カブログ君の音楽と株

カブログ君の音楽と株

音楽は日向坂・欅坂・STU・乃木坂・BABYMETAL等10代の若者中心に紹介しています。
アイドルは影山優佳・上村ひなの、歌手は堀優衣・佐久間彩加推しです。
株は高配当をNISAで仕込み、優待を楽しみ、リート銘柄を買い増し中です。

相場は絶望の中で生まれ、懐疑とともに育ち、楽観により熟し、陶酔のうちに終わる

                                   byジョン・テンプルトン(米)


〈株式〉   地合い1番、テクニカル2番、最後にファンダメンタル 

〈損益〉   微(~\1k)小(~\10k)中(~\100k)大(\100k~)

〈音楽〉  さくら学院まとめ        THEカラオケ★バトル  

       BABYMETALまとめ      中元すず香まとめ   

       欅坂46まとめ           長濱ねるまとめ     

       乃木坂46まとめ           

 


         


        

 

昨日、日本サッカー協会理事でもある北沢豪がTwitterで、「影山優佳さんは今までのサッカー好きアイドルと一味違う。先日仕事でご一緒させて頂きましたがあらゆる角度からの視点知識がある。恐るべしアイドル」と呟いた。影山優佳を神推しにしている私に言わせればそんなことは常識の範疇なのでサッカーに限らずあらゆる面で今後その非凡な才能を世に知らしめるだろうが、今日はサッカーに関する今後の活躍の場に絞って考えてみたいと思います。特に北沢豪との仕事は何か?を切り口に影山優佳のサッカー界での過去の活躍の場も含めてお浚いをしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ DAZN

 

 

まず考えられる一番手は過去にも呼んでもらったDAZNだろう。DAZNは世界200か国以上の国にあらゆるスポーツ専門の定額動画配信サービスを行っている会社であり、サッカー情報サイトのGoal.comも運営している。以前DAZNに出演したのはJリーグ開幕前に行われるJリーグキックオフカンファレンスだったが、今年は明日開幕ではあるがコロナ事態でそれどころでは無い。そこで考えられるのがDAZNの配信番組J.ZONEのゲスト出演だろう。この番組は解説が柱谷幸一(59)、MCがハリー杉山(35)という番組だから柱谷幸一が父親、ハリー杉山は兄といった感じなのだろう。

 

ハリー杉山は独身であり、英語・日本語・フランス語・ラテン語・中国語が話せ、中国語はロンドン大学東洋アフリカ研究学院と中国師範大学で学んだという本格派だ。今は韓国語も学んでいるというからほぼ世界中の人と話せる秀才だ。サッカーは幼少より続けており、同じくサッカー好きの才女影山優佳との親和性は最高かもしれない。アーセナルFCの熱烈なファンであり、ドルトムントファンの影山優佳とはリーグは違うが話が合うだろう。そういう意味でも番組に呼んでもらえ易いと思う。サッカー情報サイトGoal.com掲載も有り得るし、ゲキサカ掲載ではDAZN関係の協力もあったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ FOOT×BRAIN(テレビ東京)

 

 

この番組はメインMC勝村政信(56)が2011年4月から土曜深夜に放送しているサッカー番組だ。アシスタントMCは鷲見玲奈(30)と片淵茜(26)の2人の女子アナが交代で務めている。この番組のコンセプトは「各界で活躍する著名人をゲストに迎え、日本サッカーが世界で通用するためにをテーマとしたトークを展開する。議論テーマは単に戦術・技術面の強化策にとどまらず、他のスポーツや、学術、経済、文化など、サッカー以外の様々な分野からもコラボレーションし、それぞれの分野で世界に通用する人材・選手を育成してきた様々なノウハウを生かして、日本サッカーのさらなる飛躍につなげていくというテーマが掲げられている」とある。

 

日本のサッカーが世界で通用する為に戦術や様々な文化を語り合うということは影山優佳のゲスト出演は充分有り得る。何故なら影山優佳は世界のサッカーのみならず、J1・J2・J3の全てを語れる数少ない女性のサッカー専門家でもあるからだ。しかも審判員の資格を持つ影山優佳は特に戦術を得意としており、ブレイン即ち脳は影山優佳の代名詞でもある。サッカーに詳しい男性有名人は一杯いるが女性だと限られ、しかも女性アイドルだと皆無だ。ところがサッカーファンには男性が多いからサッカーに詳しい女性有名人は各メディアとも喉から手が出るほど欲しいはずだ。文化面でもアイドルとサッカーの共通性を語っているからこの番組は最適だ。

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ サッカーアース(日本テレビ)

 

 

この番組は2012年10月から手越祐也&城彰二のサッカーアースとして不定期に放送されている。ところが手越祐也(32)は先月末でジャニーズを退所しました。つまり手越祐也は降板の可能性が高く、そうなると城彰二(45)の相手となる芸能人が必要となる。過去には女優の加藤理恵(34)やモデルでタレントの佐藤ありさ(31)等も出演していた。しかも影山優佳と最近仕事をしたと言っている北沢豪も過去にこの番組に出演していたから影山優佳がこの番組に出演したとしても何ら不思議ではない。また北沢豪は日本障碍者サッカー連盟会長だが、影山優佳は握手会にきたろうあのファンに手話で会話していたようだからその関係の対談も有り得る。更に北沢豪は日本フットサルリーグのCOO補佐でもあるが、影山優佳はつい最近卒業した高校でフットサルの選手だったから話は非常に合うだろう。

 

 

北沢豪Twitter:https://twitter.com/Kitazawa_key

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ SOCCERKING

 

 

サッカーキングには過去に表紙に登場したこともあるし、昨日も明日のJリーグ再開を前に「あの頃嫌いだったサッカーがいつのまにか大好きになっていた」というタイトルの特別寄稿文を寄せています。

 

 

サッカーキング:https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20200701/1090740.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5⃣ Jリーグ女子マネージャー

 

 

Jリーグ女子マネージャーとはJリーグ特命PR部がSNS上でネットユーザーを対象に2010年度から開始した広報活動だ。2010年に女性タレント足立梨花(27)、2015年に同じく女性タレント佐藤美希(27)が就任した。2人とも既に任期を満了しているが、満期後も名誉マネージャーとして随時リーグ関連のPR活動に参加している。ここで注目して欲しいのは5年毎の就任であり、今年が正に3代目女子マネージャー選出の可能性が高い当たり年なのだ。影山優佳本人もなりたいと猛烈アピールしており、最有力候補だろう。就任時の年齢的にも足立梨花の17才、佐藤美希の22才から考えて19才の影山優佳は正にドンピシャだろう。尚、Jリーグ特命PR部にはInstagram部員・Twitter部員・Blog部員もいて、影山優佳は既にブログ部員の役目も担っているが、ここはやっぱり本命3代目女子マネージャーに就任して欲しいし、Jリーグ関係者の皆様にはぜひとも影山優佳を選出して頂きたい。

 

 

 

 

 

 

 

6⃣ その他

 

 

先月紹介したが朝日新聞全国版のスポーツ面にデカデカと載ったし、日刊スポーツでは今季Jリーグの順位予想もしていますからもう解説者の領域にまで入っています。ゲキサカでも連日サッカー女子アイドル影山優佳の特集が組まれた。更には自身のブログで影山優佳のWE_LOVE_JリーグでJ1~J3までの全てのチームの紹介の連載中である。

 

 

 

 

影山優佳公式ブログ:https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/member/list?ima=0000&ct=4

 

 

 

 

 

 

 

7⃣ 影山優佳の家族構成

 

 

父親は会社員だがサッカーが大好き過ぎてJAPANの応援で海外にも行くほどだ。とにかく自由にやらせたい両親だからサッカーやアイドルに興味を持ったのはさぞ嬉しかっただろう。奥さんも旦那さんに影響されて妊娠しているときもサッカー観戦に行ったそうだから影山優佳は正にサッカーの申し子だろう。影山優佳が審判員の資格を持っているのは有名な話だが、何とお母さんも一緒に取得したらしいから根っからのサッカー一家だ。

 

でも影山優佳の魅力はサッカーだけでなくあらゆることに興味を抱くし、しかも深く考えられることだから進路は無限大だろう。何しろ哲学オリンピックで銅賞を取ったし、詩は書けるし、英語は喋れるし、政治家やタレントにも興味がありそうだから何でも貪欲にチャレンジして欲しいと思います。さて実は影山優佳には1才下の弟影山秀人もいて4人家族だ。その影山秀人をゲキサカが今年2月に記事にしていますので以下に一部抜粋しました。

 

 

ゲキサカ:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?297682-297682-fl

 

 

 

 

影山秀人は中学時代、横浜Fマリノスジュニアユースでプレー。同時に幼小中高一貫教育の暁星中に通っていた影山は、高校から暁星高サッカー部に入部する。チームでは1年生ゲームメーカーとして選手権予選でも目立つプレーを見せ、U16東京都選抜ではキャプテン。その実力者は昨年から三菱養和SCユースに加入している。

 

この日、ボランチとして出場した影山はボックストゥボックスの動き。守備時はCBの前で相手のボールを弾き返し、SBのカバーをする形でボールを奪い取っていた。そして、攻撃時には味方の選手をサポートする形でサイド、前方のスペースへ。また、随所でボールコントロールの巧さも発揮していた。チームは養和らしいまとまりのあるサッカーで勝利。技術力の高い東京Vユースを自分たちらしいサッカーで上回ったことを影山も喜んでいた。

生方監督は昨年、練習参加した彼を見て、実力以上に、「自分にも凄く厳しい子だから、今年のチームに必要なピースかなと。本当に魂あるし、影響があるんじゃないか」とその情熱、人間性を評価。クラブと相談して迎えたという。影山はJクラブアカデミーや高体連で経験してきたことを自分の強みとして練習、試合に臨み、チームに厳しさや逞しさという部分でプラスアルファをもたらしている。言葉の一つ一つからは、頭が切れる印象。

 

その影山は「こんな貴重な経験というか、高校サッカーを1年経験してクラブもやれるというのは本当にレアケースだと思っている。高体連の良さもあるし、またこうやって街クラブの良さも感じていて、それでプリンスリーグも戦えてという、自分は本当に貴重な経験をさせてもらっていて、それを最終学年になってどう表現していくか。ピッチ上は、自分の背景とか学んできたものを表現する場だと思うので、例えば自分がこれからピッチに立った時に外から見てくれた観客が『影山ってどういう選手だよね』と誰が見ても分かる選手になっていきたい」と力を込めた。

 

 

 

 

 

 

 

8⃣ 感想

 

 

影山家のサッカー熱が異常に高いのはお分かりいただけたかと思います。更に影山優佳自身はサッカーの伝道師として日本のサッカー界発展の為に必要な重要なピースだし、メディアも必要としているということがお分かりいただけたかと思います。弟の秀人ですがU16東京都選抜でキャプテンを務め、現在もクラブチームでキャプテンを若干17才で務めている訳ですから確実にJ1コースの有望な人材なのでしょう。特に監督が頭が切れると言っていますから将来は日本代表にも入れるくらいの人材かもしれませんし、有望な監督候補でもあるでしょう。

 

現在の高校が暁星高校とあるので調べたら振付師でダンサーのTAKAHIROが先輩でした。他にも香川照之・市川染五郎・松本幸四郎・中村勘三郎・北大路欣也・松木安太郎等の錚々たる面々が卒業しています。大学はどうするのか分かりませんが偏差値70のようだしサッカーの実力を考えたらどこでも行けそうです。それにしても弟の名前はシュートと読むそうですからもう笑うしかないレベルですし、優佳も何かサッカーに関係あるのではないかと疑ってしまいます。Twitterも2017年からやっているようですし、これからの影山姉弟に目が離せません。

 

 

影山秀人Twitter:https://twitter.com/shutokageyama14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】  

 

 

1⃣ 日向坂&STU&カラバト&欅坂&乃木坂&AKB等スケジュール

 

 

7/05(日) テレ朝チャンネル1で佐々木美玲のみーぱんベーカリー放送(12時~)

7/05(日) 有吉いいeeeee!に松田好花が出演(20時~)

7/06(月) ネプリーグに渡邉美穂・丹生明里・金村美玖・松田好花出演(19時~)

7/07(火) 踊る!さんま御殿3時間スペシャルに小池美波が出演(19時~)

7/08(水) クイズミラクル9に原田葵が出演(20時~)

7/08(水) TBSチャンネル1で日向坂ドキュメンタリー映画予告篇&セルフドキュメンタリー(23時~)

7/09(木) THE突破ファイルに佐々木久美が出演(19時~)

7/10(金) でんじろうのTHE実験に佐々木久美・渡邉美穂が出演(20時~)

7/10(金) TBSチャンネル1で菅井友香主演の舞台飛龍伝2020再放送(21時~)

7/11(土) ひかりTVチャンネルで小坂菜緒主演恐怖人形再放送(21時~)

7/12(日) しくじり先生2時間SPに齊藤京子・潮紗理奈が出演(21時~)

7/17(金) 日向坂46のドラマDASADAを日テレプラスで一挙放送(21時~)

7/22(水) NGT48が5thシングル/シャーベットピンクを発売

8/07(金) 日向坂46ドキュメンタリー映画3年目のデビュー公開初日

8/12(水) 欅共和国2019発売予定

9/02(水) STU48が5thシングル/思い出せる恋をしようを発売

 

 

 

 

※一昨日はミラクル9に尾関梨香が出演し、それなりに活躍していました。また来週も原田葵が出演しますが、長濱ねるの残した遺産をきちんとメンバーが引き継げているようでホッとしています。影山優佳にも出演して貰いたいが、この番組は今まで欅坂46メンバーだけしか出演していないので日向坂46はそれ以外のクイズ番組で頑張って貰いたい。来週月曜日にはネプリーグに日向坂46から渡邉美穂・丹生明里・金村美玖・松田好花の2期生4人が出演するが、次回は是非、実力優先で影山優佳・高瀬愛奈・宮田愛萌・佐々木久美でお願いしたい。もし長濱ねるがまだ在籍していたら影山優佳・長濱ねる・宮田愛萌・高瀬愛奈の最強布陣で出演できただろう。

 

※長濱ねるがセブンルールに毎週出演するという情報がネットにあるとコメントを頂きました。あり得ない話だなとは思いつつ気になるので発信者のTwitterを見たら2015年からやっているのにフォロワーがたった2人しかおらずツイートはゼロでした。つまり本人が消したのだろうが人騒がせなお子様なのでしょう。オードリー若林が突如卒業したから次回から誰か後釜が来るのでしょうが長濱ねるではないということです。そもそも長濱ねるが活動できたとしても1年経過の8月1日以降でしょうし、それまでに所属事務所の発表がなければなりません。最近の動向をみると欅坂46卒業生はグダグダで、まともなのは平手友梨奈・長濱ねる・米谷奈々未だけのようです。

 

沢山いいね!を頂いたページをランキングしています。尚、()内は更新回数です。今年は今まで以上に沢山の方に見て頂き、有難く思っています。特に過去記事にいいね!を頂くと書いた時期が蘇り、懐かしく感じています。いい記事は過去記事として忘れ去るのではなくできるだけ長くお読み頂きたいので、メンテナンスしながら更新している記事もあります。そういう記事は記事を書かなかった直近の日に移動するようにしています。沢山いいね!を頂けるように自分の関心のある話題を今後も書き続ける予定ですのでよろしくお願いします。



❶ 人気ページランキングベスト50

① 箱押し楽曲ランキング568(24):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12185412324.html
② こちら有楽町星空放送局294(6):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12171822642.html

③ 欅坂46楽曲人気ランキング210(7):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12230791743.html

④ 欅坂46外仕事ランキング173(4):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12260176083.html

⑤ 菊地最愛解体新書166(3):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11975502709.html

 

⑥ さくら学院まとめ164(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12274365395.html

⑦ 長濱ねるの年表と軌跡157(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12367232458.html

 影山優佳156(3):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12232798599.html

⑨ 水野由結解体新書150(3):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11975205183.html

⑩ 長濱ねるの去就148(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12499006694.html

 

⑩ 日向坂46メンバー紹介(年齢順)148(3):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12232204249.html

⑫ 長濱ねる20才の足跡124(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12402425495.html

⑬ 長濱ねる解体新書Ⅰ116(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12151674073.html

⑬ AKB48の私たちの物語番外編116(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12243149454.html

⑮ 長濱ねる卒業の経緯と今後112(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12445677763.html

 

⑯ 長濱ねる卒業発表111(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12445214873.html

⑯ 芸能事務所考111(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12472996469.html

⑱ 坂道シリーズセクシー対決110(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12323216259.html

⑲ 長濱ねるソロ曲・センター曲集108(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12187573596.html

⑲ 坂道シリーズ学力ランキング108(3):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12331639861.html

 

㉑ 乃木坂46写真集105(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12243621995.html

㉒ 長濱ねる平手友梨奈102(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12155504769.html

㉓ さくら学院生楽曲人気ランキング101(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12040832207.html

㉔ babymetalと紅白歌合戦99(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12220312653.html

㉔ 欅坂46と秋元康99(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12195802893.html

 

㉖ 人気ページランキング98(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12266576998.html

㉗ 長濱ねると二人セゾン97(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12192116311.html

㉘ 推しメン見直し696(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12408240757.html

㉙ 欅坂/日向坂自力外仕事ランキング95(2):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12369024758.html

㉚ 中元すず香解体新書94(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11953117538.html

 

㉛ 欅坂46写真集第二弾予想Ⅱ92(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12359826810.html

㉜ 好きなポンコツアイドル90(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12211599747.html

㉝ 長濱ねる卒業イベント89(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12493489451.html

㉝ 長濱ねるの人気と後継者89(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12447085158.html

㉟ 長濱ねるの長崎物語88(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12395336353.html

 

㉟ 柿崎芽実卒業88(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12484316812.html

㉟ さくら学院歳時記88(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11958114738.html

㊳ 女性アイドル年収ランキング87(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12255993217.html

㊳ 長濱ねる解体新書Ⅱ87(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12242147963.html

㊵ 欅坂46初秋浴衣祭り86(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12405318416.html

 

㊶ 欅坂46とbabymetal85(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12223725694.html

㊷ 奇跡のアイドル長濱ねる84(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12390679511.html

㊷ 中元姉妹長濱ねると原爆と84(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12297734642.html

㊹ 欅坂46メンバーの辛口通信簿83(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12360969770.html

㊺ 小坂菜緒81(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12357740859.html

 

㊻ 乃木坂・欅坂まとめ80(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12150988573.html

㊻ 欅坂46vsさくら学院80(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12159971402.html

㊽ 長濱ねる外伝78(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12154084137.html

㊽ 文学少女アイドル78(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12197189412.html

babymetal東京ドームファイナル77(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12201845626.html

 


❷ 予備のページ

 

平手友梨奈留学説の真偽76(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12362421838.html

中元日芽香センターへの道76(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12169497374.html

中元日芽香解体新書76(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12110775154.html

紅白と不協和音75(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12340895461.html

欅坂46メンバー紹介(検索数順)75(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12236813006.html

堀優衣&佐久間彩加ツーマンライブ74(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12295963231.html

カラオケバトル研究74(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12204688426.html

中元日芽香73(3):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11939120817.html

欅坂/日向坂の夕方パラダイス71(2):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12277032671.html

神推しと推しメン71(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12501001353.html

平手友梨奈に関する文春記事考71(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12573762266.html

長崎・五島の旅71(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12406939944.html

欅坂46の曲と長濱ねる70(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12181063553.html

STU48瀧野由美子70(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12283018971.html

秋元康ソング三昧と欅坂4670(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12271407840.html

欅坂4670(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12148235464.html

欅坂46S評価メンバー考70(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12370175861.html

カラバト2016チャンピオン大会予想69(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12206502429.html

乃木坂46四期生69(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12423065329.html

欅共和国2018初日と欅好き有名人69(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12392169457.html

babymetalの軌跡69(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11961715783.html

さくら学院の危機69(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12008655033.html

長濱ねる炎上騒動の真相68(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12319672072.html

長濱ねるMステ初登場!68(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12189126133.html

長濱ねる18才の誕生祝68(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12196110515.html

平手友梨奈の避雷針68(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12364088235.html

日向坂46シングルデビュー68(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12439373655.html

今泉佑唯騒動考67(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12454412805.html

長濱ねると上村ひなの67(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12457881283.html

欅坂46ユニット格付ランキング67(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12321435657.html

長濱ねる写真集販売予想66(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12338390138.html

中元すず香の軌跡66(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11942710471.html

欅坂46幕張公演201766(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12306001414.html

てちねるゆいちゃんず66(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12339068929.html

長濱ねるの真実65(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12401349655.html

今泉佑唯卒業考65(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12416399922.html

欅坂46とはてちねるのこと65(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12350548029.html

乃木坂46楽曲人気ランキング65(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12235824275.html

アンビバレントな欅坂4665(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12393855580.html

さくら学院人気ランキング64(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12026312849.html

アイドル雑誌64(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12197379625.html

今泉佑唯卒業64(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12396457770.html

坂道シリーズ写真集販売予測1064(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12341959475.html

コミュ女王長濱ねる64(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12202180762.html

坂道シリーズ合同オーディション開催64(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12359059978.html

アイドルの卒業64(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12409717093.html

日向坂46外仕事ランキング64(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12418025425.html

欅坂46総括63(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12569404953.html

中元日芽香覚醒63(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12272726973.html

長濱ねる1st写真集歴史的快挙!63(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12327145893.html

平手友梨奈の1617日62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12575534184.html

babymetalの危機62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12393408505.html

長濱ねるに関する誤解62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12363809320.html

欅坂46ファン考62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12377104942.html

今年大活躍の欅坂46メンバー62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12364383668.html

欅坂46衝撃の展開考62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12347889206.html

ひらがなおもてなし会62(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12214227598.html

欅坂46-6thシングル考62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12350277691.html

長濱ねるの行方62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12459809190.html

推しメン見直し1062(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12451134257.html

坂道AKBの行方61(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12444567194.html

ブログの視点61(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12345960919.html

推しメン活躍ランキング61(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12220835644.html

欅物語の脚色61(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12402295037.html

アイドルの誕生と卒業60(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12348770136.html

長濱ねるの日60(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12355246239.html

長濱ねるの進路60(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12450606806.html

 

欅坂46二期生/けやき坂46三期生59(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12423338617.html

高須クリニック坂道診断59(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12194832255.html

長濱ねるの残した爪痕59(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12206783522.html

秋元G楽曲ショートバージョン考59(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12361715793.html

長濱ねるの去就考58(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12442123814.html

最強クイズアイドル長濱ねる58(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12381655698.html

推しメン近況58(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12270170954.html

長濱ねる写真集初版大規模スタート!58(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12329576593.html

平手友梨奈の1617日後編57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12582022220.html

NGT48事件続報57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12433772302.html

NGT48事件考57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12432093948.html

欅坂46卒業57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12420081064.html

欅坂46メンバー各種ランキング57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12354572590.html

ねるねちけいonline!57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12396196024.html

欅坂46アラカルト57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12419371112.html

日向坂46ストーリーⅣ56(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12454715406.html

今泉佑唯写真集発売56(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12409083465.html

推しメン見直し556(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12399093471.html

松田好花56(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12429183947.html

推しメン近況56(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12443819786.html

日向坂ストーリー長濱ねると影山優佳56(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12449697758.html

坂道写真集販売予測1856(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12462817141.html

欅坂46メンバー相関図56(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12268122787.html

秋元G楽曲再生回数ランキング55(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12369286903.html

秋元康とねると世界情勢55(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12219428418.html

カラオケバトル★u18大会55(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12222379835.html

欅坂46のサイゾー記事55(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12348338282.html

babymetalがMステ登場54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12562514921.html

長濱ねると渡邉理佐54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12453277842.html

平手友梨奈欠席54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12302211110.html

欅共和国2017感想54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12410196943.html

今泉佑唯写真集初動レビュー54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12411206125.html

平手友梨奈「響 -hibiki- 」54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12381421187.html

秋元グループの新成人54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12342767699.html

欅坂46全国zeppツアーin札幌54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12314443781.html

堀優衣54(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11963738884.html
欅坂46個人PV154(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12193191590.html

ねるとけやきと欅坂54(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12199257983.html
長濱ねる生誕祭54(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12198504001.html

秋元康とねるてち54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12338236641.html

坂道シリーズの行方254(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12421393431.html

NGT48事件の真相54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12463979046.html

欅坂46選抜考53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12525921959.html

推しメン見直し1253(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12522690974.html

てちねる53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12438397836.html

タレントパワーランキング考253(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12465791199.html

美少女ランキング53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12376125671.html

女性アイドルグループ楽曲考53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12310645977.html

さくら学院祭☆201653(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12218488249.html

世界には愛しかないリリース!53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12188782893.html

欅坂46生誕祭53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12238558397.html

推しメン見直し453(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12369514315.html

欅坂46メンバーのアンチ考53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12376367400.html

長濱ねると黒い羊53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12453641293.html

長濱ねるの移籍先考53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12465207138.html

堀優衣インタビュー53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12461879540.html

アイドル長濱ねる回想53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12561373273.html

グローバル少女長濱ねる52(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12197064064.html

ポスト欅坂4652(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12400214554.html

アイドルのブレイク52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12394345302.html

欅坂46物語考52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12317401272.html

長濱ねる!ミラクル9初登場!52(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12206418082.html

てちねる52(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12265773379.html

ねる出陣!52(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12199907930.html

欅坂46武道館公演中止の怪52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12344638463.html

私が愛したアイドルたち52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12337769530.html

babymetalアニメ化決定!52(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12204476829.html

ビルボードジャパン年間ランキング52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12334689555.html

長濱ねる写真集初動前夜52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12339576680.html

欅坂&坂道AKB新曲反応52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12357449987.html

長濱ねる写真集初動レビュー52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12339780039.html

アイドルを越える存在長濱ねる52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12410925562.html

アイドルの卒業と引退51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12547484712.html

第69回NHK紅白歌合戦51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12428493343.html

欅坂46-7thシングル感想51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12392917183.html

長濱ねるモデル誌初表紙51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12394564152.html

アイドルアラカルト251(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12383134147.html

長濱ねる自分ヒストリー51(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12202915966.html

欅坂46-6thシングル予想51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12318208185.html

乃木坂46-18thシングル選抜予想51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12290549078.html

押しメン楽曲ランキング①51(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12174059863.html
欅坂46セカンドシングル初披露51(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12175601501.html

世界には愛しかない考51(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12189997483.html

長濱ねるインタビュー51(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12215936090.html

ひらがなけやき台頭!51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12361446716.html

長濱ねると伊藤万理華50(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12325450977.html

中元日芽香休養考50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12246630935.html
女性アイドルグループの行方50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12194540431.html
babymetal人気の曲50(9):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12167327405.html
ねるてちグラビア初登場!50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12185307952.html
秋桜学園合唱部開演!50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12193391448.html
長濱ねる本登場!50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12224681481.html
年間アーティストパワーランキング50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12235435920.html

長濱ねる台頭50(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12322658342.html

これからの欅坂4650(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12373152154.html

元アイドルの行方50(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12380966395.html

ねるてち愛の物語50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12275713802.html

欅坂46アラカルト350(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12442893342.html

日向坂46デビューシングル/キュン50(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12444267351.html

3月優待銘柄とNISA50(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12448704660.html

秋元グループアラカルト350(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12462344226.html
 


※ いいね!77回以上の音楽関連ページをランキング、いいね!の数と、( )内は再アップ回数です。再アップは過去記事として葬り去るには惜しいと思う記事を、随時、更新中です。



 

遂にアイドル界のモンスター影山優佳が本格始動し始めた。私は影山優佳が芸能界に復帰したら凄まじい活躍をするだろうと思っていましたし、ブログでも度々予告してきました。そして新型コロナもまだ収まらない中、影山優佳が全国紙のスポーツ紙面の1/4を割いてカラーのアー写付きで登場した。普段新聞を読まない私も早速コンビニで朝日新聞を買ってきた。私の記憶が正しければ欅坂46・日向坂46共にメンバーの記事がデカデカと全国紙に載った記憶は無い。長濱ねるは元日版の1面トップを丸々飾ったことはあるが長崎新聞だった。乃木坂46メンバーならばもしかしたら1人くらいはいるかもしれないが普通はあり得ない話だ。スポーツ新聞や芸能面ならあると思うがお堅い朝日新聞ですから流石は影山優佳と言うしかない。そこで今日は復帰後の影山優佳がどんな活動をしているかを紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 朝日新聞(6月24日版)

 

 

<やっと始まる熱くなれる Jリーグ、6月27日から再開 サッカーファンの芸能人に聞く>

 

 

「推し選手」決めると、よさが分かる アイドルグループ日向坂46、影山優佳さん

 

Jリーグ再開の知らせを聞いたときは「やっと始まる!」と、本当にうれしく思いました。サッカーは日常の一部。こんなに心にぽっかりと穴があいてしまうのかと、失って初めて気付かされました。スタジアムには行けないけど、応援はどこからでもできる。きっと、スタジアムにいる選手たちに届くはずです。私自身、5歳ごろからサッカーを始めて、小学6年生までチームに所属していました。中学はバドミントン部でしたが、高校でフットサル部に。ポジションは右サイドやボランチを経験しました。がっと一気に駆け上がり、シュートやクロスを上げるプレースタイル。広島や湘南で活躍したミキッチみたいな感じでしょうか。

 

5月30日から公式ブログで「WE LOVE Jリーグ」というコーナーを始めました。スタジアムという魅力的な空間を直接感じられなくなるのは悲しいですよね。良さが伝わらない焦りのようなものもあったし、サッカー好きの愛も薄れてしまうかもしれない。私に何かできることって考えた時に、サッカーの楽しさや良さを伝えることだなって。知ってもらうことをテーマに始めました。ブログには、各クラブの地域性やグルメ、注目の選手、戦術などを載せています。情報収集して自分が魅力的だと思う部分をメモして編集しています。時間はかかるかもしれませんが、J1~3の56クラブを紹介するつもりです。ブログを始めてからファンレターで「サッカーに興味が出てきた」と言っていただきました。その広がりがすごくうれしいなって思います。

 

中にはサッカーに詳しくない方もいると思います。そんな方におすすめをするのが、「推し選手」を決めること。決め方は出身地やプレースタイルなどなんでもいいです。ひとりの選手に注目していると、その選手の良さが自然とわかってきます。アイドルのファンでも感じると思うんですけど、1年間の成長を見られる楽しさもあります。選手のみなさんには、のびのびと楽しくプレーしていただきたいなと思います。みんなサッカーが好き。サッカーは私たちの希望です。みんなで盛り上げていきましょう!(聞き手・辻隆徳)

 

 

かげやま・ゆうか 2001年生まれ、東京都出身。アイドルグループ日向坂46メンバー。学業専念のため活動を休止していたが、今年5月に再開。欧州リーグもテレビやネットで観戦し、長年応援しているのはドイツ1部リーグのボルシア・ドルトムント。

 

 

 

 

 

※サッカー好きの有名人2人にペナルティのワッキーこと脇田寧人と影山優佳が選ばれたのだ。ワッキーは高校サッカーの名門市立船橋高校サッカー部から専修大学でもプロを目指してサッカー部に入ったほどのサッカー好きで、膝を壊していなければJリーグに入っていた可能性が高い。そんな有名人と並んで選ばれた若干19歳の影山優佳に対するマスコミの注目度を証明するような出来事です。

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ 日刊スポーツ(6月25日版)

 

 

 

 

待ちに待ったJリーグ再開(J3開幕)まであと2日。サッカーのある日常がいよいよ戻ってきます。ブログでの詳しすぎるJクラブ紹介で話題を呼ぶ人気アイドルグループ日向坂46の影山優佳(19)も、再開が待ち切れないサポーターの1人。競技経験者でもあり、4級審判員の資格も持つ彼女に、あふれるサッカー愛を語ってもらいました。2回にわたってお届けします。【取材・構成=松尾幸之介、横山慧】


   ◇   ◇   ◇


みなさん、こんにちは!影山優佳です。いよいよJリーグが再開しますね。やっとこの時がきたということで、私もたくさん楽しみたいなと思います!両親がサッカー好きだった影響もあり、5歳ごろから小学6年まで男の子の中に交ざって地元のサッカークラブに入っていました。当時はクラブでも1、2番目に背が高くて、体格はドログバ(元コートジボワール代表FW)みたいなイメージ。その時は太もももぱんぱんで、思いっきり振り抜いて弾丸シュートを決めるという感じです。相手が来ても、お尻で押しのけていくフィジカルの鬼だったので、男の子からは「(体で)当たりたくない」って言われていました(笑い)。


Jリーグでは93年の開幕以来、多くの名場面があります。まだ私が生まれていなかった98年の中山雅史選手(当時磐田)の4試合連続ハットトリックなども昔の映像で見て印象に残っていますが、ひとつ挙げるなら09年の横浜対名古屋戦での、名古屋のストイコビッチ監督(当時)の革靴ゴールです。プレーが止まってGKが蹴り出したボールをベンチ前からダイレクトで蹴り返して、ゴールに入れてしまったんです。それがきっかけで退席処分になってしまいますが、あんなにすごいシュートを革靴でさらっとできてしまうのが天才だなと。相手チームの松田(直樹=当時横浜)選手が審判に「すごいシュートで観客も沸いたんだから退席にしなくてもよくない?」と説得していたという話も聞きました。松田選手のサッカー少年のような思いも心に焼き付いています。


最近はDAZNや専門誌、動画サイトなどでサッカーを勉強しています。昔はレンタルビデオ店に行って、80年代の映像や、W杯の全試合が入っているものも借りて見ていました。本格的に学びたいと思ったきっかけは、スタジアムで肌で感じたサポーターのみなさんの熱気です。生の会場はテレビとは雰囲気が全然違う。もっとサッカーのことを深く知れば、より楽しくなると思い、中学2年の頃に母と4級審判員の資格をとりました。それからはプレーが止まった理由なども分かるようになって、試合の流れも読めて見方も変わりました。今でも資格は毎年更新しています。


日向坂46の個人ブログでも北から順にJ1からJ3の全56クラブを紹介する企画を始めました。いろいろと調べているうちに、どのチームも好きになってきて、さらにJリーグ全体の魅力に気づきました。今季は4−3−3を取り入れているチームが多いんじゃないかと感じています。それでもチームごとに攻撃の形やフォーメーション変更のやり方は違うと思うので、また再開後の試合を見て、勉強していきたいです。最後に、Jリーグ再開へむけて頑張ってくれた方、私たちの生活を支えてくれているみなさんに感謝の気持ちを伝えたいと思います。こうした状況を通じて、私の中でサッカーは失ってはいけないものだったと気づきました。選手のみなさんには、けがに気をつけて無理せずにサッカーを楽しんでほしいです。リモートマッチ(無観客)で始まりますが、どこにいても気持ちはきっと届いていると思うので、私も頑張って応援していきます!


◆影山優佳(かげやま・ゆうか)2001年(平13)5月8日、東京都生まれ。5歳から小学6年まで地元サッカークラブに所属し、中学はバドミントン、高校では女子フットサル部。中学3年だった16年5月に欅坂46のアンダーグループとして発足した、けやき坂46(のちの日向坂46)のオーディションに合格。18年6月から学業のため一時活動休止を発表。20年5月26日から約2年ぶりに活動再開。身長156センチ。O型。

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 日刊スポーツ(6月26日)

 

 

日向坂46影山優佳が選ぶJと海外の推し選手は?

 

いよいよ明日からJリーグが再開(J3開幕)します。熱烈なサッカー愛の持ち主で人気アイドルグループ日向坂46の影山優佳(19)のインタビュー第2回では、自身の選ぶ推し選手を発表してもらいました。 

                                        【取材・構成=松尾幸之介、横山慧】

 

   ◇   ◇   ◇

 

影山優佳です。今回は私のJリーグの推し選手ベスト3を発表させていただきます! 第3位は柏のFWオルンガ選手(26)です。昨季はJ2最終節で1試合8得点のJリーグ新記録もつくった怪物ぶりが今年も見られるんじゃないかなと思います。今季昇格したJ1でも得点王争いに入ってくることを期待しています。第2位は広島のMF東俊希選手(19)です。東京五輪世代のU-23日本代表にも選ばれていて、技術とパワーを兼ね備えています。サイドバックやウイングバックなど、いろんなポジションでプレーできる器用さもある、すごく貴重な選手です。18年U-19アジア選手権の準々決勝でホスト国のインドネシアを相手に決めた、きれいなミドルシュートはぜひ見てほしいゴールですね。

 

そして第1位は横浜のDF和田拓也選手(29)です!私はサッカーをやっていた頃は主にサイドやボランチの選手でしたが、和田選手も似たポジションで、対人守備や、カバーの動きのうまさを感じています。運動量もあって、パスも正確、クレバーさも感じる大好きな選手です。ボランチでプレーした昨季の最終節の東京戦は特に見ていただきたいです。試合を通じて、いてほしいところにいるような、常にプレーに絡んでいた印象でした。

 

ちなみに、海外のベスト3も発表していいですか?第3位はエバートンのFWドミニク・キャルバート・ルーウィン選手です。187センチと背が高くて、攻守の駆け引きがうまい選手です。ヘディングも強く、今季ここまで13得点の決定力も魅力です。第2位はドルトムントのMFジョバンニ・レイナ選手。私よりも年下の17歳ですが、欧州では珍しい米国人MFで、ボールタッチがおしゃれでドリブルもうまい。去年までドルトムントにいた同じ米国人の先輩FWプリシッチの面影も感じます。第1位はアストンビラのMFグリーリッシュ選手です。チャンスメークができて視野も広く、頭の良さを感じます。決定力もあるので欠点がないんじゃないかと思うほど。彼のミドルシュートからも目が離せません。

 

サッカーのことを話していると、時間があっという間にたってしまいますね。私も今でもたまに思いっきり走って汗をかきたい!という気持ちになったりもします。日向坂46の活動もあり、今はサッカーに触れる機会が少ないかもしれないですが、そんな中でも、いろんな方とサッカーをつなげる橋渡しのような活動をして、サッカー界を盛り上げていきたいと思っています。みなさん、これからもよろしくお願いします!

 

 

◆オルンガ 1994年(平6)2月18日、ケニア出身。スペイン1部でのプレー経験もある193センチの大型FW。ケニア代表。

◆東俊希(ひがし・しゅんき)2000年(平12)7月28日、愛媛県出身。18年に18歳で広島とプロ契約。19年U-20W杯出場。

◆和田拓也(わだ・たくや)1990年(平2)7月28日、神奈川県出身。U-15やU-22日本代表など年代別代表経験もあり。

◆ドミニク・キャルバート・ルーウィン 1997年(平9)3月16日、イングランド出身。17年U-20W杯で母国の優勝に貢献。

◆ジョバンニ・レイナ 2002年(平14)11月13日、英国出身。父は元米国代表のクラウディオ・レイナ。19年U-17W杯出場。

◆グリーリッシュ 1995年(平7)9月10日、英国出身。アイルランドとイングランドの年代別代表経験もある若手のホープ。

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ ゲキサカ(6月26日)

 

 

日向坂46影山優佳、約2年ぶりの活動再開——。このニュースが日本中を駆け巡った5月26日以降、多くのサッカーファンの注目はいまだかつてないほど、一人のサッカー大好き少女に集まっている。発表翌日の5月27日の公式ブログでは、さっそくシーズン再開を迎えたばかりのブンデスリーガ第28節バイエルン対ドルトムント戦について、ぴしゅちぇく(編注:ドルトムント在籍11年目、ポーランド代表のMFウカシュ・ピシュチェクのこと)と題した記事)を更新。試合の大きな見どころだったサイドの攻防やMFヨシュア・キミッヒの美しい決勝点を、影の立役者であるFWトーマス・ミュラーの貢献にも触れながら紹介していた。
 

さらに、5月30日からは「影山優佳のWE LOVE Jリーグ」と銘打った大型企画もスタート。「これからブログでJリーグの全クラブの魅力紹介をしていきます!!!」と宣言し、初回の北海道コンサドーレ札幌から順番に、注目選手やチーム戦術、スタジアムやサポーターの雰囲気、ホームタウン、クラブの歴史、スタジアムグルメなど、さまざまな観点からJリーグを掘り下げていく試みを行っている。企画はすでに第5回まで進行中(6月26日現在)だが、J1からJ3のカテゴリを区別せず、同じ濃さで書かれているのだからなお驚きだ。

ゲキサカでは今回、そんなサッカー大好き少女影山優佳さんのサッカー観に迫るべく、DAZN Jリーグ推進委員会協力のもと単独オンラインインタビューを実施。「WE LOVE Jリーグ」企画に込めた思いや、Jリーグ再開後に注目してほしい推しメン、アイドルとサッカーの共通点など、さまざまなテーマについて前後編で語ってもらった。



——本日はよろしくお願いします。まずは「WE LOVE Jリーグ」シリーズのことから教えてください。この企画を始めようと思ったきっかけはなんですか?

 私はスタジアムでサッカーを見るのが好きな人で、ぜひ皆さんにもスタジアムに行ってサッカーの良さを感じてもらいたいと思っているんですが、コロナでJリーグが延期になってしまい、試合をスタジアムで見ることができなくなってしまいました。また、もし再開したとしても、前みたいにゴール裏にみんなが集まってチャントを歌ったり、ゴールが決まった時にみんなで肩を組んで喜んだり、そういうサッカー観戦の醍醐味はしばらく体験できません。それができないとなると、いまサッカーを好きな人もなんとなくサッカーから離れてしまうんじゃないか、物理的にも心も離れてしまったらどうしようという感覚になりました。

 こういう時だからこそ、サッカーがもともと好きな人には「やっぱりサッカー好きだ」って思ってもらいたいですし、サッカーを知らない人にも良さを分かってほしいです。そうした中で「私がその役を担うには何ができるかなぁ」って考えた時、ブログを使おう!って思ったのがきっかけです。そして、できればいろんな人に興味を持ってもらいたいので、たとえばスタジアムグルメであったり、サポーターの雰囲気であったり、クラブの地域であったり、あとはマスコットキャラクターですね。そういったいろんなことを書いていけば、きっとどこかに引っかかってくれるんじゃないかと思い、いろんな種類の情報を集めて紹介しようと思いました。

——本当にさまざまな情報が盛り込まれていますよね。なかでも個人的に気になったのは紹介するクラブの順番でした。最初にJ1の北海道コンサドーレ札幌が出てきて、多くの人は「次はJ1のベガルタ仙台かな?」と思っていたんですが、次に出てきたのがJ3のヴァンラーレ八戸でした。ここでJ3のクラブが出てくるところからJリーグへの愛情がすごく伝わってきたんですが、このあたりに込めた思いはありますか?

 いろんなところでよく「Jリーグチーム紹介」という企画がありますよね?そこでJ1のチームだけというのを結構見たことがあったんです。でも、一人のJリーグファンとしてそれを見た時に、紹介してくださってうれしいんですけど、ちょっと悲しい……という思いもあって。なので私も勉強不足で知らないことはあるんですが、これを機会に知らないことを勉強してすべてのクラブを順番に紹介しよう!と思いました。

 安藤翼選手、すごくいい選手ですよね!
 
(編注:ブログでは「足元の技術と身のこなしで相手の隙をつく繊細なプレーもフィジカルでごり押すプレーもできる。チーム全員でパスでつないだボールを、一人で抜け出してゴールに運ぶパワーを持った選手です!昨シーズンはJFLで16得点!J3の舞台でもスーパーゴールに期待です!」と詳細に紹介されている)

——ただ、こうしてJ3の選手までカバーするのは大変ではないですか?

 たしかにJ1のチームは情報が結構ありますし、もともとの知識もありますし、テレビにもよく出てくるので分かるんですが、J3となると取り上げられる機会も少ないので、情報収集に時間がかかってしまうことはあります。一日分のブログを書くために3〜4日パソコンにかじりついて、ハイライトを見ていったり、すごく過去の記事を読んだりとか、結構がんばりました(笑)。

——安藤翼選手の例でも伝わってきますが、一人ひとりの選手についても深いところまで分析していますよね。

 注目選手のところは一つ気を使っていることがあります。ここは一番注目してほしいポイントなんですが、一人は「ぱっと見てもすごさが分かる選手」や「初めて見ても良さが分かるような選手」を選んでいます。そしてもう一人は育成年代の選手や守備のほうの選手など「コアなファンにもあらためて見てもらいたい選手」をピックアップしています。そこに気づいてもらえたらうれしいですね。

——たしかにそうですね。札幌の場合はチャナティップ選手と進藤亮佑選手でしたが、その工夫がすごくピンときます。

 チャナティップ選手は鈴木武蔵選手ともすごく迷いました。武蔵選手はキャラクターもすごく魅力的なんですよね。でもチャナティップ選手が本当にすごく好きなので、独断で選ばせていただきました!(笑)
 
——その結果、ブログがチャナティップ選手の出身地であるタイのメディアにも紹介されていましたね。ご存知でしたか?

 母から聞きました。「読めない言語だけどあなたの写真が載ってるわよ!」って(笑)。びっくりしましたが、すごくうれしかったです。

——日本のサポーターも早く自分たちのクラブを取り上げてほしいと待ち望んでいるように思います。そういった期待は感じますか?

 期待といいますか、初めは誰か一人に届いてくれればいいなって気持ちだったんですが、サポーターの方から「楽しみ!」って言ってもらえたり、私のファンの人でサッカーを知らない人からお手紙をもらった時に「影ちゃんのブログを見てサッカー勉強してます!」とか「今度サッカーの試合を見ようと思いました!」って言われることがかなり増えたんです。まさかこんなにいろんな人に見ていただけると思っていなかったので驚いていますし、もっともっとがんばろうというモチベーションにもつながっています。

——ピッチ内のことだけでなく、クラブのホームタウンにしっかり触れられているのも印象的でした。Jリーグにとって「地域密着」「百年構想」といった理念はとても大きなテーマで、なかでもホームタウンは何より重要な存在です。そういった意味でもJリーグ文化の全体を意識されてるんだなというのがじかに伝わってきました。

 私はもともとスタジアムにすごく大きな思い入れがありまして、スタジアムグルメを食べるのも好きだし、何よりスタジアムで試合を見ることが好きなんです。ゴール裏でみんなでワイワイ見るのも好きだし、サイドスタンドの高層階から俯瞰して、戦術を真顔で見つめたりするのも好きです。またスタジアムと街はすごく密接なつながりがあって、サッカーを中心に街が成り立っているところも多いです。たとえば、FC今治はオーナーの岡田さん(元日本代表監督の岡田武史氏)がいろいろなところで指揮を取って、スタジアムをみんなの憩いの場にしようという『里山スタジアム』計画を進めています。そんなふうに城下町って感じになるのがすごくいいな、スタジアムが社会をつないでくれる世界ってすごく素敵だなって思っているので、やっぱりスタジアムの良さや、スタジアムの周りに存在している街の良さを合わせて知ってもらいたいなと思っています。


——ただJリーグを伝えるだけでなく、楽しみながらより深く掘り下げていくという姿はこれからJリーグに興味を持とうとしている人にもすごく参考になると思います。

 そう言ってもらえてすごくうれしいです!がんばってよかったなって思います。女性ファンの方は好きな選手や推しメンがいてその人を応援したりとか、サッカーの服装を楽しんだりしている方が注目されますが、私はもっと違う角度から攻めてみても面白いのかなって思っていました。なので、あえて詳しく書こうとしているところもあります。私もお洋服で楽しんだりもしていますし、選手に推しもいます(笑)。だからこそ、その中でもいろんな楽しみ方があるよ!ということを伝られたらいいなって思っています。

——影山さんは今回、アイドルとしての活動再開発表からすぐにサッカーについて精力的に情報発信されていますよね。このことから想像するに、活動をお休みされていた期間にも「こういったことを発信したい!」という思いをたくわえていたんじゃないかと感じました。学業でお忙しい日々だったとは思いますが、どのようにサッカーと関わっていましたか?

 お勉強をしているとなかなかサッカーを見る時間が取れず、ハイライトしか見られないような時期が続いていました。とくに海外の試合は深夜にあり、学校に行ってから家でお勉強をして……となると、それだけでもなかなか睡眠時間が取れなくなるので。でも私はもともとサンフレッチェ広島が推しだったのですが、試合をフルで見る機会が減ってしまったぶん、どうにかしてサッカーの情報を耳に入れておきたい!と思い、やべっちFCなどのサッカー番組を見たり、夕方のニュースのスポーツコーナーを見ていました。

 ただ、そういったメジャーな番組でサッカーが取り上げられる時はサンフレッチェ広島という一つのチームだけじゃなく、最近決まったスーパーゴールだったり、いろんなチームの話題が出てきます。それら一つひとつを見ていると、どんどんいろんなチームをもっと勉強したくなっちゃって、もっと勉強したら面白くなりそうだなぁって思っていました。そこで普通は昼寝をするような空いた時間で選手名鑑を読んだり、DAZNさんを使ってハイライトをさらに早送りしながら、なんとか見ようとしていました。すると気づいたら一つのチームのファンだったはずが、Jリーグ全体のサポーターみたいな気持ちになっちゃってきました(笑)。

 そして学業がひと段落して、ようやくサッカーを見られる!となった時、気づいたら全部のチームを前より理解できるようになっていました。この選手がいま調子いいのかも!とか、このチームの戦術はこう変わったのかなとか、この対戦ではこっちはカウンターがうまいけど相手は1対1が強いからどっちが主導権を取るんだろう?とか。どんどん想像するような見方ができるようになったりしていて、学業を終えてから、さらにJリーグ全体が好きになっていたって感じです(笑)」
 
——となるとJリーグの再開はすごく待ち望んでいたのではないですか?

 Jリーグもお休みの期間が長くなっていたので、その中でチームがどれだけ変わったのか、新しく入った選手がどんなプレーをしてくれるのかがすごく楽しみです。また再開後は単純にいろんなチームが戦っているというそのこと自体が素晴らしいですよね。失って初めて分かる……みたいな感じです!

◆◆◆

 後編は6月27日掲載。いよいよ待ちに待ったJリーグ再開の日。幼少期のJリーグにまつわる思い出や、Jリーグをますます好きになるきっかけとなったあのゴールから、今シーズンブレイク必至!?の推しメン、影山さんが考えるアイドルとサッカー選手の共通点などなど、前編以上にサッカーを深く語ってもらった。                                         (インタビュー・文 竹内達也)

 

 

 

 

 

 

5⃣ ゲキサカ(6月27日)

 

 

日向坂46影山優佳が推し選手を解説!「実はドリブルを見るのにハマっておりまして…(笑)」

 

 

2020年6月27日、4か月にもわたる中断期間を経て、ようやくJリーグのある日常が帰ってくる。これまでの間、選手たちは先の見えない中で何度も身体をつくり直し、リーグ関係者は選手たちが安心してプレーできる環境の整備に尽力し、ファン・サポーターは選手たちになんとか熱い声を届けられないかと工夫を続けてきた。これから訪れる日常は、そうした涙ぐましい努力の結果だ。ゲキサカではサッカーファンが待ちに待ったJリーグ再開に際し、DAZN Jリーグ推進委員会の協力のもと、日向坂46影山優佳さんの単独オンラインインタビューを実施。後編では幼少期のJリーグにまつわる思い出や、Jリーグをますます好きになるきっかけとなったあのゴール、今シーズンのブレイクを期待している推しメン、アイドルとサッカーの共通点について自由に、そして深く語ってもらった。



——少し過去のことを振り返りながら聞いていきたいのですが、現地観戦派の影山さんにとってJリーグで思い出のスタジアムはありますか?

 私は東京出身なので味スタ、埼スタ、国立競技場によく行っていました。その中でもとくに埼スタは以前、浦和レッズ対横浜F・マリノス戦を観に行った時に、尋常じゃない圧を感じたんです。これはいい意味ですよ(笑)。サポーターから本当に味方選手の背中を押すようなパワーを感じて、サポーターとチームが一体になるってこういう感覚なんだ!って強く感じたのを覚えています。

——埼玉スタジアムはすごいですよね。ところでそもそもサッカーを好きになるきっかけはどのような形だったんですか?

 もともと両親がサッカーを好きで、本当に赤ちゃんの頃から競技場に連れて行ってもらっていたようです。私はまったく覚えていないんですが、武田修宏選手に頭をぽんぽんってしてもらえたこともあるらしいです。小さい頃は本当にいまの100倍くらい可愛かったんですが、「可愛いね!」って言ってもらえたみたいで(笑)。だからサッカーは小さい頃からすごく身近にありました。

 そして5〜6歳からはサッカーを始めて、プレーもしていました。ただ、サッカーをやっていた時、私は背が伸びるのが早く、体格が良くて、体幹も強かったので、パワープレーばかりで(笑)。ボランチとか右サイドをやっていたんですが、足も速かったので、右サイドから駆け上がってパスとか、ボランチでパスを出して前に走ってまたボールをもらってシュートとか、あまり考えずにプレーすることが多かったです。だからサッカーの良さには自分でも気づいていなかったんじゃないかなって思います。

 ただ、昔は90分が退屈に感じていたことも正直あったんですが、テレビでサンフレッチェ広島の練習中の風景や裏側を伝える番組があって、こんなに面白い人たちなんだ!って思ったのが変わったきっかけです。私的には当時のサンフレッチェ広島の「全員で守備をして、全員で攻撃に切り替えて、全員でパスをつないでいく」というプレースタイルがすごく好きでした。戦術も含めて全員で試合をしている姿がすごくいいなと思って、勉強してみようかな?とハマっていったように思います。

 実はサンフレッチェ広島の中でもすごく好きなゴールがあって、2012年の横浜F・マリノス戦かな?青山敏弘選手がハーフウェーラインくらいから64mのロングシュートを決めて、当時はいろんなニュースで話題になりました。ただニュースでは64mという数字がすごい、ハーフウェーラインから打ったのがすごいって言われていたんですが、私はボールをもらった時の青山選手の目がすごく印象的でした。ボールをもらう前からボールをもらう瞬間にかけて、もうゴールを見ているんですよね。ボールは真後ろから来ているのに、すぐに前を向いて、GKが前に出ていることを把握しているんです。だからシュートを打てる。どの場所にいても常にゴールの意識があることを感じたといいますか、つまりは勝つために試合をしているんだということをあらためて感じて、そのことに気がつけた時にすごく興奮しました。

 やっぱり一人ひとりの選手をもっと見ないといけないなと思いましたし、そういう見方ができればサッカーって本当に深くて面白いスポーツなんだなって。なので「一人ひとり」の「瞬間瞬間」を見ることの大切さに気付けたという点で、私的にすごく印象に残っているゴールです。これはぜひ見てほしいです!
 
——質問する前に想像していた思い出よりもすごく深い話が聞けて、いまとてもうれしい気持ちです。ちなみに当時は森保一監督が広島の指揮をとっていましたが、いまの日本代表はどのように見ていますか?

 ロシアワールドカップが終わって西野監督から代わる時、まさか森保さんが監督になるとは思っていませんでした。私も古参では全然ないんですが、サンフレッチェ広島の時から見ていたので戦術も少しは理解していますし、日本代表自体も監督が代わってどうなるのかなとか、森保さんは若い世代を積極的に公式戦で使っていくと思ったので、どんな選手が起用されるのかなということですごく楽しみになりました。

——就任当初から南野拓実選手、堂安律選手、冨安健洋選手を一気にレギュラーに抜擢し、若手選手が成長したのは森保監督の一つの成果ですよね。そのあたりは広島というクラブの影響も感じます。

 広島はユースの育成がすごく熱いですよね。どんどん若い選手が出てきますし、ポジション争いに加わってくる時のスピード感があります。日本代表にもこれまでのスター選手はいっぱいいて、そういう選手に頼りたいところもあると思うんですが、日本代表はいまの時代だけじゃないと思うので、もっともっと時代が変わっても強くなるために若手選手が公式戦に出て経験を積むのが大事だと思います。なので森保さんが日本代表の監督になられて、今後もそうされるのがすごく楽しみだなと思っています。

——ちなみに日本代表に限らず「いまこのチームが熱い!」「この選手が熱い!」という推しはありますか?いわゆるアイドル的な推しでもいいんですが、先日メッセージでバイエルンのゴレツカ選手のことにも触れられていましたし、もっと広い意味で「この選手を見てほしい!」という形でも構いません。

 います。ただゲキサカさんなので、一般的には「渋めだな」って思われるかもしれませんが、それでもいいですか?(笑)

——むしろ大歓迎です!

 最近、実はドリブルを見るのにハマっておりまして(笑)。ドリブルですごい選手と言ったら……ということで、まずは川崎フロンターレの長谷川竜也選手です。すごく好きですね。本当にドリブルがすごいんです。種類が豊富ですし、スピード感もありますし、かと思えば緩急もつけられます。サイドで相手と1対1になった時に「絶対に抜ける!」っていう圧倒的な信頼がある選手は日本人選手では少ないと思うので、貴重な存在だなと思いますね。ボールを渡したら絶対に何かやってくれるんだろうなという安心感と期待感がある選手だと思います。実際の試合で言えば2018年なので、おととしですかね。横浜F・マリノス戦でのプレーがすごかったです。


 左サイドを駆け上がって行って、レアンドロ・ダミアン選手からボールをもらうんですが、まずは結構速いボールだったんですけどちゃんと足元でボールを収めて、そこからの1対1。ただ前に行くんじゃなくてかなり角度のついたフェイントをして、完全に相手の重心をそらして抜いて。たしか最後は得点が入らなかったのですが、あのスピード感であれだけのドリブルを正確にできて、しかもしっかり1対1で抜けているというのはすごい選手だなって思いました。ぜひ、そのプレーは見てもらいたいです。試合に出場したら絶対にドリブルですごい見せ場をつくってくれる選手なので、みなさんにも注目してください!って胸を張って言える選手です。あとドリブルでもう一人、今年来るんじゃないか?って思っている選手もおりまして、もう一人いいですか?

——お願いします!

 セレッソ大阪の坂元達裕選手という方です。昨年はJ2のモンテディオ山形にいたのかな。その時から気になっているんですが、ディフェンス全員が騙されるようなドリブルをするんですよね。重心が右に行っていて、どう考えても左には行けないだろうっていう角度なのに、一瞬の足さばきと重心移動で気づいたら左にいなくなっている。ドリブルの技術があって、センスもあって、そのうえめちゃめちゃ守備にも貢献できる。運動量も献身性も特徴的なので、なんでしょう、誰も文句が言えない選手だと思います(笑)。あとは経験を積んでいけば超有名な選手になってくれるんじゃないかって思っています。なんか上から目線になっちゃったんですけど……でも絶対にブレイクしてくれる選手だなって思います!
 
——坂元選手すごく分かります。中断前もキレキレでしたよね。

 コンディションもすごく良さそうでしたし、今シーズンは爆発する姿が見られるんじゃないかって思っています。

——ちなみに影山さんは2001年生まれとのことですが、同世代の選手を意識することはありますか?

 私の同年代はかなりすごい選手がたくさんいまして、それこそ久保建英選手とか西川潤選手が有名ですよね。やっぱりサッカー選手に限らず、同年代が活躍している姿を見ると自分もがんばらなきゃって勇気をもらえます。私も人前に立つお仕事をさせてもらっているので、同年代の人にキラキラしている姿を見せて、誰か一人でも多くの人にパワーをあげられたらなと思っています。なのでそういった選手がいることはすごく刺激になりますね。

——なかでも注目している選手はいらっしゃいますか?

 もう少し広げて同世代でもいいですか?東京五輪世代なんですが。

——どなたでしょう。

 サンフレッチェ広島の東俊希選手という人がいるんです。彼はマルチタレントといいますか、守備のポジションもできる人ですが、サイドのウイングバックや、前線のシャドーもできる選手で、本当に器用な選手だなと思います。左利きでドリブルもできて、これからチームの攻撃と守備に必ず関わるような選手になると思っていて、五輪世代の中でも注目しています。

 


——たしかに可能性も感じる良い選手ですよね。それこそ東京五輪のような大会だとマルチタレントが一人いるだけで戦い方の幅も大きく広がります。

 普段のJリーグでもACLと並行して試合をすると、けが人が出てしまって選手が足りなくなったり、コンディションを落としたりすることがあると思うので、たとえフルで出場しない試合でも空いたポジションに入ってもらえる選手はすごく重要だと思います。とくに若い世代はクラブチームでも日本代表でも得意とされるポジションではないところで動かないといけないこともあるので、どの場所でも器用にこなせて戦力になれる存在はすごく大事だなと思っています。

——ありがとうございます。そのようにプレー面でもサッカーと深く向き合う影山さんですが、4級審判員の資格もお持ちなんですよね?

 最初に取ったのは中2くらいだったんですが、今年もちゃんと更新しました!3級は実際の審判経験がないと取れなくて……本当は取りたいんですけどね(笑)。最初は母と一緒に取りに行ったんですが、母もサッカーのルール自体はあまり詳しくなくて、ちゃんとルールを知ってそれをベースに試合を見たいと思っていました。ルールを知れば笛が鳴って試合が中断した時にもなぜ止まっているのかがわかりますし、次に攻撃が始まるチームが分かれば試合の流れも見えると思ったので、サッカーの基礎をあらためて知りたいと思って資格を取りました。

——こうしてお話を聞いていると、あらためてサッカーというスポーツに対してさまざまな角度からアプローチをしていますよね。普段のアイドルのお仕事への姿勢も伝わってくるような気がします。

 そう言ってもらえてすごくうれしいです。もともとサッカーに限らず分析癖がありまして、物事を始めるにしてもリスクやメリット・デメリットを考えたり、どうしたら効率よくこなせるかを考えたり、一番効果的な方法を探ったりするのが趣味といいますか、そういった変な癖があるので、サッカーを見る時もいろんな角度から見たくなっちゃうし、日常生活もそうですね(笑)。あと雑学を学ぶのも好きです。世界を多角的に見ることでより深く知っていくという流れがすごく好きだし、そのやり方が私に合っているのかなと思っています。

——まさにブログを読んでいても調査力に驚きます。Jリーグのすべての試合を見ることはわれわれも当然なかなかできないのですが、「ちょっと調べてみよう」と思ったところからあれだけの情報を伝えることの難しさはすごくわかります。

 ブログについては文章の書き方的な話にもなるんですが、もともと国語が得意と言いますか、文章を書くうえでどうしたら伝えやすく、どうしたら必要な情報を取り入れられるかというのをすごく気にしていて、読みやすさには時間をかけて、こだわってブログをつくっています。

——アイドルとしての活動でもそうした向き合い方が強みになっていると思うのですが、サッカー選手もアイドルと同じように人前に立つ職業です。アイドルとして見られる立場と、サッカーを見る立場を両立している影山さんから見て、二つのお仕事に似ている部分はありますか?

 私はサッカーとアイドルは似ているところが多いなと思っています。まずは見る側からすると「推しがいる」ということですよね。サッカーにはいろんな選手がいて、いろんなチームがあるので、好きな選手やチームを選ぶことができます。そして1年間経ったあとに成長を感じることもできます。また選手もアイドルも応援されたぶんだけパフォーマンスで見ている人に還元することができ、「Win-Win」って言えるような関係性を築くことができます。

 そしていろんな選手たちがいる中でも、やっぱりチームとしてまとまらないといけないですよね。サッカーには「戦術をもとにプレーしないといけない」というある程度のルールがあって、たとえ個人技がすごい人でも当たり前のことを無視したら試合で使われなくなっちゃうわけじゃないですか。アイドルでもグループでダンスをしていて、どれだけ綺麗に揃っているかがあるうえで、それをベースにしてそれぞれの表情やキャラクター、ダンスのキレという個性を極められるかがポイントになると思っています。サッカーも戦術をよく理解してチームのためになる動きをした上で、ドリブルやシュート、パスの精度という個性を出していく、チームという基本がある上でいかに個性を出せるかというところに類似点があるんじゃないかなと思っています。何より見る側からしても、そういうところにハマったらめちゃめちゃ沼にハマってしまうんだろうなって感じがありますよね(笑)

——するとサッカーファンにもアイドルファンの素養があるのかもしれないですね。

 それはあると思いますよ〜(笑)。自分だけしか気づいていない選手の良さを知ることができるとワクワクしますし、そういう感覚ってサッカーにもアイドルにもあると思います。たまたまサッカーが好きになった人、たまたまアイドルが好きになった人でも、ちょっと視点を変えてみたらもう一方を好きになっていくきっかけはたくさん転がっていると思うんです。なので、ぜひこの機会にサッカーファンの方も、アイドルが好きな方も、好きなものを集めに探検するような感覚で見てもらいたいです。

——このインタビューでそう思ってもらえるお手伝いができれば何よりです。最後の質問ですが、影山さんはグループ公式Twitterの動画コンテンツで「私の夢はJリーグの公式女子マネージャーになることです!」と宣言されていました。もし、この夢が実現したらどのような活動をしていきたいですか?

 サッカーをもともと好きな人には新たな見方を知ってもらったり、チームや選手の新しい魅力を知ってもらったりして、サッカーをもっと好きになっちゃうようにしたいです。また、まだサッカーを見たことがない人や、サッカーの楽しみ方をまだわからない人にはサッカーが好きになるきっかけをつくるお仕事をしたいなと思っています。まずサッカーのルールがわからないという人もいますし、「なんでなかなかゴールが入らないの?」ってもどかしく思う人もいると思います。そういう人たちがサッカーの楽しみ方を知ることができるように、ルールをわかりやすく解説したり、選手やチームの新たな見方をわかりやすく解説したりしたいです。そこではカタカナを使ったコアな言い方ばかりじゃなく、どんな人が見てもわかりやすく、サッカーに興味を持ってもらえるような解説をして、どんな人でもサッカーを好きになってもらえるような活動をできたらなと思っています。

——まさに適任だと思います。今日も注目選手を紹介していただきましたが、まだ有名になっていない選手へのインタビューなどを通じて、新たな魅力を知ってもらうような取り組みもできそうですね。

 もともと選手のインタビューをやってみたいなと思っていました。やっぱり日本代表もそうですが、選手の印象が固定化されやすいのかなと思っていまして、サッカーメディアさんもたくさん取り上げてくださるんですが、ライトなファンでも新しい選手を見つけられるようになったらいいなってすごく思っています。私がそういった役を担っていきたいです。

——あらためて今後のご活躍楽しみにしています。本日はありがとうございました。
                                             (インタビュー・文 竹内達也)

 

 

 

 

 

 

 

6⃣ ブログでの発信

 

 

① 影山優佳のWE_ LOVE_Jリーグ

 

今まで北海道コンサドーレ札幌・ヴァンラーレ八戸・グルージャ盛岡・ベガルタ仙台・ブラウブリッツ秋田の紹介をしていますが、最終的にJ3も含めて全チームのチーム名の由来・SNS紹介・スタジアム・戦術・注目の選手・影山の一言を書いていますので物凄い熱意と知識量です。海外サッカーも見ているようですからJリーグ関係者は大喜びでしょうし、アイドル故に若い人の目をサッカーに向けさせる貴重な人材だと考えているでしょう。既に紹介したチームの選手やマスコット等からコメントが発信されていますのでDAZN等のメディアは既に起用を考えているどころが影山優佳の奪い合いでしょう。

 

 

 

 

 

② 影山優佳 HALF TIME RADIO

 

#カゲラジで勝手にラジオ番組を開始しています。いつラジオ番組からオファーがあってもいいように練習するようです。メッセージでは初回の放送がありましたがこの子の才能の底はどこなんだろうと空恐ろしくもなります。

 

 

 

 

 

③ 影ちゃんリサイタル

 

これもメッセージでリサイタルをやっていますので月額300円は安過ぎると思います。

 

 

 

 

 

④ 影山優佳の家庭料理

 

これはほんの一部ですがブログでは一杯手料理を紹介しています。

 

 

 

 

 

⑤ 朝晩のコール

 

朝晩のコールを囁くように続けていて、同年代ならば恋人気分になれること間違いなしです。但し私のようにスマホのデーター容量が小さいとすぐに一杯になって低速になってしまいます。音声データ・歌っている動画・写真等が頻繁に来ますからそれなりの容量が必要です。

 

 

 

⑥ ペットの紹介

 

メッセージでは動画もあります。

 

 

 

 

⑦ 詩

 

 

 

 

 

⑧ トレーニング公開

 

メッセージではトレーニング中の動画も送ってくれますので影山ファンにはたまらないサービスでしょう。
 
 
 
 
 
⑨ その他
 
ギター・ピアノ・手話・外国語・ゲーム・フットサル等
 
 
 
 
 
※昨年のフットサルの練習風景だそうですが、靴は小5の時に買ったものだそうですから物持ちがいい。
 
 
 
 
 
 
7⃣ 感想
 
 
影山優佳が芸能界に復帰したらとんでもないことになると予想していましたが本人はその為の準備は怠りないようです。才能のある人間が本気を出すとどうなるかが様々なジャンルで今年見られると思います。サッカーはJリーグの宝女子として確定でしょうし、クイズ番組や様々なシーンで影山優佳が引っ張りだこになるのが目に見えるようです。長濱ねるの緩い感じのメッセージも良かったが影山優佳のアグレッシブなメッセージも凄いと思います。でも毎日10通以上来るから容量が無いと私のスマホのように遅くなるから大きいプランにしておいた方が無難かなと思います。まだまだ東京はコロナ事態の真っ最中ですから全面復帰とはいかないが全国紙の芸能面ではなくスポーツ面に大写しで載っているのは改めて凄いと言うしかありません。結論は影山優佳の月額300円のメッセージはコストパフォーマンスが凄すぎて超お勧めだということです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】  

 

 

1⃣ 日向坂&STU&カラバト&欅坂&乃木坂&AKB等スケジュール

 

 

7/01(水) あいつ今何してるに土生瑞穂が出演(19時~)

7/01(水) クイズミラクル9に尾関梨香が出演(20時~)

7/01(水) 家ついて行ってイイですか?に齊藤京子が出演(21時~)

7/02(木) THE突破ファイルに齊藤京子・山下美月が出演(19時~)

7/04(土) 欅坂46YouTubeチャンネルでスペシャルインタビュー特番(20時~)

7/05(日) テレ朝チャンネル1で佐々木美玲のみーぱんベーカリー放送(12時~)

7/05(日) 有吉いいeeeee!に松田好花が出演(20時~)

7/06(月) ネプリーグに渡邉美穂・丹生明里・金村美玖・松田好花出演(19時~)

7/07(火) 踊る!さんま御殿3時間スペシャルに小池美波が出演(19時~)

7/08(水) クイズミラクル9に原田葵が出演(20時~)

7/08(水) TBSチャンネル1で日向坂ドキュメンタリー映画予告篇&セルフドキュメンタリー(23時~)

7/09(木) THE突破ファイルに佐々木久美が出演(19時~)

7/10(金) でんじろうのTHE実験に佐々木久美・渡邉美穂が出演(20時~)

7/10(金) TBSチャンネル1で菅井友香主演の舞台飛龍伝2020再放送(21時~)

7/11(土) ひかりTVチャンネルで小坂菜緒主演恐怖人形放送(21時~)

7/17(金) 日向坂46のドラマDASADAを日テレプラスで一挙放送(21時~)

7/22(水) NGT48が5thシングル/シャーベットピンクを発売

8/07(金) 日向坂46ドキュメンタリー映画3年目のデビュー公開初日

9/02(水) STU48が5thシングル思い出せる恋をしようを発売

 

 

 

 

 

 

 

 

ねるvsかげ伝説のクイズ対決と影山優佳の漢字検定を見た人の感想

 

① 影山さん凄すぎ((((;゚Д゚))))

② ねると影山ちゃんのクイズ本当にアイドル?ってぐらいレベル高いな

③ 影山バケモンだな(笑)

④ 漢字大体は読めるしぼんやり思い浮かぶけど書けねえよ笑現代人やな笑影ちゃんすげえわ笑

⑤ 長濱vs影山すごい。お互い取られた後の表情が負けず嫌いなんだなと思う。名勝負。

⑥ ねると影ちゃんのクイズバトルの見応えがスゴい

⑦ 影山はアイドルやらずに外交官目指せ!笑

⑧ 影ちゃんとねるのクイズバトル熱すぎるww

⑨ 影山すげー

⑩ 影山さん、とにかく凄い(^0^)174問だって・・・・・・漢字、私なら、辞書みないと 全く書けません。

⑪ ねると影ちゃんの対決面白いな〜。単純な知識は影ちゃんの方が上っぽい

⑫ 141問連続正解とかえぐ

⑬ クイズ番組における日向坂の最終兵器の出番が近い

⑭ ねるvs影山ちゃんのクイズ対決見ていて楽しい!!

⑮ クイズのとこ見入ってしまった

⑯ クイズで読ませ押しするアイドル初めて見た

⑰ ねると影ちゃんの早押しクイズ好きやわ

⑱ 何でねる答える時毎回かげちゃんの方見るんだw

⑲ ねるも影山も頭良すぎ笑

⑳ 影ちゃんとねるの対決えぐすぎる

㉑ 影推しにはたまらん動画

㉒ クイズはアイドルのレベルじゃねーなw

㉓ 影ちゃんの頭の良さは異常だな

㉔ 影ちゃんえげつないな

㉕ ねると影ちゃん、どんだけ凄いんだよw

㉖ クイズ二人ともガチでやってて草

㉗ 影ちゃん将来政治家になってほしい

㉘ ねるもかげちゃんもかわいいのに頭良すぎ

㉙ 影ちゃんは神童やな

㉚ 影ちゃんのやつ、半端ないでしょ(笑)

㉛ クイズのキーワード出るタイミング先読みで押してるのバケモンすぎるwww

㉜ 影山とねるは一点差だから頭の良さは、ほぼ互角だね

㉝ 影山ちゃんとねるのクイズ対決見応えあるなぁ

㉞ テレビ局の方々に見ていただきたい動画ですね

 

 

KEYABINGO3クイズ対決:http://n46v.com/keyakizaka46/keyabingo3/03-07/

 

 

※東大王に乃木坂46の山崎怜奈が出演していますが、KEYABINGOでの長濱ねると影山優佳のクイズ対決も素晴らしかった。影山優佳にはクイズ番組で活躍する日を一日も早く見たいと思います。長濱ねるは8月にならないと消息も掴めないのでしょうね。株の方ですが乃木坂46の運営会社の株式取得も視野にKEYHOLDERが優待を考えているようです。私は基本買い増し中心で既に万単位の株式を保持していますから優待が始まれば利用しようかなと思います。優待を利用する為には最低1000株は必要でしょうし、現物でなければなりませんから一部を現引きしました。優待条件により更なる現引きが必要かもしれませんが株価の上昇と共に楽しみです。

 

日本の女性アイドルを応援していて一番不思議に思うのはスタイルに関することで、痩せろ痩せろの強迫観念だ。一体誰がそう言っているのか考えたらどうも一部のおかしなファンと一部のスタッフのようだ。本来ならばファンにも色々好みがあってポチャ・ややポチャ・ノーマル・ややスリム・スリム・ガリと百人百様の筈だ。歌に関してはそれなりの音感が無いと駄目だろうが、それでもあまり上手過ぎるとそれはもう歌手の領域であり、却って人気が出ない可能性もある。昔のアイドルの多くは最初から完成品だったが、最近のアイドルは育成型であり、ファンが応援してレベルアップする過程を楽しむ傾向にある。でもそのことを勘違いしてそれぞれが自分の好みのアイドルにしようとすると理不尽なことが起こる。

 

WEZZYにそんな記事があったのでご紹介します。1人は私の地元香川県出身のSTU48榊美憂ですが、相当悲惨な状況だったようです。STU48には香川県生まれの絶対エース瀧野由美子、副キャプテン福田朱里、榊美憂と相当レベルの高いメンバーが揃っていますが、この記事を読むととてもファンに夢を与えるアイドルとは言えません。でも島崎遥香のように卒業してから暴露するよりは現役中に毒を吐いたほうがアイドル界にとっては有益だと思います。この記事には他にも日向坂46の渡邉美穂、IZ*ONEの宮脇咲良、元AKB48島崎遥香の記事も載っていますがアイドルの多くが多かれ少なかれ経験する嫌な出来事なのでしょう。私の神推しアイドルにも同様の話がありましたから一緒に書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ STU48/榊美優(18)

 

 

STU48のメンバー榊美優が、周囲の人間に<痩せろ>と言われたことから無理なダイエットを強行し、その結果、過食嘔吐を繰り返すようになってしまったと告白した。6月4日、榊美優はTwitterで経緯をこのように綴っている。

 

<もう、ガチでほんまのこと言うわ…STUを辞めてから話すって手もあったけど…私、STU加入時、平均体重42kgでした。1年目、痩せろと言われて、加入後1年目の夏前から36kgまで落としました。とにかく、ほぼ何も食べませんでした>


<学校も仕事の移動も忙しく、休む暇の無かった時期に、1日に食べる量はお茶碗半分にも無いくらいの量でした。お母さんからも絶対あとからおかしくなるから止めなさい、と言われたけど、やめませんでした。今思えば、異常でした。この間違ったダイエットが間違いなく私の心と身体を狂わせた原因です>

 

榊は身長151cmなので、42kgでも痩せている。絶食で36kgまで落としてしまうのは、明らかに健康に良くない。彼女のツイートでは、<痩せろ>と命じたのが運営なのかファンなのかは判然としないが、いずれにせよ周囲の人間による彼女の健康を度外視した一言により、心身のバランスを崩してしまったのだ。そして、どんなに忙しくても1日にお茶碗半分しかご飯を食べない無理なダイエットは、過食嘔吐につながってしまった。榊は続けてこのようにツイートしている。

 

<そのあと、次の春にはストレスと過食で48kgまで増えました。何を食べても、ずっとキープできていた、42kgをはるかに超えた48kgです。一口食べるとどんどん止まらなくなって味もわからないくらい詰め込んで、泣きながら食べる。吐きながら仕事行ってた時もありました>


<吐けない時はパンパンに膨らんだお腹を見て死にたくなり、仕事の前日に過食すると衣装が入るのか心配で怖かった。今でもまだこれは治っていないです。とにかく、何が言いたいかというと、おかしなダイエット方法をしたら、とんでもなく後々、苦しむという事>

 

榊は2017年のSTU48発足当初からのメンバー。かれこれ3年近くダイエットに悩まされていることになる。

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ 日向坂46/渡邉美穂(20)

 

 

日向坂46も「痩せないとやばいんです!」

 

AKB48グループ・坂道シリーズのアイドルでは、日向坂46の渡邉美穂も「痩せないとやばい」という苦悩を明かしたことがある。日向坂46の渡邉美穂はモデルプレス(2018年6月29日付)のインタビューで2017年加入当初から必死でダイエットを続けていると告白しているが、そのきっかけについてこのように語っている。

 

<痩せないとやばいんです! いろんなところで太ってるって言われるから…あいつはバスケをやっていたから筋肉がムキムキなんだってたくさん言われるので、大泣きして落ち込んだときもありました。ご飯も食べられなくなって…すごく痩せたんですけど、その後また戻るとかを繰り返していたので、本当におかしくなりそうでした>

 

彼女もまた、ダイエット方法として<とにかく食べないようにしました。朝ごはんだけとか>と語っており、空腹に関しては<例えめちゃくちゃお腹が空いても、今、頑張らないとまたいろいろ言われちゃうって思うと頑張れます。これはもう意地と根性です>と答えている。健康を害するダイエット方法だ。

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ IZ*ONE/宮脇咲良(22)

 

 

他にも、現在はIZ*ONEのメンバーとして活動する宮脇咲良が、HKT48に在籍していた2015年当時、撮影のために3日間断食することをSNSに書き込んだことがある。大人数のグループに属するアイドルたちは、周囲との激しい競争に日々晒されている。非常に重いプレッシャーを背負いながらの生活になるだろう。その多くは未成年であり、スタッフは心身の健康管理も重要だ。ダイエットを煽るのはもってのほかで、ネットなどで投げつけられる体型に関する誹謗中傷へのケアも十分に行う必要がある。ダイエットするにせよ、健康的に体重の管理ができるよう、栄養学の専門家などのカウンセリング体制もマネジメント側が整えていくべきではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ 元AKB48/島崎遥香(26)

 

 

島崎遥香がAKB48への加入前と在籍時における、壮絶なダイエットと慢性的な体調不良について明かした。島崎遥香は公式YouTubeチャンネルの動画で、「どうやって体型を維持しているんですか?」という視聴者の質問に応えるかたちでダイエット方法について語っている。ただ、かつて彼女が実践して38kgにまで体重を落としたやり方は<おすすめできないレベルのダイエット法>で、<真似はしてほしくないです>と注意を促している。

 

島崎はAKB48加入直前(中学校2年生ごろ)の時期、46kgだった体重を落とそうとして極端な食事制限に走ったという。その内容は明らかに不健康なものだ。おやつ・ジュースといった間食をしないのはもちろん、揚げ物などは食べず、さらに炭水化物も食べなかった。つまり、ほぼなにも食べていないということになる。空腹をガムや炭酸水で紛らわし、ベッドに寝転んで極力お腹が空かないようにして耐え忍ぶ。運動は一切しなかったらしい。

 

島崎の身長は159cmだが、この身長の女性の標準体重は約55kgであり、46kgでも痩せすぎだ。しかし、島崎は上述の異常な食事制限により、体重を38kgまで落とした。中学2年生、まだ成長途中だった体には大きな負担がかかっただろう。そしてAKB48のオーディションに合格するも、無理なダイエットで痩せたせいかリバウンドしてしまったという彼女に、衣装担当のスタッフが「痩せなさい」と指示する。再びダイエットを開始したという。

 

このときは仕事でダンスもしていたが、やはり、ライスは<気持ち食べる程度>で炭水化物はできる限り摂取しないようにし、野菜・果物類でもじゃがいもやバナナのような糖分の多く含まれているものは口にしなかったという。この食事制限で体重は42kgになった。以降は特に意識してダイエットをしていないのに、今度は逆にどんどん体重が落ちていくようになり、また38kgまで落ちたそうだ。それはメンタル面の不調も影響していたようである。彼女は当時のことをこのように振り返った。

 

<ダイエットとかしてなくて。拒食症とかでもなかったし。けど、やっぱり体重が38kgでした。なにが原因で痩せていたのかは分からないんですけど、まぁ疲労とか、いろいろ精神的なものとかが重なったりして、ずっと38kgぐらいでやっていました。そのときは体重がないから、病院でも栄養失調って言われたりしてて。もう常に体調が悪い。体重が関係しているかは分からないけど、吐き気がしたりとか、ずっと体調が悪かったです>

 

AKBに在籍していた当時、島崎はいわゆる運営側に推されるメンバーとして目立っていたが、同時にファンへの塩対応も話題に。大量のアンチに叩かれるようにもなっていた。だが、その塩対応や、「やる気がない」などとバッシングされた態度の裏には、慢性的な体調不良があった可能性がある。アイドルとして活動する女性たちには、日常的に「痩せなくてはいけない」という負荷がのしかかる。スタッフに「痩せなさい」と言われ、「太ってはいけない」というプレッシャーを抱え、ネットでは体型に関する誹謗中傷を投げつけられる。また、過密スケジュールによる過労や、グループ内での激しい競争に晒され続けるストレスもあるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

5⃣ 理想体重

 

 

女性の身長別健康体重を調べたら記事の4人は以下のようになっています。

 

 

             身長      理想体重   ダイエット前   ダイエット後   リバウンド

① 榊美優     151cm      49.5kg       42kg       36kg     48kg

 

② 渡邉美穂   159cm      55.6kg

 

③ 宮脇咲良   163cm      58.5kg

 

④ 島崎遥香   159cm      55.6kg       46kg      38kg

 

 

 

 

 

 

 

6⃣ 6月12日の影山優佳のブログ

 

 

なんで筋トレを始めたのかということについて今回はお話ししていきますね!

理由は二つありまして、
ひとつ目は単純にめちゃ太ったから!笑
休業中やせたりふとったりしていたのですが、一番すごかったときは今より7キロほど重かったです。笑




 

 

 

なんか…顔がむちむちしてますよね。笑
あとは二の腕がぱつんぱつんだったり、太ももも隙間がゼロになっていたりしました!

復帰するにあたって、ほっそいみんなの中に入ることがこわくなって、絶対にやせなきゃと焦りを感じました。

二つ目は、綺麗に痩せたい!と思ったからです。
以前私はストレスで痩せたくないのに痩せたことがありまして、周りから心配されるようないわゆる「げっそり痩せ」をしてしまったことがありました。


筋肉も脂肪もなくて、こんなんじゃあ美しくない!
もうこうなりたくない!と思い、

筋トレと運動、食事に気を使って綺麗な身体を目指しはじめました

実際にやったことといえば、
ランニング10km
ダンス
縄跳び
懸垂
腹筋
腕立て
足パカ
リンパマッサージ
炭水化物控えめ
などなど!


1日の詳しいルーティーンなどはもし興味を持ってくださる方がいましたら、いつか紹介したいと思います!!

そして最近の私!

 


 

 


こんな感じの服が着こなせるようになりました!
ウエストと太ももは特に自信があるかな?

健康的に痩せると自分に自信が出てくるのでおすすめです!
現状をしっかり維持していきたいです…!!

今回は私の筋トレ、ダイエットの動機についてお話ししました!

それじゃまた!!

see you soon...♡

 

 

 

 

 

 

 

7⃣ 感想

 

 

女性アイドルだからある程度体重を気にするのは分かるのですが、健康的な美しさはせいぜい-10%程度だと思うので一番小柄な榊美優でも最低44.6kgくらいまでかなと思います。つまりダイエット前の42kgでも十分な訳で、それを周りのファンやスタッフがとやかく言うのがおかしい。特にファンは痩せているメンバーが好みであればそういうメンバーを推せばいい訳で、本人が体を壊してまでやることでは決してない。その他の3人は身長もそこそこあるので最低50kgで十分であり、島崎遥香もダイエット前の46kgでも痩せすぎなくらいだ。だから外人から見たら日本のアイドルは痩せすぎていて気持ちが悪いと言われる所以だろう。

 

私は標準からややポチャまでが好みなのだが、その証拠に神推しのアイドルは少なからずファンからの心無い言葉に傷ついたことがあります。初代神推しの中元すず香は全く苦労した形跡がありませんが、体質的にそうなのだろうし、メタルシンガーにとって体重は全く関係ないのだろう。2代目神推し乃木坂46の中元日芽香の場合は休業中にニューヨークに行った時に痩せすぎだと言われたそうです。それで日本のアイドルの基準がおかしいと気付いたようです。3代目神推し長濱ねるは写真集を出す前に絞ったようですが結構増減があったようなので気にしていたのでしょう。影山優佳は休業からの復帰に際して7kg絞ったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】  

 

 

1⃣ 日向坂&STU&カラバト&欅坂&乃木坂&AKB等スケジュール

 

 

6/24(水) テレ東音楽祭2020夏に欅坂46・乃木坂46出演(17時55分~)

6/24(水) 東大王3時間スペシャルに山崎怜奈が初参戦(19時~)

6/28(日) ポケモンの家あつまる?に富田鈴花が出演(8時~)

6/29(月) クイズ!THE違和感に佐々木美玲が出演(19時~)

6/29(月) 痛快TVスカッとジャパンに小林由依・土生瑞穂が出演(20時~)

7/07(火) 踊る!さんま御殿3時間スペシャルに小池美波が出演(19時~)

7/22(水) NGT48が5thシングル/シャーベットピンクを発売

 

 

 

 

 

 

※影山優佳は身長が154cmですから休業中の7kgオーバーは流石にやり過ぎだと思いますが、元々スリムですからダイエット後は少し痩せ過ぎにも見えます。いづれにしても影山優佳はまるで少年のようですから10km走とかで軽々目標をクリアできたようです。最近は料理に嵌っているようでブログに載せていますが、よく食べて健康的に痩せるのが一番です。長濱ねるも159cmと、渡邉美穂や島崎遥香と同じ身長ですから今で丁度いいと思います。渡邉美穂は私でもややポチャだと感じますので本人が少し気になるのは仕方ないのかなと思います。

 

※中元日芽香は身長161cm、宮脇咲良に至っては163cmですから多少は体重が無いと却ってまずいでしょう。私も身長169cmですが、最悪の時は体重69kg近くなり、ウエストは何と90cmにもなりました。そこで一念発起し、昨年末は体重を61kgまで絞り、ウエストも78cmまで絞りました。今はまたリバウンド中ですので体重計を見るのも怖いが、影山優佳のダイエット法を真似てストレッチポールを買ったので再び体幹を鍛えたりウエストを絞りたいと思います。若い女性ならではの悩みなのでしょうが、周りの雑音は気にしないで欲しいと思います。

 

影山優佳は4代目神推しだけに過去に5.5本のタイトル記事を書いていますが、2年間休養していた為に本日やっと6.5本目のタイトル記事を書くことができました。本来ならば復帰と同時に華々しく活躍できたと思いますが、新型コロナのお陰で表立った活動は日向坂46同様全くできていません。しかしながら本人の吹っ切れた状況やその高いポテンシャルを考えればグループ内は勿論、メディアからも引っ張りだこになるのは間違いありません。そこで過去記事も含めて影山優佳の魅力を改めてご紹介し、日向坂46での今後の影山優佳の活躍を予想してみたいと思います。その為にも2015年5月10日に有明コロシアムで行われた第2回AKB48ドラフト会議は決して避けては通れない話だと思います。

 

 

☆ 過去記事

 

① 影山優佳の魅力:https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12248591650.html?frm=theme

  2017年2月17日

 

② 影山優佳とひらがなけやき:https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12258725415.html?frm=theme

  2017年3月23日

 

③ 影山優佳:https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12232798599.html?frm=theme

  2017年4月11日

 

④ けやき坂46新クイズ女王誕生:https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12305716602.html

  2017年8月29日

 

⑤ 影山優佳長期休養:https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12380692791.html?frm=theme

  2018年6月2日

 

⑥ 日向坂ストーリーⅠ 長濱ねると影山優佳:https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12449697758.html

  2019年3月26日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 影山優佳

 

 

最初の影山優佳に対する評価は必ずしも高いものではなく、ひらがなけやき初期は柿崎芽実が1推しで影山優佳は2推しでした。ビジュアルの好みが柿崎芽実の方が好みだったからなのですが、性格や人間性の素晴らしさを知るにつれ順位は逆転し、休業する頃には早くも長濱ねるに次ぐ神推しは影山優佳しかいないと考えるようになっていました。だから長濱ねるが卒業イベントをして欅坂46を去ると同時に休業中にも拘らず、影山優佳を4代目の神推しに指名した訳です。とはいえ2年近く芸能界を離れていた訳ですし、今はコロナの関係でマスコミに注目されるのも困難な状況です。そこで過去記事も参考にしながら影山優佳の魅力を今一度ご紹介しようと思います。何より私を惹きつけたのは第2回AKB48ドラフト会議でドラフト指名されなかった時の影山優佳の態度で、既に只者ではないと思わせました。

 

多くの落選メンバーは泣き崩れているのですが何故か影山優佳だけは凛としていて微笑みさえ投げかけていたからです。この時の影山優佳は中学2年生(13才)だったのですが非常に冷静で、合宿の時に最後列の隅っこに配置された時に既に自分に対する評価を悟っていたようです。だから泣くこともなかったし、自分の加入するグループはここじゃないとも思ったようです。と言うのはこのドラフト会議はプロが選ぶのではなく、各グループのメンバーが選ぶから選考基準が曖昧だったこともあるようです。影山優佳は非常に論理的な思考をする傾向にあってそういう意味では少々のことでは心が揺らがない肝の座ったアイドルだとも言えるでしょう。別にアイドルになりたかった訳ではなく、父親からアイドルオーディションを勧められたからでした。本人は虐めた小学校の同級生を見返したい気持ちもあったようです。

 

 

 

 

① 第2回AKB48グループドラフト会議レッスン合宿前編

 

 

 

 

 

② 第2回AKB48グループドラフト会議レッスン合宿中編

 

 

 

 

 

③ 第2回AKB48グループドラフト会議レッスン合宿後編

 

 

 

 

 

④ 第2回AKB48グループドラフト会議最終候補生

 

 

 

 

 

⑤ 第2回AKB48グループドラフト会議前

 

 

 

 

 

⑥ 第2回AKB48グループドラフト会議当日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 影山優佳落選

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ 第2回AKB48グループドラフト会議候補生49名のその後

 

 

☆ 48/46グループに入った人だけで、指名された人は〇、指名されなかった人は×、年齢は当時

 

 

① 柴田優衣(17)   〇 NMB48 2016年5月3日卒業

② 高橋希良(14)    〇 AKB48 2017年4月11日卒業(研究生)

③ 西仲七海(11)   〇 NMB48 2017年6月22日卒業(研究生)

④ 村中有基(17)   〇 NMB48 2017年7月7日卒業

⑤ 野村奈央(15)   〇 AKB48 2017年8月13日卒業

⑥ 安藤愛璃菜(11)  〇 NMB48 2018年8月20日卒業

⑦ 一色嶺奈(13)   〇 SKE48 2018年12月28日卒業

⑧ 樋渡結依(14)   〇 AKB48 2019年11月28日卒業

⑨ 千葉恵里(11)   〇 AKB48

⑩ 西川怜(11)     〇 AKB48

⑪ 久保怜音(11)   〇 AKB48

⑫ 山邉歩夢(13)   〇 AKB48

⑬ 道枝咲(11)     × AKB48

⑭ 山根涼羽(14)   × AKB48

⑮ 上村亜柚香(11)  〇 SKE48

⑯ 白井琴望(12)   〇 SKE48

⑰ 菅原茉椰(15)   〇 SKE48

⑱ 水野愛理(12)   〇 SKE48

⑲ 井上瑠夏(13)   × SKE48

⑳ 野村実代(12)   × SKE48

㉑ 堀詩音(18)     〇 NMB48

㉒ 本郷柚巴(12)   〇 NMB48

㉓ 安田桃寧(13)   〇 NMB48 

㉔ 河野奈々帆(12)  × NMB48

㉕ 今村麻莉愛(11)  〇 HKT48

㉖ 松岡はな(15)   〇 HKT48

㉗ 村川緋杏(15)   〇 HKT48

㉘ 荻野由佳(16)   〇 NGT48

㉙ 西潟茉莉奈(19)  〇 NGT48

㉚ 日下部愛菜(13)  × NGT48

㉛ 清司麗菜(13)   × NGT48

㉜ 西村菜那子(17)  × NGT48

㉝ 岩田陽菜(12)   × STU48

㉞ 影山優佳(13)   × 日向坂46

 

 

※これを見ると指名されなかった人の卒業は1人もいませんから、オーディションに落ちてから這い上がってきた人の方が我慢強くハングリー精神がありそうです。

 

 

 

 

 

 

 

5⃣ 神の娘影山優佳

 

 

影山優佳の凄さは過去記事をお読み頂くとして軽く要点を纏めてみました。とはいえAKB48ドラフト会議は落とされるし、今回もT大の受験に失敗したそうだから必ずしも順風満帆とは言えない。でもAKB48ドラフト会議は優秀過ぎる影山優佳はアイドルよりも普通に大学に行って社会の役に立つ人材になって欲しいという運営の親心で落選したのではないかと思っています。と言うのはレッスン合宿を見たら歌もダンスもトップクラスだったからです。だから坂道シリーズに残していたのではないかと思います。最終オーディションの合格率は高く、アイドルとしても優秀な影山優佳が落ちるのは考えづらいからです。またT大ですが影山優佳は一本に絞っていてしかも現役に拘ったのではないかと思います。浪人するなら別に今年入学する必要はないし、アイドル後でもいいと考えたのかもしれません。

 

何度か書いている影山優佳の秀でた才能を以下に列挙してみました

 

 

① 頭脳明晰

 

国語偏差値80、全国模試全国1位、偏差値78の筑波大学附属高校卒業、漢字検定準2級クラスのテストで95点

 

 

② 英会話能力

 

英語の暗唱が趣味

 

 

 

 

③ サッカー

 

幼少より男の子の中に1人だけ女の子が入ってサッカーをやっていた。強い当たりで倒れて骨折しても完治したら両親はそのまま続けさせた。戦術を考えることが好きでサッカー審判員4級の資格を持っている。休む前はDAZNのリポーターも務めていましたし、Jリーグが始まればまたお声が掛かるのではと思います。今はJリーグ各チームの解説をブログでやっており、今まで北海道コンサドーレ札幌・ヴァンラーレ八戸・グルージャ盛岡・ベガルタ仙台の紹介をしています。最強のサッカー女子影山優佳の出番は多い。

 

 

 

 

 

 

④ 歌唱力

 

 

 

 

⑤ バラエティー能力

 

 

 

 

⑥ 手話(あるファンの目撃談)

 

「今日の個握で僕の前に耳の聞こえない方が並んでいたのですが、一生懸命話していてでもやはり喋りが大変そうだったので伝わったのかな、影山さんどうするのかなと思って見ていたらなんと影山さんは手話をつかってなにかを伝え返していました。彼女のファンに対する姿勢をみてこれからも彼女を応援し続けたいと思ったのでこのことを沢山の方に知ってもらいたいと思い書かせていただきました 」

 

 

⑦ 哲学

 

日本倫理・哲学オリンピック銅賞を受賞するほど深く物事を考えられる。もし世界大会に進出していたら英語でスピーチしなければならなかったそうだから英語はペラペラなのだろう。当然クイズにも強く、ひらがなけやき時代は長濱ねるに勝ってクイズ女王に輝いた。サッカーの戦術もそうだが監督や参謀向きで、休業に入るまでは佐々木久美と2人でグループを率いていたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

6⃣ 感想

 

 

影山優佳はビジュアル的には特に好みでもなく、当初はひらがなけやきの1推しは長濱ねる、2推しは柿崎芽実、3推しが影山優佳でした。それも柿崎芽実と影山優佳は年齢が若いからという理由で、その考えが大きく変わったのは3⃣影山優佳落選にある影山優佳の態度に衝撃を覚えたからです。あの笑顔を見せられた時にこの子は只者でないと感じて、この時既に長濱ねるの次の神推し筆頭と考えていました。周りの落選メンバーの殆どが泣いており、横で泣いていたのが当時12歳のSTU48岩田陽菜だと本日初めて知りました。影山優佳は同い年の一色嶺奈と特別仲が良かったようだが影山優佳が休業した後一色嶺奈がSKE48を卒業したのは無関係ではなさそうだ。他にはあいうえお順で隣だった荻野由佳とも仲が良かったようだ。

 

影山優佳は長濱ねるとはまた違ったコミュニケーション能力の高さがあり、クラス委員を務める等のリーダーシップもある。まるで少年のような切れのあるダンス、カラオケで余裕で90点台を叩き出す歌唱力、益々大人っぽくなっているビジュアル、どこに出してもそつなくこなす対応力、バラエティー能力の高さ、末恐ろしい19才ではあるがこちらの期待値を軽々越えて何でも熟してくれそうだ。上に列挙した強みの他に最近はギター・ピアノ・ラジオ番組・手話・他言語・犬・料理・ダイエット・筋トレ・詩・ゲーム・アカペラ等の方面の研鑽にも励んでいるようで、ダイエットでは5kg痩せたそうです。T大文Ⅰ現役合格こそならなかったが底なし沼のような才能にワクワクしています。有言実行をモットーにしており、これからも多くの夢を語ってくれそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】  

 

 

1⃣ 日向坂&STU&カラバト&欅坂&乃木坂&AKB等スケジュール

 

 

6/20(土) 池上彰のニュースそうだったのか!!に菅井友香が出演(20時~)

6/20(土) CDTVサタデーに欅坂46が出演(0時58分~)

6/21(日) 有吉ぃぃeeeee!に丹生明里が出演(22時~)

6/24(水) 東大王3時間スペシャルに山崎怜奈が初参戦(19時~)

6/28(日) ポケモンの家あつまる?に富田鈴花が出演(8時~)

6/29(月) クイズ!THE違和感に佐々木美玲が出演(19時~)

7/22(水) NGT48が5thシングル/シャーベットピンクを発売

 

 

 

 

 

 

※影山優佳がストレッチポールを使っていると聞いて私も早速買ってきました。影山優佳と言えば文学少女でもありますから長濱ねるのように作家とのインタビューの話が来ればと思います。特に名探偵コナンを語らせたら右に出る者がいないと思いますので長濱ねるがやっていたロッテのCM名探偵ねるの後釜として名探偵かげで出演して欲しい。ねるが出ていたミラクル9・タイムショック等のクイズ番組もぜひ引き継いで欲しい。本人も令和の宮崎美子になるのが目標らしいからメディアや番組関係者にも期待しています。

 

※私はファンクラブには入らない方針ですから神推しのいたBABYMETAL・乃木坂46・欅坂46のFCには入っていません。当然日向坂46のFCにも入りませんがメッセージは長濱ねるの時に取っていましたから影山優佳のメッセージも早速取っています。影山優佳は毎日朝晩の音声メッセージがありますし、とにかく頻繁に来ます。同年代の若者なら恋人気分が味わえていいと思いますが、おじさんは纏めて聞いています。長濱ねるの音声メッセージは半年に1回ぐらいだったから却ってドキドキしたのはいい思い出です。

 

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の元代表横田滋氏が去る6月5日に亡くなった。享年87才だった。内閣総理大臣安倍晋三は私邸で記者団の取材に応じ、「 (妻と共にめぐみさんとを抱きしめる日が来るように努力してしきたが実現できず)申し訳ない思いでいっぱいだ」と目に涙を浮かべながら述べた。横田めぐみちゃんが北朝鮮の特殊部隊によって拉致されたのは1977年11月15日(火)のことだった。この日新潟市立寄居中学校1年生だった横田めぐみちゃんはバトミントン部の練習後の下校途中に拉致された。日本人拉致を命令したり許可したのは明らかに金日成・金正日親子だ。日本政府が正式に認定した拉致被害者だけでも17人にもなるが、北朝鮮は帰国できた5人以外は8人が亡くなり、4人はそもそも拉致していないとして拉致を認めたのは13人だけだ。

 

そんな非人道的な北朝鮮に対して拉致被害者の会の代表として横田滋さんは約1400回の講演会を通じて全国の日本人に協力を訴えかけたが遂に力尽きた。拉致被害者にとって一番怖いのは無関心による拉致事件の風化だったのだろう。だからこそ横田夫妻を中心に2002年から18年もの間講演や世界に訴える活動を続けられたのだろう。ここまで頑張れたのは横田滋さんのめぐみちゃんに対する愛情そのものだろうし、北朝鮮に対する怒りの大きさなのだろう。それでも横田滋さんはいつもニコニコしながら温厚な人であり、涙もろい人だった。日本人の拉致被害者に対する共感性が高かったのは横田夫妻の優しさが大きく関係していると思います。私も政治関連の記事もたまには書きますが拉致事件については内容が内容だけに安易に書けないなというのが本音でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ めぐみさんの弟拓也氏と母親横田早紀江さんの会見内容

 

 

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父横田滋さんが5日に亡くなったことを受けた、妻の早紀江さん、息子の拓也さんと哲也さんが9日午後、記者会見を開いた。冒頭の挨拶で拓也さんと哲也さんは北朝鮮を改めて厳しく批判。メディアの報道についても対しても苦言を呈した。

 

まず、早紀江さんは「いつも穏やかで、苦しいとか痛いとか、そういうことは絶対言わないで、いつも笑顔でした。だんだん衰弱して、突然5日、息を引き取りました。拉致された人たちのことを思って、二人三脚で一生懸命に頑張ってきましたけれども、やっぱり段々年をとって、私もそうですが、身体に色々と具合の悪いところが出てきました。たくさんの親御さんがいらっしゃらなくなったあり、これからも衰弱していかれるのではないかといつも心配しています。国柄が国柄なので、どうしてもなかなか解決には向かいません。本当に難しい問題だなと思わされております。本当にいつも報道していただいて、めぐみたちを助けるために、本当に献身的に被害者のこと、私たち家族のことを報道し続けて下さった長い年月に、心から感謝いたしております。滋も皆さんと仲良くさせていただいて、いつも穏やかに暮らすことができたこと、たくさんの先生方や救う会の指導力も素晴らしかったし、何も思い残すことがないほど、全身全霊打ち込んで頑張ったと思っています。安らかに、すごくいい、本当に静かな顔で天国に引き上げられたこと、私は良かったなと思っております。ご支援を感謝しております」と挨拶。

 

一方、拓也さんは「父はめぐみの写真を撮ることがとても大好きでしたから、報道で過去の写真を使っていただくこともありました。本当に目の中に入れても痛くないほどかわいがっていた姉にどれだけ会いたかったかと思うと、悔しくて悔しくて仕方がありません。2002年の日朝首脳会談の後に父が泣いていた姿を見て、そして今回、父が他界したことを受け、私個人は本当に北朝鮮が憎くてなりません。許すことができない。どうして、これほどひどい人権侵害をしつづけることができるのか。不思議でなりません。国際社会がもっと強い制裁を課して、問題解決を図ることに期待したいと思います」とコメント。

 

「そして私たち横田家のそばに長い間いた安倍総理には、本当に無念だとおっしゃっていただいています。私たちはこれからも安倍総理とともに解決を図っていきたいと思っています。国会においては、与党・野党の壁無く、もっと時間を割いて、具体的かつ迅速に解決のために行動して欲しいと思います。マスコミの皆さまにおかれましても、イデオロギーに関係なく、この問題を我が事として取り上げてほしいと思います。自分の子どもならどうしなければいけないか、ということを問い続けてほしいと思っています」と訴えた。

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ 蓮池家の新潟放送へのコメント

 

 

横田滋さんの死去を受け、関係者は悲しみと憤りが入り混じっています。 「なぜ会わせてあげることができなかったのか」新潟県柏崎市の拉致被害者の蓮池薫さんは6日、悲痛な思いと日本政府に対するもどかしさを語りました。  「愛情のパワーで今まで突っ走ってこられた。なぜ会わせてあげることができなかったのかなと、繰り返し繰り返し考えています」 柏崎市の拉致被害者・蓮池薫さん(62)です。

 

 

【蓮池薫さん(当時45)】

 

2002年 「24年ぶりにふるさとの柏崎の土をきょう踏んで、本当に感慨無量です」 2002年10月、蓮池さんは妻の祐木子さんと共に24年ぶりに北朝鮮から帰国しました。帰国した当時、滋さんと交わした言葉を今でも覚えています。

 

 

【蓮池薫さん】

 

「『めぐみさんは死亡した』と北は言って、ただ我々が生きて帰ってきて、その心情がいかに複雑であるか分かるわけですね。それでも温かく迎えてくださって、しかも『良かった』と。滋さんのお人柄以外の何物でもない」

 

蓮池さんは、滋さんが最期までめぐみさんと再会することができなかった現実に「北朝鮮に対する憤りと、歴代の日本政府に対してもどかしさを感じる」と話しました。

 

 

【蓮池薫さん】

 

「米朝の動きに合わせていくような形ではなく、何か違った形で解決に近づいていく努力をしてほしい。滋さんの死を無駄にしない」 蓮池さんは、「例え日本政府に憎まれてでも訴え続けていきたい」と決意を新たにしています。

 

 

【蓮池薫さん】

 

「戦い尽くして、力尽きて亡くなった。それが老衰という言葉に表れているのではないか。『ゆっくり安みながら、めぐみさんが墓前に報告に来るのをお待ちくださいね』という言葉をお掛けしたいと思います」 

 

 

拉致被害者蓮池薫さんを救うため、横田滋さんと一緒に人生をかけて活動してきた蓮池さんの両親は5日、悔しさをにじませながら滋さんへの感謝の言葉を口にしました。

 

 

【薫さんの父、蓮池秀量さん(92)】

 

「本当に残念で残念でどうしようもありません。この一言に尽きます」 滋さんの訃報に悔しさをにじませるのは、新潟県柏崎市の拉致被害者・蓮池薫さんの両親、秀量さんとハツイさんです。2人は子どもの帰国を待つ同じ親として、横田さん夫妻と救出活動をともにしてきました。

 

 

【薫さんの母、蓮池ハツイさん(88)】

 

 「私が薫のことを考えていたように、毎日めぐみちゃんはどうしているんだろうと、そればっかりだったと思います。一声でもいいからお父さまに聞かせてやりたかったと思います」

 

 

【蓮池秀量さん】

 

「拉致問題の第一線に立って、救出活動に当たっていただいたので、本当に大変であったと思いますし、『ご苦労さんでした』と『ありがとうございました』とお礼を申し上げたい。『ゆっくり休んでください』と申し上げたい。ご冥福をお祈りしたいと思っています」拉致問題に進展が見られないまま年月だけが経過していますが、拉致問題の風化だけは避けたいと力を込めました。

 

 

 【蓮池ハツイさん】

 

 「一日も早く皆さんが幸せに、親子できょうだいで会われるようにしてもらいたい」

 

 

 【蓮池秀量さん】

 

「拉致問題が風化しないように私たちもこれからも頑張って、めぐみさんが一日も早く早紀江さんとお会いできるようにお祈りしたいと思っています」

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 曽我ひとみさん(61)の新潟放送へのコメント

 

 

「私を救ってくれたのに…」  新潟県佐渡市の拉致被害者・曽我ひとみさんは感謝と悔しさをにじませ、横田滋さんの死を悼みました。 曽我ひとみさんは6日、滋さんに宛てた手紙を読み上げました。

 

 

 【曽我ひとみさん(61)】

 

 「今の気持ちを表すなら、悔しい、悲しい、心が痛い」 曽我さんは、長年、救出活動の先頭に立ち続けてきた滋さんへの感謝の言葉を口にしました。

 

 

【曽我ひとみさん】

 

「一つはっきり分かることがあります。それは私の人生を救ってくれたことです。心から感謝をしてもしきれません」 2002年、曽我さんは蓮池さん夫妻らと帰国した日、羽田空港で初めて滋さんと会いました。

 

 

 【曽我ひとみさん】

 

 「『曽我さんお帰りなさい』と、優しく声をかけてくれました。めぐみさんのことを思い、泣きながらシャッターを押していた姿は、今でも深く印象に残っています」 滋さんは以前、その時の様子についてこう語っていました。

 

 

【横田滋さん(当時77)】

 

2009年 「タラップからみんなが降りてくる時に、一番初めに地村さんは手を振りながら降りてきたんですけど、曽我さんは一番後ろから沈んだ顔をしていた」 一時期、北朝鮮でめぐみさんとともに暮らしていた曽我さん。不安な状況の中で、お互いを支え合っていました。

 

 

【曽我ひとみさん】

 

 「めぐみさんと一緒にいた時、お父さんについては『とても優しくて、笑顔がとても素敵です』といつも話していました。めぐみさんもお父さんに似て、とても優しい子でした」 めぐみさんと一緒に帰国できなかったあの日から18年。めぐみさんに会えないまま滋さんが旅立ってしまったことを、曽我さんは悔しくてたまりません。

 

 

【曽我ひとみさん】

 

 「めぐみさんに会わせてあげたかった。たくさんたくさん話をさせてあげたかった。この痛恨を力に変えて、お父さんの分まで活動を続け、一日も早い解決に向かって頑張ります」

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ プレジデントオンラインの記事

 

 

■ 「横田滋さんの娘を拉致したことが、北朝鮮の最大の失敗だった」  

 

めぐみさんと再会させてあげたかった。だれもがそう思ったに違いない。北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親、横田滋さんが6月5日、老衰で亡くなった。87歳だった。拉致被害者の家族会に参加し、拉致被害者の救出活動で先頭に立って家族会を引っ張ってきた。被害家族の象徴的な存在だった。 新潟市の中学1年生だっためぐみさんがバドミントン部の練習の帰りに行方不明になったのが、1977年11月。北朝鮮の工作員による拉致だった。あれから42年余り。その間、横田滋さんは決してあきらめることなく、拉致問題の解決を訴え続け、政府関係者をして「滋さんの娘を拉致したことが、北朝鮮の最大の失敗だった」とまで言わしめた。  横田滋さんは生きて娘と再会できなかったが、めぐみさんら拉致被害者全員が無事に帰国できることを願う滋さんの魂は消えない。

 

 

■ 娘に対する熱い思いが横田滋さんの原動力だった

 

 2002年10月15日の羽田空港。政府チャーター機のタラップから地村保志さんや蓮池薫さんら5人が降り立ち、親や兄弟と抱き合った。拉致被害者の喜びの帰国だった。しかし、そこには横田めぐみさんの姿はなかった。 この1カ月ほど前の9月17日、小泉純一郎首相(当時)が北朝鮮を訪問し、金正日総書記=2011年12月17日に70歳で死去=と初の首脳会談に臨んだ。この会談で北朝鮮はそれまで全否定していた拉致の事実を認めて謝罪した。だが、北朝鮮は5人の生存を認めたものの、めぐみさんら8人については「死亡した」と説明した。「めぐみは本当に死んだのか。信じられない」。横田滋さんは絶望の淵に立たされた。 その後、北朝鮮はめぐみさんの遺骨の一部を日本に提出したが、日本側のDNA鑑定によって別人のものと判明した。滋さんは記者会見で「めぐみの生存の可能性が強くなった」と語り、拉致被害者の救出活動に力を注ぐことを誓った。そこには父親の娘に対する熱い思いがあった。

 

小泉首相の訪朝後、めぐみさんの娘だという少女が現れた。現在32歳になるとみられるキム・ウンギョンさんである。日本のDNA鑑定によって彼女がめぐみさんと血のつながりがあると証明されたが、横田滋さんは北朝鮮が拉致問題の幕引きに利用する恐れがあると考え、訪朝してウンギョンさんに会うことを止めた。 滋さんがウンギョンさんと会ったのは2014年3月だった。日本政府が北朝鮮と交渉して第三国のモンゴルで面会した。女の子のひ孫とも会えた。しかし、めぐみさんの消息は分からなかった。  めぐみさんは生きているのか。生きているとしたら、なぜ北朝鮮はめぐみさんを日本に帰さないのだろうか。

 

 

■ 韓国紙は「精神安定剤の過剰投与で死んだ」と報道したが…  2014年11月7日付の韓国紙の東亜日報が突然、「めぐみさんは精神安定剤や睡眠薬を過剰に投与されて1994年4月に29歳で死亡し、病院近くの山に埋められた」と報じた。しかし、日本政府はこの記事を「事実関係と異なる部分が少なくない」とすぐに否定した。  ※編集部註:初出時、「50歳で死亡」としていましたが、「50歳」は東亜日報が出た2014年11月の時点での年齢でした。正しくは「29歳で死亡」です。訂正します。(6月12日12時30分追記)  少しこの記事に触れてみよう。東亜日報は日本政府の拉致問題対策本部が2014年9月に韓国の「拉北者家族会」の代表と共同で脱北者の調査を行ったときの報告書を入手したと報じ、記事はその報告書がもとになっている。  記事によると、2人の脱北者が東亜日報に証言した。2人はめぐみさんが入院していた北朝鮮の平城にある国家安全保衛部の病院に勤務。めぐみさんの朝鮮名「リュミョンスク女」と書かれた診療記録を見たことがあり、そこには「1964年10月5日生まれ。1977年に日本で北朝鮮につかまって連れてこられた」と記載されていた。さらに2人は「めぐみさんは1994年4月10日に死亡した」と話し、「死因は睡眠剤などの過剰な投与だった」と述べたという。  この東亜日報の記事は事実なのか。韓国の「拉北者家族会」は「東亜日報の報道は欺瞞(ぎまん)に満ちている」と全否定している。どうやら東亜日報が工作をたくらむ北朝鮮にのせられた可能性があるというのが一般的な見方のようである。

 

 

■ めぐみさんは金正恩委員長の日本語教師の可能性がある  

 

拉致問題を精力的に報道し、日本新聞協会賞も受賞している産経新聞は、2017年11月29日付紙面でこんな記事を掲載している。 記事は「乗客乗員115人を乗せた大韓航空機が1987年に爆破されたテロ事件から29日で30年となる」と書き出し、同事件の実行犯である金賢姫元工作員が韓国国内で産経新聞のインタビューに応じ、横田めぐみさんについて「生存情報を確認している。めぐみさんは生きている」と証言。北朝鮮が帰国させない最大の理由は「めぐみさんが金正日一家の秘密を知ったからだ」と語ったと報じている。 産経の記事によると、金元工作員は1984年6月ごろ、同僚工作員の日本語教育係だっためぐみさんに会っている。金元工作員は「めぐみさんは韓国人拉致被害者の夫との間に女児を出産したが、工作員教育に関わったうえに公にできない『秘密』を知ってしまった。それで北朝鮮は死亡したことにしている。一番は金正日一家との関わりだ」と話した。 金元工作員は、「めぐみさんは離婚した後、金正日一家の日本語教師をしていたとの情報を得た」とも話した。産経の記事は、金正日の息子で現在の最高指導者の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が幼少時に日本語を学んでいたことから「金一家の子供たちが対象だった可能性もある」と指摘している。

 

 

■ 北朝鮮が公にできない「秘密」とは何なのだろうか  

 

北朝鮮が公にできない秘密とは一体、何なのだろうか。さまざまな情報や推測が飛び交い、謎は深まるばかりだが、北朝鮮にとってよほど国際社会に知られては困る秘密があるのだろう。  そもそも日本から無理やり連れてきた13歳の少女がいかにして北朝鮮の最高指導者一家に信頼され、家庭教師という側近中の側近にまで上り詰めたのだろうか。めぐみさんは「必ず日本に帰れる。優しい父が助けに来てくれる」と固く信じ、北朝鮮で相当な努力を続けたはずだ。あの横田滋さんの娘であることから考えると、賢くしっかりした女性に成長したことは間違いない。  滋さんは体が弱り、2017年4月の拉致被害者の救出を求める国民大集会を欠席した。そのときにこんなビデオメッセージを寄せている。 「めぐみちゃん、お父さんですよ。ここら辺で必ず解放されると信じています。いま、めぐみが隣の部屋で待っているような感じがしています。もうすぐ会えるかもしれませんが、体だけは気をつけてください」 。このメッセージをテレビのニュースで見て目頭が熱くなったのを覚えている。北朝鮮の金正恩委員長も見ていたと思うが、彼に人の心というものがあるのなら、めぐみさんたち拉致被害者全員を早く帰国させてほしい。

 

 

■ 横田滋さんは講演の依頼を断らない人だった  

 

横田滋さんの死去については新聞各紙が一斉に社説で取り上げた。6月7日付の朝日新聞の社説はこう指摘し、滋さんの死を弔う。 「滋さんは、拉致被害者家族連絡会の代表に就き、妻の早紀江さんとともに全国で1400回以上の講演に駆け巡った」 「やさしい表情で親の情を貫徹する姿を通じて、北朝鮮問題の現実を知り、被害者に思いを寄せた人々は数知れない。重く、つらい人道問題の象徴的な存在だった」  滋さんは講演の依頼を断らなかった。その講演で話す、滋さんのめぐみさんを思う心根に感動した人は多かったはずだ。沙鴎一歩もその1人である。 朝日社説は「2月には有本恵子さんの母、嘉代子さんが亡くなった。未帰還の政府認定被害者の親で生存しているのは、(横田)早紀江さんと有本恵子さんの父の明弘さんだけになってしまった」と高齢化の問題も指摘する。安倍政権はこれまで以上に全力で拉致問題に取り組んでほしい。 最後に朝日社説は「日朝間には、平壌宣言を踏まえて6年前に結んだ『ストックホルム合意』がある」と指摘し、こう主張する。 「当時、横田さん夫妻がモンゴルで孫娘と面会したことで機運が生まれ、この合意ができた。滋さんの遺志を引き継ぐためにも、安倍政権はこの合意にもとづく交渉を再開させるよう全力を注ぐべきだ」 。この朝日社説の主張は正しいと思う。なぜなら安倍政権は、日朝平壌宣言とストックホルム合意を有効に利用していないからである。

 

 

■ 安倍首相は就任前から「拉致問題解決」を使命とするが…  

 

毎日新聞の社説(6月7日付)は後半で安倍政権に発破をかける。 「会談に官房副長官として同席した安倍晋三首相は拉致問題での強硬姿勢で存在感を高めた。政権に就いてからは自らの手で解決する決意を繰り返し語ってきた」 。会談とは、小泉首相訪朝の際の金正日総書記との会談のことである。安倍氏は首相に就く前から拉致問題解決を自らの使命に挙げている。政治的に利用するのはまだ許せるが、一度ぐらいは解決に政治生命をかける強い意志を示し、その結果を私たち国民に見せてほしい。  毎日社説も指摘する。 「ただ取り組みは、ほとんど実を結んでいない」 「14年のストックホルム合意では北朝鮮に再調査を約束させたが、何も得られないまま終わった」 「その後は核・ミサイル問題と同時に解決を図ろうとトランプ米大統領の『最大限の圧力』路線に同調したが、昨年5月には一転して無条件の首脳会談を金正恩朝鮮労働党委員長に呼びかけた。北朝鮮が前年に米韓との対話路線に転じたことを受けたものだが、いまだに反応はない」 。要は、金正恩氏は安倍首相を相手にしていないのだ。金正恩氏はトランプ氏と直接交渉できればそれで十分だからである。安倍政権は前述したように、拉致問題の包括調査などを盛り込んだストックホルム合意などを駆使して国際社会に日本の立場を主張して北朝鮮に圧力をかけていかなければ、秘密のベールに覆われた拉致問題の解決はできない。

 

 

■ 「最重要、最優先課題である」と繰り返してきた安倍首相  

 

次に6月7日付の産経新聞の社説を読んでみよう。他紙とは違い、大きな1本社説である。 その産経社説は「改めて、拉致誘拐という北朝鮮の国家犯罪に怒りを新たにする。北朝鮮は拉致を認めて謝罪した後も再調査の約束すら反故にしたままだ」と強調した後、安倍首相に要望する。 「怒りを国民全ての思いとして結集し、これをぶつけるべき相手は北朝鮮であり、独裁者である金正恩朝鮮労働党委員長である」 「そして国民の怒りを突きつけ、被害者全員の奪還を実現させるのは、日本政府の責務である」 「とりわけ安倍首相は拉致問題の解決を政権の『最重要、最優先課題である』と繰り返してきた。なんとしても自身の手で、めぐみさんらの救出を果たしてほしい」 。拉致問題の解決は安倍首相の手腕にかかっている。問題はそれを安倍首相自身がどこまで自覚しているかだ。安倍首相はどんなに忙しくとも、産経新聞の社説だけは読むと聞いたことがある。今回の産経社説の「自身の手で、救出を果たしてほしい」との呼びかけに即時に応えてほしい。

 

 

■ 安倍首相には日朝間の膠着を打開する義務と責任がある  

 

産経社説は「拉致問題は膠着状態に陥っている」とも指摘し、こう書く。  「5月19日の閣議で報告された『外交青書』は拉致の解決を『最重要課題』と位置づけ、安倍首相が昨年5月に『条件を付けずに金正恩朝鮮労働党委員長と会い、率直に話をしたい』と表明したことを盛り込んだ。だがその表明からも、すでに1年を過ぎている」 。繰り返すが、結局、安倍首相は金正恩氏に馬鹿にされているのである。しかも米朝首脳会談は2度の開催でストップし、北朝鮮は今年に入って短距離弾道弾ミサイルを何度も発射してアメリカをはじめとする国際社会を挑発している。国際社会が経済制裁を緩和しなければ、核・ミサイルの開発を続行するという挑戦状である。  産経社説は訴える。 「安倍首相は滋さんの死去に『痛恨の極み』と言葉を詰まらせ『チャンスをとらえて果断に行動し、(拉致被害者の帰国を)実現したい』と強調した。だが、待っていてもチャンスはやってこない。政府は自ら膠着を破る行動を起こすべきだ。拉致の解決なしに北朝鮮は未来を描けないと理解させる、交渉の原点に返るべきだ」 。大賛成だ。安倍首相には膠着状態を打開する義務と責任がある。「拉致の解決なしに北朝鮮は未来を描けないと理解させる」には何が必要か。やはり、トランプ氏に頼らず、既存の日朝平壌宣言とストックホルム合意をうまく使うのがベストだろう。

 

 

 

 

 

 

 

5⃣ フジテレビ解説委員平井文夫のコメント

 

 

横田めぐみさんの父、滋さんが43年間娘に会えず亡くなった。安倍首相は「申し訳ない思いで一杯だ」とコメントしたが、少し泣いているようだった。僕も記者のはしくれとして横田さんに申し訳なく思った。 これは一昨日のフジテレビの番組バイキングの中でも言った事なのだが、1977年にめぐみさんが北朝鮮に拉致された3年後、産経新聞の阿部さんという記者が「日本人が拉致されている」というスクープを発表した。 しかし当時野党第一党だった社会党はもちろん、自民党でさえ北朝鮮と仲が良く、「そんなバカなことがあるわけがない」と相手にしなかった。僕も半信半疑でメディアもほとんどが知らんぷりだった。 結局2002年に当時の小泉首相が訪朝し金正日に謝罪させるまで25年間、我々日本人は拉致問題を放置していたのだ。本当に恥ずかしいことだ。そしてその後18年間我々は再び放置した。

 

バイキングの中で東国原・元宮崎県知事が「結果的に進展はなく、政府の責任は極めて重い」と発言した時に、「拉致問題の進展がないことを安倍さんのせいにするのはおかしい」と思ったが、確かに進展はしておらず、いまだ帰ってこない肉親を待ち続ける家族の方々にはそういう気持ちもあるのだろうなと思い黙っていた。 僕もこの拉致問題を30年ほどだが追いかけているので少しモヤモヤしていたら昨日、めぐみさんの弟の横田哲也さんの会見を聞いて驚いた。 哲也さんは問題なのは安倍政権ではなく、「40年間何もしてこなかった政治家や、北朝鮮は拉致などしていないと言い続けたメディアである」と指摘した上で、「何もやってない人が政権批判をするのは卑怯だ」と非常に厳しい言葉で政治家やメディアを批判した。

 

 横田滋さんは本当に立派な人だった。めぐみさんの娘ウンギョンさんが「おじいさんとおばあさんに会いたいから平壌に来て」と言った時も拉致の交渉が北朝鮮ペースになることを嫌って訪朝しなかった。孫に会いたいという感情より拉致問題全体の解決を優先する人だった。哲也さんたちもそんな両親の背中を見て育ったのだろう。

 

我々がすべきことは気楽な立場で政権を批判するのではなく、自分の娘が、あるいはきょうだいが北朝鮮に拉致されたら、とまず想像してみることだろう。 そして今は天国にいる横田さんの思いをかなえるためにも、我々はいかなる手段を使ってでも拉致被害者の奪還を最優先にしなければならないと思うのだ。

 

 

 

 

 

 

 

6⃣ 感想

 

 

もう若い人にとっては風化しつつある問題かもしれません。でも日本人なら決して忘れてはならないし常に帰国させる運動を続けなければなりません。今回この記事を紹介しようと思った一番の理由は横田めぐみちゃんの双子の弟の考え方に共鳴したからです。

 

特に拓也さんの「私個人は本当に北朝鮮が憎くてなりません。許すことができない。どうして、これほどひどい人権侵害をしつづけることができるのか。不思議でなりません。国際社会がもっと強い制裁を課して、問題解決を図ることに期待したいと思います。そして私たち横田家のそばに長い間いた安倍総理には、本当に無念だとおっしゃっていただいています。私たちはこれからも安倍総理とともに解決を図っていきたいと思っています。国会においては、与党・野党の壁無く、もっと時間を割いて、具体的かつ迅速に解決のために行動して欲しいと思います。マスコミの皆さまにおかれましても、イデオロギーに関係なく、この問題を我が事として取り上げてほしいと思います。自分の子どもならどうしなければいけないか、ということを問い続けてほしいと思っています」と訴えたという部分です。

 

またフジテレビの記事にある問題なのは安倍政権ではなく、「40年間何もしてこなかった政治家や、北朝鮮は拉致などしていないと言い続けたメディアである」と指摘した上で、「何もやってない人が政権批判をするのは卑怯だ」と非常に厳しい言葉で政治家やメディアを批判したという部分です。

 

私が拉致問題を記事にできなかった一番の理由が何もやっていない私が安易に誰も批判できないということです。今まで講演会に一度も参加したこともないし、今年の1月13日に高松で開催された講演会も結局申し込みしませんでした。今は後悔していますし、もし横田早紀江さんが来られるならば是非申し込みたいと思います。1977年にめぐみさんが北朝鮮に拉致された3年後の1980年、産経新聞の阿部さんという記者が「日本人が拉致されている」というスクープを発表した。しかし朝日新聞や毎日新聞は北朝鮮がそんなことをする訳がないと否定し続け、結局無視された。また1987年にも大韓航空機爆破事件の際の工作員金賢姫の証言から疑惑が浮かんだがまたもや無視された。

 

結局、2002年9月17日、内閣総理大臣小泉純一郎らが訪朝し、日朝首脳会談を行った際に、当時の北朝鮮の最高指導者である金正日は、北朝鮮の一部の特殊機関の者たちが、現地請負業者と共謀して、日本人を拉致した事実を認め、口頭で謝罪した。これにより5人が帰国できたが、これもまた北朝鮮に帰すという約束の一時帰国だったが日本政府は反故にした。誘拐された人間をまた犯人の元に帰すというのはあり得ない話だし、これがもしアメリカだったら軍事行動を起こしていただろう。それくらい独裁国家北朝鮮と交渉をするのは大変な訳で、それを安易に全く進展していないと文句を言えるのはそういう行動を起こした人だけだと横田哲也さんは言っているのだろう。

 

そもそも北朝鮮という国は独裁国家であり、金正恩は兄や叔父まで殺してしまう極悪非道な人物だ。そんなイスラム過激派組織イスラム国のような国とまともに交渉できるはずがない。特に共産主義国家らしく諜報活動には長けていて韓国は北朝鮮の傀儡国家のようになっている。横田哲也さんが「北朝鮮が憎くてなりません。許すことができない。どうして、これほどひどい人権侵害をしつづけることができるのか。不思議でなりません」と言うように私も全く同感です。個人的には拉致事件は金日成・金正日が起こした事件だから金正恩さえ融和的にすれば国交回復もできたのにと思います。でも、金正恩は金王朝の間違いを認めることは絶対にできないと思っているのだろうと思います。

 

それならまだ間違いを認めた金正日の方がましで、金正日がもし生きていたら張成沢や金正男が殺害されることはなかったでしょう。そういう意味では金正恩ほど冷酷な指導者はいないかもしれません。結局北朝鮮は共産主義国家でもなくただ金王朝を続けたいだけの独裁国家であり、日本の徳川幕府や朝鮮の李氏朝鮮と同じだということでしょう。そんな国といくら話し合っても物事が進展する訳もなく、交渉したって負けるだけでしょう。横田哲也さんが言っているようにこのまま経済制裁を強化し続けるしかないでしょう。韓国の文大統領も小間使いのようにしていますし、バックに中国がいますからいつまでも強気です。唯一の救いがめぐみちゃんの子供と横田夫妻が会えた事です。

 

最後に横田滋さんのご冥福を祈りいたしますと共に、横田早紀江さんとご家族が横田めぐみさんや娘のキム・ウンギョンちゃんと会って、日本に帰国できますようにお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】  

 

 

1⃣ 日向坂&STU&カラバト&欅坂&乃木坂&AKB等スケジュール

 

 

6/16(火) TBSこの差ってなんですか?に佐藤詩織が出演(19時~)

6/20(土) 池上彰のニュースそうだったのか!!に菅井友香が出演(20時~)

6/21(日) 有吉ぃぃeeeee!に丹生明里が出演(22時~)

 

 

 

 

 

※長沢菜々香の暴露話が溢れていて呆れるしかありません。YouTubeでのテンションがあまりにも高いのでついつい投げ銭しようかなと思いました。でも思い留まって有料会員になったので550円だけの出費で済みました。投げ銭を見ていたら3万とか5万とかが飛び交っていたのでついつい釣られそうになりました。主に海外のファンで、国内では10万円の給付金を貰った人が気前よく投げていたようです。結婚するのは目出たいことだが文春砲を食らってから発表するのは人間としてどうかと思います。長濱ねるが卒業前に助けられたと言っていたから応援しようと思ったのですが完全に裏切られました。

 

※こんなことになっても配信は続けるそうですからよっぽど彼氏に気に入られたいのでしょう。IT関連の社長だそうですから色々アドバイスしているようだし、もしかしたら彼氏の口添えで投げ銭とか有料会員とか考えたのかもしれません。長濱ねるが卒業を発表したのが昨年3月7日で、7月31日に欅坂46を卒業しました。彼氏と本格的に付き合いだしたので昨年8月頃らしいので長濱ねるロスもあったのかと思うと多少の同情の余地はあります。でも私のような長濱ねるファンが感謝と長濱ねる情報を貰いたくて見ていたのも事実ですから随分罪なことをしてくれました。結局、推しメンは人間性が一番大事です。

 

新型コロナは国内においては収まりつつありますが世界に目を向けるとまだまだ終息の兆しは見えません。欧州は収まりつつありますが南北のアメリカ大陸はまだまだこれからのようですし、インドやロシアも悪化しているようです。ところが株式市場は全く違っていてもうコロナ以前に戻りそうな勢いです。これは私もある程度予想していたことではありますが、被害の大きさを考えるとちょっと違和感を覚えるほどです。ニューヨーク市場は後一歩でコロナ前に戻る勢いですし、日経も来週には23,000円台に戻りそうな勢いです。もしそうなれば日経の高値が24,000円台でしょうからほぼ天井まで戻ったということになります。世の中そう甘くは無いのでその内調整の下げがあるのでしょうが、今度は下がっても21,000円台かなと思います。

 

そんな下げ局面でも比較的安心して持っていられるのがコロナ関連銘柄だと思いますので、今日は日本の感染状況、世界の感染状況も考えながらどう対処すればいいかを考えてみたいと思います。個人的には3月から本格的に信用取引を始めまして含み損が一気に400万円近く消し去りました。色々な銘柄にチャレンジしたのですが、主にはぴあと星野リゾートリートの多ロットの回転です。そんな取引をしている中でやはり新型コロナ関連銘柄の強さは際立っていてまだまだここ1年くらいは主力で追いかけてもいいと思えるようになりました。そこでそんな新型コロナ関連銘柄の中でもどの銘柄が有利かを調べてみましたので参考にして下さい。個別銘柄の特徴は5月25日に書いた記事を読んで頂ければお分かりいただけると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 新型コロナ感染者数&死者数

 

 

 都道府県    感染者数      死者数     死亡率

 

① 東京       5,369人      311人     5.8%

② 北海道     1,117人       90人     8.1%

③ 神奈川     1,394人      87人     6.2%

④ 大阪      1,784人      84人     4.7%

⑤ 埼玉      1,007人       51人     5.1%

⑥ 千葉        911人       45人     4.9%

⑦ 兵庫        699人      42人     6.0%

⑧ 愛知        513人      34人     6.6%

⑨ 福岡        799人      30人     3.8%

⑩ 石川        299人      27人     9.0%

⑪ 富山        227人      22人     9.7%

⑫ 群馬        151人       19人    12.6%

⑬ 京都        359人      18人     5.0%

⑭ 茨城        168人       10人     6.0%

⑮ 福井        122人       8人     6.6%

⑯ 沖縄        142人       7人     4.9%

⑰ 岐阜        151人       7人     4.6%

⑱ 愛媛         82人       4人     4.9%

⑲ 熊本         48人       3人     6.3%

⑳ 和歌山       63人        3人     4.8%

㉑ 高知         74人       3人     4.1%

㉒ 広島        168人       3人     1.8%

㉓ 奈良         87人       2人     2.3%

㉔ 徳島          5人       1人    20.0%

㉕ 長崎         17人       1人     5.9%

㉖ 青森         27人        1人     3.7%

㉗ 三重         45人       1人     2.2%

㉘ 大分         60人       1人     1.7%

㉙ 山梨         66人       1人     1.5%

㉚ 静岡         77人       1人     1.3%

㉛ 宮城         88人        1人     1.1%

㉜ 滋賀        100人       1人     1.0%

㉝ 新潟         82人

㉞ 福島         81人

㉟ 長野         76人

㊱ 山形         69人

㊲ 栃木         66人

㊳ 佐賀         47人

㊴ 山口         37人

㊵ 香川         28人

㊶ 岡山         25人

㊷ 島根         24人

㊸ 宮崎         17人

㊹ 秋田         16人

㊺ 鹿児島       10人

㊻ 鳥取          3人

㊼ 岩手          0人

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ 各国の死者数/致死率順

 

 

                      感染者数      死者数      致死率(赤字の国は特に危険)

① アメリカ(亜米利加)     1,880,536人    108,068人     5.7%

② イギリス(英吉利)        283,311人     40,261人   14.2%

③ ブラジル(伯剌西爾)     614,941人    34,021人    5.5%

④ イタリア(伊太利亜)        234,013人     33,689人   14.4%

⑤ フランス(仏蘭西)        189,441人     29,065人   15.3%

⑥ スペイン(西班牙)         258,832人     27,134人   10.5%

⑦ メキシコ(墨西哥)      105,680人    12,545人   11.9%

⑧ ベルギー(白耳義)         58,907人      9,577人   16.3%

⑨ ドイツ(独逸)            183,388人      8,633人    4.7%

⑩ イラン(伊蘭)           167,156人      8,139人    4.9%

⑪ カナダ(加奈陀)          93,726人     7,637人    8.1%

⑫ インド(印度)          226,770人     6,348人    2.8%

⑬ オランダ(和蘭陀)         47,152人      6,005人   12.7%

⑭ ロシア(露西亜)        449,834人     5,528人     1.2%

⑮ ペルー(秘魯)        183,198人     5,031人     2.7%

⑯ スウェーデン(瑞典)       42,939人      4,639人     10.8%

⑰ 中国                  126,134人      4,639人     3.7%(無症状陽性4.3万を加算)

⑱ トルコ(土耳其)         167,410人      4,630人     2.8%

⑲ エクアドル(厄瓜多)       41,575人     3,534人     8.5%

⑳ パキスタン(巴基斯坦)    89,234人      1,838人    2.1%

㉑ インドネシア(印尼)      29,521人      1,770人         6.0%

㉒ アイルランド(愛爾蘭)     25,142人      1,664人     6.6%

㉓ スイス(瑞西)            30,936人      1,660人      5.4%

㉔ ポルトガル(葡萄牙)       33,969人      1,465人      4.3%

㉕ チリ(智利)         122,499人      1,448人      1.2%

㉖ ルーマニア(羅馬尼亞)   20,103人      1,308人     6.5%

㉗ ポーランド(波蘭土)      25,177人     1,127人     4.5%

㉘ エジプト(埃及)         29,767人     1,126人      3.8%

㉙ コロンビア(哥倫比亞)    35,120人     1,087人     3.4% 

㉚ フィリピン(比律賓)       20,382人        984人    4.8%

日本                 17,830人         927人      5.2%

㉜ 南アフリカ(南非)       40,575人       848人     2.1%

㉝ バングラデシュ(孟加拉)  60,391人        811人     1.3%

㉞ ウクライナ(烏克蘭)      25,964人        762人    2.9%

㉟ アルジェリア(阿爾及)        9,831人         681人    6.9% 

㊱ オーストリア(墺地利)      16,784人        672人    4.0%

㊲ サウジ(沙特阿拉伯)      93,157人        611人     0.7%

㊳ アルゼンチン(阿根廷)     20,197人        608人     3.0%

㊴ デンマーク(丁抹)        11,875人        586人    4.9%

㊵ ハンガリー(匈牙利)        3,970人        542人   13.6%

㊶ ドミニカ(多米尼加)       18,319人         520人      2.8% 

㊷ ボリビア(玻利維亞)      12,245人       415人      3.4%

㊸ パナマ(巴拿馬)          15,044人       363人     2.4%

㊹ スーダン(蘇丹)         5,714人         333人     5.8%

㊺ チェコ(捷克)             9,494人        326人    3.4% 

㊻ モルドバ(摩爾多瓦)        9,247人        323人    3.5% 

㊼ ナイジェリア(尼日利亞)   11,516人       323人    2.8%

㊽ フィンランド(芬蘭)          6,941人         322人     4.6%

㊾ アフガニスタン(阿富汗)    18,969人       309人     1.6%

㊿ イスラエル              17,562人         291人     1.7%

51 イラク(伊拉久)             9,846人         285人     2.9%

52 韓国                   11,668人          273人    2.3%

53 アラブ首長国(阿拉伯)     37,018人        273人    0.7%  

54 ベラルーシ(白俄羅斯)     46,868人        259人    0.6%

55 セルビア(塞爾維亞)        11,667人                247人     2.1%

56 クウェート(科威特)      30,644人        244人     1.1%

57 ホンジュラス(洪都拉斯)     5,880人        243人     4.1%

58 ノルウェー(諾威)           8,510人         238人    2.8%

59 モロッコ(摩洛哥)           8,003人         207人     2.6%

60 カメルーン(喀麦隆)        6,789人        203人    3.0%

61 ギリシャ(希臘)             2,952人         180人     6.1%

62 北朝鮮                            6,000人           180人     3.0% (実体は不明)

63 ボスニア(波斯尼亜)         2,606人        159人     6.1% 

64 ブルガリア(勃牙利)       2,627人        159人     6.1%

65 アルメニア(亞美尼亞)    10,009人        158人    1.6%

66 北マケドニア(北馬其頓)      2,611人        147人     5.6%

67 マレーシア(馬来西亜)         8,266人         116人     1.4%

68 ルクセンブルク(盧森堡)        4,032人        110人     2.7%

69 スロベニア(斯洛文尼亞)       1,479人        109人     7.4%

70 イエメン(也門)           457人        104人      22.7%

71 クロアチア(克羅地亞)        2,247人         103人     3.9%

72 オーストラリア(澳大利亞)     7,251人           102人     1.4%

73 マリ共和国(馬里)        1,485人                87人    5.9%

74 キューバ(古巴)           2,119人           83人     4.1%

75 ソマリア(索馬里)        2,204人         79人     3.6%

76 ケニア(肯尼亞)         2,474人             79人    3.2%

77 オマーン(阿曼           15,086人          72人    0.5%

78 リトアニア(拉脱維亜)        1,694人          71人     4.2%

79 エストニア(愛沙尼亞)        1,910人          69人     3.6%

80 ニジェール(尼日爾)          963人           65人        6.7%

78 タイ(泰)                3,101人           58人         1.9%

79 ブルキナ(布基納法索)         884人           53人     6.8%

81 タイ(泰)              3,102人         58人    1.9%

82 ブルキナファソ(布基納法索)   885人           53人    6.0%

83 エルサルバドル(薩爾瓦多)   2,849人         53人    1.9%

84 カザフスタン(哈薩克斯坦   12,312人             52人         0.4%

85 アンドラ(安道爾)             852人           51人     6.0%

86 ハイチ(海地)           2,640人         50人        1.9%  

87 チュニジア(突尼斯)        1,087人           49人     4.5%

88 アゼルバイジャン(亞塞拜然) 3,982人               49人    1.2%

89 カタール(華太瑠)        65,495人         49人    0.1%

90 タジキスタン(塔吉克斯坦)    4,370人          48人    1.1%

91 セネガル(塞內加爾)        4,155人         45人    1.1%

92 サンマリノ(聖馬連奴)           680人            42人     6.2%

93 チャンネル(海峡諸島)        561人           42人    7.5%

94 ガーナ(加納)           8,885人            38人    0.4%

95 リベリア(利比里亜)         321人         36人   11.2%

96 コートジボワール(象牙海岸)  3,262人               35人     1.1%

97 アルバニア(阿爾巴尼亞)      1,212人           33人    2.7%

98 コソボ共和国(科索伏)      1,142人               30人     2.6%

99 レバノン(黎巴嫩)            1,312人             28人     2.1% 

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 死者数の少ない国

 

 

  国名      感染者数    死者数    死亡率

 

① 台湾        443人     7人      1.6%

② シリア       124人     7人      5.6%

③ ミャンマー     236人     6人      2.5%

④ リビア       196人     5人      2.6%

香港       1,103人     4人      0.4%

ベトナム      328人    0人    

⑦ カンボジア     125人    0人

⑧ マカオ        45人     0人

⑨ モンゴル       42人     0人

⑩ ラオス        19人     0人

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ 新型コロナ関連銘柄のパフォーマンス

 

 

日経が3年4か月ぶりに最安値16,552円を記録した3月19日の終値からのパフォーマンスを値上がり率の高い順に調べました。5月25日の記事でご紹介した29銘柄は医療関連が26銘柄、旅行宿泊エンタメ関連が3銘柄です。10銘柄が2倍以上、その他もアビガンで有名な富士フィルム以外は10%以上のパフォーマンスでしたのでどれを買っても問題なかったでしょう。因みに現時点で持っている銘柄を緑にしましたが、ここはやっぱりテラも仕込むべきだと考え始めています。

 

 

  銘柄名                 3月19日終値       6月5日終値        上昇率

① テラ(2191)                  99円         1,530円        1,446%

プレシジョンシステム(7707)       416円         2,208円         431%

アンジェスエムジー(4563)        566円         2,016円         256%

KEYHOLDER(4712)           49円              145円         196%

⑤ ヒューマンメタボローム(6090)     466円          1,280円         175%

⑥ アイロムグループ(2372)       1,111円          2,962円         167%

⑦ メディカルデータ(3902)         443円          1,129円         155%

⑧ カイオムバイオサイエンス(4583)   169円            409円         142%

日本アビオニクス(6946)       1,442円           3,150円         118%

⑩ カナミックネットワーク(3939)      435円            910円          109%

⑪ 大幸薬品(4574)            1,300円         2,314円            78%

⑫ 星野リゾート(3287)         263,500円        460,500円           75%

⑬ コスモバイオ(3386)            720円         1,241円            72%

⑭ GNIグループ(2160)           1,042円         1,679円            61%

日機装(6376)                707円         1,101円            56%

ウシオ電機(6925)            1,003円         1,554円            55%

⑰ トランスジェニック(2342)          237円           364円          54%

⑱ 医学生物学研究所(4558)       2,505円          3,810円          52%

⑲ タカラバイオ(4974)            1,976円          2,925円          48%

⑳ リプロセル(4978)               304円           450円          48%

ぴあ(4337)                 2,603円         3,830円          47%

第一三共(4568)               6,205円         9,100円          47%

㉓ 塩野義製薬(4507)              4,486円         6,285円          40%

㉔ 武田薬品(4502)                2,919円         4,041円          39%

中外製薬(4519)               11,960円        16,355円          37%

㉖ みらかHD(4544)                2,119円         2,661円          26%

㉗ シミックHD(2309)                1,284円         1,522円          19%

㉘ キョーリンHD(4569)               2,006円         2,225円          11%

㉙ 富士フィルム(4901)                4,794円         4,998円           4%

 

 

 

 

 

 

 

5⃣ 感想

 

 

1~2月頃の流行病だから日経平均は下がっても20,000円くらいだと思っていた私の予想は見事に外れ、大底の3月19日にはたった1銘柄しか買えないくらいに弾が尽きていましたし、含み損も膨らんでいました。しかしそこから少しずつ戻り返済しながらコロナ関連銘柄にシフトし、含み損解消まであと一歩のところまで漕ぎつけました。失敗だったのは富士フィルム・中外製薬・武田薬品・第一三共等の大型優良株はパフォーマンスが30%前後と悪かったことです。国から20億円もらえるアンジェスや乃木坂46を傘下に収めたKEYHOLDERを手掛けたことはいいとしてもう少し真剣にパフォーマンスを見極めるべきだったと反省しています。実質的には手慣れた星野リゾートリートとぴあの多ロット勝負で勝てましたが、もう少し効率のいい投資をすべきだったと反省しています。もしテラを99万円で買っていたら今は1,500万円以上になっていたのですから残念です。

 

そんな中でも特にプレシジョンシステムをもう少し早く沢山手がけていたらなと後悔しています。プレシジョンシステムはPCR検査を自動で行える機械を販売している世界で唯一のメーカーで、フランスからは表彰されるほどメーカーです。そんなメーカーがあるのは随分前から知っていましたが実際に調べて買ったのはつい最近の5月28日以降のことです。当然負ける心配のない取引でしたがちまちまし過ぎて多くてもたった200株の取引であり、今もたった200株しか持っていません。これを有名になった5月11日の終値1,092円で1,000株でも買っておれば今頃は2倍以上になっていたのにと悔やまれてなりません。そういう意味では秋元康が125円の半値の62円を切ったら強制的に買い取らなければならなかったKEYHOLDERも安値で大量に仕込むべきでした。乃木坂46を傘下に収める可能性があったからですが推理力と度胸が大事だなと猛省中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】  

 

 

1⃣ 日向坂&STU&カラバト&欅坂&乃木坂&AKB等スケジュール

 

06/06(土) NHK-SONGSの贈りたい歌特集に欅坂46が再放送で登場(23時~)

06/07(日) 乃木坂46-1st-YEAR BIRTHDAY LIVE(20時30分~)

06/09(火) 文化放送で小池美波80年代歌謡曲ベスト10放送(19時~21時)12日(金)まで

06/12(金) 乃木坂どこへ⑪~⑳一挙放送(21時30分~)

06/14(日) 乃木坂46-2nd-YEAR BIRTHDAY LIVE(15時30分~)

06/21(日) 有吉ぃぃeeeee!に丹生明里が出演(22時~)

 

 

 

 

 

 

 

 

※長沢菜々香が文春砲の直撃を食らいました。相手はIT企業の社長で2歳上だから上手くいけば玉の輿だとも言えます。卒業したのだし恋愛は自由ですがファンクラブまで作って会費や投げ銭で儲けているのはどうかと思います。私は登録者数が10万人になるまでは有料会員で応援しようと思っていましたが1か月で止めます。そうなった理由は唯一の話し相手だった長濱ねるの卒業であり、長濱ねるも長沢菜々香がいなかったらどうなっていたか分からないと言っていましたからお互いに深く依存していたようです。

 

※そういうこともあって長沢菜々香を応援していただけに残念です。神推し影山優佳の復帰でメッセージを取り始めましたので、長沢菜々香の有料会員をいつ止めようか逡巡していましたので丁度良かったとも言えます。りぼんの古谷先生は杏ちゃんのモノも終了し、長沢菜々香がりぼんから卒業したのも関係しているのかもしれませんね。つくづく文春の情報網は凄いなと感心しています。今日もしな~こちゃんねるで配信したら凄い批判や激励が来るでしょうし、視聴者だけは多そうですがかなりやばいかもしれませんね。

 

浜辺美波を推しメンにしたいのだが自己ルールでタイトル記事を書くことというのが条件なので本日遅まきながら書きました。従いまして先日書いた推しメン見直し15の推しメン候補はこの記事のアップと同時に推しメンに書き換えました。そもそも女優を推しメンにする気はあまりなかったのですが、長沢菜々香のめんまの話から運命を感じましたので応援することにしました。とは言っても今までの推しメンは殆ど無名の新人ばかりですから浜辺美波のように既に超有名女優の目標達成率は烏滸がましいのでやりません。10代最後の3か月程度だけの推しメン登録になりそうですが、これを機会に今後は有望な若手新人女優がいれば加えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 浜辺美波(19)

 

 

生年月日:2000年8月29日

出身:石川県

身長:156cm

職業:女優

性格:頑固

家族:両親・弟

趣味:裁縫・読書(宮部みゆき・東野圭吾・ハリーポッター・少年少女漫画等)

特技:硬筆習字特選賞受賞/フルート演奏

部活:吹奏楽部

血液型:B型

事務所:東宝芸能

郷土料理:真鱈の卵の煮つけが好き

弟の影響:仮面ライダーウィザードが好き

郷土の自慢:金沢21世紀美術館

目標の俳優:高嶋政宏・高嶋政伸

憧れの女優:司葉子

名前の由来:タッチの浅倉南から父親が命名

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ 経歴

 

 

2011年 第7回東宝シンデレラオーディションでニュージェネレーション賞受賞

2012年 石川県津幡町立条南小学校卒業

2014年 1st写真集 Afterschoolコバルトデイジー(小林幹幸)発売

2015年 石川県立錦丘中学校卒業

       2nd写真集 瞬間(西田幸樹)発売

       無痛~診える眼~でコンフィデンスアワードドラマ賞新人賞受賞

2017年 3rd写真集 voyage(細井幸次郎)発売

       君の膵臓をたべたいで第42回報知映画賞新人賞受賞

       君の膵臓をたべたいで第41回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞

       君の膵臓をたべたい/咲/亜人で日本インターネット映画大賞ニューフェイスブレイク賞受賞

2018年 ベストスマイルオブザイヤー2018受賞

2019年 堀越高校卒業

       日本ジュエリーベストドレッサー10代部門受賞

       フォトエッセー気ままに美波発売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ CM

 

 

2011年 6月 ハウスバーモントカレー(10才9か月)

2014年 1月 JR西日本

2014年 8月 ネスク

2015年11月 BlazeGamesリトルノア

2017年 4月 三井ららぽーと

2017年 6月 日清食品カップヌードル

2017年10月 エイチーム/ヴァルキリーコネクト

2017年12月 メニコン

2018年 2月 味の素CookDo

2018年 3月 JA共済

2018年 4月 北國新聞

2018年 4月 ロッテガーナミルクチョコレート

2018年 4月 パーソナルキャリアan

2018年 4月 LINE MUSIC

2018年 9月 NTTドコモ

2019年 3月 花王ビオレ

2019年 7月 京都きもの友禅

2019年 8月 資生堂

2019年12月 JR東日本JR SKISKI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ 主な女優業

 

 

2011年 映画空色物語アリと恋文 文香役

2015年 NHK連続テレビ小説まれ 桶作麻美役

       あの日見た花の名前を僕達はまだしらない。めんま役

2016年 咲-Saki- 宮永咲役

2017年 映画咲-Saki- 宮永咲役

2018年 賭ケグルイ 蛇喰夢子役

       映画センセイ君主 佐丸あゆは役

2019年 映画賭ケグルイ 蛇喰夢子役

       映画屍人荘の殺人 剣崎比留子役 

2020年 アリバイ崩し承ります 美谷時乃役

       映像研には手を出すな! 晴子役

       映画映像研には手を出すな! 晴子役

       私たちはどうかしている 花岡七桜役

       映画思い、思われ、ふり、ふられ 山本朱里役

       約束のネバーランド エマ役

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5⃣ 将来有望な10代美人女優

 

 

今誰よりも注目されている10代女優といえばやはりこの方、浜辺美波さん!8月29日には二十歳を迎える19歳で、映画「屍人荘の殺人」「センセイ君主」「君の膵臓をたべたい」など、ミステリーや恋愛作品などジャンルを問わず人気作に次々出演。可愛すぎるビジュアルは「どんどん綺麗になっていっている」と常にファンをときめかせ、「演技が上手い」「様々な顔を持つ女優」とすでにカメレオン女優と呼ばれるほどの実力派!今回の投票数でもぶっちぎりの1位ですが、票数抜きにしても10代女優のトップランナーであることは間違いない!2020年以後の新作映画・ドラマも待ち遠しい!

 
 

① 浜辺美波(19)    2,277票

② 清原果耶(18)       848票

③ 高橋ひかる(18)     399票

④ 山之内すず(18)     375票

⑤ 森七菜(18)        373票

⑥ 桜田ひより(17)     288票

⑦ 黒木ひかり(19)     286票

⑧ 山口まゆ(19)       277票

⑨ 小坂菜緒(17)       270票

⑩ 八木優希(19)       241票

 

 

 

 

 

 

 

6⃣ 感想

 

 

東宝シンデレラオーディションは母親に言われて受けたが自信が無かったので特技の披露はしなかったようだ。それでもグランプリは上白石萌歌、審査員特別賞は上白石萌音等、ニュージェネレーション賞は浜辺美波と小川涼だったからかなりレベルの高い大会だったようだ。デビュー前にも地元石川の映画能登の花ヨメのその後の物語にも出演しているようだ。私は長濱ねるの影響でアナザースカイを録画して見ているが、浜辺美波は嘘か本当か分からないが2019年12月6日の放送で「今まで彼氏がいたことがない」と言い切っていました。もし嘘ならあちこちからチクリが出て週刊誌を賑わしているでしょうから恐らく本当なのでしょう。でも別にそれは女優としては決していいことばかりではないのであまり気にしない方がいいでしょう。

 

浜辺美波を推そうと思ったきっかけが長沢菜々香の発したあの日見た花の名前を僕達はまだしらない。のめんまが好きだの一言でした。あのドラマには元さくら学院の松井愛莉が出演していてその相棒がさくら学院で同期だった三吉彩花です。三吉彩花と言えば竹内涼真とワイドショーを賑わしていますが、浜辺美波もセンセイ君主で共演しています。またロッテガーナ3人娘をやっていた松井愛莉の後輩が浜辺美波です。長沢菜々香・三吉彩花・松井愛莉は偶然にも推しメン見直し15にありますが過去に単独記事を書いています。これも何かの縁かもしれませんが、いづれにしても女優として大成したいのであれば恋愛の一つもなければ駄目でしょうからそういう意味では三吉彩花であろうが浜辺美波であろうが大目にみるべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】 

 

 

 

1⃣ 日向坂&STU&カラバト&欅坂&乃木坂&AKB等スケジュール

 

 

06/03(水) 日向坂46ドキュメンタリー映画予告編(23時~)

06/05(金) 乃木坂どこへ①~⑩一挙放送(21時30分~)

06/07(日) 乃木坂46-1st-YEAR BIRTHDAY LIVE(20時30分~)

06/09(火) 文化放送で小池美波80年代歌謡曲ベスト10放送(19時~21時)12日(金)まで

06/12(金) 乃木坂どこへ⑪~⑳一挙放送(21時30分~)

06/14(日) 乃木坂46-2nd-YEAR BIRTHDAY LIVE(15時30分~)

06/21(日) 有吉ぃぃeeeee!に丹生明里が出演(22時~)

 

 

 

 

 

 

※日向坂ドキュメンタリー映画には長濱ねると影山優佳の懐かしい絡みもそこそこあってほっこりしています。欅共和国2017をYouTubeで見ましたがやっぱりねるとてちの微笑みが悲しいが最高でした。日向坂46にはもう影山優佳しかいないが長濱ねるの後継として外仕事がばんばん舞い込んで欲しいと思っています。3代目神推し長濱ねるのメッセージを取っていましたから今日から4代目神推し影山優佳のメッセージを取ることにしました。本当は長沢菜々香の有料会員にもなっているので逡巡したが、長沢菜々香はYouTubeで10万人のチャンネル登録者数を目指すと言っていますので、最低そこまでは長沢菜々香の応援もしようと思っています。

 

※神推しの共通点を考えてみましたが初代中元すず香/2代目中元日芽香が広島県、3代目長濱ねるが長崎県、4代目影山優佳が東京ですが、影山優佳以外はローカル出身に魅力を感じているようです。そう考えると浜辺美波も石川県だからローカル感満載です。長濱ねると浜辺美波の共通点を探るとローカル以外にも共通点がありました。共に写真集を出していてしかもカメラマンが同じ細井幸次郎ですから驚きですが、それ以上に驚いたのが発売も同じ2017年です。因みに浜辺美波2nd写真集voyageの発売日が8月29日で、長濱ねる1st写真集ここからの発売日が12月19日なのですが撮影したのが7月ですから細井幸次郎が羨ましい限りです。

私の推しメン選定方法は気になる10代を一旦推しメン候補とし、10代の内に1度でもタイトル記事を書けば推しメンにし、書かなければ除外しています。また1グループ最大3名までにし、越えれば随時入れ替えることにしています。推しメン候補は割と気軽に加えるが、推しメンは慎重に考えています。昨日、神推し影山優佳が約2年ぶりに復帰しましたがどうも東大受験は失敗したようです。現時点では別の大学に進学するのか浪人するのか大学進学を一旦諦めるのかは分かりませんが、アイドル活動を応援したいと思います。

 

早速サッカー関係の雑誌等から祝福のメッセージが複数届いているようですが、メディアも影山優佳復帰を期待していたのでしょう。更に今回は女優部門から浜辺美波を推しメン候補に加えます。浜辺美波であれば即推しメンでもいいのですがまだタイトル記事を一本も書いていませんので近々に書いてから推しメンにします。また特例で残していたSTU48の絶対センター瀧野由美子ですが、9月には23才になりますので今回推しメンからは外しました。代わりと言っては何ですが、2期研究生から迫姫華を推しメン候補に加えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 推しメン選定基準

 

 

① 人間性が優れている

② タイトル記事を1度でも書いたことがある

③ 目標が明確で、簡単には辞めない情熱がある

④ 体力的にも精神的にもタフで、簡単に休まないメンタルの強さがある

⑤ 推した時点で10代のアイドル・歌手・女優又はそれを目指している女性

⑥ ビジュアルも大事だが、将来性が豊かで、キラリと光るものを持っている

 

※本当の推しメンであれば1度くらいはタイトル記事を書いているはずで、そうでなければ推しメン候補とします。推しメン候補は10代が条件ですから20才になった時点で除外します。尚、神推しは上記の条件に加えて物語性があるということが必須の条件です。

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ タイトル記事数ランキング(本数)

 

 

① 長濱ねる(99.0)

② 中元日芽香(34.0)

③ 平手友梨奈(23.0)

④ 中元すず香(20.5)

⑤ 影山優佳(8.0)

⑥ 今泉佑唯(7.0)

⑦ 堀優衣(6.5)

⑧ 佐久間彩加(4.5)

⑨ 水野由結(2.5)

⑩ 菊地最愛(2.5)

⑪ 上村ひなの(2.5)

長沢菜々香(2.0)

⑬ 松井愛莉(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-11949725773.html?frm=theme

⑭ 三吉彩花(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-11934066702.html?frm=theme

⑮ 武藤彩未(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-11936291211.html?frm=theme

⑯ 橋本奈々未(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12249253900.html?frm=theme

久保史緒里(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12297673394.html

⑱ 瀧野由美子(1.0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12283018971.html

⑲ 小坂菜緒(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12357740859.html?frm=theme

⑳ 山出愛子(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12399557183.html?frm=theme

㉑ 柿崎芽実(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12402073225.html?frm=theme

㉒ 松田好花(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12429183947.html?frm=theme

㉓ 中元みずき(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12551817791.html

㉔ 浜辺美波(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12600872380.html

㉕ 堀内まり菜(0.5):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12069451984.html?frm=theme

㉖ 市岡愛弓(0.5):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12365958056.html?frm=theme

渡邉理佐(0.5):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12453277842.html

 

※タイトル記事を書いたのは今まで27名ですが、同じ回数の場合は早い方を上位にしています。尚、中元すず香・中元日芽香・長濱ねる・影山優佳の4人は神推しですから、芸能界を引退するその日まで応援記事を書く予定です。

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 推しメン・元推しメン・推しメン候補の目標達成率

 

 

① 中元すず香(22)  80%→85%(初代神推し)

② 平手友梨奈(18)  60%→65%→70%

③ 堀優衣(19)     40%→50%→55%→65%

④ 長濱ねる(21)    40%→45%→50%→55%→60%(3代目神推し)

⑤ 中元日芽香(24)   40%→50%(2代目神推し)

⑥ 影山優佳(19)    20%→25%→35%→40%(4代目神推し)

⑦ 久保史緒里(18)  30%→35%

⑦ 佐久間彩加(15)  30%→35%

⑨ 小坂菜緒(17)    10%→15%→20%→25%→30%

⑩ 瀧野由美子(22)  10%→15%→20%→25%

⑩ 武元唯衣(18)     5%→10%→15%→20%→25%(欅坂推しメン候補)

⑫ 鈴木杏奈(16)    20%(カラバト推しメン候補)

⑫ 岩本蓮加(16)    20%(乃木坂推しメン候補)

⑫ 小栗有以(18)    20%(AKB推しメン候補)

⑫ 中元みずき(20)   20%

 金村美玖(17)     5%→15%(日向坂推しメン候補)

⑰ 坂口珠美(18)     5%→10%→15%(乃木坂推しメン候補)

⑰ 上村ひなの(16)   0%→10%→15%

⑳ 筒井あやめ(15)   5%→10%(乃木坂推しメン候補)

㉑ 森田ひかる(18)   5%(欅坂推しメン候補)

㉑ 梅山恋和(16)     5%(NMB推しメン候補)

㉑ 丹生明里(19)     5%(日向坂推しメン候補)

迫姫華(12)      0%

 

※2月24日以来の見直しですが芸能活動が停止している状況ですから殆ど変化はありません。強いて言うなら神推し影山優佳が復帰したことくらいですが残念ながら第一志望の東大は落ちたようです。もし高卒だったとしても各方面からオファーが来るのは間違いないでしょうからこれからの活躍を期待したいと思います。予想されるのはサッカー関係やクイズ番組だろうと思います。東大生の冠は付かなかったが芸能界でもトップクラスのその知力でお茶の間を賑わせてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ 推しメン見直し15

 

 

❶ 現在の推しメン8名(箱内推し順MAX3名)

 

① 日向坂46:影山優佳(19)・上村ひなの(16)・小坂菜緒(17)

② カラオケバトル:堀優衣(19)・佐久間彩加(15)

乃木坂46:久保史緒里(18)

④ 元欅坂46:平手友梨奈(18)

⑤ 女優:浜辺美波(19)

 

 

❷ 現在の推しメン候補13名(箱内推し順MAX19才)

 

① 日向坂46:金村美玖(17)・丹生明里(19)・高橋未来虹(16)

② 乃木坂46:岩本蓮加(16)・坂口珠美(18)・筒井あやめ(15)

③ カラオケバトル:鈴木杏奈(16)

④ 欅坂46:武元唯衣(18)・森田ひかる(18)

⑤ STU48:迫姫華(12)

⑥ AKB48:小栗有以(18)

⑦ NMB48:梅山恋和(16)

 

 

❸ 歴代神推し3名

 

① 初代神推し:中元すず香(22)

② 2代目神推し:中元日芽香(24)

③ 3代目神推し:長濱ねる(21)

 

 

❹ 元推しメン4名

 

① 元日向坂46:柿崎芽実

② 元欅坂46:今泉佑唯

③ STU48:瀧本由美子

④ 元アクターズスクール広島:中元みずき

 

 

❺ 元推しメン候補13名

 

① 欅坂46:渡邉理佐

② 元STU48:市岡愛弓

③ 乃木坂46:北野日奈子・寺田蘭世・与田祐希

④ 日向坂46:松田好花・濱岸ひより・佐々木美玲渡邉美穂

⑤ 元さくら学院:堀内まり菜・岡田愛・倉島颯良・森萌々穂

 

※今回は20才になった佐々木美玲・渡邉美穂・与田祐希・中元みずきと、22才の瀧野由美子を元に移動しました。

 

 

 

 

 

 

 

5⃣ 推しメン分析

 

 

❶ 学年別人数

 

① 高校生:久保史緒里・小坂菜緒・佐久間彩加・上村ひなの

② 大学生:堀優衣

③ 社会人又は大学生:影山優佳・平手友梨奈・浜辺美波

 

 

❷ 平均年齢

 

推しメンの平均年齢は若干下がって、単純平均で17.43才になりました。

 

 

 

 

 

 

 

6⃣ 影山優佳(19)

 

 

影山優佳の東大合格は残念ながらなりませんでしたが、彼女の性格から第二志望は無かったのではないかと思います。高校の卒業式で最後の卒業式になるかもしれないと言っていますから東大以外は目指さないのかもしれません。そこまで拘るのはよく分かりませんができれば大学には入って欲しいと思っていますが、私の神推しは全員大学進学が厳しい傾向にあります。初代の中元すず香は勉強が嫌いですがBABYMETALのボーカルとして世界で活躍していますから全く問題ありません。2代目の中元日芽香は悩んだ末に乃木坂46を選び乃木坂46卒業後に早稲田大学に入学しました。3代目の長濱ねるも悩んだ末に欅坂46を選び卒業した今はどこかの大学に合格しているのではないかと思います。影山優佳が将来芸能界に残るのか政治家になるのか分かりませんが日本の国にとっても宝と言える素晴らしい人材だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7⃣ 浜辺美波(19)

 

 

初めて女優から推しメンを選びましたが、これは長沢菜々香のなーこちゃんねるの影響です。長沢菜々香があの日見た花の名前を僕達はまだ知らないのめんまが好きだという話を聞いたからです。さくら学院の卒業生で松井愛莉が出演していたテレビドラマだと思いだしもう一度見直しました。めんまは主人公の女の子ですがクレジットに浜辺美波と出ていたので大変驚きました。撮影時は14才だったと思うのですが今と別人みたいに変わっていたからです。本人も中学時代からは顔が別人みたいに変わったと言っていますが歯の矯正等の影響もありそうです。浜辺美波は元々好きで注目していたのですがあの可愛いめんまも演じていたことに驚き、もうこれは最後の10代である今、推しメンに加えるしかないなと思いました。単独記事は近々に書こうと思っています。名前は本名で、長濱ねるや平手友梨奈同様に芸名みたいな印象に残る名前です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8⃣ 佐久間彩加(15)

 

 

佐久間彩加はアニメ映画DEEMOの主題歌歌姫オーディションに参加していて2次予選を通過しました。6月1日(月)19時からは自己PR映像が公開されます。3次予選の歌唱映像は6月15日(月)午前0時に公開され、同時に投票(6月15日0時~6月16日11時59分)も始まります。お聴き頂いて宜しければ投票して頂ければ幸いです。3次予選に進んだのは14名で、それぞれ自由歌唱していますが再生回数が一番多いのは佐久間彩加ですので皆さんも一度聴いていただけたらと思います。優勝者は主題歌歌唱だけでなく、ポニーキャニオンからのデビューも約束されています。優勝者は7月にロサンゼルスで行われるANIME EXPOで発表される予定です。

 

 

2次予選時歌唱映像:https://boommy.jp/utahime-thirdround/

 

アニメ映画DEEMO:https://deemomovie.jp/

 

佐久間彩加オフィシャルサイト:https://ayaka-daze.fensi.plus/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9⃣ 感想

 

 

私の4代目神推し影山優佳が約2年ぶりに芸能界に帰ってきました。休んでいた2年が無駄でなかった事を是非証明して欲しいですね。影山優佳の復帰には「おぉぉぉ影ちゃんおかえり、君に女優を目指すべきだと言ったあの時の言葉を 思い出せ」と宮川一朗太もツイートしています。最大の武器である知力やサッカー愛だけでなく女優としての才能も高そうです。またラーメン正直もんも「しばらく時短営業をして参りましたが、影山優佳さんの復帰に伴い、5/27(水)より通常営業に戻ります。よろしくお願いいたします」とツイートして歓迎しています。影山優佳が全力を注いだらどうなるのか怖いくらいですが、今後の活躍を楽しみにしたいと思います。

 

浜辺美波は上でも書きましたが女優なので入れるつもりは無かったのですがあの日見た花の名前を僕達はまだ知らないのめんまと同一人物だということに驚いて加えました。今更応援するレベルの人ではないが、19才になった今、推しメンだったという記録を残す為にも加えました。今回ルールを変えて女優も含めましたので新人女優にも注目したいと思います。佐久間彩加は今回のオーディションで優勝すればポニーキャニオンから歌手デビューできる訳で非常に大事なオーディションになりそうです。今回はコロナの影響もあって点数を上積みできた推しメンはいませんでしたが来月からは徐々に活発になり、7月には朗報を聞きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】 

 

 

1⃣ 日向坂&STU&カラバト&欅坂&乃木坂&AKB等スケジュール

 

 

05/30(土) 欅坂46公式YouTubeチャンネルで欅共和国2017後編を放送(20時~)

05/31(日) スペースシャワーTVプラスでSTU48特番放送(22時~)

06/03(水) 日向坂46ドキュメンタリー映画予告編(23時~)

06/05(金) 乃木坂どこへ①~⑩一挙放送(21時30分~)

06/07(日) 乃木坂46-1st-YEAR BIRTHDAY LIVE(20時30分~)

06/09(火) 文化放送で小池美波80年代歌謡曲ベスト10放送(19時~21時)12日(金)まで

06/12(金) 乃木坂どこへ⑪~⑳一挙放送(21時30分~)

06/14(日) 乃木坂46-2nd-YEAR BIRTHDAY LIVE(15時30分~)

06/21(日) 有吉ぃぃeeeee!に丹生明里が出演(22時~)

 

 

 

 

 

※私の夢の一つが影山優佳と長濱ねるがクイズ番組で活躍するシーンです。影山優佳のクイズ番組進出は本人も「令和の宮崎美子になりたい」と言っていましたから固いでしょうが、問題は長濱ねるの芸能界復帰です。とりあえず1人は帰ってきましたから後は長濱ねるの復活を祈るのみです。浜辺美波は既に若手女優NO1だろうが、今後益々の活躍を期待したいと思います。佐久間彩加はエイベックスに所属していたと思いますが、こういうオーディションを自由に受ける為にフリーになっているのだろうと思います。中元みずきもディズニーのオーディションに合格してアナと雪の女王のエンディング曲をゲットしましたから佐久間彩加にも続いてもらいたいですね。何しろ彼女はまだ15才ですから明るい未来しか見えません。

 

本日遂に新型コロナウィルスに対する緊急事態宣言が解除されました。そこでこれからの日本経済復活を占う意味で新型コロナウィルス関連銘柄の動向について考えてみたいと思います。このブログはアイドル応援という一見無関係な2つの分野を扱っていますが、ご存じのように全く活動ができていないエンタメ界を考えると、非常に密接な関係にあると言えます。早い話がニューシングルがいつ発売できるのか、ライブ活動がどの規模でいつならできるのか、握手会がどうすれば再開できるのか等あらゆる芸能活動に関係するからです。

 

新型コロナウィルスを克服するには感染者数を限りなくゼロにするのは勿論のこと、有効な治療薬の開発や抗体検査、最終的にはワクチンの開発まで至らなければなりません。国内だけならある程度明るい兆しも見えますが、海外の現状を見るととてもここ1~2年では収まりそうもありません。つまり、東京オリンピック開催も現時点では怪しい訳で、そう考えると世界の製薬メーカーによる新薬開発やワクチン開発に期待するしかない訳です。そのことはエンタメ界の復活だけでなく、我々の日常生活を取り戻すにも必須条件だといえます。

 

全部チェックするのは難しいので新たに相応しい銘柄が見つかれば加えるようにします。株に関心がない人も新型コロナウィルスと戦う企業を応援する為だと考えれば自分の応援したい銘柄を購入することも募金代わりになると思います。とりあえず私はついでに儲けようと思っていますので株価が明らかに上昇している銘柄を取り上げています。アイドル関連で言えば秋元康が大株主のKEYHOLDERが大幅下落して秋元康が30億円以上で買い取らなければならなくなりました。そこでノースリバーの全株式を手放すことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 5月25日終値→5月29日終値(最低単位株式の損益)

 

 

1⃣ 新型コロナウィルス検出キット

 

 

① 医学生物(4557)  保険適用後の検出キットを5月25日から発売

  @371,500円→376,500円(+5,000円)+1.3%

 

② キョーリンHD(4569) 子会社の杏林製薬が新型コロナウィルス検出試薬を発売

  @222,400円→233,100円(+10,700円)+4.8%

 

プレシジョンシステム(7,707) PCR検査を自動でできる装置を販売

  @112,300円→164,700円(+52,400円)+46.7%

 

 

 

 

 

 

2⃣ 新型コロナウィルス治療薬

 

 

① テラ(2191) メキシコで新型コロナウィルスに起因する肺炎に対する臨床研究を開始

  @81,100円→111,800円(+30,700円)+37.9%

 

② 富士フィルム(4901) 子会社富山化学開発のアビガンを200万人分を年度内に政府に納入予定

  @480,800円→498,100円(+17,300円)+3.6%

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 新型コロナウィルス抗体検査

 

 

みらかHD(4544) 子会社富士レビオが開発した抗原検査キットは30分以内に判定可能

  @247,100円→250,600円(+3,500円)+1.4%

 

中外製薬(4519) ロシュ傘下、新型コロナウィルスの抗体検査薬がFDAから使用許可

  @1,445,000円→1,589,000円(+144,000円)+10.0%

 

③ タカラバイオ(4974) 自分で採取可能な唾液によるPCR検査試薬を5月中にも発売

  @264,300円→287,400円(+23,100円)+8.7%

 

④ カイオムバイオサイエンス(4583) 独自の抗体作製技術を持つ理研発の創薬ベンチャー

  @33,900円→38,400(+4,500円)+13.3%

 

 

 

 

4⃣ 新型コロナウィルス用ワクチン

 

 

アンジェスエムジー(4563) 大阪大学と共同研究し、来年3月までに国から20億円の補助金獲得

  @193,300円→211,400円(+18,100円)+9.4%

 

アイロムグループ(2372) 子会社IDファーマの新規ワクチン開発がAMED公募事業に採択

  @199,700円→228,800円(+29,100円)+14.6%

 

③ 塩野義製薬(4507) 来年秋に1,000万人規模の新型コロナワクチン投入を計画

  @584,300円→636,100円(+51,800円)+8.9%

 

 

 

 

 

 

 

5⃣ 医療関連

 

 

① GNIグループ(2160) バイオ創薬ベンチャー、ゲノム解析に強み

  @188,600円→181,700円(-6,900円-3.7%

 

② シミックHD(2309) 新薬開発の治験支援、臨床試験用ビッグデータ簡易解析事業開始

  @146,900円→152,600円(+5,700円)+3.9%

 

③ トランスジェニック(2342) 創薬研究マウス作成

  @35,000円→35,400円(+400円)+1.1%

 

④ コスモバイオ(3386) 研究用試薬及び機器販売のバイオ専門商社

  @118,800円→122,900円(+4,100円)+3.5%

 

⑤ MDV(3902) 医療機関・製薬メーカー向けの医療データ等のネットワーク化と利用方法提供

  @113,900円→107,200円(-6,700円-5.9%

 

⑥ カナミックネットワーク(3939) 自治体・医師会・介護事業者向けクラウドサービス

  @9,1300円→89,600円(-1,700円-1.9%

 

武田薬品工業(4502) 国内首位の製薬会社、M&Aで世界のベスト10入り

  @411,800円→419,100円(+7,300円)+1.8%

 

⑧ 大幸薬品(4574) 新型コロナウィルス感染予防の感染管理事業が好調

  @183,500円→224,700円(+41,200円)+22.5%

 

⑨ リプロセル(4978) IPS細胞試薬・モデル細胞、再生医療研究支援

  @47,200円→44,700円(-2,500円-5.3%

 

⑩ HMT(6090) 創薬等研究開発支援、バイオマーカー探索から診断薬開発

  @113,000円→109,000円(-4,000円-3.5%

 

ウシオ電機(6925) 新型コロナウィルス用の紫外線殺菌・ウィルス不活性化ユニット販売

  @116,500円→128,100円(+11,600円)+10.0%

 

⑫ 日本アビオニクス(6946) 新型肺炎対策向け赤外線サーモグラフィーの引き合いが殺到

  @275,400円→294,700円(+19,300円)+7.0%

 

第一三共(4568) 循環器と感染症薬に強い国内大手

  @886,300円→1,008,500円(+122,200円)+13.8%

 

日機装(6376) 深紫外線LEDによる新型コロナウイルス不活性化試験を実施し有効性を確認

  @86,400円→99,800円(+13,400円)+15.5%

 

 

 

 

 

 

 

6⃣ その他

 

 

ぴあ(4337) エンタメ業界の復活によりチケット販売の活発化に期待

  @348,500円→379,500円(+31,000円)+8.9%

 

星野リゾートリート(3287) 観光業界が全滅でしたが観光業のカリスマに期待

  @433,500円→441,500円(+8,000円)+18.5%

 

KEYHOLDER(4712) 乃木坂46LLCの株式の50%を取得

  @12,700円→15,700円(+3,000円)+23.6%

 

 

 

 

 

 

 

7⃣ 感想

 

 

緑の文字が最近買った株ですが、特にぴあと星野リゾートリートは何度も回転して利確できました。ぴあは以前20万前後で買って60万円台で売却できた相性のいい株です。今回は40万円を割った辺りの早めに仕込んで苦しみましたが16万円台まで下がりましたので400株買い増して返済、300株買い増して返済という風にしてかなり美味しい取引でした。今は100株だけしか持っていませんが非常に反発力のある力強い株です。高値の76万円まで戻るのは難しいだろうが40万円は余裕で、恐らく年内には50万円台半ばまでは戻ると思います。

 

星野リゾートリートも相性のいい株で、今までは買ったことが無かったのですが40万円を切った辺りで買ったらまだまだ下がり続けました。星野リゾートの社長は観光業界のカリスマですから反発は凄いだろうと期待していました。大底の25万円辺りで4株買って利確、30万円辺りで3株買って利確と、ぴあと同じような入り方でした。今は1株だけしか持っていませんがもう売買は止めて下がれば買い増す戦略で行こうと思っています。この2つの銘柄のお陰で含み損を減らす大きな助けになりました。まだまだ含み損は多いですが年内には解消したい。

 

 

 

 

 

 

 

8⃣ 投資状況

 

 

① 5月26日(火)

 

上記購入銘柄で武田薬品・ウシオ電機は全て利確し、アンジェスは一部だけ利確し、みらかHDは他の銘柄と合わせ切りしました。買い増したのは相性のいいぴあと星野リゾートリートで、他はそのまま持っています。現時点で負けているのはKEYHOLDERだけですが、乃木坂46LLCの小株主から中株主に昇格すべくナンピンして買い増す予定です。目指すは大株主秋元康です!(笑)

 

 

② 5月27日(水)

 

武田薬品は下がったところで買い戻し、唯一負けていたKEYHOLDERもプラスになっています。KEYHOLDERはロットが多いので結構な利益が出ていますが、下がれば買い増す方式で基本返済せずに乃木坂46LLCの中株主を目指します。

 

 

③ 5月28日(木)

 

ぴあ・星野リゾートリート・アンジェスは一部を利確し、第一三共は返済しました。手放したウシオ電機は買い戻し、新たにプレシジョンシステム・アイロムグループ・日機装を仕込みました。

 

 

④ 5月29日(金)

 

第一三共は今日も強そうなので買い戻し、新たにカイオムバイオを仕込みました。ぴあと星野リゾートリートは回転させる株なので下がったところで買い増しをしました。ぴあ同様にエンタメ関連のアミューズを新たに仕込みました。昨日仕込んだプレシジョンシステムが比例配分で上がりだしたので寄り成りで買い増したらストップ高になりました。ここはPCR検査を自動でできる装置を販売していてフランス等から感謝されている企業です。それが日本では認可がされていない為にちまちま手動でやらざるを得なかった訳です。政府も早急に認可に向けて動いていますし、そうでなくてもまだまだ世界から引き合いは多いと思います。

 

月曜日の終値で全ての銘柄を最低単位買ったとすると一週間で約63万円の儲けになります。特に凄かったのがプレシジョンシステムの上昇率46.7%で、月曜もまだまだ上がるでしょう。世界唯一のPCR自動検査装置メーカーなのですから人気になるのは当たり前で、今までなぜそれほど上がっていないのか不思議なくらいです。私は昨日ふとこの話を思い出し、ネットで調べてメーカー名が分かったので買いました。上昇率2番目はテラの37.9%で、一番下がったMDVでも-5.9%ですから年内は医療関係の銘柄を持っていたら大儲け間違いないでしょうし、私はそうするつもりです。因みに中外製薬は来月3分割、第一三共は9月に3分割されますから特に期待していいと思います。

 

 

⑥ 6月1日(月)

 

本日の仕込みは抗体技術に強いカイオムバイオサイエンスと、下がったらただひたすら買い増すとお約束した乃木坂46銘柄KEYHOLDERの買い増しだけです。下がれば買う方式で買い増すだけにして大株主秋元康に続く中株主を目指します。本日手放したのはコロナ関連銘柄のアンジェス・アイロムグループ・プレシジョンシステム・中外製薬・ウシオ電機・アミューズと、分割銘柄のシステムサポート・NECネッツエスアイです。システムサポートは大量に抱えていて分割後に急落したので含み損が大きくて苦しかったが本日無事に全て天井付近で利確できました。NECネッツエスアイは分割後にも上がったので一部を残していたらその後も強いので今日でやっと全部サヨナラとなりました。この2つの銘柄はどちらも優良銘柄なのでまた買いたいと思っています。

 

プレシジョンシステムは金曜日にストップ高だったのにいきなり比例配分で下がっていたから驚きましたが絶対に上がる株だと思っていましたので終値近くまで辛抱して一旦全て手放しました。この株はコロナ関連の中でも特に魅力的だと思いますのでまた挑戦したいと思います。失敗しているのはぴあと再度入った第一三共ですが今日で儲けが吹っ飛んだのでもう少し粘ろうと思っています。第一三共の分割は9月末なのでまだまだ波乱がありそうです。中外製薬は一旦手放しましたが6月末の分割なのでまた絶対に入ると思います。それ以外ではなーこちゃんねるに刺激を受けてYouTube関連のUUUMを買っていたのだが薄利で逃げたらそのあと爆上げしました。この記事は今回で一旦終了しますが、またその内にコロナ関連銘柄第二弾をやりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】

 

 

1⃣ 日向坂&STU&カラバト&欅坂&乃木坂&AKB等スケジュール

 

 

05/28(金) 日テレプラスで日向坂46のHINABINGO!Ⅱ放送(3時30分~)

05/31(日) スペースシャワーTVプラスでSTU48特番放送(22時~)

06/03(水) 日向坂46ドキュメンタリー映画予告編(23時~)

06/05(金) 乃木坂どこへ①~⑩一挙放送(21時30分~)

06/07(日) 乃木坂46-1st-YEAR BIRTHDAY LIVE(20時30分~)

06/12(金) 乃木坂どこへ⑪~⑳一挙放送(21時30分~)

06/14(日) 乃木坂46-2nd-YEAR BIRTHDAY LIVE(15時30分~)

 

 

 

 

 

 

※3代目神推し長濱ねるが芸能界に入ったのは元乃木坂46の伊藤万理華に憧れたからです。その伊藤万理華の現在の所属事務所は乃木坂46合同会社であり、そこには2代目神推し中元日芽香も所属しています。乃木坂46LLCの大株主だったノースリバーをKEYHOLDERが買収して子会社にしたのですからKEYHOLDERは乃木坂46LLCの筆頭株主に躍り出たことになる訳です。そのKEYHOLDERの株を現時点で数千株持っている私は間接的に乃木坂46の株主になった訳です。今後は少しづつ買い増して大株主になれるように頑張ります。(笑)