不二子TYPE-A+の枚数調整 | 角屋角成の酒の肴はヒカリモノ

角屋角成の酒の肴はヒカリモノ

エラ張ってる酒好きです。
ハナハナ打ちたいけど、ジャグラーを打つ機会が多い今日この頃。


テーマ:
打ってるときは今日ブログ書こうとか思ってるんだけど、いざ帰宅すると酒飲んでYouTube見て終わる。

ブログで書きたいこととか、他にもやらなきゃならんことがドンドン溜まっていって、あーーーーーーーーーーみたくなってる。

うむ、社会不適合。

ということで、久しぶりのブログ更新です。

最近はもっぱら設定付きパチンコ稼働。10月はパチスロを打ってから初めて収支・稼働ともにパチンコ>パチスロの月になりそう。

パチスロでツモれてないってのが大きな原因なんだけどね。

しかしながら、スロマガの誌面でも、しのけんさんの動画に出させてもらった際も、
「過渡期は食い目」
と豪語してたので、これはこれで流れに乗れて良かったかなと。

で、パチスロ稼働が減って積み重ねようと思ってたパチスロの情報も停滞中。このままいくとお蔵入りの可能性も出てきたので焦って更新という。



今回のブログは不二子TYPE-A+についてです。

出てからはけっこう経ちましたね。

打つとなぜか甘く動いてくれて、かなり良い思いをさせてもらっています。

で、不二子の面白いところは枚数変動BIG。
むしろここが嫌いって方が多くいるのか…!?
自分もかなり久しぶりに打ちながらイライラしてしまいました。
まぁあの仕様だからこそRTをつけてあのボーナス確率を実現させているので、限界突破(連チャンで1000枚オーバー)とかするとテノヒラクルーなんですけどね。

今回はその枚数変動BIG(以下ノーマルBIG)での小ネタです。
ちょっとだけ獲得枚数をアップさせることができるかもしれません。

※小役ゲーム→BIG中のジャック中以外のゲームを表す。3枚がけで消化。
※強ジャック中の6枚役獲得手順は調べれば出てくると思うので省略します。

ノーマルBIGの獲得枚数は平均350枚。
こちら払い出しが463枚になります。
全てがうまくパターン
1ゲーム目に強ジャックインして逆押し一枚役が成立しないまま15枚役ストックを重ねたとすると(天文学的)
①強ジャックで払い出し60枚(純増56枚)を7回→払い出し360枚
②強ジャックで15枚×2と6枚×2で払い出し42枚(純増38枚)を1回
③強ジャックインで15枚×1(純増14枚)
この手順を踏めば(無理)
56枚×7+38枚+14枚−27枚(小役ゲームで強ジャックインさせるのに必要な枚数 3枚×9回)=417枚

GODの履歴に3回GOD揃いあるくらいな確率だと思いますが、理論上はMAX417枚まで可能なワケです。

ちょいちょい400枚オーバーは見かけますよね。うまくいけばスーパーBIG(402枚)よりも獲得できて驚いたりと枚数変動ならではの楽しさがあります。

自分は最高で

(410枚も割と天文学的な件)


しかし、大量獲得への障壁は多々あります。

何よりも弱ジャックとハズレ。
これが枚数を減らす一番の原因ですね。
こいつらはどうにもできません。


次の障壁は小役ゲームにおけるプラムとベルとチェリー。こいつらはせっかくの枚数調整を台無しにしてきます。払い出し枚数は463枚なので15枚役と6枚役だけで消化すれば最終ゲームにラスト1枚で15枚を払い出すことが可能です。
基本的にはラスト1枚にして15枚を払い出すのがベター。いかにしてラスト1枚にもってくかが枚数変動BIGの見せ場。

払い出し状況によってはプラム(6枚)とベル(9枚)はうまく活用できることはありますが、チェリー(4枚)は完全に邪魔なんですよね。

なので小役ゲームではチェリーをハズすのがベストです。

前半のルパンカットインなしでは、ジャックイン以外の小役が成立しているので、毎ゲームあえてチェリーを取りこぼす位置を押す。
赤7枠上付近とか青7枠上が良いかと。

で、ここからが本題なのですが強ジャックインをストックしてる際の小役ゲームで不二子ボイスが発生するのとしないのがあるじゃないですか。

不二子の「いくわよ〜」でジャックインが確定します。
しかし、レバー音で不二子の声がなければ何かしらの小役が成立してることになります。

で、ここです。
プラムは取りこぼせませんが、ベルとチェリーは取りこぼしてジャックインさせることが可能なんですよね。

これで枚数調整がよりうまく運びます。

以下、手順
①中押しで枠上に青7狙い
②右リール適当
③左リール上段付近枠上に赤7



これがおそらく内部的にベルだと思われる。プラムと同じ形を取るんで、プラムも外せんのかな〜って思って色々試行してました。




これは内部的にチェリーだと思われる。不二子ボイス発生した時も変則押しをすればこの形で揃うはずです。

(不二子ボイスの有無に問わず変則押しだと左リールに赤7or青7を狙わなければジャックインはしないので注意)

静かにジャックインするんで、これはこれで気持ちいいんですよね!

おそらくですが、変則押しをせずともベルやチェリーを避けて左リールに赤7と青7を狙えばジャックインさせることは可能だと思います。
それと弱ジャックの際にも取りこぼして入れられるはずです。



このJACK IN1ってのが強ジャック
この下段のやつで入賞させようってコト。


もっと検証をしようと思ってたんですが、忘れてました。
そして、打つ機会が減ってしまうという。
今もカメラロールから画像を漁りに漁ってようやく見つける始末( ̄▽ ̄)

なので、今後何かしらわかればブログを修正するかもしれません。ご了承ください。
あと、何かあればブログかツィッターでコメントもらえるとありがたいです。



にしても、今年はオリンピアイヤーですね。
ルパン世界解剖に不二子、自分は南国Aも大好きだし、戦国乙女2もかなり打つので完全にオリ平っ子になってます。



そして、先日新しい乙女TYPE-A+を打ってきました。演出は前の乙女Aとほぼ同じで出目は若干変更。A+ってことで不二子と同じく枚数変動BIG搭載です。



不二子よりもボーナス確率は重く、BIG後はRT突入が確定する仕様ですね。
RT100のついてる真乙女ボーナスの確率が設定毎でかなり違うので内部履歴で確認できれば、かなり狙えそうな予感…。




と、まだ6号機の話は聞きませんが、今後もオリンピアには期待したいですね。

ではでは!
次は1週間以内に更新したい!

角屋角成さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス