは

テレビボードをコーナーに

設置した点です。

 

 

テレビボードをエコカラットの

壁面に背を向けるように

家具を配置してしまっては

リビングダイニング空間を

広く活用することが難しい

と判断させて頂きました。

 

そのおかげもあり

ソファを設置することが

できるのです。

 

 

以前に紹介した図で説明

したようにキッチンから

テレビボードまでの広さを

家具の大きさと家具と家具の

間のスペースを表示した

ものが下の図です。

 

 

 

上の図で示した広さは5m70㎝

今回は5m以下の空間なので

テレビボードをコーナーに設置

することでお部屋が広く使うことが

できると考えました。

 

さらにブログのタイトルにも

書かせて頂いたように

高さ40㎝の小上がりの

畳コーナーとソファを一体化

させることで

空間がより広く使用できるよう

家具をチョイスし、

家具の使い方を提案します!

 

畳コーナーとソファを

一体化させる?とはどのような

ことかというと・・・

 

それは

 

 

 

こちらです。

 

今回提案したソファは

ソファのベース部分と

背もたれのトップ部分が

分離しており

 

ソファの背もたれ部分を

畳コーナーで使用することが

できるのです。

 

 

ソファの座面高が

高さ40㎝の畳コーナーと

高さが揃うように

ソファの脚をオリジナルで

提案!

 

 

このソファであれば

ソファに座って良し

畳でゴロゴロして良し

畳コーナーからソファが

まさに一体化した

家具の配置提案と

活用術なのです!

 

 

 

ソファの背もたれは

滑り落ちないよう滑り止め

のような生地を用いて

おりますので

もたれてもずり落ちることは

ありません。

 

 

壁側に寄せていた背もたれを

ダイニング側にすることも

できるのです。

 

 

このようにソファの背もたれを

自由に動かすことで

いろいろな使い方が可能となります

少しコンパクトなリビングも

畳コーナーと一体化させることで

広々とした空間となるのです。

 

また今回は高さ40㎝という

高さを用いて使い方を提案します。

それがこちらです。

 

 

デスクを畳コーナーに沿って

設置すると

フローリング側からもチェアを

設置してすわることができれば

反対の畳コーナーに

腰かけて堀こたつのような

形でしようすることができます。

 

 

デスクは普段空いているスペースに

設置し、畳コーナーで勉強する

時だけデスクを移動させて

使用する使い方の提案を

させて頂きました。

 

 

 

今回のコーディネートは

フローリングは栗材、

柱や梁はライトウォールナット色

のオイルを塗って仕上げており

キッチンカウンターはスギ材

 

エコカラットはブラウン色

和室の天井はネイビー色

キッチンがワインレッドという

内装でした。

 

家具の色合いはどのように

すべきか悩みましたが

選択したのは

「ナチュラル&ブラック・グレー」

でした。

ダイニングテーブルやテレビボード

サイドテーブル、デスクは

ナチュラルカラーで

ダイニングチェアをブラック色

ソファのベースをブラック色

ソファのトップをグレー色

ラグをグレー色とすることで

 

ナチュラルな空間を

締めてくれる濃いめの色を

取り入れる提案をさせて頂きました。

 

ソファも幅160㎝の

2人掛けタイプを提案し

ダイニングテーブルも

変形のテーブルを提案!

 

 

テーブルの端を曲線と

することで

ダイニングとリビングの

間を広くすることができると

考え提案しました。

 

 

ついでに触れますが、

ソファ横に設置したサイドテーブルは

2つのパーツから

成り立っており

高さ40㎝のため

来客時の臨時の椅子としても

提案することができます!

 

 

 

ダイニングテーブルとサイドテーブル

を曲線のタイプとすることで

ダイニングとリビングの導線を

確保できました。

 

 

高さ40㎝の小上がりタイプの

畳コーナーとソファの提案は

いかがでしたでしょうか?

 

 

ソファの座面の高さを揃え

フラットなソファとすることで

畳コーナーが広くなった

感じとなり

床でごろごろ、畳でゴロゴロ

したいという方には

もってこいのソファです!

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

足をオリジナルの高さとする

ことで高さ40㎝の小上がりの

畳コーナーと高さを

揃えることができました。

 

 

限られた空間を広く使用する

ちょっとした工夫で

より快適に暮らすことができる

のではないでしょうか?

参考にしてください。

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス