カブログ君の音楽と株

カブログ君の音楽と株

音楽は日向坂46・STU48・乃木坂46・BABYMETAL等10代の若者中心に紹介しています。
アイドルは影山優佳・瀧野由美子、歌手は堀優衣・佐久間彩加推しです。
株は高配当をNISAで仕込み、優待を楽しみ、注目銘柄で小勝負中です。

相場は絶望の中で生まれ、懐疑とともに育ち、楽観により熟し、陶酔のうちに終わる

                                   byジョン・テンプルトン(米)


〈株式〉   地合い1番、テクニカル2番、最後にファンダメンタル 

〈損益〉   微(~\1k)小(~\10k)中(~\100k)大(\100k~)

〈音楽〉  さくら学院まとめ        THEカラオケ★バトル  

       BABYMETALまとめ      中元すず香まとめ   

       欅坂46まとめ           長濱ねるまとめ     

       乃木坂46まとめ           

 


         


        

 

福島原発の汚染水処理問題が大きなニュースになっていますので考えてみます。2022年頃にはタンクが満杯になるから海洋投棄するしかないと前環境大臣原田義昭が言って福島の漁業関係者の怒りを買い、現環境大臣小泉進次郎が謝罪したということになっています。この問題の主幹は経済産業省ですから直接は関係ないのですが、環境問題と深い関係がありながら主幹でないだけに本人は軽口を叩いたのだと思います。自分が現役時代は何も言わず、辞任のその日にいかにも小泉進次郎の為に自分が悪者になるという風に言うという非常に姑息な大臣だったと思います。つまり経済産業省では解決策が無いから自分が国民に知らせて人気の小泉進次郎に恩を売るくらいの軽い気持ちだったのだと思います。

 

現実はそうかもしれないが何の説明もなしに原発の汚染水を海洋投棄するしかないと言ったら波紋が起きるのは馬鹿でも分かる。小泉進次郎が心を寄せて理解を得られるようにするしかないと言ったのはそういう意味だ。それをこの大臣は心を寄せるだけでは何の解決にもならないと畳みかけている。馬鹿じゃないのかと思うが最後は海洋投棄しかないのだろうが、それに至るまでに国民の理解を得られるような丁寧な説明をした後にするしかないということだ。被災者に寄り添ってきた小泉進次郎だからこその発言だろうがそうではない馬鹿な大臣には理解できないのだろう。科学的な分析をして国際基準を満たした段階で国民や被災者に丁寧な説明をして海洋投棄すると言うのが小泉進次郎が考えていることだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 汚染水と処理水

 

 

汚染水はデブリを冷却する為に地下水をかけ続ける為に発生する。タンクは12m×12mの大きさだが一週間で満杯になり、現状でも約900基あるが残された土地の広さからから考えて2022年夏頃にはスペースが無くなるという話になっている。汚染水をろ過して国際基準以下の処理水を海洋に放出すると言うのが東京電力や政府の考えだ。主に東芝製のALPSという放射性物質除去装置を使って除去していますが昨年夏の公聴会ではタンクの80%は基準値を越えているという衝撃の発表がなされている。つまり原田前環境大臣の発言は少々基準値を越えていても広い太平洋に流せば希釈されてすぐに基準値以下になるという発想だ。それができるのなら事故後から何もせずにただ垂れ流しても問題が無いということになる。

 

問題は海洋に放出してからの濃度ではなく放出時の濃度を基準値以下にしなければならないという国際法の問題なのに全く分かっていない。ではALPSに除去能力が無いのかと言えばそうではないようで、吸着棟の吸着材の交換に慣れない東京電力の社員のミスで一部残っただけのようです。残ったのはセシウムやストロンチウム等で東電は再度ALPSを通して除去する予定だと言っています。それ以外にどうしても除去できないのがトリチウムで、日本語では三重水素と呼ばれており水素の仲間です。つまり自然界にも普通に存在しており特に人体に影響を与える物質だとは思われていません。つまり処理済み水とは実質トリチウム水のことです。トリチウム自体もカナダの会社が除去に成功していますが処理能力が低く使えません。

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ トリチウム

 

 

トリチウムは水に溶けますので非常に分離が難しいのですが、稼働している世界の原発ではそのまま海洋投棄しています。韓国が福島原発の汚染水について国際問題化しようとしていますが韓国の原発からもトリチウムが海洋投棄されています。韓国には重水炉が4基あって重水炉は特別トリチウムが多く4基だけで年間360兆ベクレルのトリチウムを海に垂れ流しています。日本は全体で1000兆ベクレルだから経済規模からいえば韓国の方が寧ろ多いことになります。とにかく基準値以下になれば世界各国の原発は多かれ少なかれ海洋投棄するしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 解決策

 

 

東電や政府はもうタンクを設置する土地が一杯だから最終的には海洋投棄しかないという方針のように思えます。しかし小泉環境大臣の考え方は国際基準以下の濃度にした上で被災者に十分な説明をして海洋放出させて頂くという考えなのでしょうし、それしか方法はありません。例えば現在でも処理水タンクの20%は基準以下なのだから充分な説明をして後に海洋放出してもいいと思います。残りの80%は再度ALPS等の除去装置を通すなりして基準値以下になるまで落とすしかないと思います。それとタンクの問題ですが残された土地に巨大なタンクを数基作り50年程度処理水を保管するという方法もあります。放射性物質ですから年数が経てば基準値内に落ちますから持久戦に持ち込むのも一つの方法だと思います。

 

石油備蓄基地や大型ガスタンクのような施設を作り、小さい今のタンクは徐々に撤去するやり方です。基準を満たした処理水は海洋に放出しますが、その場合に科学的な根拠を説明する必要がありますし、場合によっては漁業関係者に補償金を支払う必要があるかもしれません。いづれにしても今処理水を海洋に放出しても問題は無いのだろうが、怖いのは風評被害ですからその点は気を付けなければなりません。大阪の知事が基準内であれば大阪湾に捨ててもいいと言って大阪の漁業関係者が怒っています。以前福島県の瓦礫を引き受けたことがあるから発言したのでしょうが決して悪い発言だとは思いません。基準内に収まっているのであれば世界中の原発施設から今も垂れ流しているのですから何の問題もない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】

 

 

 

1⃣ 日向坂&STU&カラバト&乃木坂&AKB等(推しメン中心)スケジュール

 

 

09/21(土) イナズマロックフェス2019に日向坂46が出演

09/22(日) 岡田愛がBS-TBSの秘密のトレジャー映像ギャラリーに出演(14時~)

09/25(水) 小池美波が幻冬舎から1st写真集青春の瓶詰めin上海発売

09/26(木) 日向坂46ワンマンライブinさいたまスーパーアリーナ

10/02(水) 日向坂46の3rdシングルこんなに好きになっちゃっていいの?が発売

10/06(日) MBS音祭2019in大阪城ホールに日向坂46が出演(16時~)

10/12(土) 日向坂46が長岡米百俵フェスin東山ファミリーランドに出演(11時~19時30分)

10/19(土) 欅坂46がラグーナミュージックフェス2019オータムスペシャルに出演(15時~)

10/22(火) 横浜市『横浜オーサイト』佐久間彩加15歳の誕生日記念ワンマンライブ

10/27(日) THEカラオケバトルコンサートinオリックス劇場に堀優衣と佐久間彩加が出演

 

 

 

 

 

 

※上記は2016年2月13日の長濱ねるブログの写真ですが、「実は、結構ボブの期間長かったんです。最近、髪が切りたくなります」と書いています。東京ドームにボブで現れたということなのでぜひ見てみたいと思います。平手友梨奈と変わらない位の短さだったようでやはり2人は深く繋がっているように思いました。平手友梨奈が東京ドーム最終日のWアンコールで角を曲がるというソロ曲を披露したらしいが、YoutubeでMVを公開しておりたった2日で72万回という驚異的な再生回数になっています。これは秋元康が平手友梨奈に送った曲なのだろうが、今のタイミングを考えると長濱ねるにも当てはまる曲なのかなと思います。長濱ねるもソロ曲を貰って卒業したが乗り遅れたバスの歌詞と言い、立ち止まる手前の歌詞「この私の4年間は意味のある道でした」といい、アイドル個人に向けた歌詞は珍しく、秋元康が長濱ねると平手友梨奈を如何に高く評価しているかの現われなのでしょう。

 

久し振りに日刊サイゾーに欅坂46に関する気になる記事がありましたのでご紹介します。何となくすっきりしない今泉佑唯に対する苛め問題と9thシングル選抜メンバー問題に触れていました。今までは極力実名を出さなかったのですが、今ではファンの間では知れ渡ったように思いますので実名を交えて考えてみます。日刊サイゾーは坂道シリーズメンバーの写真集も発売していますからそれなりに人間関係もあるでしょうし、全く出鱈目の内容ではないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 日刊サイゾーの記事

 

 

9月8日深夜に放送されたアイドルグループ欅坂46の冠番組欅って、書けない?にて、今冬発売予定の9thシングルの選抜メンバー17名が発表された。デビュー以来21人体制だった欅坂にとって初めての選抜制となったが、絶対的エース平手友梨奈がいつも通りのセンターだった一方で、1期生7名が選抜から漏れるという波乱の展開となった。

 

「センターが平手の指定席になっていることには賛否ありますが、小池美波や長沢菜々香といった人気メンバーが落選したのには驚かされました。特に小池は9月25日に写真集を発売するタイミングですから、普通なら版元への忖度が働きそうですが。さらにファンの間で物議を醸したのが、鈴本美輸と齋藤冬優花の選抜落ち。メンバー屈指のダンススキルの持ち主2人が外れたたことで、『誰がダンスを引っ張っていくんだ』と不満の声が殺到しています。番組で土田晃之が語っていたように、曲に合わせてメンバーを代えていくつもりであれば、今回はダンススキルを必要としないバラード調の楽曲かもしれません。であれば、ファンも少しは納得するでしょうが、いつもどおりのダンス重視曲ならまたぞろ批判を浴びることは確実です」(アイドル誌編集者)

 

また、一部ではあの一件が影響していると見る向きもあるようだ。「今年4月の週刊文春にて、元メンバーの今泉佑唯がメンバー5人からいじめを受けていたことが報じられました。記事では、その5人について今泉の実兄が平手の取り巻きと表現したことにより、ファンの間で予想祭りに。真相は不明ながら、そのときネット上で多く名前が挙がったメンバーのうち、今回3人が選抜落ちになっている。懲罰というよりは、まずは平手のサポート役を外し、次作以降でのセンター交代への布石としたい考えではないかと深読みしてしまいます」(アイドル誌ライター)

 

キャプテン菅井友香は選抜発表後のインタビューで、「欅坂46が変わるにはこれ(選抜制)しかないのかな」「グループとして停滞しているのはずっと感じていた」と語っていたが、選抜制となった欅坂がどう変わっていくのか注目だ。

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ 平手の取り巻き5人

 

 

今までは暈してきましたが今となっては多くのファンの知るところとなっていますから実名で考えてみます。前回の記事でも書きましたが佐藤詩織は武蔵野美大卒と言うことで運営としても外せないメンバーなのだと思います。デザイン・絵画・美術・芸術関係では圧倒的な存在感があり、元乃木坂46の若月佑美と似たような存在なんだろう。クラッシックバレーの経験もあるからダンスも美しくビジュアルもそれなりに高い。上村莉菜は本来は今泉佑唯と一番仲が良い関係だったが、ナチス衣装問題からおかしくなった。今でも今泉佑唯が会いたいと言っているようにそれほど関係性は悪くないし、一人くらいは取り巻きを残す必要がある。

 

一方、斎藤冬優花と石森虹花は不人気ゆえに平手友梨奈一神教にならざるを得ず、必要以上に関与した可能性が高い。特に斎藤冬優花は頼みの長濱ねるが卒業すれば益々平手友梨奈を支えるしかなく、ブログを毎日のように更新しているのもひたすらアンダー落ちを回避したかったからだろう。一番不思議だったのが鈴本美愉の選抜落ちで、恐らくダンススキルはNO1だろうし、色気もあって料理も上手いし不思議だと思う。それほど嫌がらせをしていたようにも思えないが、バラエティーに対する参加意識が低いと思われたのかもしれない。髪色を指摘する人もいるが、小池美波もアンダー落ちしたことを考えたら満更的外れではなさそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 感想

 

 

土田晃之の言うように9thシングルがダンススキルを必要としない楽曲であれば今回の人選も分からないでもないがそうでなければやはり理解に苦しむ。逆にダンススキル不要であれば人気の長沢菜々香が外れたのが不思議だし、結局人数を増やして憶測を消し去りたかったというのが本音ではなかろうか?いずれにしてもまだまだ未熟な2期生の大半が選ばれたのだからここでアピールできるチャンスだと思って頑張って欲しい。併せて坂道合同オーディション研究生の大量配属が考えられ、選抜と同じ17名であればアンダーに最低8名は配属されることになる。日向坂46は全員選抜だからそう多く入れる訳にもいかないだろうから一番欅坂46に配属されるのではないかと思う。色々な意味で9thシングルの曲調や振り付けが気になるし、平手友梨奈以外のセンターを考える上でも大事な曲になりそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】

 

 

 

1⃣ 日向坂&STU&カラバト&乃木坂&AKB等(推しメン中心)スケジュール

 

 

09/19(木) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in東京ドーム最終日

09/21(土) イナズマロックフェス2019に日向坂46が出演

09/22(日) 岡田愛がBS-TBSの秘密のトレジャー映像ギャラリーに出演(14時~)

09/25(水) 小池美波が幻冬舎から1st写真集in上海発売

09/26(木) 日向坂46ワンマンライブinさいたまスーパーアリーナ

10/02(水) 日向坂46の3rdシングルこんなに好きになっちゃっていいの?が発売

10/06(日) MBS音祭2019in大阪城ホールに日向坂46が出演(16時~)

10/12(土) 日向坂46が長岡米百俵フェスin東山ファミリーランドに出演(11時~19時30分)

10/22(火) 横浜市『横浜オーサイト』佐久間彩加15歳の誕生日記念ワンマンライブ

10/27(日) THEカラオケバトルコンサートinオリックス劇場に堀優衣と佐久間彩加が出演

 

 

 

 

 

 

※TVの今年のニュースで3月7日は長濱ねる卒業発表が選ばれていました。著作権の関係かどうかは分かりませんが写真ではありませんでしたが非常に似ています。長濱ねると言えばかんざらしに恋してですが、先月上京した時に日本橋の長崎館にも行きました。そしたらかんざらしを売っていたので買って帰りましたがやはり本家島原市の銀水とは大きく違っており、特に蜜の味が大きく違っていました。あの素朴な甘さは中々再現できそうもありませんが、手軽に買えますから関東地区の方は一度食することをお勧めします。それよりも昼食で食べた数量限定メニューの角煮カレーが美味しかったのでお勧めします。

私の推しメン選定方法は気になる10代を一旦推しメン候補とし、10代の内に1度でもタイトル記事を書けば推しメンにし、書かなければ除外しています。また1グループ最大3名までにし、越えれば随時入れ替えることにしています。推しメン候補は割と気軽に加えるが、推しメンは慎重に考えて記事にしたいと思います。今のところ日向坂46だけ推しメンと推しメン候補が沢山いますが、元々レベルが高いことと、不遇だった為に甘めにしたこともあります。しかし、日向坂46として独立してからは運営の推し方も実際の活躍も凄いと思いますので、必要以上に応援しなくても大丈夫かなと思っています。全体の1推しを神推しとし、原則10代なのですが次期候補の影山優佳が学業専念中なので、3代目神推しの長濱ねる21才の誕生日まで延長していました。

 

長濱ねる(21)が芸能界で引き続き活動するのであれば2020年4月の影山優佳(18)復帰まで継続するつもりでしたが休養に入りましたので少し早いですが影山優佳に神推しをバトンタッチしました。長濱ねると今泉佑唯(20)は元欅坂46という分類にしましたので、欅坂46の推しメンはこれで一時的にいなくなります。また日向坂46の柿崎芽実(17)は卒業して芸能界を引退しましたので推しメンから除外しました。今回は欅坂46織田奈那のスキャンダル、日向坂46井口眞緒のスキャンダルと立て続けに不祥事が発覚しましたが私が人間性を一番重視する理由の一つでもあります。また欅坂46は選抜制の開始と言う激変もあり、しかも坂道合同オーディションメンバーの追加加入も相まって全く先が読めない展開になっていますので纏めて考えてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 推しメン選定基準

 

 

① 人間性が優れている

② タイトル記事を1度でも書いたことがある

③ 目標が明確で、簡単には辞めない情熱がある

④ 体力的にも精神的にもタフで、簡単に休まないメンタルの強さがある

⑤ 推した時点で10代のアイドルや歌手又はそれを目指している歌う女性

⑥ 元推しメンがアイドルや歌手以外で芸能界に残る場合は特例で加える

⑦ ビジュアルも大事だが、将来性が豊かで、キラリと光るものを持っている

 

※本当の推しメンであれば1度くらいはタイトル記事を書いているはずで、そうでなければ推しメン候補とします。推しメン候補は10代が条件ですから20才になった時点で除外します。尚、神推しは上記の条件に加えて物語性があるということが必須の条件です。

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ タイトル記事数ランキング(本数)

 

 

① 長濱ねる(97.0)

② 中元日芽香(33.0)

平手友梨奈(21.0)

④ 中元すず香(20.5)

⑤ 今泉佑唯(7.0)

⑥ 堀優衣(6.5)

 影山優佳(4.0)

⑧ 佐久間彩加(3.5)

⑨ 水野由結(2.5)

⑩ 菊地最愛(2.5)

⑪ 上村ひなの(2.5)

⑫ 松井愛莉(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-11949725773.html?frm=theme

⑬ 三吉彩花(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-11934066702.html?frm=theme

⑭ 武藤彩未(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-11936291211.html?frm=theme

⑮ 橋本奈々未(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12249253900.html?frm=theme

⑯ 久保史緒里(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12297673394.html

⑰ 長沢菜々香(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12309090969.html?frm=theme

⑱ 瀧野由美子(1.0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12283018971.html

⑲ 小坂菜緒(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12357740859.html?frm=theme

⑳ 山出愛子(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12399557183.html?frm=theme

㉑ 柿崎芽実(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12402073225.html?frm=theme

㉒ 松田好花(1.0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12429183947.html?frm=theme

㉓ 堀内まり菜(0.5):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12069451984.html?frm=theme

㉔ 市岡愛弓(0.5):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12365958056.html?frm=theme

渡邉理佐(0.5):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12453277842.html

 

※タイトル記事を書いたのは今まで25名ですが、同じ回数の場合は早い方を上位にしています。尚、中元すず香・中元日芽香・長濱ねるの3人は神推しですから、芸能界を引退するその日まで応援記事を書く予定です。

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 推しメン・元推しメン・推しメン候補の目標達成率

 

 

① 中元すず香(21)  80%(初代神推し)

② 堀優衣(18)     40%→50%→55%→65%

② 平手友梨奈(18)  60%→65%(欅坂46元推しメン)

④ 長濱ねる(21)    40%→45%→50%→55%→60%(3代目神推し)

⑤ 中元日芽香(23)   40%→50%(2代目神推し)

⑥ 影山優佳(18)    20%→25%→35%→40%(2019年9月から4代目神推し)

⑦ 久保史緒里(17)  30%→35%

⑧ 佐久間彩加(14)  30%

⑨ 鈴木杏奈(15)    20%(カラバト推しメン候補)

⑨ 岩本蓮加(15)    20%(乃木坂46推しメン候補)

⑨ 小栗有以(17)    20%(AKB48推しメン候補)

⑨ 与田祐希(19)    10%→15%→20%(乃木坂46推しメン候補)

⑨ 瀧野由美子(21)  10%→15%→20%

⑨ 武元唯衣(17)     5%→10%→15%→20%(欅坂46推しメン候補)

⑨ 小坂菜緒(16)    10%→15%→20%(日向坂46推しメン候補)

 金村美玖(16)     5%→15%(日向坂46推しメン候補)

⑯ 坂口珠美(17)     5%→10%→15%(乃木坂46推しメン候補)

⑯ 上村ひなの(15)   0%→10%→15%

⑲ 筒井あやめ(15)   5%→10%(乃木坂46推しメン候補)

⑳ 佐々木美玲(19)    5%(日向坂46推しメン候補)

⑳ 森田ひかる(17)   5%(欅坂46推しメン候補)

⑳ 渡邉美穂(19)     5%(日向坂46推しメン候補)

㉓ 丹生明里(18)     0%(日向坂46推しメン候補)

㉓ 梅山恋和(15)     0%(NMB48推しメン候補)

 

※日向坂46の柿崎芽実(17)は卒業して芸能界を引退しましたので推しメンから除外しました。またSTU48の市岡愛弓(16)も卒業しましたので推しメン候補から除外しました。更に日向坂46の濱岸ひより(16)も長期休養となりましたので推しメン候補から除外しました。今泉佑唯(20)も諸事情で推しメンから除外しました。カラバト勢では堀優衣が夏のグランプリ準優勝と4つ目の大使栃木未来大使就任で+5%も考えたが、このレベルになるとそう易々とは上げられません。STU48瀧野由美子は3連続センターで+5%、日向坂46小坂菜緒(16)も3連続センターで+5%、上村ひなの(15)はソロ曲で+5%、欅坂46武元唯衣(17)は学力テスト2位と選抜2列目で+5%、森田ひかる(17)は2列目センターで+5%、乃木坂46筒井あやめ(15)は初フロントで+5%としました。

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ 推しメン見直し12

 

 

❶ 現在の推しメン6名(箱内推し順MAX3名)

 

① 日向坂46:影山優佳(18)・上村ひなの(15)

② カラオケバトル:堀優衣(18)・佐久間彩加(14)

③ STU48:瀧野由美子(21)

④ 乃木坂46:久保史緒里(17)

 

 

 

❷ 現在の推しメン候補14名(箱内推し順MAX19才)

 

① 日向坂46:小坂菜緒(16)・金村美玖(16)・佐々木美玲(19)・丹生明里(18)・渡邉美穂(19)

② 乃木坂46:与田祐希(19)・岩本蓮加(15)・坂口珠美(17)・筒井あやめ(15)

③ カラオケバトル:鈴木杏奈(15)

④ 欅坂46:武元唯衣(17)・森田ひかる(17)

⑤ AKB48:小栗有以(17)

⑥ NMB48:梅山恋和(15)

 

 

 

❸ 歴代神推し3名

 

① 初代神推し:中元すず香(21)

② 2代目神推し:中元日芽香(23)

③ 3代目神推し:長濱ねる(21)

 

 

 

❹ 元推しメン3名

 

① 欅坂46:平手友梨奈(18)

② 元日向坂46:柿崎芽実(17)

③ 元欅坂46:今泉佑唯(20)

 

 

❺ 元推しメン候補10名

 

① 欅坂46:渡邉理佐(20)

② STU48:市岡愛弓(15)

③ 乃木坂46:北野日奈子(22)・寺田蘭世(20)

④ 日向坂46:松田好花(20)・濱岸ひより(16)

⑤ さくら学院:堀内まり菜(21)・岡田愛(17)・倉島颯良(17)・森萌々穂(14)

 

※推しメンが3人以上のグループで記事の本数が同じ場合は目標達成率順にしています。長期休養したり卒業したメンバーは原則推しメン候補から除外しています。

 

 

 

 

 

 

 

5⃣ 推しメン分析

 

 

❶ 学年別人数

 

① 中学生:佐久間彩加・上村ひなの

② 高校生:影山優佳・久保史緒里

③ 大学生:瀧野由美子・堀優衣

 

 

 

❷ 平均年齢

 

長濱ねる・今泉佑唯の除外で推しメンの平均年齢は単純平均で17.17才と少し若返りました。

 

 

 

 

 

 

 

6⃣ おかまバーでの話

 

 

新宿のおかまバーに行った話を前回の記事で書きましたが、織田奈那事件を聞いてくま子ママの話を書くことにします。なぜあの店になったかと言うと他の店では断られたかららしいです。殆どのおかまバーは雇われママなので自分で判断できないし店にとってあまりプラスになる話ではないからのようです。その点くま子ママは経営者でもあるから自分の判断で受けたそうです。欅坂46どころかアイドルグループも全く知らないから受けるかどうか考えたみたいですが、特に条件が無くて無口なメンバーばかりなのでとにかく会話をして欲しいということだったようです。長濱ねるがおかまバーに行きたいと言ったことが発端のようですが、お蔭で私も人生初のおかまバー体験をしてきました。富士山も長濱ねるが登りたいと言っていたから一足先に登ってきました。

 

4人に対する感想は長濱ねるは勘が良くて賢い子だなと思ったようです。私がいつも言っているコミュニケーション能力が高いという意見と一致していましたが、芸能界を引退するという言葉は私と大きく違っていました。長濱ねるについて全く知らなかったのですからそう思うのも致し方ないと思います。渡邉理佐は長濱ねるに共感しているようで次に卒業するとしたら渡邉理佐じゃないかと言っていました。実際の収録は2時間近くだったようだが下ネタが多くて大部分がカットされたようです。そこで織田奈那と小池美波の大きな差があったということです。織田奈那は下ネタにも終始笑顔だったが、小池美波は怯えている感じでずっと泣いていたようです。今回の事件とどう関係するかは別にして小池美波は想像以上に箱入り娘で極端に免疫がなさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

7⃣ 欅坂46の選抜制度

 

 

遂に欅坂46にも選抜制度が導入されました。現在の停滞感を考えれば当然の話かもしれませんがその人選には少々驚きました。1期生から鈴本美愉・小池美波・尾関梨香・長沢菜々香・織田奈那・石森虹花・斎藤冬優花の7名がアンダーに落ちた訳ですが、少数だと却ってまずいと思ったのでしょう。一番驚いたのは鈴本美愉で、最近握手会を欠席することが多いことが関係しているようです。他にもこちら有楽町星空放送局のMC尾関梨香、写真集を出した小池美波、握手会人気の長沢菜々香等、明らかに2期生より実績も総合力も高そうなメンバーばかりです。明らかに実績より可能性に賭けた人選になっています。選抜組が17名、アンダーグループが9名ですから普通に考えて坂道合同オーディション組からアンダーに8名程度は補充されそうです。

 

怪我をしている平手友梨奈が9作連続センターになったのですが、これだけ弱体化すれば平手友梨奈を外す選択肢は無くなります。いつ平手友梨奈をセンターから降ろすかが焦点ですが、これで益々このままずるずる行きそうです。長濱ねるの卒業ショックが相当大きかったのでしょうが、もう一年近く新曲も無いような状態です。これは秋元康のモチベーションの低下が一番大きく、今はIZ*ONEやラストアイドルに力を注いでいるように感じます。問題は9thシングルの出来で、これで欅坂46が終わるのか再び輝きだすのかの試金石になると思います。選抜組では佐藤詩織は芸術分野の要員、モデル要員の渡邉理佐・渡辺梨加・土生瑞穂、インテリ要員の原田葵・武元唯衣、平手友梨奈支援要員上村莉菜、というところでしょうが、2期生の3列目が?です。

 

 

 

 

 

 

 

8⃣ 感想

 

 

一番残念なのは織田奈那のスキャンダルで、堀優衣や長濱ねるのように観光大使になった人は人並み以上に自分を律する必要があります。自信が無ければ断ればいい訳で、昔プロ野球選手の福本豊が国民栄誉賞を貰ったら立ちションもできなくなると言って辞退しました。これはCMでも同じで、スポンサーに迷惑をかける可能性があるのならば受ける資格はありません。それが私が考える人間性で、どれだけの人に迷惑や失望が広がるか想像できないからだと思います。井口眞緒も似たようなスキャンダルを起こしていますが、プロ意識の低さが原因のようですから芸能界引退すれば別にどうと言うことはないでしょう。年頃の女性ですから恋愛はあっても仕方ないが、絶対にばれないようにするか芸能界引退覚悟でやるしかないでしょう。

 

乃木坂46もそうですが、欅坂46も相当な若返りを図っています。それが吉と出るか凶と出るかですが、何もしないよりはましでしょう。斎藤冬優花について言えば毎日ブログを書き続けたことがマイナスなのかなと思います。以前運営に消されたこともありましたが少し語り過ぎなことが敬遠されているのかもしれません。どうも誤解を受けやすい性格のようですが、アンダーグループのパフォーマンスリーダーとして牽引して欲しい。他のアンダー落ちメンバーも変わらずブログを更新していますから結束しているのでしょうが、次のシングルでは選抜入りを勝ち取って欲しい。今は2期生に甘過ぎるように思うが、坂道合同オーディションメンバーの加入も考えられるから益々競争が激しくなりそうだ。少し遠目になるがこれからも見守りたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】

 

 

 

1⃣ 日向坂&STU&カラバト&乃木坂&AKB等(推しメン中心)スケジュール

 

 

09/13(金) NHK総合でかんざらしに恋してが長崎県内で地上波再放送(19時30分~)

09/15(日) KOYABUSONIC2019in大阪に日向坂46が出演

09/17(火) 元NGT48の山口真帆が1st写真集を発売

09/18(水) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in東京ドーム初日

09/19(木) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in東京ドーム最終日

09/21(土) イナズマロックフェス2019に日向坂46が出演

09/25(水) 小池美波が幻冬舎から1st写真集in上海発売

09/26(木) 日向坂46ワンマンライブinさいたまスーパーアリーナ

10/02(水) 日向坂46の3rdシングルこんなに好きになっちゃっていいの?が発売

10/06(日) MBS音祭2019in大阪城ホールに日向坂46が出演(16時~)

10/12(土) 日向坂46が長岡米百俵フェスin東山ファミリーランドに出演(11時~19時30分)

10/22(火) 横浜市『横浜オーサイト』佐久間彩加15歳の誕生日記念ワンマンライブ

10/27(日) THEカラオケバトルコンサートinオリックス劇場に堀優衣と佐久間彩加が出演

3代目神推し長濱ねるは本日21才になりました。誕生日おめでとうございます。マイルールでは神推しは十代までですから長濱ねるだけ1年間延長していたことになります。そこで本日からは4代目神推し影山優佳にバトンタッチし、アイコンも変更しました。振り返れば初代神推し中元すず香は今では世界で活躍するロックシンガーになりました。本当なら20才までは中元すず香で通すつもりでしたが、さくら学院卒業後はBABYMETALの秘密主義のお蔭で情報が漏れなくなってブログが書けなくなり、止む無く姉である中元日芽香にバトンタッチしました。多少不本意な形の2代目誕生でしたが、東京タワーの記事を読んで感銘し、期待していました。

 

ところが本人の能力とは関係なく、処女性が好まれる坂道シリーズでは不遇な日々の連続であり、結局21歳の若さで乃木坂46を卒業しました。アクターズスクール広島のようなアイドル虎の穴にとっては坂道シリーズは非常にハードルが高く、結果的にはモーニング娘。やAKB48グループの方が良かったということでしょう。でも一度芸能界を引退しましたが早稲田大学進学後に再び乃木坂LLCに所属し、今は心理カウンセラーとして学業と両立しながら活躍しています。長濱ねるはまだ伝説には成り得ていないが、彗星のように現れて去って行きました。でも本人が引退と言っていないので必ず違った形で芸能界に復帰し、再び輝き始めると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 長濱ねる追想

 

 

追想と言うにはまだ卒業からさほど日が経っていないし、別に芸能界を引退した訳でもないのだが一つの区切りとして最後の長濱ねる中心の記事とします。勿論、芸能界に復帰したら再び記事を書きますが、一般人のまま帰ってこない確率もゼロではないから加入してからの出来事を色々回想してみたいと思います。長濱ねるは記事数からも分かると思いますが、全く異質のアイドルでした。運がいいのか悪いのか、初めて知ったのはデビュー直前の2016年3月末の頃でした。Youtubeで漫画の主人公のようなアイドルが平手友梨奈や今泉佑唯等を従えて乗り遅れたバスを歌っていました。あの動画は今でも鮮明に覚えていて、秋元康原作のストーリーと共にどっぷり漬かるきっかけになりました。後で分かるのだが、敢えてドラマティックな展開にする為に加入時期を3ヵ月以上遅らせ、他のメンバーとかち合わないように秘密裏にレッスンを受けさせていました。

 

そのことが多くのメンバーの反発を招くことになり、結果として長濱ねると平手友梨奈を結びつけるという嘘のような展開になりました。結成時に鈴木泉帆が即辞退しましたからたった2日遅れで内定した長濱ねるを補欠加入していればあれ程の軋轢を生むことも無かったでしょう。でも結果的にドラマティックな展開になったのですからどちらが良かったということも無いでしょう。加入して長濱ねるが最初に経験したのはけやき坂46という姉妹グループを一緒に連れてくるということに対する反発でした。まだデビューもしていないのにアンダーグループに落とされるかもしれないという不安だったのでしょう。特に同じ高校に通っていて知らされていなかった米谷奈々未の怒りは誰よりも大きかったと思います。長濱ねるは気にしぃであるだけに人一倍人間関係に気を使ったと思います。そこで最初に長濱ねるのメンバーとの人間関係についてお浚いをしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ メンバーとの人間関係

 

 

特別な戦友のような関係だった平手友梨奈、先に卒業したメンバー、ブログで卒業に触れたメンバーの順に書きました。

 

 

① 平手友梨奈

 

どうしても避けては通れないメンバーだが、今泉佑唯・志田愛佳・米谷奈々未・長濱ねると、平手友梨奈との関係性が濃いと思われるメンバーから卒業しているように思います。地元名古屋の話は依然として全く語らず、親子関係もメンバー内の濃い話も殆ど漏れ聞こえてきません。17才でこれほどミステリアスな少女は見たことも聞いたこともありません。響の演技でも分かるが、特別変わった配役を見事に演じているが、他の普通の役が可能なのかという疑問も生じます。最初のねるとの蜜月の話は本当だろうと思いますが、ねるがリーダー論を読み、てちが発煙筒事件に巻き込まれてからは距離感を感じることが多くなりました。一旦心を許した時はあったのだろうが、今は北川景子等の年の離れた大人としか本音で話せていないのではないかなと感じます。今年も一緒に2人で映画を見に行って誰より先に卒業を告げたようだし、卒業時の花束は平手友梨奈だったから関係性は今でもいいのだろう。

 

 

 

② 米谷奈々未

 

米谷奈々未とは筋トレ事件以降に修復し、卒業時には長濱ねるまで卒業を考え始めた程の親友になっていました。長濱ねるを癒してくれたのは常に欅坂46とは別世界にも居場所があるメンバーだったと思います。

 

 

③ 今泉佑唯

 

今泉佑唯は明らかに阻害されていましたが、卒業の記念写真の時にも他のメンバーとの距離が少し大きかったようです。その時、近寄って行ったのが長濱ねると米谷奈々未だったそうです。今泉佑唯が長濱ねるの卒業を聞いて喜んだのも分かるような気がします。

 

 

 

④ 志田愛佳

 

志田愛佳と長濱ねるは一緒に古着ショップをやろうと約束したこともある仲です。志田愛佳がストーカーに追いかけられて長期休養に入り、新潟で文春に撮られたのは有名な話です。その時長濱ねるも一緒にいたから大騒動になり、結局志田愛佳は芸能界を引退する羽目になりました。そんな長濱ねるを遠くのメンバーを見舞う心優しいメンバーだとラジオで褒め称えたのが秋元康でした。

 

 

 

⑤ 土生瑞穂(7月31日0時4分)

 

「本日、ライブビューイングを通してありがとうをめいっぱい伝える日、ねるの最後の卒業イベントを見に行きました。気づけば、私も含めシアターにいたほとんどの皆さんが涙を流していて本当に心を動かされた時間でした。ねるは自分のことより人のことばかりでそれくらい、いつも謙虚で優しすぎてときには心配になったけれど、居るだけでその場にいる人が幸せに包み込まれるような雰囲気をもっていて凄く憧れの存在です。わたしも、今支えてくれてる沢山の皆さんにこれからの活動を通して『ありがとう』をめいいっぱい伝えていきたい。そして、『ありがとう』を絶やさない世界にしたいって大げさかもしれないけど思います。そう改めて感じさせてくれたは、ねるです。何億人といるこの世界の中でねるに出逢えてよかったし、奇跡だし4年間同じ時間を過ごせて本当によかったです。まさに、世界には愛しかないですね。長濱ねる最高かよ!!!」ねる憧れのメンバーの一人が土生瑞穂です。

 

 

 

 

 

 

 

⑥ 守屋茜(7月31日0時48分)

 

「ねるちゃんの卒業イベントありがとうをめいっぱい伝える日すごくすごく素敵だったー( ;꒳​; )最初から私の一番好きなまた会ってくださいが流れて今日はねるちゃんの愛で心がポカポカだよ~。衣装もとっても似合ってて、めちゃかわだったー( ; _ ; )( ; _ ; )未公開の動画集とかよかったねー!!最後まで釘付けでした♡最後までねるちゃんらしくて温かくて本当に良さが詰まった素敵すぎるイベントでした。また歌ききたいよー。今のねるちゃんにぴったりなんだろうなって思う詞で、聴いてる私にも心に染みる歌詞でした( ; _ ; )ねる記念館も盛り沢山でとっても楽しかったよー!!neru movieではありがとう。まさかたまねぎ巻きのコーナーで呼んで貰えるなんて!!また髪の毛やってもらいたいな~。ずっとずっと大好きだよー。次は私から
めいっぱいありがとうを伝えたいです」長濱ねるとこれ程仲が良いとは思っていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

⑦ 長沢菜々香(7月31日1時51分)

 

「ねるの卒業イベントありがとうをめいっぱい伝える日を見に行かせて頂きました!卒業イベント限定のこち星や今までを振り返る特別な映像など、盛り沢山の内容であっという間に感じました。こち星が生で聴けたのはすごくレアだなと思いました!そして、今日のために作られた映像には色々な思い出が詰まっていて、楽しいことも辛いことも一緒に経験してこれたんだなと、感慨深い気持ちになりました。ねるが居てくれて本当に良かった!好きすぎて困る(◞‿◟)」長沢菜々香と長濱ねるはほとけーずとして知られているが、あまりぶれない性格なんだろうと思います。良くも悪くもマイペースということで安心して付き合えたのだと思います。
 

 

 

 

 

 

 

⑧ 織田奈那(7月31日2時29分)

 

「昨日はねるの卒業イベントありがとうをめいっぱい伝える日でした。本当にいいイベントだったな。。。ねるは本当にいろんな人からされてるんだなぁと強く感じました。これは悲しいお別れではなくねるの成長と踏み出した一歩なので全力でねるの明るい未来を応援したいです!!ねる本当に本当にありがとう!!!!!!!!ねるは世界一のアイドルだよ!!!!」ねると織田奈那の共通点は故郷愛の強さで、共に観光大使になったことと読書好きな点です。色んな人から愛されているねるに羨ましさを感じているようで、素直であっさりした性格がメンバー内の人気の秘密のようです。

 

 

 

 

 

 

 

⑨ 斎藤冬優花(7月31日15時25分)

 

「今日でメンバーの長濱ねるが卒業してしまいました。してしまいましたって言い方は悲しいな、だめ。今は、ねるのANNを聴きながらブログを書いています!相変わらず癒される声。今までのねるの声と何1つ変わらないのに、今話しているねるは、もう欅坂ではないのか、、、とかなんだか感じてしまいますが当の本人はとても楽しそうにラジオをやっています。もう欅坂ではない、、、なんて表現をしてしまいましたが
卒業しても、ずっと欅坂のメンバーでしたね。すみません。一緒に戦ってきた仲間だ〜今日行われた卒業イベントありがとうをめいっぱい伝える日に行かせていただきました!
 
私は、楽屋のモニターで見させていただきましたが、最初から最後まで、本当に素晴らしい最高の時間でした。なんといっても、ねるが今まででいっっっちばん、ハイパースーパー綺麗だった!いつも常に可愛かったけど!!すっっっっごく綺麗だった。あ!!!!!今ラジオでお便り読まれました歓喜。今日のブログ、ブログの流れとか全く考えずに今感じていることをダァーーーっと書こうと思っているので多分とても読みづらいと思うのですがすみません。ねるには、とにかく感謝しかないです。欅坂をここまで大きくしてくれてありがとう。ねるは人として本当に尊敬していて、ずっと前から、私の憧れでもありました。たしか、ドラマ徳山大五郎を誰が殺したか?の時あたりから仲が深まった気がします。
 
デビューした年の夏、そしてグループ初めてのドラマ撮影も重なり、経験したことのない忙しさで、みんないっぱいいっぱいで、そんな時でもねるは常に謙虚で、礼儀がしっかりしていて、周りの人への気遣いも凄くてここまで人として素晴らしい人に初めて出会ったと、その時自分の中の何かが刺激されたのを覚えています。今の私は、自分の満足する人間になれていないし、今日のイベントを見て、やっぱりねるはあの時から何も変わらない、私にとって、人として心から尊敬できる人なんだなと思いました。そんな人が、近くにいなくなるということは怖いことでもあると思います。生き方のお手本でもあると思うので。
 
ですが、この約4年間、ねるを見て感じたこと、学んだことは、たくさんあるのでこれからの活動で無駄にしないように、私も少しずつ変わっていけるように、したいと思います。はー。それにしても、ねる、本当に顔が良い。(笑)という会話をメンバーと何回したことか!今ラジオで、ねるが豆についてツボっているのですが、こうやって、何かにツボって笑いあっていた時間が本当に楽しかったんですよ、笑っちゃいけない空気の時とかもあって、(リハ中)でもどっちかが少し笑っちゃったり、肩が揺れたりすると伝染しちゃって。
 
バスの中で隣に座った時もジワる話とか面白い動画、画像をお互い見せ合って、笑いが止まらなくなって爆笑しちゃって、うるさ過ぎて怒られてヘコんだり(笑)そんな、やんちゃなねるが大好きだー!!!!!ブログ、そろそろかしら。宣言通り、ダァーーーって書きましたが。そうめん屋さん、もし開店したら、来てね。ねるも、ねるがきっかけで欅坂を好きになってくださった皆様も、本当に本当に、ありがとうございました!!!ねるの未来に、幸あれ、、、」それにしても長いなとは思いますが、最後だからいいと思います。斎藤冬優花は卒業発表の時にいの一番に書いて消されて嫌なイメージがありました。
 
ほぼ毎日記事を書いているのもどうかと思っていましたが何か思うところがあったのでしょう。五島にねると一緒に行った時に比べて明らかに距離感があると思います。やはりいくつかの場面でお互いの考え方が別れた結果なのでしょう。それはどちらが正しいというような単純な話ではなかったのだと思います。長濱ねるから見れば昔の彼女のような関係だろうが、欅坂46を本気で支えようとしていることは伝わってきます。長濱ねるは別のアプローチで欅坂46を盛り上げたが今泉佑唯・志田愛佳・米谷奈々未の卒業は辛かったのでしょう。斎藤冬優花と松田莉奈の仲が良くて、長濱ねるが同じ九州の松田莉奈を褒めていることは何か因縁を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

⑩ 尾関梨香(7月31日15時27分)

 

「ねるが欅坂46を卒業しました。昨日、わたしも卒業イベントを観に行かせてもらいました!ねるが4月までパーソナリティーを務めてくれていた20分番組時代のこち星(in幕張メッセ)復活や加入してからつい最近までのたくさんの思い出が詰まったムービーそして、最後の最後までねるの歌声を聴けて幸せでした。展示スペースもお邪魔しました。メンバーひとりひとりへのメッセージや、KEYAKIHOUSEのときにねるが撮り溜めてくれてたチェキとか壁中にたくさんの愛が詰まってました。四年って長いようで短い。きっと沢山沢山、いろんな想いを抱くこともあったでしょう。でも、昨日笑顔で舞台から降りていく姿を見て少し安心しました。ねるは、わたしがTEPPENに出演させていただいた時、つい最近だとネプリーグに出演させていただいた時。いつも、今、見てるよーって連絡をくれました。


しかも写真付きで!笑ねるがひとりでバラエティに出る時、私も番組見て沢山勉強させてもらっていたからそんなねるから連絡が来るのがいつもいつも嬉しかった。見守られているような気がして〜!一緒にユニットをできたことも本当に幸せでした。結局、いまだにユニット名が決まらないという!前代未聞ですが!!これも私たちらしいかな。笑私たちの間ではバスルームって呼んでます。バスルームは永遠ですー。これからも みーと、ちゃんと歌っていきたい!そして!ねるから、こち星を受け継がせてもらったのも本当に本当に誇りです。ねるのこち星最後の収録のときに語彙力がないから不安だって言ったら、おぜちゃんはおぜちゃんらしくって掛けてくれた言葉が今でも支えです。これからもありのままの ねるで!好きなことして、たくさん食べてたくさん寝て!どんなねるでもずーっと応援してます。卒業おめでとう!」

 

長濱ねるが加入当時疎外感を感じていた時に初めて東京案内をしてくれたのが尾関梨香と原田葵です。尾関梨香にはポリシーがあって年下には親切にしようというのがあるようで長濱ねるはさぞ嬉しかったと思います。そんないい関係があったからこそバスルームユニットのメンバーになったのだろうし、こちら有楽町星空放送局の3代目メインキャスターになれたのだと思います。正直初代平手友梨奈、2代目長濱ねると来たから弱いなと思ったのは事実ですが、恐らく長濱ねるの推薦があったのだと思います。誰とでも気さくに喋れることが一番の強みなんだと思います。長濱ねるが安心して卒業できるのは尾関梨香の存在も大きいのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

⑪ 佐藤詩織(8月1日1時1分)

 

「今日はメンバーの長濱ねるの卒業イベントありがとうをめいっぱい伝える日に行き、ねるの最後の姿を目に焼き付けてきました。ねると出会った時、当時17歳だったねるは、島から出てきたばかりのちょっとなまりのある喋り方で、心が綺麗すぎるくらい透き通っていて。でも何か衝撃を受けたらすぐに壊れてしまうのではないかと思うほどの心のか弱さ みたいな何かを感じてずっと側に居てあげたいなって思ったことを本当に昨日の事の様に覚えてます。話し始めるといつも最初に私に聞くのはみんなに申し訳ない、入って大丈夫だったかな〜って言葉だったなあって。いつでも謙虚で、ねるは一番メンバーのことを見てくれていたなぁって思います。ねると一緒に居ると その屈託のない笑顔で沢山助けてもらったなあ。わたしが助けたかったはずなのに。
 
一緒にかき氷食べに行ったり、ねるのおすすめの古着屋さん連れて行ってもらったり、あの日々もつい最近の事のようなのにもうこんなにも時が経っていたんだなって沢山沢山みんなに気を配って、人一倍頑張って、疲れてしまった身体と心を これからはゆっくりパワーチャージしつつ、また新しい道、新しい場所でねるらしく突き進んでいってほしいなあってこれだけ 数え切れない人を魅了させられる人柄とパワーを持っているから、きっとねるのこの先の人生もまた素敵なものになるはず。そしてねるに出逢う人達はみんな、そのねるの人柄に癒され 力を貸してくれるはず。ねる、たくさんたくさん、ありがとうね。ずっと大切。大好きすぎるくらい大好きよ。出逢ってくれて、本当にありがとうね。これからもねるらしく、そしてこれからは誰にも気兼ねせず、ねるの人生を存分に謳歌してほしいです!!いっぱいいっぱい、ありがとう」

 

佐藤詩織は尾関梨香同様、初期の辛い時に一緒に食事に連れ出したりしてくれたメンバーです。恐らく2015年の段階では一番親しかったし、ツーショットも一番多かったと思います。ただ感じていたのは島から出てきた田舎者に対するような少し上から目線を感じていました。二科展に連続入選するような才能があるお嬢様でしたからある程度止むを得ないとは思います。そんな佐藤詩織がメンバー初の表紙になり、しかも篠山紀信だったからメンバーが次は誰だろうと燥いでいました。それを横目で見ながら憤っていたのが14才の平手友梨奈で、同調したのが長濱ねるだった訳ですから運命を感じます。長濱ねるが謙虚過ぎることを心配していた佐藤詩織ですが、長濱ねるの謙虚さは多分に処世術の面もあるのであまり心配する必要はなかったと今は気付いているでしょう。

 

 

 

 

 

※そして、懐かしの猿腕猿指姉妹。懐かしいね〜。ねるから、これで撮ろうよ〜っていってくれたの嬉しかった!泣。これからのねるの人生が幸せいっぱいで溢れていますように…。

 

 

 

 

⑫ 小池美波(8月1日1時2分)

 

「日、ありがとうをめいっぱい伝える日を観に行かせていただきました‪‪☺︎ずっとずっと、最初から最後まで綺麗でした。‪‪☺︎ありがとうという言葉はすごく優しい言葉でありながらも、こんなにも心に響く言葉なんだと
改めて気づかされました。ねるは加入当初からすごく謙虚でメンバーをすごく大切にしてくれて、愛してくれて。たくさんメンバーを褒めてくれて、優しく包んでくれて、一緒に泣いてくれる本当に素敵な子。ねるとおぜと一緒にユニットが出来たことも本当に嬉しかったな。結局最後まで決まらなかった…!

 

名前のない3人のユニット。これからもおぜと2人で続けていきたい。当たり前のように過ごしている毎日は当たり前ではなくて、大事で、儚くて。これからも1日1日を大切に、活動していきたいなと思いました。寂しいけど、これからもずっと欅坂のメンバー皆はねるの事を応援してます‪‪☺︎展示会もみにいきました‪‪☺︎ねるが残してくれたものは、言葉にあらわすのが難しいくらいすごく大きなもので、これからもその大きなものを大事にしていきたいです。ずっとねるは私にとってアイドルの鏡です‪‪☺︎出会ってくれてありがとう〜‪‪〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 長濱ねる最後のブログ(7月31日22時13分)

 

 

こんばんは〜!これが最後のブログとなります。卒業イベントありがとうをめいっぱい伝える日、無事に終えることができました!ひとまず一息ついております。見守ってくださった皆様、想いを寄せてくださっていた皆様、関わってくださった全ての皆様、心からありがとうございました。そしてオールナイトニッポンも
お聴きくださりありがとうございました!皆さんに出逢えて良かった〜!!アイドル最後の日、これ以上ないくらい温かくて幸せでした。あなたにめいっぱいのありがとうを。では、ね。読んでくれてありがとう。

                                                         長濱ねる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ 推しメン近況 

 

 

私は推しメンの目標達成率を記録していますが、中元日芽香は一度芸能界引退を宣言していますのでリセットしました。ところが長濱ねるは芸能界引退を明言しておらず、「またね」と言っていますからどんな形になっても必ず芸能界に復帰すると思います。卒業と共にブログ・メッセージ等のSNSは全て削除され、AGAヘアクリニックのTwitterも閉鎖になりました。ところが下記のTwitterはまだ残っていますし、特にNHKは9月13日に長崎県限定ではありますが、かんざらしに恋してを地上波で再放送します。更にNHK石原真エグゼクティブプロデューサーは今日が誕生日のTAKAHIROと長濱ねるを初出し写真で祝福していました。長濱ねるに対するNHK愛がプンプン匂ってきます。 

 

 

「TAKAHIROさん、長濱ねるさん お誕生日おめでとうございます。お二人にとってそれぞれ素晴らしい一年になりますように。 長濱ねる卒業コンサート後すべての挨拶などが終わり、ねるさんがラジオの生放送に出発する直前。最後に撮った2ショット」

 

 

① NHKねるねちけいONLINE!:https://twitter.com/nhk_neruhk

 

② NHKかんざらしに恋して:https://twitter.com/nhk_nagasaki

 

③ 日テレTANABATAプロジェクト:https://twitter.com/tanabata_ntv

 

 

 

 

 

 

推しメンの状況は今も気にしていますが、その内推しメン見直しの記事を書こうと思っています。日向坂46では予想通り、金村美玖の人気と活躍が目に付きます。欅坂46では武元唯衣が学力テストで2位になったのが目に付きました。乃木坂46では筒井あやめがフロント入りしましたが、15才と言う年齢を考えれば目標達成率+5%の価値があると思っています。カラオケバトル勢は9月8日(日)に放送される夏のグランプリの結果次第で5~10%を加えようと思っています。また佐久間彩加がニューヨークに留学したいと言っていたので、行けば評価したいと思います。

 

STU48は瀧野由美子の頑張りが光っており、彼女がいなければSTU48はどうなっていたかと思わせるほどです。でも続くメンバーがおらず、特に次世代エースと期待していた市岡愛弓の卒業は相当な痛手だと思います。BABYMETALは水野由結が抜けた後混迷していますが、中元すず香と同じアクターズスクール広島出身の鞘師里保が入ったり、さくら学院の後輩の岡崎百々子が台湾公演に参加したりしています。鞘師里保はモーニング娘。を卒業後アメリカに渡って英語力等スキルアップをしており、岡崎百々子もさくら学院卒業後の4月に海外に留学したようです。

 

中元日芽香は8月24日に甲子園大学のイベントに参加し、心理学部のオープンキャンパスの一環として、イベントを行いました。テーマは、高校生へのメッセージ。第一部では中元日芽香が人気アイドルから心理カウンセラーに転身した経緯などを単独で講演した。「アイドル時代には悩むこともありましたが、心理学を学んで、物事をプラスにとらえられるようになり、いろいろな方々と臆することなく話せるようになりました」と現在、心理カウンセラーとして充実した日々を送っていることを報告した。この日は近畿圏を中心に100名近くの参加者があり、熱心に耳を傾けていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】

 

 

 

1⃣ 日向坂&STU&欅坂&乃木坂&カラバト等(推しメン中心)スケジュール

 

 

09/08(日) カラオケバトル2019夏のグランプリに佐久間彩加・堀優衣出演(19時54分~)

09/13(金) NHK総合でかんざらしに恋してが長崎県内で地上波再放送(19時30分~)

09/15(日) KOYABUSONIC2019in大阪に日向坂46が出演

09/17(火) 元NGT48の山口真帆が1st写真集を発売

09/18(水) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in東京ドーム初日

09/19(木) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in東京ドーム最終日

09/21(土) イナズマロックフェス2019に日向坂46が出演

09/25(水) 小池美波が幻冬舎から1st写真集in上海発売

09/26(木) 日向坂46ワンマンライブinさいたまスーパーアリーナ

10/02(水) 日向坂46の3rdシングルこんなに好きになっちゃっていいの?が発売

10/06(日) MBS音祭2019in大阪城ホールに日向坂46が出演(16時~)

10/12(土) 日向坂46が長岡米百俵フェスin東山ファミリーランドに出演(11時~19時30分)

10/22(火) 横浜市『横浜オーサイト』佐久間彩加15歳の誕生日記念ワンマンライブ

10/27(日) THEカラオケバトルコンサートinオリックス劇場に堀優衣と佐久間彩加が出演

 

 

 

 

 

 

 

 

※長濱ねるの頑張りに影響されてボランティア活動や親の介護、やり残したこと等を日々頑張っています。ボランティア活動であるマンションの理事長として3か月経過しましたが自分の採点で80点レベルはできていると思います。親の介護認定で来週役所に行く予定ですが、梯子で2階の屋根に上るほど元気なので認定は難しいかも知れません。昨年の世界遺産長崎・五島列島に続いて今年は同じく世界遺産の富士山に初登頂してきました。私の登った少し後に20代の女性が頂上付近で落石を体に受けて亡くなりました。私も夕方に上り始めましたが8合目で長袖でカッパを着ていたにも関わらず死にそうな寒さでした。急遽山小屋に泊めて貰って何とか8合目でご来光も拝めましたが、下りがきつくて20本の指全てから血が滲んでしまいました。今でも親指は爪が真っ赤でやはり厳しい山だったと思います。

 

今後は毎年年一回は世界遺産を見に行こうかなと思っていますが念願の富士山登頂が叶って夢の一つが達成されました。その晩はねるも行ったおかまバーでくまこママから母親の介護についてのアドバイスを貰いました。BABYMETALのアメリカツアーに参戦しようとパスポートまで取りましたが、母親の介護で来年以降に延期せざるを得ない状況です。ダイエットにも挑戦していて昨年7月20日に放送されたNHKのためしてガッテンでもち麦ダイエットを開始し1年以上続いています。体重はあまり変わっていませんが、ウエストは何と90cmが78cmになりました。体幹年齢も47才と実年齢より若返って満足しています。やはり継続は力なりだと思いますのでこれからも続けようと思っています。長濱ねるの努力の半分もやっていませんが少しでも負けないようにこれからもあらゆることにチャレンジしたいと思います。

 

この記事は昨年9月22日の記事ですが、新たに欅坂46の2代目インテリ女王決定の為の学力テストが実施されましたので書き加えました。2回目のメンバーは平均点を記載しており、推測したメンバーはあくまでも推測ですから悪しからずご了承ください。尚、卒業したメンバーは所属グループに関わらず、文字の色を白にしています。

 

 

 

 

2018年9月22日の記事

 

坂道シリーズは9月17日放送のひらがな推しで、全グループの学力テスト実施が終わりました。そこでテストの内容に差はあるもののランキングしてみました。2回テストを実施している新内眞衣・和田まあや・堀未央奈は平均点を採用しています。他にも合計点は分かっているが、内訳の分からない生田絵梨花・樋口日奈は平均点を入れています。更にデータの見当たらない寺田蘭世・伊藤純奈・伊藤理々杏と受験休業中の影山優佳は推測平均点を入れています。

 

全体では欅坂46グループの方が乃木坂46より優秀なようで、欅坂46グループ内では漢字欅の方が優勢のようです。乃木坂46内では2期生>3期生>1期生の順のようです。国語は基礎学力で一番重要、数学と理科は地頭の良さや応用力だと思います。社会は一般常識、知識欲を表すと思っています。英語は英語圏の国に住んでいたら誰でも満点でしょうから、受験生が一気にレベルアップしたいならこれで、一番できなくてもいいが、できたら人生が楽しくなるでしょう。

 

ひらがなけやき2期生の得点が非常に悪いが、全員が高校1年生以上だったので問題が中学3年卒業レベルで高かった可能性があります。特に理科と国語が悪く、平均点で他のグループと比較して合計8.5点もの差がついている。5教科でも20点満点が1人もいないレベルの難易度だったようだ。それでも影山優佳だけは全国模試全国1位経験者・小学生時国語偏差値80・筑波大学付属高校トップクラス・東大文一志望等、天才レベルに敬意を表して95点にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 学力テスト結果

 

 

❶ 乃木坂46は2014年中旬に乃木坂46頭脳王決定戦!を行っており、5教科20点満点で中学卒業レベルの問題だった。一方、欅坂46は2016年初旬にインテリ女王決定戦を実施しており、当時最年少だった平手友梨奈と同じ中学2年生レベルのペーパーテストで5教科各20点満点だった。乃木坂46の2期生と3期生は2017年末に頭NO王決定戦を行っています。ひらがなけやきは2018年9月10日放送分で行っています。尚、この記事は昨年11月27日に書いた記事の追加修正版です。2019年8月26日&9月2日放送の欅坂46第二回インテリ女王決定戦の結果も加えて平均しました。

 


 メンバー名   国語   数学   理科   社会   英語   合計

 

影山優佳   19    19    19    19    19    95(推測)

② 秋元真夏   19    20    17    18    17    91

② 中田花奈   18    17    20    17    19    91

④ 長濱ねる   15    20    18    16    20    89
⑤ 米谷奈々未  12     18    20    18     20    88
⑥ 原田葵     13     19    18    16     19    85

⑥ 橋本奈々未  16    17    20    15    17    85

⑧ 生田絵梨花  16    16    16    16    16    80(内訳は平均)

⑧ 樋口日奈   16    16    16    16    16    80(内訳は平均)

⑩ 中元日芽香  12    16    17    18    16    79

武元唯衣   12    20    14    12    18    76

--------------------------------------------------------------- 75以上は秀才クラス

⑫ 織田奈那   11     19    18    11     14    73

⑫ 松村沙友理  14    12    16    13    18    73

⑭ 宮田愛萌    16    18    13    12    12    71

⑭ 斎藤ちはる   8    16    19    11    17    71

⑯ 山崎玲奈   12    14    16    12    16    70

⑯ 久保史緒里  14    16    16    10    14    70 

⑱ 井上梨名    9    16    16    12    16    69

⑲ 佐藤詩織   12    13    14    10    19    68

⑳ 高山一実   10     9    17    14    16    66

⑳ 佐々木琴子  10    16     14    12    14    66

⑳ 鈴木絢音   14    12    14    14    12    66

⑳ 佐々木久美  10    17    13    12    14    66

㉔ 高瀬愛奈    7    18     9    14    17    65

㉕ 新内眞衣   14    13    13    13    11    64

㉕ 佐藤楓     14    14     8    12    16    64

㉕ 山下美月    8    12    18    12    14    64

㉘ 長沢菜々香   7    17    18     8     13    63

㉙ 伊藤かりん  12    14    10    12    14    62      

㉚ 金村美玖    8    18     9    14    12    61

㉚ 菅井友香   11    14      9     9     18     61

㉜ 松田好花    6    19     8    13    14    60

㉜ 松井玲奈    7     9    20    15      9    60

㉜ 伊藤理々杏   12    12    12    12    12    60(推測)

--------------------------------------------------------------- 60以上は優秀

㉟ 渡邉美穂    9    16    10    12    12    59

 関有美子   12    16    14     6    11    59

㉟ 守屋茜      8    13    14    10    14     59

㊳ 相楽伊織   12    10    14     6    16    58 
㊴ 若月佑美   11     9    17    12     8    57

㊵ 与田祐希   12     8    14    10    12    56

㊶ 伊藤純奈   11    11    11    11    11    55(推測)

㊶ 齋藤冬優花   8    12      13     7     15     55

㊸ 小池美波     7    14      12     8     13     54

㊸ 尾関梨香    7    14     10     8     15     54

㊸ 衛藤美彩    8     5     18    12     11     54

㊸ 向井葉月   14    10     12    12      6     54

㊼ 伊藤寧々   13     7     20    11       2    53

松田莉奈    6    16     10    14      7    53   

㊾ 丹生明里    4    17      8    11    12    52

㊾ 深川麻衣   15     2     18     7     10    52

51 吉田綾乃   10    10     10    10     10    50

51 斉藤優里    9     3     13     8     17    50

--------------------------------------------------------------- 50以上は平均より上

 53 潮紗理奈    7    14      7     9     12    49

 54 桜井玲香    8     9     16     8      7    48

 54 小林由依     5    12     10      8     13     48
 54 平手友梨奈  10    12     10     6     10     48
 57 生駒里奈   10     1     17    16       3    47

 57 渡邉理佐    5    10     13    10      9     47
 59 上村莉菜   11    14      9     1     11     46

 59 田村保乃    7    14     10     5     10    46

 61 柿崎芽実    6    12      6    11     9    44

 62 永島聖羅    7    10     16     6      4    43

 63 鈴本美愉    6    11     10     5     10     42

 63 渡辺梨加    8     9     11     7      7    42

 63 川後陽菜    5     6     16    13      2    42

 66 梅沢美波    8    14      8     6      6    42     

 67 西野七瀬    8     5     13     7      8    41

 67 富田鈴花     6     6      8     11    10    41

 69 坂口珠美    7     8     12     6      6    39
 70 井上小百合   9     8     12     5      4    38

 70 川村真洋     2    16     10     7      3    38

 72 森田ひかる   2     10     10     7      8     37     

 73 河田陽菜    3    12      5    11     5    36

 73 小坂菜緒     2    11      9     9     5    36

 73 岩本蓮加    6    12      8     4      6    36

 76 土生瑞穂    4    10      8     3     10     35

 76 志田愛佳    4     4     12     7      8      35

 76 伊藤万理華   4     3     12     4     12    35

 76 寺田蘭世    7     7      7     7      7    35(推測)

--------------------------------------------------------------- 以上は平均以下

 80 加藤史帆    1    14      7     5      5    32

 81 白石麻衣     6     1     12     4      7    30

 81 渡辺みり愛    8     8      4    6       4    30

 83 山﨑天      3     8     12    6      0    29

 84 星野みなみ   2      8      8     4       6    28

 84 齋藤飛鳥   10       1     12     3       2    28

 84 今泉佑唯     6     6       6     4       6     28

 87 堀未央奈    6     3      9     3      6    27

 87 石森虹花    5     5     4     4       9    27

 89 井口眞緒    4     7      5     5      5    26

 89 大和里菜    9      1        8      6       2    26

 91 東村芽依    1     8     6     4      6    25

 91 北野日奈子   6      2      13      3       1    25

 93 佐々木美玲   1    11     3     6       2    23

 93 藤吉夏鈴    6    10     6     1      0    23

 95 和田まあや   3       3     6     5       5    22

 96 高本彩花    0     5      7     8       1    21

 97 大園桃子    2    12     0     4      2    20

 98 中村麗乃    6     4     2     0      4    16

 98 齊藤京子    3     3     1     1       8    16

 98 松平璃子    0     8     3     3      2    16

101 能條愛未    2      2      6       1      3    15

102 濱岸ひより   0     5     0      6       0    11

103 畠中清羅    1      2      3       1      3    10
---------------------------------------------------------------- 以上はかなりやばい

 

 

 

 


 

 

 

❷ 乃木坂46知力10福神

 

 

2016年4月に行われたNOGIBINGO!6アシスタントMCガチンコオーディション企画内、第一次審査学力テストを実施しており、小学校6年生レベルの問題で100点満点だった。

 

 

① 中田花奈   94点

② 秋元真夏   93点

③ 伊藤かりん  87点

④ 中元日芽香  86点

⑤ 鈴木絢音   84点

⑥ 橋本奈々未  83点

⑥ 佐々木琴子  83点

⑧ 樋口日奈   82点

 生田絵梨花  81点

⑩ 松村沙友理  80点

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ 坂道シリーズクイズ王は誰か?

 

 


欅坂46では学力テストとクイズの両方で優勝した長濱ねるが他を圧倒しています。過去に全国高校生クイズの長崎県大会に出場して決勝まで残りましたからクイズオタクかと言ったらそうではありません。ゲストにあばれる君が来ると聞いて会いたいと思って友人と出場したようです。タオルにサインしてもらったのはいいのですが、あばれる君が書きにくかったのか、タオルの端を歯で噛んで書いてくれたそうです。そのタオルは今も宝物にして大事に保管しているそうです。長崎にいるとちょっと有名人が来るとワクワクすると言っていました。

 

長濱ねるがひらがなけやきと兼任していた時に戦いを挑んだのが影山優佳で、けやき坂46の頂上決戦でした。まるで宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島の戦いのような凄い戦いでした。結果影山優佳が勝ってひらがなけやきのみならず、欅坂46グループのクイズ王に輝きました。間違いなく坂道シリーズ最強のインテリ女王で、アイドル界でも恐らくNO1でしょう。長濱ねるは今月末にくりぃむクイズミラクル9に6回目の出演をしますが、影山優佳にもチャンスを与えて欲しいと思っています。恐らく、出れば茶の間がざわつく活躍をするでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 学力との関連性

 

 

① グループ内人気メンバー

 

 

欅坂46神6:平手友梨奈・長濱ねる・渡邉理佐・今泉佑唯・渡辺梨加・菅井友香

 

乃木坂46神6:西野七瀬・白石麻衣・齋藤飛鳥・生田絵梨花・秋元真夏・堀未央奈

 

 

神6は私の独断と偏見で選びましたが、27~91点ですからあまり学力との関連性はなさそうです。寧ろ、あまり頭のいい人はアイドル界では人気になりにくそうだ。

 

 

 

② グループ内外仕事メンバー

 

 

乃木坂46:秋元真夏・高山一実・生駒里奈・白石麻衣・西野七瀬・生田絵梨花・齋藤飛鳥

 

欅坂46:長濱ねる・菅井友香

 

 

私の知る限り、TVによく出て活躍しているメンバーは以上ですが、30~91点です。内容によっては当然ある程度学力は必要です。

 

 

 

③ お馬鹿枠

 

 

候補としては欅坂46では石森虹花が圧倒していて、今泉佑唯・志田愛佳・土生瑞穂辺りまででしょう。ひらがなけやきでは濱岸ひよりが圧倒的に悪いが試験の時に寝ていたそうで、起きていたら1位だったという大物です。濱岸ひよりはおバカキャラではなさそうで、齊藤京子がお馬鹿発言が多いからおバカ枠筆頭候補でしょう。乃木坂46は人材が豊富で堀未央奈・北野日奈子・和田まあや・能條愛未と一杯いる。更に3期生からも大園桃子・中村麗乃というニューフェイスも出現しました。

 

私は推しメンを決める時にある程度賢そうなメンバーを選んでおり、乃木坂3期生では久保史緒里と岩本蓮加を選んでいます。中2の13才でハンデがあるとはいえ、岩本蓮加の36点には驚きました。欅坂46と比較したら乃木坂46が圧勝していますが、中でも比較的人気もある大園桃子はTVのお馬鹿枠に最適なような気がします。それにしても濱岸ひよりの点数と、試験中に寝ていたという話には驚きました。未完の大器というか、大物感はまだまだ失われていないようで楽しみです。

 

  

 

④ インテリ枠

 

 

伊藤かりんや長濱ねるが頭の良さをフルに生かしてTVで活躍していますが、70点以上のメンバーなら安心して任せられると思います。但しアイドル人気も大事ですから両立できるメンバーは非常に少ないのが現実です。アイドル界最強の影山優佳を使わないクイズ番組は随分勿体ないことをしているなと思います。因みに影山優佳在籍の高校は昨年度の全国高校生クイズ決勝に残り、NY行きの3校に入っています。国語の偏差値が80だったこともあるらしいから正に天才クラスで、地方の高校の秀才長濱ねるも脱帽しています。高校時代、休日は15時間勉強していたがり勉長濱ねると、4時間しか勉強していない影山優佳の差は相当大きいようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ 感想

 

 

乃木坂46にも相当お馬鹿がいますが、人気と両立しているのは堀未央奈かなと思います。あまりお馬鹿を売りにしていないが、それも一つの方法かなと思います。欅坂46でも人気が抜群なお馬鹿が今泉佑唯です。この二人の共通点は自信満々だという点です。今泉佑唯は幼少より、母親からあなたはやればできる子よと言われ、大きな自信になっているようです。明るいお馬鹿は好感が持てるからそれも武器に出来るのではないかと思います。

 

長濱ねるはクイズ番組の準レギュラーのように毎月のように出演しています。特に写真集の売上が話題になっていますから猶更使う方はメリットが大きいのでしょう。先日は松村沙友理もくりぃむクイズミラクル9に出演していましたが、もっともっと出て欲しいです。音楽番組でしたら数分ですが、クイズ番組なら3時間近くもなる場合もあるから猶更です。特に坂道シリーズ最強の影山優佳・長濱ねる・米谷奈々未のチームでの出演に期待しています。

 

ひらがなけやきの1推しは影山優佳で変化なしですが、賢子センターになった金村美玖を2推しにランクアップします。点数自体はひらがなけやき2期生の中で4位ですが、クイズで勝ち抜いて賢子センターになったところに運の強さを感じます。長濱ねるのインテリ女王と同じで、芸能界で実際に1番大事なのは運です。従って柿崎芽実が3推しで、松田好花を4推しにします。5推し濱岸ひよりはおバカセンターになりましたが、まだまだここからです。

 

 

 

 

 

 

 

5⃣ 追記

 

 

私が秀才だと書いた米谷奈々未(18)が9月22日に年内の卒業をブログで発表しました。秀才に認定したのは10名で、このクラスのメンバーが入る大学はレベルが違いますから両立は非常に難しい。影山優佳(17)と原田葵(18)は受験勉強の真っ最中ですが、恐らく第一志望の大学に現役合格できるでしょう。しかし、アイドルに復帰はするでしょうが、そのまま両立できるかどうかは分かりません。結局卒業という可能性もあるからファンは覚悟が必要でしょう。秋元真夏(25)は高校時代は生徒会長を務めるほどの秀才でしたが、未だにフェリス女学院在学中のようです。卒業したという話も聞かないので留年している可能性が高く、もうそろそろ退学の年齢です。

 

中田花奈(24)も高校時代に偏差値66の大妻高校に通っていた秀才でしたが、無類のアイドル好きで大学進学は断念しました。最初こそ選抜メンバーに選ばれましたが、その後アンダー暮らしが3年半も続くことになりました。結果論ですが大学に進学していれば良かったなというメンバーです。それでも最近は我慢と努力の甲斐あってか選抜メンバーに復帰していますから頑張って欲しい。長濱ねる(20)は元々大学進学の希望は無く、グランドスタッフの専門学校を目指していた変わり種です。両親や先生は地元の国立大学に入って欲しいと願っていて、余裕で入れる学力があったにも関わらず欅坂46に入った訳で、必要性を感じなければ高卒のままになりそうです。

 

それでも同じような境遇の秋元真夏や慶応大学をAO入試で合格した山崎怜奈に進学相談していたから、親に逆らった罪滅ぼしで大学進学も考えていたようですが、結果的に断念しました。橋本奈々未(25)も小学4年生の時に全国模試で1位になったほどの秀才でしたが、武蔵野美術大学に入学したものの経済的に苦しく、アイドルになれば楽になれるのではないかと思って入った。ところがそんなに甘い話ではなくて、結局大学は中退することになった。生田絵梨花(21)は今のところ両立しているメンバーで、東京音楽大学ピアノ科在学中のようですが、忙しくて大学どころではないのではという噂があります。早ければ来春卒業ですからその内判明するでしょう。

 

樋口日奈(20)は偏差値65の高校桜修館中等教育学校卒ですが、中田花奈同様アンダー暮らしが長いメンバーだ。結果的には大学に進学した方が良かったと思うが、他のメンバーを見ていてアイドルに専念することを決めたようです。中元日芽香(22)も偏差値68の明治学院高校卒ですが、元々はアナウンサーを目指していた才媛でした。樋口日奈同様両立は難しいと大学進学を断念し、アイドル1本に絞りました。ところがアンダー暮らしが長く、精神的な病気になり、3年以上通院していたようです。やっと連続選抜メンバーに選ばれるようになってから長期休養になり、焦りもあったのだろうが、遂に卒業しました。今は心理カウンセラーになる為の修行中のようです。

 

こうしてみると現役高校生の2人を除けば4人が大学進学、残りの4人が高卒という結果です。大学進学組も卒業できそうなのは生田絵梨花だけで、まだ卒業に辿り着いたメンバーは1人もいないという厳しさです。高卒メンバーが今から大学進学を目指すのも難しそうですから、今のところ大学卒業メンバーはいないし、今後の見込みも低いという残念な結果です。そんな中でただ一人希望の星がおり、誰も成し遂げたことのないことを私はやりますと宣言しています。それは影山優佳で、恐らく東大文Ⅰに現役合格して、アイドルも続けるという宣言だと思います。だからこそ、私のひらがなけやき1推しなのですが、過去に誰も成し遂げられなかった奇跡を期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】

 

 

 

1⃣ 日向坂&STU&欅坂&乃木坂&カラバト等(推しメン中心)スケジュール

 

 

09/04(水) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in福岡国際センター3days

09/04(水) 乃木坂46の24thシングル夜明けまで強がらなくてもいいが発売

09/08(日) カラオケバトル2019夏のグランプリに佐久間彩加・堀優衣出演(19時54分~)

09/13(金) NHK総合でかんざらしに恋してが長崎県内で地上波再放送(19時30分~)

09/15(日) KOYABUSONIC2019in大阪に日向坂46が出演

09/17(火) 元NGT48の山口真帆が1st写真集を発売

09/18(水) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in東京ドーム初日

09/19(木) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in東京ドーム最終日

09/21(土) イナズマロックフェス2019に日向坂46が出演

09/25(水) 小池美波が幻冬舎から1st写真集in上海発売

09/26(木) 日向坂46ワンマンライブinさいたまスーパーアリーナ

10/02(水) 日向坂46が3rdシングル発売

10/06(日) MBS音祭2019in大阪城ホールに日向坂46が出演(16時~)

10/12(土) 日向坂46が長岡米百俵フェスin東山ファミリーランドに出演(11時~19時30分)

10/22(火) 横浜市『横浜オーサイト』佐久間彩加15歳の誕生日記念ワンマンライブ

10/27(日) THEカラオケバトルコンサートinオリックス劇場に堀優衣と佐久間彩加が出演

 

 

 

 

※一か月以上お休みしていましたが、本日は過去記事の修正版でした。次の記事予定は3代目神推し長濱ねるが21才になった時点で神推しから外す為の記事を書きます。通常であれば神推しは十代までなので長濱ねるだけ1年間延長したことになります。かと言って4代目神推し予定影山優佳も復帰時期は来春ですのでそれまで記事を書くことは殆どないでしょうが、他に選択肢が無いので予定通りに移行します。

 

 

沢山いいね!を頂いたページをランキングしています。尚、()内は更新回数です。今年は今まで以上に沢山の方に見て頂き、有難く思っています。特に過去記事にいいね!を頂くと書いた時期が蘇り、懐かしく感じています。いい記事は過去記事として忘れ去るのではなくできるだけ長くお読み頂きたいので、メンテナンスしながら更新している記事もあります。そういう記事は記事を書かなかった直近の日に移動するようにしています。沢山いいね!を頂けるように自分の関心のある話題を今後も書き続ける予定ですのでよろしくお願いします。



❶ 人気ページランキングベスト50

① 箱押し楽曲ランキング568(24):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12185412324.html
② こちら有楽町星空放送局294(6):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12171822642.html

③ 欅坂46楽曲人気ランキング210(7):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12230791743.html

④ 欅坂46外仕事ランキング173(4):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12260176083.html

⑤ 菊地最愛解体新書165(3):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11975502709.html

 

⑥ さくら学院まとめ164(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12274365395.html

⑦ 影山優佳156(3):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12232798599.html

⑧ 長濱ねるの年表と軌跡155(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12367232458.html

⑨ 長濱ねるの去就148(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12499006694.html

⑨ 水野由結解体新書148(3):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11975205183.html

 

⑨ 日向坂46メンバー紹介(年齢順)148(3):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12232204249.html

⑫ 長濱ねる20才の足跡124(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12402425495.html

⑬ 長濱ねる解体新書Ⅰ116(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12151674073.html

⑬ AKB48の私たちの物語番外編116(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12243149454.html

⑮ 長濱ねる卒業の経緯と今後112(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12445677763.html

 

⑯ 芸能事務所考111(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12472996469.html

⑰ 長濱ねる卒業発表110(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12445214873.html

⑰ 坂道シリーズセクシー対決110(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12323216259.html

⑲ 長濱ねるソロ曲・センター曲集108(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12187573596.html

⑳ 坂道シリーズ学力ランキング105(3):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12331639861.html

 

⑳ 乃木坂46写真集105(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12243621995.html

㉒ 長濱ねる平手友梨奈102(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12155504769.html

㉓ さくら学院生楽曲人気ランキング101(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12040832207.html

㉔ babymetalと紅白歌合戦99(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12220312653.html

㉔ 欅坂46と秋元康99(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12195802893.html

 

㉖ 長濱ねると二人セゾン96(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12192116311.html

㉖ 推しメン見直し696(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12408240757.html

㉘ 欅坂/日向坂自力外仕事ランキング95(2):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12369024758.html

㉙ 中元すず香解体新書93(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11953117538.html

㉚ 欅坂46写真集第二弾予想Ⅱ92(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12359826810.html

 

㉛ 好きなポンコツアイドル90(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12211599747.html

㉜ 長濱ねる卒業イベント89(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12493489451.html

㉜ 長濱ねるの人気と後継者89(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12447085158.html

㉞ 長濱ねるの長崎物語88(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12395336353.html

㉞ 柿崎芽実卒業88(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12484316812.html

 

㉞ さくら学院歳時記88(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11958114738.html

㊲ 長濱ねる解体新書Ⅱ87(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12242147963.html

㊳ 欅坂46初秋浴衣祭り86(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12405318416.html

㊳ 女性アイドル年収ランキング86(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12255993217.html

㊵ 欅坂46とbabymetal85(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12223725694.html

 

㊶ 奇跡のアイドル長濱ねる84(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12390679511.html

㊶ 中元姉妹長濱ねると原爆と84(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12297734642.html

㊸ 欅坂46メンバーの辛口通信簿83(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12360969770.html

㊹ ブログを書く意味82(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12269057411.html

㊺ 小坂菜緒81(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12357740859.html

 

㊻ 乃木坂・欅坂まとめ80(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12150988573.html

㊻ 欅坂46vsさくら学院80(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12159971402.html

㊽ 長濱ねる外伝78(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12154084137.html

㊽ 文学少女アイドル78(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12197189412.html

㊿ babymetal東京ドームファイナル77(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12201845626.html

 

 


❷ 予備のページ

 

平手友梨奈留学説の真偽76(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12362421838.html

中元日芽香センターへの道76(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12169497374.html

中元日芽香解体新書76(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12110775154.html

紅白と不協和音75(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12340895461.html

欅坂46メンバー紹介(検索数順)75(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12236813006.html

堀優衣&佐久間彩加ツーマンライブ74(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12295963231.html

カラオケバトル研究74(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12204688426.html

中元日芽香73(3):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11939120817.html

欅坂/日向坂の夕方パラダイス71(2):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12277032671.html

神推しと推しメン71(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12501001353.html

人気ページランキング71(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12266576998.html

欅坂46の曲と長濱ねる70(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12181063553.html

STU48瀧野由美子70(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12283018971.html

秋元康ソング三昧と欅坂4670(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12271407840.html

欅坂4670(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12148235464.html

乃木坂46四期生69(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12423065329.html

欅共和国2018初日と欅好き有名人69(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12392169457.html

babymetalの軌跡69(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11961715783.html

長崎・五島の旅68(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12406939944.html

長濱ねる炎上騒動の真相68(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12319672072.html

長濱ねるMステ初登場!68(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12189126133.html

長濱ねる18才の誕生祝68(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12196110515.html

平手友梨奈の避雷針68(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12364088235.html

カラバト2016チャンピオン大会予想68(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12206502429.html

日向坂46シングルデビュー68(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12439373655.html

さくら学院の危機67(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12008655033.html

欅坂46ユニット格付ランキング67(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12321435657.html

欅坂46s評価メンバー考67(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12370175861.html

長濱ねる写真集販売予想66(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12338390138.html

中元すず香の軌跡66(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11942710471.html

欅坂46幕張公演201766(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12306001414.html

てちねるゆいちゃんず66(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12339068929.html

今泉佑唯騒動考66(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12454412805.html

長濱ねると上村ひなの66(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12457881283.html

今泉佑唯卒業考65(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12416399922.html

欅坂46とはてちねるのこと65(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12350548029.html

乃木坂46楽曲人気ランキング65(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12235824275.html

アンビバレントな欅坂4665(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12393855580.html

さくら学院人気ランキング64(1):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12026312849.html

アイドル雑誌64(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12197379625.html

今泉佑唯卒業64(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12396457770.html

坂道シリーズ写真集販売予測1064(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12341959475.html

コミュ女王長濱ねる64(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12202180762.html

坂道シリーズ合同オーディション開催64(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12359059978.html

アイドルの卒業64(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12409717093.html

長濱ねるの真実63(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12401349655.html

日向坂46外仕事ランキング63(1):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12418025425.html

中元日芽香覚醒63(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12272726973.html

長濱ねる1st写真集歴史的快挙!63(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12327145893.html

babymetalの危機62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12393408505.html

長濱ねるに関する誤解62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12363809320.html

欅坂46ファン考62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12377104942.html

今年大活躍の欅坂46メンバー62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12364383668.html

欅坂46衝撃の展開考62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12347889206.html

ひらがなおもてなし会62(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12214227598.html

欅坂46-6thシングル考62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12350277691.html

長濱ねるの行方62(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12459809190.html

推しメン見直し1062(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12451134257.html

坂道AKBの行方61(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12444567194.html

ブログの視点61(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12345960919.html

推しメン活躍ランキング61(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12220835644.html

欅物語の脚色61(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12402295037.html

アイドルの誕生と卒業60(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12348770136.html

長濱ねるの日60(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12355246239.html

長濱ねるの進路60(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12450606806.html

迷走国家韓国60(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12458394959.html

 

欅坂46二期生/けやき坂46三期生59(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12423338617.html

高須クリニック坂道診断59(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12194832255.html

長濱ねるの残した爪痕59(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12206783522.html

秋元G楽曲ショートバージョン考59(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12361715793.html

長濱ねるの去就考58(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12442123814.html

最強クイズアイドル長濱ねる58(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12381655698.html

推しメン近況58(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12270170954.html

長濱ねる写真集初版大規模スタート!58(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12329576593.html

NGT48事件続報57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12433772302.html

NGT48事件考57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12432093948.html

欅坂46卒業57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12420081064.html

欅坂46メンバー各種ランキング57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12354572590.html

ねるねちけいonline!57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12396196024.html

欅坂46アラカルト57(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12419371112.html

日向坂46ストーリーⅣ56(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12454715406.html

今泉佑唯写真集発売56(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12409083465.html

推しメン見直し556(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12399093471.html

松田好花56(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12429183947.html

推しメン近況56(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12443819786.html

日向坂ストーリー長濱ねると影山優佳56(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12449697758.html

坂道写真集販売予測1856(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12462817141.html

秋元G楽曲再生回数ランキング55(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12369286903.html

秋元康とねると世界情勢55(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12219428418.html

カラオケバトル★u18大会55(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12222379835.html

欅坂46のサイゾー記事55(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12348338282.html

欅共和国2017感想54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12410196943.html

今泉佑唯写真集初動レビュー54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12411206125.html

平手友梨奈「響 -hibiki- 」54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12381421187.html

秋元グループの新成人54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12342767699.html

欅坂46全国zeppツアーin札幌54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12314443781.html

欅坂46メンバー相関図54(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12268122787.html

堀優衣54(2):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-11963738884.html
欅坂46個人PV154(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12193191590.html

ねるとけやきと欅坂54(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12199257983.html
長濱ねる生誕祭54(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12198504001.html

秋元康とねるてち54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12338236641.html

坂道シリーズの行方254(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12421393431.html

NGT48事件の真相54(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12463979046.html

推しメン見直し1253(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12522690974.html

てちねる53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12438397836.html

長濱ねると渡邉理佐53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12453277842.html

タレントパワーランキング考253(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12465791199.html

平手友梨奈欠席53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12302211110.html

美少女ランキング53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12376125671.html

女性アイドルグループ楽曲考53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12310645977.html

さくら学院祭☆201653(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12218488249.html

世界には愛しかないリリース!53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12188782893.html

欅坂46生誕祭53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12238558397.html

推しメン見直し453(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12369514315.html

欅坂46メンバーのアンチ考53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12376367400.html

長濱ねると黒い羊53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12453641293.html

長濱ねるの移籍先考53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12465207138.html

堀優衣インタビュー53(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12461879540.html

グローバル少女長濱ねる52(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12197064064.html

ポスト欅坂4652(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12400214554.html

アイドルのブレイク52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12394345302.html

欅坂46物語考52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12317401272.html

長濱ねる!ミラクル9初登場!52(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12206418082.html

てちねる52(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12265773379.html

ねる出陣!52(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12199907930.html

欅坂46武道館公演中止の怪52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12344638463.html

私が愛したアイドルたち52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12337769530.html

babymetalアニメ化決定!52(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12204476829.html

ビルボードジャパン年間ランキング52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12334689555.html

長濱ねる写真集初動前夜52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12339576680.html

欅坂&坂道AKB新曲反応52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12357449987.html

長濱ねる写真集初動レビュー52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12339780039.html

アイドルを越える存在長濱ねる52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12410925562.html

欅坂46選抜考52(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12525921959.html

第69回NHK紅白歌合戦51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12428493343.html

欅坂46-7thシングル感想51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12392917183.html

長濱ねるモデル誌初表紙51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12394564152.html

アイドルアラカルト251(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12383134147.html

長濱ねる自分ヒストリー51(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12202915966.html

欅坂46-6thシングル予想51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12318208185.html

乃木坂46-18thシングル選抜予想51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12290549078.html

押しメン楽曲ランキング①51(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12174059863.html
欅坂46セカンドシングル初披露51(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12175601501.html

世界には愛しかない考51(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12189997483.html

長濱ねるインタビュー51(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12215936090.html

ひらがなけやき台頭!51(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12361446716.html

長濱ねると伊藤万理華50(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12325450977.html

中元日芽香休養考50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12246630935.html
女性アイドルグループの行方50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12194540431.html
babymetal人気の曲50(9):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12167327405.html
ねるてちグラビア初登場!50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12185307952.html
秋桜学園合唱部開演!50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12193391448.html
長濱ねる本登場!50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12224681481.html
年間アーティストパワーランキング50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12235435920.html

長濱ねる台頭50(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12322658342.html

これからの欅坂4650(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12373152154.html

元アイドルの行方50(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12380966395.html

ねるてち愛の物語50(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12275713802.html

欅坂46アラカルト350(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12442893342.html

日向坂46デビューシングル/キュン50(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12444267351.html

3月優待銘柄とNISA50(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12448704660.html

秋元グループアラカルト350(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12462344226.html

 

上村ひなのなの49(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12434499968.html

推しメンとタイトル記事49(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12426914719.html

長濱ねるMV考49(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12222058841.html

長濱ねるの涙49(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12224994737.html

ねるちゃんマップ第二弾配布開始49(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12428937562.html

推しメンの共通点49(0):http://ameblo.jp/kablogkun/entry-12207101035.html

アイドル後49(0):https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12492358742.html


※ いいね!77回以上の音楽関連ページをランキング、いいね!の数と、( )内は再アップ回数です。再アップは過去記事として葬り去るには惜しいと思う記事を、随時、更新中です。



 

 

長濱ねるは明日幕張メッセで行われる卒業イベントありがとうをめいっぱい伝える日をもってアイドルグループ欅坂46を卒業します。このブログにコメントをくれる多くの読者は長濱ねるが芸能界に残るのは決定的であり、後はどこの事務所にいつ移籍し、それがいつ発表になるのかというだけの話になっています。私も基本的にそういう認識なのですが、1つだけ違うのは願望も含めて7月にAO入試を受けていて、9月に国際という名の付く学部の大学に進学もするというものです。上五島町奈良尾に旅した読者もねるの故郷の人に聞いたら多くが大学に行くのではないか?と言っていたそうです。他にも私が注目している熱烈なねるファンの一人が長濱ねるの芸能界引退を確信している記事を書いています。私は欲張りだから大学進学も芸能活動も両方やって欲しいと願っているからもしかしたらそのどちらかという可能性もあるのかなと急に思い始めました。そこで今日は最終盤ではありますが、今一度現実を洗い直して長濱ねるの去就を探ってみたいと思います。

 

 

ありがとうをめいっぱい伝える日:http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/page/thankyou?ima=0000#

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 私の希望

 

 

① AO入試で合格した国際学部系の大学に今秋入学する

 

② 長崎市観光大使に加えて新上五島町の観光大使に就任する

 

③ ねるねちけいONLINE!の第二弾がNHK総合で放送される

   ねるねちけいONLINE!:https://twitter.com/nhk_neruhk

 
④ AGAヘアクリニックのCM第二弾が放映される

   AGAヘアクリニック:https://twitter.com/agaru_neru46

 

⑤ 長濱ねる1stフォトブックの発売

   長濱ねる1st写真集ここから:https://twitter.com/neru_nagasaki

 

⑥ 日本テレビTANABATAプロジェクトの第二弾放送

   TANABATAプロジェクト:https://twitter.com/tanabata_ntv

 

⑦ NHK長崎放送局のかんざらしに恋してに次ぐドラマ第二弾放送

  かんざらしに恋して:https://twitter.com/nhk_nagasaki

 

⑧ ニッポン放送で長濱ねるのオールナイトニッポンが開始される

  長濱ねるのオールナイトニッポン:7月31日1時~3時放送予定

 

⑨ earth music&ecologyのCMに起用される

  石川社長がねるにエールを送っており、宮崎あおい・鈴木京香・広瀬すず・土屋太鳳に続くか?

 

⑩ 11月末にローマ法王が長崎を訪問し、原爆被爆者3世代表として長濱ねるが謁見する

  勿論、原爆被爆者1世や被爆者2世福山雅治も同席する

 

⑪ 東京オリンピックのスペシャルアンバサダーに選ばれる

 

⑫ V・ファーレン長崎の応援サポーター就任とジャパネットたかたのCM出演

 

⑬ その他、小説家・エッセイスト・クイズ番組・国際貢献・平和運動等の多様なタレント活動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ 大学進学

 

 

これが一番重要なキーワードですが、普通の大学進学は有り得ないと思っています。英語の試験と面接だけで合格できるAO入試でないとソロタレントとの両立は不可能だと思います。特に長濱ねるは上の予想でも書いていますが、関わった仕事の多くが途切れることなく残っています。従って芸能界引退は絶対に無く、また普通の大学入学も有り得ないと思います。本人も芸能活動をやる気満々で、メディアやスポンサーとは相思相愛だと思われます。かと言って大学入学の為の受験勉強をしている風でもなく、私が感じるのは英語の勉強だけはヒアリングを中心に一生懸命やっているなというだけです。AO入試であれば面接でも芸能活動で顕著な才能を発揮している長濱ねるは申し分ないと思います。女優やラジオのレギュラー番組は時間拘束がありますから極力避けた方がいいと思います。

 

長濱ねるは欲深ですから色々やりたいことをやって、そこから絞ればいいと思います。20代前半は大学と広く浅く芸能活動をやればいいと思いますし、24歳くらいまではアイドルでも十分通用すると思います。そして20代後半には本当にやりたいことに絞って20代の内に伝説に残るような大活躍をして欲しいと思います。勿論結婚もして30才では子供と一緒に海外に住んで国際貢献や平和活動をしているものいいですね。政治家は向いていないようだから官公庁やNHK等の仕事をソロタレントとして色々やって欲しいと思います。私の希望は永遠のアイドル・文化人・平和活動家という風なもので、例えば黒柳徹子・宮崎美子・薬師丸ひろ子・原田知世のいいとこどりのようなソロタレントです。大学は今すぐでなくてもいいから出た方が絶対いいし、国際と名の付く学部に行くべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ Real Sound

 

 

8枚目シングル黒い羊の活動をもって卒業を表明している欅坂46の長濱ねるが本日7月30日、卒業イベントありがとうをめいっぱい伝える日を開催する。会場の幕張メッセには誰でも入場できるスペースが設置されたり、野外展示場にてオフィシャルグッズ・オフィシャルフードの販売もされるなど、ある種のイベント感覚で彼女の門出を祝うようだ。現地には彼女の最後の舞台をひと目見ようと多くの人々が駆けつけるだろう。ただ、正直なところ、彼女がステージに立つ姿をもっと見続けていたかったし、これからもグループの一員として活動していくものだといまだに思っている。本日はいささかアンビバレントな心持ちだ。長濱ねるは、欅坂46にとって特別な存在である。

 

長濱ねるという人を考えるとき、彼女がどんなアイドルであったか考えるよりも、彼女がグループにとってどんな存在だったかを考える方とわかりやすい。ひと言で表すなら、欅坂46に知性と安定感をもたらした存在であった。高校生クイズで長崎県大会の決勝に進出した経験を持ち、テレビ番組くりぃむクイズ ミラクル9へ何度も出演。自身のブログでも語彙力の豊富さや文章のセンスがよくファンの目に留まっていた。インタビューの受け答えもひとつひとつが丁寧で、言葉選びからも頭脳明晰さが伝わる。しかも、鼻につくような頭のよさではなく、人に対する労わりや謙遜がベースにあるタイプの知性で、集団の中で決してみずから目立とうとしない、穏やかな姿勢があった。

 

だからといって消極的なわけではなく、活動には常に全力で取り組んでいた。当初、欅坂46とけやき坂46との両グループを兼任していた彼女。二つのグループの活動を行き来しながら専任メンバーと遜色ない安定したパフォーマンスを維持し、メンバーやスタッフからの信頼も厚かった。2017年の9月には欅坂46専任となったが、その際公表された理由に「欅坂46の躍進、そして、ひらがなけやきの急成長により、兼任メンバーである長濱ねるの稼働が大幅に上がりました。夏の全国アリーナツアー後、漢字欅の稼働もさらに多忙を極め、これ以上長濱が漢字欅とひらがなけやきを兼任しての活動は本人の体調を考えた結果、困難と判断しました」とあるのが非常に象徴的。

 

彼女自身がそもそも与えられた課題をしっかりとこなせるからこそ、多くの役割を任されていたと考えられる。彼女のようなタイプはなかなか他に見当たらない。似たような存在として菅井友香というメンバーがいる。彼女も高い稼働率のなかで体調を崩さず、常に一定のクオリティを保ったパフォーマンスを見せる安定感がある。が、長濱ねるという人は知性や安定感に加えて、地元愛だったり文化愛といった要素も持ち合わせている。2017年の12月には個人写真集ここからを発売し、自身の故郷である長崎の五島列島を中心にロケを敢行。冠番組欅って、書けない?でも同地を訪れ、故郷の魅力を存分にアピールしていた。

 

また、ライブ中のMCなどでも標準語に混じって方言が飛び出すこともしばしば。デビュー時から何かと渋谷がキーワードとなり都会的なイメージが持たれる欅坂46で、対照的な地方の要素を変わらず持ち続けた人でもあったのだ。また、ブログにはよくオススメの音楽を公開していた。J-POPに限らず邦ロックや洋楽まで幅広いアンテナを持ち、バンドTシャツを着ている姿も散見された。さらに、読書も趣味であった。同じく読書好きとして知られるメンバーの織田奈那をして「ねるの方がすごい」と言わしめるほど。愛読書に西加奈子のおまじないや重松清のエイジを挙げている。メンバーに先んじて積極的に音楽や読書といったカルチャーへの関心を示していたのだ。

 

このように多くの要素を持っていた長濱ねる。よく彼女を(容姿やソロ曲のイメージなどから)80年代の昔ながらのアイドル像に重ね合わせる声を聞くが、むしろ彼女は可愛いことが取り柄だったアイドルのイメージを幾重にも更新させるような、現代的でハイスペックなアイドルであった。彼女がいることで欅坂46は、単にクールなだけではない、都会的なだけではない、多くの側面を持ったグループに成り得たのである。欅坂46を何倍も面白くさせる存在として、彼女は重要な役割を担っていた。グループに所属しながら、ファンの前で笑顔を振り撒く姿をまだまだ見続けたかったと思っているファンは少なくないだろう。筆者もその一人である。                                         (荻原 梓)

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ 感想

 

 

当初は長濱ねる卒業イベントに多くのゲストが来ると予想していましたが、8月4日放送の欅って書けない?で長濱ねるが全メンバーにコメントすると聞いてメンバーのゲスト出演の可能性は低くなりました。来るとしてもほとけーずとバスルームユニットくらいかなと思います。代わりに芸能界に復帰した志田愛佳や長濱ねるの曲を自身のイベントでBGMに使った今泉佑唯は来てもおかしくなさそうです。平手友梨奈は全く読めないが、冠番組に出演していることを祈るばかりです。明日はLVに行く予定ですが売り切れていたと思っていた席が全館購入可能になっていたので驚きました。長崎でも空いていますから座席数の多いスクリーンに変わったのだと思いますが、一杯になっていることを祈っています。そもそも20才のアイドルの卒業イベントを幕張メッセでやること自体が異例だと思います。

 

それを全国の映画館でライブビューイングすること自体信じられなかったし、正直ファンが来るのかどうかも不安でした。私は写真集も1冊しか買っていないし、他の坂道メンバーの写真集も買ったことがありません。ファンクラブも入っていないし、メッセージも長濱ねる以外は取っていません。だからこそLVを見に行くのですが、そんなディープなファンがどの程度いるのかなという不安はあります。写真集が20万冊売れたとはいえ、複数買う人もいるだろうから精々10万人かなと思います。乃木坂46でも3人LVをやっていますが、乃木坂46のステージ込みですから全然比較になりません。ましてやメンバーが来るのか来ないのか分からないのに長濱ねるのトークだけで持つのかという不安もあります。グッズは相当売れていると思いますからセールス的には成功でしょうが、明日の入りが心配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】

 

 

1⃣ 日向坂&STU&欅坂&乃木坂&カラバト等(推しメン中心)スケジュール

 

 

08/31(土) 正午に長濱ねると柿崎芽実のブログが閉鎖予定

09/01(日) 乃木坂46キャプテンの桜井玲香が乃木坂46を卒業

09/01(日) カラオケバトル2019夏のグランプリに堀優衣と佐久間彩加が出演(19時54分~)

09/04(水) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in福岡国際センター3days

09/04(水) 乃木坂46の24thシングル発売タイトル未定

09/13(金) NHK総合でかんざらしに恋してが長崎県内で地上波再放送(19時30分)

09/15(日) KOYABUSONIC2019in大阪に日向坂46が出演

09/17(火) 元NGT48の山口真帆が1st写真集を発売

09/18(水) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in東京ドーム初日

09/19(木) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in東京ドーム最終日

09/21(土) イナズマロックフェス2019に日向坂46が出演

09/25(水) 小池美波が幻冬舎から1st写真集in上海発売

09/26(木) 日向坂46ワンマンライブinさいたまスーパーアリーナ

10/02(水) 日向坂46が3rdシングル発売

10/06(日) MBS音祭2019in大阪城ホールに日向坂46が出演(16時~)

10/12(土) 日向坂46が長岡米百俵フェスin東山ファミリーランドに出演(11時~19時30分)

10/22(火) 横浜市『横浜オーサイト』佐久間彩加15歳の誕生日記念ワンマンライブ

10/27(日) THEカラオケバトルコンサートinオリックス劇場に堀優衣と佐久間彩加が出演

 

 

 

 

 

※明日は前代未聞のアイドルのトークを聞く為に他県の映画館まで行ってきます。スタッフの応援があるとはいえ、ねる本人が手作りで考えて作ったイベントですから不安です。こちら有楽町星空放送局も応援してくれていて特別番組をやるようですが、普通なら時間が持たないがもし成立出来たら長濱ねるのセンスと人望は相当凄いと言えます。だからこそ怖い感じもしますが、内容が良ければこれからのソロタレント活動にもプラスでしょうし、新事務所の評価やこれからの仕事にも繋がるでしょう。遠い親戚のおっちゃん気分で見てきますが、直後の長濱ねるのオールナイトニッポンも楽しみです。

 

 

長濱ねるの卒業に伴い、こちら有楽町星空放送局に関する記事は本日が最後になります。

 

この番組は長濱ねるがメインパーソナリティーを務めるニッポン放送金曜日深夜のラジオ番組です。初代メインパーソナリティーは平手友梨奈だったが、2017年12月1日の放送を最後に長濱ねるにバトンタッチした。毎週、欅坂46のメンバーをゲストに迎えており、欅坂46メンバーだけで送る唯一のラジオ番組としてメンバー全員のトーク力向上の場となっている。欅坂46がデビューする直前の2016年4月1日に開始した欅坂46最古の番組であり、初回のゲストは長濱ねるだった。この番組は欅坂46と欅坂46メンバーのPRをしているだけでなく、メンバー間の人間関係も知れる大変貴重な番組となっている。尚、2019年4月7日以降は尾関梨香が3代目メインパーソナリティーに就任した。

 

 

 

 

 

 

こちら有楽町星空放送局:http://www.allnightnippon.com/keyaki/

 

こちら有楽町星空放送局Twitter:https://twitter.com/kochihoshi

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事は過去に5回更新していて、過去の記事は下に大部分を残しています。2回ずつ順番にゲスト出演していた欅坂46メンバーが2017年2月3日の長沢菜々香を最後に全員が登場しました。2巡目以降は2017年5月5日の長濱ねるによると立候補制だが平手友梨奈は知らなかったようで、驚いています。そのことを知って、「あまり来ないメンバーが出るね」と言っていますが、この番組の面白さは素の元気一杯の平手友梨奈が分かると同時に、平手友梨奈とメンバーの人間関係が分かることです。

 

平手友梨奈は冠番組けやかけやTV出演時に時折、元気の無い表情や暗い表情をするが、それは自分が目立たないようにしているのだということがこの番組を聴いていたら分かります。平手友梨奈は「他のメンバーにも注目して欲しい」と、何度も言っていますからまず間違いない。次にメンバーとの人間関係の見分け方の一つの方法ですが、平手友梨奈が「あっという間に終わちゃったね」と言っていたらまず間違いなく仲が良い。逆に長く感じていたり、口数が少なくなるとあまり仲が良いとは言えない。

 

一番仲が良いのは間違いなく長濱ねるですが、ダントツ首位の7回出演しています。欅坂46の新曲は常にこの番組で最初に紹介されています。1stシングル・サイレントマジョリティーは4月1日で長濱ねるがゲスト、2ndシングル世界には愛しかないも6月17日で長濱ねるがゲスト、3rdシングル二人セゾンだけは11月11日で米谷奈々未がゲストでしたが、ねるが大学受験の真っ最中で、怒涛の日々だったようです。4thシングル不協和音も長濱ねる登場の3月17日に銀河系初披露されました。

 

運営はこの番組を大変重要視しており、長濱ねるも重要な局面で多く出演しています。てちにとってねるは憧れであり、大好きなメンバーなのです。以前、長濱ねるの顔が羨ましいと言っており、好きな動物について菅井友香に聞かれた時は即座にレッサーパンダと答えていました。実はタヌキ顔のねるですが、本人は不満らしく、自分ではレッサーパンダ似だと言っています。どちらもたれ目ですからどちらでも良さそうですが、本人は強い拘りがあるようです。5月5日も2人でツンデレごっこをしています。

 

 

 

 

 

 

1⃣ 欅坂46人気の秘密

 

 

欅坂46が一躍大人気グループになった秘密について書いてみました。欅坂46は2015年8月21日に誕生しましたが、そこから2月末頃までの半年間はボイストレーニングやダンスレッスンの日々だったようです。バレエ経験者は数名いるものの、ダンスとは全く違う動きで多くのメンバーが苦戦したようです。そんな誕生間もない10月5日には冠番組けやかけが早くもスタートしました。欅坂46成功の最初の仕掛けがこの番組で、結成したての新人グループにはあり得ない恵まれたものでした。

 

これは乃木坂46も同様で、大手事務所ソニーミュージックならではの恵まれた点でしょう。そんな11月30日の冠番組に突然、特例で長濱ねるが追加加入してきて、アンダーグループが作られるようになった訳です。まだまだデビューがずっと先なのにアンダーグループができるという事はデビュー時に選抜を外される可能性もある訳です。一時期、波風は立ちましたが、結果的にはこの事が功を奏し、浮かれている他のメンバーにうんざり気味で、孤立気味だった平手友梨奈をねるが救うことになった。

 

2番目の仕掛けが12月16日の2015FNS歌謡祭で、AKB48・乃木坂46と共に制服のマネキンを披露した事です。これもデビュー前の新人が出演する事は普通では考えられません。3番目の仕掛けがデビュー前にも関わらず、3月17日に初単独ライブ欅坂46生中継!デビューカウントダウンライブ!!を東京国際フォーラムで開催した事です。5,000人キャパの会場を満員にしてTV中継も入り、準備は完全に整ったことを示しました。この時のてちにとってねるは最も勇気をくれる存在だった。

 

4番目の仕掛けが4月2日に始まった初冠ラジオ番組欅坂46こちら有楽町星空放送局です。デビュー直前にセンター平手友梨奈をメインキャスターに据え、毎週欅坂46メンバーをゲストに呼ぶというスタイルでした。これは欅坂46を知って貰ったり、新曲の紹介をするという目的は勿論だが、一番の目的は平手友梨奈のトーク力向上だったと思います。実際、随分成長しましたし、何より平手友梨奈の滑舌が良くて聴き取り易い声質でした。中学時代に暗かったという話がウソのように常にてちが明るい。

 

最初のゲストは平手友梨奈の指名があったのだろうが、同志のような関係のねるでした。この番組のお陰で、人と交わるのがあまり得意でなかった平手友梨奈が徐々に変わっていったと思います。そういう意味ではセンターを任された平手友梨奈修行の場として大きな意味のある番組だと思います。そして4月6日にサイレントマジョリティーで華々しくデビューし、5月8日にはねる待望のひらがなけやきの11人が決定しました。このころからねるは全員と等距離の関係を築こうとてちから少し距離を置きます。

 

そして遂に5番目にして最大の仕掛けだと言えるのが、7月17日にスタートした欅坂46初主演TVドラマ徳山大五郎を誰が殺したか?です。ここまでもある程度纏まりはあったが、元々消極的なメンバーが多く、殻を破れていなかったメンバーが殆どでした。クランクインはデビュー間もない6月に始まり、8月3日にクランプアップする約2か月間、殆どの撮影が教室の中で行われ、夏合宿のような状態で行われたことに大きな意味があった。乃木坂46で運営が実施したことがベースに合ったから実にそつがない。

 

この番組も2ndシングルを主題歌にしているから、新曲のPRを兼ねていたのだが、一番の目的はメンバー21人の結束を強めるものであり、演技力を高める為のものだった。表面上の付き合いをしている者もいたようだが、演技指導で厳しい指摘をされて泣き出す者が続出したようだ。しかも閉鎖空間で、延々と続く演技指導で疲れ果て、そこらじゅうの床で眠りこける者だらけだったようだ。やがて皆が本音を曝け出すようになり、お陰でお互いの絆が深まっていき、演技力も格段に高まっていったようだ。

 

更に配役にも工夫していて、それぞれのメンバーの適性を見極める演技を入れたりしている。またグループを作り、近づけたいメンバーを強制的に近づける工夫もしている。実際、渡邉理佐はねるに対していい感情を持っていなかったが、恋人のような関係の役柄のお陰で、結果的にそれ以降は親しくなったようだ。そして6番目で最後の仕掛けだと言えるのが3rdシングル二人セゾンでの3列目メンバーのフロント大抜擢だ。バレエ経験者の多い欅坂46ならではの強みを活かした美しい楽曲になった。

 

まだフロントを経験していないメンバーも若干いるが、全てのメンバーにフロントメンバー入りの可能性があることを示した。同時に欅坂46は全員選抜であり、MVでもちゃんと全員が大きくクローズアップされるということを示した。つまり、メンバーは選抜落ちの心配が少なくなり、しかもどの位置にいても輝けるんだという事を実感したのだ。この6つの仕掛けで一段と強くなった欅坂46は二人セゾンでは更に大きな階段を駆け登ることができた。紅白出場を決め、11月30日に3rdシングル二人セゾンを発売した。

 

長濱ねるが加入し、スタジオ中に悲鳴が上がったのが、1年前の同じ日だった。雨降って地固まるではないが、ねるが加入して一度緩んだ地盤を、ねるてちが固め、メンバーが固めた結果だった。そして12月24日に有明コロシアムで初のワンマンライブを行った。そこでは欅坂46全員32人によるKEYAKIZAKAの詩が流れた。12月28日にはロックフェス・カウントダウンジャパンにも呼ばれた。最後の締めが紅白歌合戦出場で、披露されたデビュー曲サイレントマジョリティーには長濱ねるも立っていた。

 

平手友梨奈が有明コロシアムでのワンマンライブで、渋谷からPARCOが消えた日を歌った感想を言っています。「赤いペンライトがめっちゃ気持ち良くて~、すごい楽しかったのでまた色んな登場の仕方をしたい」と、意欲満々でした。振り返れば新曲の発表とかメンバーの隠れた一面が分かるこの番組は貴重だと思います。時間が15分と少し短い気もするが、だからこそテンポが速い等の利点もある。平手友梨奈は低音から高音までしっかり出るし、会話もかなり高いレベルでできていて、重要な番組です。

 

 

 

 

 

☆2016年8月20日の記事

 

 

ラジオ番組で欠かさず聴いているのは奇数週の日曜日に放送されるひめたん登場回のNHKらじらー!サンデーだけだったが、今ではこの番組も録音ではあるが、欠かさず聴いています。7月15日は引き続き長濱ねるがMCを任されました。今回と前回の収録はTVドラマ徳山大五郎を誰が殺したか?の撮影現場からなので、平手友梨奈の出番が来たから急遽長濱ねるがピンチヒッターとしてMCをするという体でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ こちら有楽町星空放送局(メインキャスター平手友梨奈→長濱ねる→尾関梨香)

 

 

2016年4月開始(ゲスト)  再生回数

 

①  4月01日(長濱ねる)  27,786回:

②  4月08日(長濱ねる)  19,165回:

③  4月15日(石森虹花)  14,540回:

④  4月22日(石森虹花)  12,499回:

⑤  4月29日(志田愛佳)  22,974回:

⑥  5月06日(志田愛佳)  22,274回:

⑦  5月13日(菅井友香)  27,108回:

⑧  5月20日(菅井友香)  21,524回:

⑨  5月27日(織田奈那)  19,075回:

⑩  6月03日(織田奈那)  22,180回:

⑪  6月10日(長濱ねる)  36,990回:

⑫  6月17日(長濱ねる)  33,170回:

⑬  6月24日(齋藤冬優花) 17,166回:

⑭  7月01日(齋藤冬優花) 14,795回:

⑮  7月08日(菅井友香)   22,791回:

⑯  7月15日(長濱ねる)  18,307回:守屋茜・小林由依が出演、菅井友香と平手友も最後に登場!

⑰  7月22日(守屋茜)     14,045回:

⑱  7月29日(守屋茜)    11,950回:

⑲  8月05日(鈴本美愉)  17,727回:

⑳  8月12日(鈴本美愉)  14,586回:

㉑  8月19日(土生瑞穂)  13,943回:

㉒  8月26日(土生瑞穂)  17,343回:

㉓  9月02日(尾関梨香)  19,029回:

㉔  9月09日(尾関梨香)  19,767回:

㉕  9月16日(上村莉菜)  17,003回:

㉖  9月23日(上村莉菜)  15,646回:

㉗  9月30日(渡邉理佐)  49,837回:

㉘ 10月07日(渡邉理佐)  15,060回:

㉙ 10月14日(今泉佑唯)  49,544回:

㉚ 10月21日(今泉佑唯)  10,078回:

㉛ 10月28日(佐藤詩織)  15,353回:

㉜ 11月05日(佐藤詩織)  16,088回:

㉝ 11月11日(米谷奈々美) 10,994回:

㉞ 11月18日(米谷奈々美) 16,529回:

㉟ 11月25日(原田葵)     49,544回:

㊱ 12月02日(原田葵)     25,552回:

㊲ 12月09日(渡辺梨加)  24,313回:

㊳ 12月16日(渡辺梨加)  14,329回:

㊴ 12月23日(織田奈那)  17,372回:

㊵ 12月30日(小林由依)  27,427回:織田奈那も出演

㊶ 01月06日(小林由依)  26,804回:

㊷ 01月13日(小池美波)   36,479回:

㊸ 01月20日(小池美波)   39,648回:

㊹ 01月27日(長沢菜々香) 52,924回:

㊺ 02月03日(長沢菜々香) 46,507回:

㊻ 02月10日(織田奈那)  49,162回:

㊼ 02月17日(織田奈那)    39,358回:

㊽ 02月24日(志田愛佳)    97,866回:

㊾ 03月03日(石森虹花)   48,525回:

㊿ 03月10日(菅井友香)   75,999回:

51 03月17日(長濱ねる)  61,873回:

52 03月24日(米谷奈々未) 61,427回:

53 03月31日(尾関梨香)   23,614回:

54 04月07日(鈴本美愉)  58,570回:

55 04月14日(小池美波)  52,406回:

56 04月21日(齋藤冬優花)  43,984回:

57 04月28日(原田葵)    29,524回:

58 05月05日(長濱ねる)   69,063回:

59 05月12日(佐藤詩織)   54,137回:

60 05月19日(守屋茜)     50,523回:

61 05月26日(尾関/尾関)  35,977回:尾関梨香・織田奈那で尾関メインカウント

62 06月02日(尾関/織/小)  34,675回:      〃

63 06月09日(織田/尾/上)  40,245回:尾関梨香・織田奈那で織田奈那メインカウント

64 06月16日(守屋/渡辺梨)30,081回:

65 06月23日(守屋/長沢)  37,712回:

66 06月30日(渡辺梨/長沢)45,037回:

67 07月07日(志田愛佳)  100,359回:

68 07月14日(小林由依)   81,124回:

69 07月21日(渡辺梨加)   40,185回:

70 07月28日(土生瑞穂)   39,861回:

71 08月04日(柿崎芽実)  100,724回:

72 08月11日(潮紗理奈)   36,364回:

73 08月18日(渡邉理佐)   86,350回:

74 08月25日(井口眞緒)   32,344回:

75 09月01日(佐々木/影山) 9,628回:

76 09月08日(影山/佐々木)12,407回:

77 09月15日(齋藤冬優花)  64,203回:

78 09月22日(尾関梨香)    39,433回:

79 09月29日(石森虹花)    36,277回:

80 10月06日(織田奈那)    34,877回:

81 10月13日(米谷奈々未)  33,846回:

82 10月20日(鈴本美愉)    62,747回:

83 10月27日(齋藤冬優花)  53,937回:

84 11月03日(織田奈那)   66,386回:

85 11月10日(長沢菜々香) 56,993回:

86 11月17日(尾関梨香)   36,383回:原田葵・齋藤冬優花・石森虹花も出演

87 11月24日(尾関梨香)   22,555回:       〃

88 12月01日(尾関梨香)   17,457回:平手友梨奈のメインパーソナリティー最後の放送

89 12月08日(守屋茜)     27,922回:この日以降は長濱ねるがメインパーソナリティー担当

90 12月15日(渡邉理佐)   82,995回:

91 12月22日(上村莉菜)   63,219回:

92 12月29日(佐藤詩織)   42,660回:

93 01月05日(小林由依)   76,702回:

94 01月12日(渡辺梨加)   30,000回:

95 01月19日(織田奈那)   41,727回:

96 01月26日(米谷奈々未) 43,397回:

97 02月02日(志田愛佳)   75,478回:

98 02月09日(石森虹花)   34,004回:

99 02月16日(尾関梨香)   43,805回:

00 02月23日(鈴本美愉)   62,026回:

01 03月02日(上村莉菜)   50,997回:

02 03月09日(平手友梨奈)142,745回:

03 03月16日(佐々木美玲) 33,176回:

04 03月23日(織田奈那)   27,257回:公開収録で尾関梨香・織田奈那、織田奈那代表

05 03月30日(渡辺梨加)   38,933回:

06 04月06日(長沢菜々香) 24,404回:

07 04月13日(守屋茜)    29,201回:

08 04月20日(守屋茜)    15,282回:

09 04月27日(齋藤冬優花) 23,012回:

10 05月04日(今泉佑唯)    39,688回:

11 05月11日(石森虹花)     6,156回:

12 05月18日(渡邉理佐)     333回:

13 05月25日(小林由依)     281回:

14 06月01日(佐藤詩織)     523回:

15 06月08日(佐々木美玲)  5,460回:

16 06月15日(斎藤京子)   5,000回:

17 06月22日(佐々木久美)  5,000回:

18 06月29日(井口眞緒)   5,000回:

19 07月06日(柿崎芽実)   5,000回:

20 07月13日(高瀬愛奈)    7,366回:

21 07月20日(菅井友香)   14,324回:

22 07月27日(加藤史帆)   10,743回:

23 08月03日(小林由依)    2,446回:

24 08月10日(尾関梨香)    3,574回:

25 08月17日(織田奈那)    837回:

26 08月24日(石森虹花)   1,295回:

27 08月31日(守屋茜)    21,832回:

28 09月07日(高本彩花)  10,941回:

29 09月14日(高瀬愛奈)   3,553回:

30 09月21日(ねるぼっち)

31 09月28日(ねるぼっち)  5,640回:

32 10月05日(ねるぼっち)    628回:

33 10月12日(米谷奈々未)  8,215回:

34 10月19日(尾関梨香)  21,115回:

35 10月26日(小池美波)  19,504回:

36 11月02日(渡邉理佐)  18,282回:

37 11月09日(上村莉菜)

38 11月16日(尾関梨香)

39 11月23日(織田奈那)

40 11月30日(佐藤詩織)

41 12月07日(斎藤冬優花)

42 12月14日(渡辺梨加・長沢菜々香)公開収録で、渡辺梨加を代表ゲスト

43 12月21日(斎藤冬優花)

44 12月28日(織田奈那)

45 01月04日(佐藤詩織) 

46 01月11日(小池美波)

47 01月18日(織田奈那)

48 01月25日(上村莉菜)長濱ねるが体調不良で尾関梨香が代理

49 02月01日(菅井友香)         〃

50 02月08日(上村莉菜)

51 02月15日(織田奈那)

52 02月22日(尾関梨香)

53 03月01日(小林由依)尾関梨香が代理メインパーソナリティー

54 03月08日(小林由依)尾関梨香が代理メインパーソナリティー

55 03月15日(渡邉理佐)尾関梨香が代理メインパーソナリティー

56 03月22日(斎藤冬優花)尾関梨香が代理メインパーソナリティー

57 03月29日(ねるぼっち)長濱ねる最後のメインパーソナリティ

58 04月07日(菅井友香)

59 04月14日(織田奈那)

60 04月21日(渡邉理佐)

61 04月28日(石森虹花)

62 05月05日(小池美波)

63 05月12日(守屋茜)

64 05月19日(山﨑天

65 05月26日(森田ひかる・関有美子

66 06月02日(小林由依)

67 06月09日(佐藤詩織)

68 06月16日(山﨑天

69 06月23日(守屋茜)

70 06月30日(丹生明里

71 07月07日(土生瑞穂)

72 07月14日(佐々木久美

73 07月21日(松田好花

74 07月28日(松田里奈

75 07月30日(長濱ねる)卒業の日のイベントの一つとして特別番組を放送

 

※61~66は平手友梨奈の声が出ない為、代わりに他のメンバーがメインで出演しています。

※88は尾関梨香・原田葵・齋藤冬優花・石森虹花ですが、尾関梨香代表にしています。

※89以降は長濱ねるが2代目メインパーソナリティーで、102以降は正式に任命されました。

※58(2019年4月7日)以降は尾関梨香が3代目メインパーソナリティーです。

 

 

 

3⃣ こちら有楽町星空放送局特別篇2016年4月10日

 

 

① 特別篇1   63,871回:

② 特別篇2   35,768回:

③ 特別篇3   18,825回:

④ 渡辺梨加 133,109回:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ メインゲスト出演回数順&平均再生回数順(2019年7月30日現在)

 

 

① 織田奈那   16回    32,600回

② 尾関梨香   14回    26,700回

③ 守屋茜     11回    26,600回

④ 小林由依   10回    42,900回

⑤ 齋藤冬優花   9回    36,200回

⑥ 石森虹花    8回    21,900回

⑦ 渡邉理佐    7回    58,600回

⑧ 上村莉菜    7回    36,800回

⑨ 菅井友香     7回    32,400回

⑩ 渡辺梨加    7回    32,200回

⑪ 佐藤詩織    7回    32,100回

⑫ 小池美波     6回    42,900回

⑬ 鈴本美愉    5回    43,200回

⑭ 長沢菜々香   4回    45,300回

⑮ 土生瑞穂    4回    23,800回

⑯ 原田葵      3回    34,900回

⑰ 山﨑天      2回    24,500回

⑱ 井口眞緒    2回    18,700回

⑲ 佐々木久美   3回     9,700回

⑳ 高瀬愛奈    2回     7,400回

㉑ 平手友梨奈   1回   142,800回

㉔ 関有美子    1回     5,000回

㉔ 森田ひかる    1回     5,000回

㉔ 松田里奈    1回     5,000回

㉔ 潮紗理奈    1回    36,400回

㉔ 佐々木美玲   1回    33,200回

㉔ 影山優佳    1回    12,500回(休業中)

㉔ 高本彩花    1回    11,000回

㉔ 加藤史帆    1回    10,800回

㉔ 齊藤京子    1回     5,000回

㉔ 丹生明里    1回     5,000回

 松田好花    1回     5,000回

⓪ 長濱ねる    8回    38,100回(卒業予定)

⓪ 米谷奈々美   6回    33,300回(卒業)

⓪ 志田愛佳     5回    63,800回(卒業)

⓪ 今泉佑唯    3回    34,200回(卒業)

⓪ 柿崎芽実    2回    52,900回(卒業予定)

 

 

※再生回数は削除されたら一番大きな数字を残していますが、2018年9月以降は削除が激しいので再生回数の平均には入れていません。参加回数だけ更新しており、名前が無い場合は長濱ねるがねるぼっちでやっている回です。圧倒的に織田奈那と尾関梨香が多いが長濱ねると相性がいいのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

5⃣ 番組スタッフの開始当初の声

 

 

ルグルー欅坂46の初のレラーラジオ番組でその初回でメインパーソティの大役を務めるのは平手友梨奈。メンバー内で最年少の14才愛知県出身本番前「緊張するーと100らい言いまこの番組平手友梨奈だけでは毎週メンバーが平手のパナーて登初回は長濱ねポン放送6階のカフェのメー表を見ながら「何にする?と5らい悩む2人で

 

過緊張の初回放送から1週間が経ち今週はポン放送のサーバーがまさかの絶不調!真ん中のゾーンでは毎週欅坂メンバーが登場今週はこの番組にメールを送るならラジオネームおきるんと長濱ね長崎出身べり続けて疲労困憊で終た2回目ですが今は番組の締め「疲れたー!で終わりな気3回目と4回目は石森虹花が登場

 

5回目と6回目は先ごろLINE LIVEにて行われたこの番組の特別番外編で最優秀賞を獲志田愛佳が登場。てちの自己採点の推(100点満点は9⇒8⇒10⇒2⇒1点!7回目と8回目は菅井友香が登場。初めてたCD、平手は羞恥心の羞恥心、菅井は渡辺麻友のシンクロときめきです。9回目と10回目は織田奈那が登場。至福の時間、織田奈那は疲れて家にて来湯船に浸ている時間平手友梨奈は冬に、エアコンを入れて布団で暖まる時間です。

 

11回目は初回以来の登場となる長濱ねる相性抜群!とメインパーソティーが咆哮するほどの相性抜群さを発揮する2人長濱ねるは別れ際に上手にと言いていき12回目も長濱ねるが登場たんこの2人で特別企画今夜が14歳最後の放送!平手友梨奈ラジオの初めてに挑戦!目指せ!最高のパーソティ!……長!を敢行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6⃣ 感想

 

 

この番組は欅坂46を象徴しているようなラジオ番組だと思います。デビュー前に試験的にスポットで始まり、デビュー直前に平手友梨奈が初代MCとしてスタートし、最初のゲストが長濱ねるだった。この頃の平手友梨奈はメンバーから精神的に孤立しており、唯一の味方が長濱ねるだった。お世辞抜きでこの頃の平手友梨奈はスーパーアイドルだった。世の中にこんな凄い子がいるんだと思ったし、山口百恵の再来だとさえ思った。でも不協和音の頃からおかしくなり、元々コミュニケーションが下手だった平手友梨奈はゲストが偏っていた。そして2代目MCに白羽の矢が立ったのが長濱ねるだった。それ以降平手友梨奈は秋元康やTAKAHIROと共に欅坂46をアーティスティックアイドルの方向に導いていった。

 

ラジオ番組は基本ゲストを呼ばないスタイルのスクールオブロックが平手友梨奈にとっては心地良かったようで、今も続いている。長濱ねるはラジオとの親和性が高く、こちら有楽町星空放送局が20分番組だったのを30分番組に昇格させる功績を残したと思う。しかしながらその直後の卒業発表だった。今までエースが務めていたMCだったが3代目は意外にも尾関梨香だった。長濱ねるからの指名もあったのだろうが、誰とでもコミュニケーションが取れるからだろう。聴取率がどうなっているのかは分からないが、ゲストの良さを引き出せれば尾関梨香でも問題無いだろう。問題は4代目に相応しいメンバーを早く見つけて欅坂46と共に育ってきたこの番組を盛り上げることが延いては欅坂46隆盛に繋がるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】

 

 

1⃣ 欅坂&STU&日向坂&乃木坂&カラバト等(推しメン中心)スケジュール

 

 

07/28(日) こちら有楽町星空放送局に尾関梨香が松田里奈を迎えて送る(23時30分~)

07/29(月) ゆうがたパラダイスに丹生明里・宮田愛萌が出演(16時40分~18時)

07/29(月) 世界まる見え!テレビ特捜部に丹生明里が出演(20時~)

07/30(火) 今泉佑唯が踊る!さんま御殿!!に出演(19時50分~)

07/30(火) 長濱ねる卒業イベントありがとうをめいっぱい伝える日in幕張メッセで欅坂46を卒業

07/30(火) 長濱ねるのオールナイトニッポン(1時~3時)

07/31(水) STU48の3rdシングル発売

08/03(土) 東京アイドルフェスティバル2019に日向坂46が出演

08/04(日) ROCK IN JAPANinひたち海浜公園に欅坂46が出演(10時30分~)

08/11(日) STU48市岡愛弓がこの日の握手会を最後に卒業

08/14(水) 欅共和国2018DVD&Blu-ray発売日

08/16(金) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019inゼビオアリーナ仙台3days

08/22(木) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in横浜アリーナ2days

08/24(土) 中元日芽香が甲子園大学オープンキャンパスにゲスト出演事前申込制

08/28(水) 日向坂46グループ1st写真集発売

08/27(火) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in大阪城ホール2days

09/01(日) 乃木坂46キャプテンの桜井玲香が乃木坂46を卒業

09/04(水) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in福岡国際センター3days

09/04(水) 乃木坂46の24thシングル発売タイトル未定

09/13(金) NHK総合でかんざらしに恋してが長崎県内で地上波再放送(19時30分)

09/15(日) KOYABUSONIC2019in大阪に日向坂46が出演

09/21(土) イナズマロックフェス2019に日向坂46が出演

10/06(日) MBS音祭2019in大阪城ホールに日向坂46が出演(16時~)

10/12(土) 日向坂46が長岡米百俵フェスin東山ファミリーランドに出演(11時~19時30分)

 

 

 

 

 

※長濱ねるが愛して止まないこちら有楽町星空放送局が卒業イベントが実施される7月30日(火)の特別企画として生放送されるようです。コミュニケーション能力が高く、あらゆる番組スタッフに深く愛されている長濱ねるならではの企画だと思います。卒業後もどこかのラジオ番組でMCをするでしょうから楽しみに待ちたいと思います。また長濱ねるがラジオのレギュラー番組を持つようになれば記事にすると思いますからその時は宜しくお願いします。こちら有楽町星空放送局の記事を見て頂いた多くの読者の皆さん今まで本当に有難うございました。

 

 

長濱ねるの卒業に伴い、欅坂/日向坂のゆうがたパラダイスに関する記事はこれが最後になります。

 

はんにゃ金田と欅坂46のゆうがたパラダイスは毎週月曜日(16時40分~18時)に放送されていて、欅坂46とけやき坂46のメンバーが基本2人ずつ交代で出演するラジオ番組です。表舞台の少ないけやき坂46にとってトークの勉強にもなる大変貴重な番組です。夕方の生放送ですからメインターゲットは中高生でしょうから年令の近いひらがなけやきのメンバーも多用されています。昨日は長濱ねると石森虹花という最多出演コンビが登場しましたが、金田哲は米谷奈々未と自己紹介して笑わせました。実は米谷奈々未だけまだ未出演で、出演してもらいたいのでしょう。出演者は全て運営が決めているからNHKサイドは何の権限もないようです。尚、この記事は2017年6月7日に書いた記事の加筆修正版です。

 

 

 

はんにゃ金田と欅坂46のゆうがたパラダイス:http://www.nhk.or.jp/yupara-blog/300/266710.html

 

はんにゃ金田と欅坂46のゆうがたパラダイス過去放送分まとめ

https://www.youtube.com/watch?v=ObSzPZTmy5Y&list=PLucYpVvMSOnZgpTdywFdrygdG0gkj283E&index=28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 放送内容

 

 

① 2016年4月10日(平手友梨奈・長濱ねる・石森虹花):https://www.youtube.com/watch?v=GSuEJmffNZc

 

再生回数:41,320回

 

コメント:15件

 

 

 

 

 

※デビュー直後の出演で、聴取率等のデータを取る為に試験的に放送したようです。番組HPにもデータは全く残ってなく、無かったことになっている幻の放送回です。

 

 

 

 

 

② 2016年9月12日(菅井友香・小池美波・平手友梨奈):https://www.youtube.com/watch?v=BWM7aTKoCZ8

 

再生回数:27,507回

 

コメント:8件

 

 

<今日のオンエア曲>

 

サイレントマジョリティー/欅坂46

世界には愛しかない/欅坂46

手を繋いで帰ろうか/欅坂46

語るなら未来を/欅坂46

瞳に約束/渡辺美奈代

 

 

 

 

 

 

 

※実際に番組HPにデータが残っている最初の放送で、人気急上昇中の欅坂46を紅白歌合戦に出す為の試験放送だったと思われます。

 

 

 

 

 

③ 2017年4月3日(長濱ねる・守屋茜)記念すべき第一回目

https://www.youtube.com/watch?v=O8lTEpo62t4&list=PLucYpVvMSOnZgpTdywFdrygdG0gkj283E&index=1

 

再生回数:37,599回(過去最高を記録しています)

 

コメント:65件

 

 

 

 

 

 

※この放送が欅坂46がレギュラー出演するようになった記念すべき初回放送で、この番組の魅力の一つにムチャぶりボタンというシステムがあり、ムチャぶりさせたい内容をリスナーがメールし、ムチャぶりボタンをクリックして10万回とかの一定の回数に達したらムチャぶりができます。上の画像はぶりっ子をせよ!という指令に従ってぶりっ子ポーズを披露しているところです。長濱ねる2回目の出演です。

 

 

 

 

 

④ 2017年10月2日(長濱ねる・小池美波)

https://www.youtube.com/watch?v=iVCladYQj_Q&index=22&list=PLucYpVvMSOnZgpTdywFdrygdG0gkj283E

 

 

再生回数:36,873回

 

コメント:33件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤ 2017年11月20日(長濱ねる・石森虹花):https://www.youtube.com/watch?v=ObSzPZTmy5Y

 

再生回数:12,152回

 

コメント:16件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥ 2018年12月10日(長濱ねる・渡辺梨加):https://www.youtube.com/watch?v=Ip3MaAk3wnI

 

再生回数:20,727回

 

コメント:19件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ 出演履歴

 

① 2016/04/10 長濱ねる・石森虹花・平手友梨奈

② 2016/09/12 平手友梨奈・菅井友香・小池美波

③ 2017/04/03 長濱ねる・守屋茜

④ 2017/04/10 志田愛佳・鈴本美愉

⑤ 2017/04/17 佐々木久美・加藤史帆

⑥ 2017/04/24 齊藤京子・東村芽依

⑦ 2017/05/01 佐々木美玲・高瀬愛奈

⑧ 2017/05/08 潮紗理菜・柿崎芽実・影山優佳

⑨ 2017/05/15 高本彩花・井口眞緒

⑩ 2017/05/22 石森虹花・齋藤冬優花

⑪ 2017/05/29 小林由依・佐藤詩織

⑫ 2017/06/05 小池美波・佐藤詩織

⑬ 2017/06/12 高本彩花・齊藤京子

⑭ 2017/06/19 原田葵・上村莉菜

⑮ 2017/06/26 佐々木美玲・柿崎芽実

⑯ 2017/07/03 井口眞緒・高瀬愛奈

⑰ 2017/07/10 守屋茜・鈴本美愉

⑱ 2017/07/24 佐藤詩織・齋藤冬優花

⑲ 2017/08/21 佐々木久美・東村芽依

⑳ 2017/08/28 原田葵・織田奈那

㉑ 2017/09/04 長沢菜々香・尾関梨香

㉒ 2017/09/11 渡邉理佐・小林由依

㉓ 2017/09/25 石森虹花・土生瑞穂

㉔ 2017/10/02 長濱ねる・小池美波

㉕ 2017/10/16 高本彩花・加藤史帆

㉖ 2017/10/23 渡辺梨加・渡邉理佐

㉗ 2017/10/30 原田葵・土生瑞穂

㉘ 2017/11/06 守屋茜・志田愛佳

㉙ 2017/11/13 渡辺梨加・長沢菜々香

㉚ 2017/11/20 長濱ねる・石森虹花

㉛ 2017/11/27 齊藤京子・高瀬愛奈

㉜ 2017/12/04 加藤史帆・柿崎芽実

㉝ 2017/12/11 小池美波・小林由依

㉞ 2017/12/18 井口眞緒・佐々木久美

㉟ 2017/12/25 潮紗理奈・佐々木美玲

㊱ 2018/01/15 菅井友香・土生瑞穂

㊲ 2018/01/22 織田奈那・鈴本美愉

㊳ 2018/01/29 小林由依・今泉佑唯

㊴ 2018/02/05 高本彩花・東村芽依

㊵ 2018/02/19 佐々木久美・佐々木美玲

㊶ 2018/02/26 長沢菜々香・米谷奈々未

㊷ 2018/03/05 小坂菜緒・渡辺美穂

㊸ 2018/03/12 尾関梨香・織田奈那

㊹ 2018/03/19 渡邉理佐・佐藤詩織

㊺ 2018/04/09 守屋茜・石森虹花

㊻ 2018/04/16 今泉佑唯・小池美波

㊼ 2018/04/23 尾関梨香・長沢菜々香

㊽ 2018/05/07 長濱ねる・米谷奈々未

㊾ 2018/05/14 潮紗理菜・東村芽依 

㊿ 2018/05/21 菅井友香・渡邉理佐

51 2018/05/28 渡辺梨加・尾関梨香

52 2018/06/04 土生瑞穂・小池美波

53 2018/06/11 長沢菜々香・加藤史帆

54 2018/06/18 小池美波・潮紗理菜

55 2018/06/25 高本彩花・高瀬愛奈

56 2018/07/02 守屋茜・尾関梨香

57 2018/07/09 石森虹花・小池美波

58 2018/07/23 河田陽菜・丹生明里

59 2018/07/30 佐々木久美・濱岸ひより

60 2018/08/06 松田好花・宮田愛萌 

61 2018/08/20 織田奈那・米谷奈々未

62 2018/08/27 小林由依・土生瑞穂

63 2018/09/03 高瀬愛奈・東村芽依

64 2018/09/10 金村美玖・富田鈴花

65 2018/10/15 丹生明里・渡邉美穂

66 2018/10/22 佐藤詩織・菅井友香

67 2018/10/29 河田陽菜・濱岸ひより

68 2018/11/05 富田鈴花・宮田愛萌

69 2018/11/12 金村美玖・松田好花

70 2018/11/19 石森虹花・小池美波

71 2018/11/26 佐々木久美・高本彩花

72 2018/12/03 守屋茜・尾関梨香

73 2018/12/10 長濱ねる・渡辺梨加

74 2018/12/17 佐々木美玲・潮紗理奈

75 2018/12/24 小坂菜緒・丹生明里

76 2019/01/07 菅井友香・佐々木久美

77 2019/01/14 金村美玖・渡邉美穂

78 2019/01/21 小池美波・渡邉理佐

79 2019/01/28 織田奈那・小林由依

80 2019/02/04 佐藤詩織・守屋茜

81 2019/02/18 菅井友香・尾関梨香・上村莉菜(オテンキのり)

82 2019/02/25 石森虹花・佐藤詩織

83 2019/03/04 長沢菜々香・渡辺梨加

84 2019/03/11 松田里奈・森田ひかる

85 2019/03/18 井上梨名・田村保乃

86 2019/04/01 東村芽依・高瀬愛奈

87 2019/04/08 石森虹花・守屋茜

88 2019/04/15 上村莉菜・佐藤詩織

89 2019/04/22 織田奈那・土生瑞穂

90 2019/05/06 尾関梨香・長沢菜々香

91 2019/05/13 武元唯衣・藤吉夏鈴

92 2019/05/20 小池美波・田村保乃

93 2019/05/27 織田奈那・佐藤詩織

94 2019/06/03 富田鈴花・松田好花

95 2019/06/10 関有美子・松田里奈

96 2019/06/17 金村美玖・渡邉美穂

97 2019/06/24 石森虹花・織田奈那

98 2019/07/01 井口眞緒・潮紗理奈

99 2019/07/08 高本彩花河田陽菜

00 2019/07/22 石森虹花・山﨑天

01 2019/07/29 丹生明里・宮田愛萌

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 出演回数(2019年7月29日現在)

 

 

① 石森虹花  12回

② 小池美波  10回

③ 守屋茜     8回

③ 尾関梨香   8回

③ 佐藤詩織   8回

③ 織田奈那   8回

⑦ 土生瑞穂   7回

⑦ 長沢菜々香  7回

⑦ 佐々木久美  7回

⑦ 高本彩花   7回

⑪ 小林由依   6回

⑪ 菅井友香   6回

⑪ 東村芽依   6回

⑪ 高瀬愛奈   6回

⑪ 潮紗理菜   6回

⑯ 渡邉理佐   5回

⑯ 渡辺梨加   5回

⑯ 佐々木美玲  5回

⑲ 加藤史帆   4回

⑲ 井口眞緒   4回

⑲ 渡邉美穂   4回

⑲ 金村美玖   4回

⑲ 丹生明里   4回

㉔ 鈴本美愉   3回

㉔ 上村莉菜   3回

㉔ 原田葵     3回

㉔ 齊藤京子   3回

㉔ 富田鈴花   3回

㉔ 松田好花   3回

㉔ 河田陽菜   3回

 宮田愛萌   3回

㉜ 平手友梨奈  2回

㉜ 齋藤冬優花  2回

㉜ 濱岸ひより  2回(休業中)

㉜ 小坂菜緒   2回

㉜ 田村保乃   2回

㉜ 松田里奈   2回

㊳ 武元唯衣   1回

㊳ 藤吉夏鈴   1回

㊳ 森田ひかる   1回

㊳ 井上梨名   1回

㊳ 松平璃子   1回

㊳ 関有美子   1回

㊳ 山﨑天     1回

㊳ 影山優佳   1回(長期休業中)

⓪ 長濱ねる   6回(卒業予定)

⓪ 柿崎芽実   3回(卒業予定)

⓪ 米谷奈々未  3回(卒業)

⓪ 志田愛佳   2回(卒業)

⓪ 今泉佑唯   1回(卒業)

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ 感想

 

 

このデータを取ろうと思ったきっかけは長濱ねるがラジオ番組と親和性が良く、特にNHKに好かれているなと感じたからでした。長濱ねるは7月30日に欅坂46を卒業することになったのでもうこれ以上データを取る必要も無くなったので今回でこの記事は終了します。感想としては数多く出ているメンバーは相対的に喋りが上手くラジオ番組のMC等のチャンスを多く与えられていると思います。小池美波・尾関梨香・土生瑞穂・菅井友香・長濱ねる等がそうですが、齊藤京子・平手友梨奈のように少ないメンバーもラジオ番組を持っています。卒業する長濱ねるも直後のオールナイトニッポンに冠番組として出演出来るのですからこちら有楽町星空放送局での経験が生きていると思います。喋りはソロタレントの基本ですからより多くのメンバーがこういうチャンスをものにし、アイドル卒業後もそれぞれの分野で輝けることを期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他の情報】

 

 

1⃣ 欅坂&STU&日向坂&乃木坂&カラバト等(推しメン中心)スケジュール

 

 

07/27(土) TGC富山2019に小林由依・土生瑞穂・佐々木久美・高本彩花が出演

07/28(日) こちら有楽町星空放送局に尾関梨香が坂道メンバーを迎えて送る(23時30分~)

07/29(月) ゆうがたパラダイスに丹生明里・宮田愛萌が出演(16時40分~18時)

07/29(月) 世界まる見え!テレビ特捜部に丹生明里が出演(20時~)

07/30(火) 今泉佑唯が踊る!さんま御殿!!に出演(19時50分~)

07/30(火) 長濱ねる卒業イベントありがとうをめいっぱい伝える日in幕張メッセで欅坂46を卒業

07/30(火) 長濱ねるのオールナイトニッポン(1時~3時)

07/31(水) STU48の3rdシングル発売

08/03(土) 東京アイドルフェスティバル2019に日向坂46が出演

08/04(日) ROCK IN JAPANinひたち海浜公園に欅坂46が出演(10時30分~)

08/11(日) STU48市岡愛弓がこの日の握手会を最後に卒業

08/14(水) 欅共和国2018DVD&Blu-ray発売日

08/16(金) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019inゼビオアリーナ仙台3days

08/22(木) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in横浜アリーナ2days

08/24(土) 中元日芽香が甲子園大学オープンキャンパスにゲスト出演事前申込制

08/28(水) 日向坂46グループ1st写真集発売

08/27(火) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in大阪城ホール2days

09/01(日) 乃木坂46キャプテンの桜井玲香が乃木坂46を卒業

09/04(水) 欅坂46夏の全国アリーナツアー2019in福岡国際センター3days

09/04(水) 乃木坂46の24thシングル発売タイトル未定

09/13(金) NHK総合でかんざらしに恋してが長崎県内で地上波再放送(19時30分)

09/15(日) KOYABUSONIC2019in大阪に日向坂46が出演

09/21(土) イナズマロックフェス2019に日向坂46が出演

10/06(日) MBS音祭2019in大阪城ホールに日向坂46が出演(16時~)

10/12(土) 日向坂46が長岡米百俵フェスin東山ファミリーランドに出演(11時~19時30分)

 

 

 

 

 

※今泉佑唯は芸能界でソロタレントとして頑張っており、長濱ねるも来月からソロタレントとして活動します。米谷奈々未は大学で微生物の研究に没頭していますが、一方で原田葵は約1年振りに欅坂46に復帰しました。更に芸能界を引退していた志田愛佳もモデルとして活動を開始しています。欅坂46に残ったメンバーも去ったメンバーもそれぞれが与えられた場所で活躍することがルーツである欅坂46に対する恩返しになります。長濱ねるがルーツである日向坂46、長濱ねるがアイドルになったきっかけである乃木坂46、夕方パラダイスのメインMC金田哲の所属する吉本坂46も含めた坂道シリーズが益々芸能界で活躍することを祈っています。長期に渡りこの記事をご覧頂き誠にありがとうございました。

 

 

長濱ねるは伝説のアイドルになると言い切っていますので、その足跡を記録しておきたいと思います。様々な場面で爪痕を残していますが、そろそろ整理しないと大変になりそうだから一旦作成し、後は随時加筆修正するようにします。色々間違いもあるかと思いますが、判明次第徐々に手直しします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1⃣ 長濱ねる足跡年表

 

 

1998/09/04 長崎県長崎市出身で教員である両親の3人兄弟の次女且つ末っ子として生まれた

2001/04/00 両親の転勤に伴って五島列島に移り、奈良尾町立奈良尾幼稚園に入園

2004/04/00 奈良尾町立奈良尾小学校入学、2014年3月閉校、新上五島町立奈良尾小学校開校

2005/04/00 両親の転勤に伴って長崎市内の小学校2年に転校、その後喜々津小学校に転校

2011/04/00 諫早市立喜々津中学校に入学3年間首席、読書感想文で最優秀賞を受賞、実家がある

2012/07/00 中2の時にアメリカに1か月間ホームステイ、丁度ロンドンオリンピック期間中だった

2013/03/13 乃木坂5thシングル収録のまりっか’17のMVで衝撃を受け熱烈なファンになった

2014/04/00 県内屈指の進学校長崎西高等学校に進学、アッパークラスに編入された

2014/07/21 あばれるくんに会いたくて全国高校生クイズ長崎県予選に参加したが準決勝敗退

2015/01/00 学校で辛いことがあり、海岸線を通る電車で帰宅中、乃木坂の音楽で涙で溢れた

2015/07/19 準決勝敗退が悔しくて再挑戦し、全国高校生クイズ長崎県大会決勝まで残った

2015/08/20 欅坂46オーディション3次審査が行われ、ねるは平手と共に3人しかいないS評価だった

2015/08/21 欅坂46オーディション最終審査が行われ、長濱ねるは母親に連れ戻され辞退した

2015/08/23 乃木坂46の福岡公演に両親と招待され、加入を決めて内定状態になった

2015/09/04 長濱ねる17才の誕生日

2015/09/00 上京し、他のメンバーと接触できないような環境で1人でレッスンを受けた

2015/09/00 芸能人に理解のある女子高私立八雲学園高校に転校した

2015/11/30 欅坂46のアンダーグループけやき坂46のメンバーとして加入した

2016/01/16 新春おもてなし会2daysをZeppブルーシアター六本木で行う

2016/03/17 欅坂46初のデビューカウントダウンライブを東京国際フォーラムで実施

2016/03/29 くりぃむクイズミラクル9に長濱ねるが初出演し、100万円を獲得

2016/04/06 欅坂46がサイレントマジョリティーでデビューし、長濱ねるは乗り遅れたバスでデビュー

2016/04/10 冠番組内でのインテリ女王決定戦でインテリ女王に輝く

2016/04/10 土田晃之日曜のへそ100回記念に平手友梨奈・今泉佑唯と出演

2016/04/11 欅坂46初のドラマ徳山大五郎を誰が殺したか?ワークショップ初回

2016/04/18 ドラマ徳山大五郎を誰が殺したか?ワークショップ2回目

2016/04/21 ドラマ徳山大五郎を誰が殺したか?ワークショップ3回目

2016/05/03 ドラマ徳山大五郎を誰が殺したか?台本配布日

2016/05/08 けやき坂46のメンバー11名が追加加入し、12名になった

2016/05/22 ドラマ徳山大五郎を誰が殺したか?出演者との初顔合わせ

2016/05/27 ドラマ徳山大五郎を誰が殺したか?クランクイン

2016/06/11 長崎ハウステンボスで初めて野外ライブを行った

2016/07/17 欅坂46初のドラマ徳山大五郎を誰が殺したか?初回に長濱ねる役で出演

2016/08/10 2ndシングル世界には愛しかないで初選抜入りし、ソロ曲また会ってくださいを貰う

2016/08/23 BRODYの道のすゝめに平手友梨奈と参加し、連載開始

2016/09/04 長濱ねる18才の誕生日

2016/10/02 欅坂46初のドラマ徳山大五郎を誰が殺したか?最終回

2016/10/05 くりぃむクイズミラクル9に長濱ねるが2回目の出演し、連続100万円獲得

2016/10/10 明石家さんまの転職DE天職に平手友梨奈と出演

2016/10/28 けやき坂46初の単独イベントひらがなおもてなし会を赤坂BLiTZで実施

2016/11/30 3rdシングル二人セゾンカップリング曲夕陽1/3にてちねるゆいちゃんずとして参加

2016/12/11 田無神社に長濱ねるが揮毫した書「心」が展示され、例年の2倍の参拝者が参拝

2016/12/24 欅坂46初のワンマンライブ・クリスマスイブを有明コロシアムで実施

2016/12/31 欅坂46デビュー年に紅白歌合戦に出場し、サイレントマジョリティーを披露した

2017/01/01 長崎新聞の元旦号文化面の1面全面に長濱ねる特集が掲載された

2017/01/14 炎の体育会TVに菅井友香が出演し、長濱ねる・土生瑞穂・齋藤冬優花が応援出演

2017/02/07 ウソのような本当の瞬間30秒後に絶対見られるTVに菅井友香・守屋茜と出演

2017/03/15 AKB48の45thシングル収録曲坂道AKBの誰のことを一番愛してるに参加

2017/03/21 けやき坂46単独公演inZeppTokyo2days開催

2017/03/30 3年振りに放送された伝説のクイズ番組THEタイムショックに初出演

2017/04/05 4thシングル不協和音カップリング曲微笑みが悲しいにてち&ねるとして参加

2017/05/18 2作目のドラマ残酷な観客達に永峯みこ役で、平手友梨奈とW主役として出演

2017/05/31 けやき坂46単独公演inZeppNamba開催

2017/07/06 けやき坂46単独公演inZeppNagoya開催

2017/07/08 長濱ねる1st写真集の撮影の為に長崎・五島列島に出発

2017/07/12 長濱ねるが少年サンデー表紙に単独で掲載

2017/07/19 欅坂46-1stアルバム真っ白なものは汚したくなる発売

2017/07/22 欅坂46グループ初野外ワンマンライブ欅共和国2days開催

2017/08/02 欅坂46全国ツアー2017神戸公演2days真っ白なものは汚したくなる開始

2017/08/09 欅坂46全国ツアー2017福岡公演2days

2017/08/15 けやき坂46に9名の2期生が加入し、総勢21名になった

2017/08/16 欅坂46全国ツアー2017愛知公演2days

2017/08/22 欅坂46全国ツアー2017宮城公演2days

2017/08/25 欅坂46全国ツアー2017新潟公演

2017/08/26 長崎国際テレビのクスノキという原爆特別番組に長濱ねるが出演

2017/08/28 KEYABINGO内でけやき的高校生クイズが行われ、影山優佳に敗れる

2017/08/29 欅坂46全国ツアー2017幕張公演2daysFinal

2017/09/04 長濱ねる最後の10代、19才の誕生日

2017/09/20 横浜アリーナで行われたNMB48のライブに斎藤冬優花と行き山本彩に会った

2017/09/25 5thシングル風に吹かれてもから兼任解除となり、欅坂46専任になると発表

2017/09/26 けやき坂46単独公演inZeppSapporo開催(長濱ねるは不参加)

2017/10/25 くりぃむクイズミラクル9の通常回に長濱ねるが3回目の出演

2017/10/25 5thシングル風に吹かれてもで二人セゾン以来、2度目の裏センター

2017/10/25 グループ発展祈願の旅群馬編に参加し、バンジージャンプを跳んだ

2017/10/25 カンコー学生服のイメージガールがけやき坂46から長濱ねる単独になった

2017/10/25 欅のキセキのアイコンが平手友梨奈から長濱ねるに変更された

2017/11/06 けやき坂46単独公演in福岡サンパレスホール開催(長濱ねるは不参加)

2017/11/08 王様のブランチに出演し、藤森慎吾・菊地亜美と共演し、注目スポット巡りした

2017/11/21 菅井がフランスに写真集の撮影で行ったのでレコメン!にねるが代理出演

2017/11/22 くりぃむクイズミラクル9の2時間スペシャルに長濱ねるが4回目の出演

2017/12/04 欅坂46が日本有線大賞有線音楽優秀賞

2017/12/12 けやき坂46単独公演ファイナルin幕張メッセ開催(長濱ねるは関係者席で号泣)

2017/12/13 FNS歌謡祭でけものフレンズと長濱ねる・上村莉菜・原田葵・小池美波が共演

2017/12/19 渡辺梨加に次ぎ欅坂46メンバー2番目に長濱ねる1st写真集ここからを発売

2017/12/20 くりぃむクイズミラクル9の3時間スペシャルに長濱ねるが5回目の出演

2017/12/26 踊る!さんま御殿 今年何かと話題の有名人SPに初出演

2017/12/30 欅坂46が日本レコード大賞優秀作品賞受賞

2017/12/31 2年連続で紅白歌合戦に出場し、不協和音を披露した

2018/01/01 オリコン写真集週間ランキング初週9.8万部を記録、白石麻衣に次ぎ今世紀2位

2018/01/10 週刊少年マガジン表紙に長濱ねると菅井友香が掲載

2018/01/11 週刊少年チャンピオンの表紙に長濱ねるが単独掲載

2018/01/15 NTTドコモのCMに出演し、ハピチャンのアイコンになった

2018/01/22 小説BOC8に長濱ねるが初登場し、小説家誉田哲也と特別対談

2018/01/24 B.L.T・3月号の表紙に長濱ねるが単独掲載

2018/01/30 けやき坂46武道館公演3daysを長濱ねるが観覧

2018/01/31 くりぃむクイズミラクル9の通常回に長濱ねるが6回目の出演

2018/02/10 CM NOW Vol.191の表紙に長濱ねると小林由依が掲載

2018/02/24 長崎市の観光大使に任命され、長崎ランタンフェスティバルの皇后役で出演

2018/02/28 月刊ENTAME4月号の表紙に長濱ねる・尾関梨香・小池美波が掲載

2018/02/28 週刊少年マガジンNO13号の表紙に長濱ねるが単独掲載

2018/03/07 6thシングル・ガラスを割れ!を発売、長濱ねるは3度目の裏センター

2018/03/10 平手を引き継ぎ、欅坂46こちら有楽町星空放送局のメインパーソナリティーに就任

2018/03/14 AKB48の51thシングル収録曲坂道AKBの国境のない時代のセンターになった

2018/03/19 週刊ヤングマガジンNO16の表紙に長濱ねるが単独掲載

2018/03/30 千葉ロッテvs楽天の開幕戦の始球式に今泉佑唯・小林由依と参加した

2018/03/30 全国安全週間のポスターモデルに選ばれた

2018/03/28 広報ながさき4月号の表紙に長濱ねるが登場し、ネットで売買される騒ぎになった

2018/04/05 伝説のクイズ番組THEタイムショックに2度目の出演をし、準決勝に進出した

2018/04/06 欅坂46二周年アニバーサリーライブ3daysを武蔵野の森で開催

2018/04/09 週刊プレイボーイNO17の表紙に長濱ねるが単独掲載

2018/04/09 志田愛佳に会いに新潟に行き、夜桜見物

2018/04/10 さんま御殿スペシャルに長濱ねるが2度目の出演

2018/04/18 くりぃむクイズミラクル9の通常回に長濱ねるが7回目の出演

2018/04/26 ミセス向けのファッション雑誌Oggi6月号に長濱ねるが初登場

2018/04/29 明石家さんまの転職DE天職に今泉佑唯と出演、長濱ねるは2回目

2018/05/03 秋元康ソング三昧に菅井友香・小林由依と出演、平手友梨奈も単独出演

2018/05/03 ビバラポップin埼玉SAでの大森靖子とのコラボのリハーサル参加

2018/05/06 ビバラポップin埼玉SAに欅坂46が出演、長濱ねるは大森靖子とのコラボにも出演

2018/05/09 男性向けのファッション&情報雑誌POPEYE6月号に長濱ねるが初登場

2018/05/13 長崎原爆資料館に長濱ねるが訪問し、折り鶴を折ってサインし展示

2018/05/13 くりぃむクイズミラクル9の通常回に長濱ねるが8回目の出演

2018/05/23 モード・ハイエンド系女性ファッション誌SPURに長濱ねるが初登場

2018/05/24 週刊ヤングジャンプの表紙&巻頭に長濱ねるが初登場

2018/05/25 テレビ長崎制作全国放送、白衣のメロディーのナレーションを長濱ねるが担当

2018/05/30 オリコン写真集2018年上半期ランキングで長濱ねる1st写真集が1位獲得

2018/05/31 長濱ねる1st写真集が2018年上半期ランキング1位になり、ZIP!に出演

2018/06/06 ダ・ヴィンチ7月号に長濱ねるが初登場し、本屋大賞作家辻村深月と誌上対談

2018/06/06 けやき坂46東名阪ワンマンツアーパシフィコ横浜を長濱ねる・小池美波が観覧

2018/06/08 長濱ねるが九州長崎のPRに貢献したとして、九州魅力発掘大賞特別賞を受賞

2018/06/13 くりぃむクイズミラクル9の通常回に長濱ねるが9回目の出演

2018/06/21 長濱ねるが9回目を迎えるくりぃむvs林修!超クイズサバイバーに初出演

2018/07/04 くりぃむクイズミラクル9の3時間SPに長濱ねるが10回目の出演

2018/07/07 幕張開催のLIVE MONSTER2018のけやき坂46に長濱ねるも出演

2018/07/07 日テレのTHE MUSIC DAYに欅坂46と長濱ねるセンターの坂道AKBが出演

2018/07/07 日テレのドラマ七夕さよなら、またいつかに長濱ねるがメンバー初のソロ主演

2018/07/07  長濱ねるがポスターでイメージキャラクターを務める全国安全週間の最終日

2018/07/10 さんま御殿!3時間SPに織田奈那と出演、長濱ねるは3回目の出演

2018/07/13 NHK長崎の世界遺産登録祝いの番組に長濱ねるが生出演

2018/07/14 日テレのドラマ七夕さよなら、またいつかに長濱ねるがメンバー初の連ドラソロ主演

2018/07/30 NHKがねるねちけいONLINE!という長濱ねるの冠番組を作り、毎日情報発信

2018/08/14 NHK総合でねるねちけいONLINE!初回放送、ゲストはオアシズ

2018/08/11 長崎国際TVクスノキという原爆特別番組に長濱ねるが2年連続出演し、高田明と対談

2018/08/11 欅坂46全国アリーナツアーinマリンメッセ福岡2days

2018/08/14 NHK総合でねるねちけいONLINE!2回目放送、ゲストはオアシズとひょっこりはん

2018/08/15 欅坂46-7thシングル/アンビバレント発売、欅坂46のANNに長濱ねる他計4名登場

2018/08/16 欅坂46のHPで突如、長濱ねる(あと5日)というTwitterとInstagramを発表

2018/08/17 ミュージックステーションに欅坂46が出演し、アンビバレントを披露

2018/08/18 欅坂46全国アリーナツアーin朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター2days

2018/08/21 長濱ねる(あと5日)は長濱ねる(料金表子)と判明、AGAヘアクリニックソロCM

2018/08/23 欅坂46全国アリーナツアーin横浜アリーナ2days

2018/08/25 長濱ねる初めてのソロCMAGAヘアクリニックのCM関東地区で放送開始

2018/08/28 ロッテクランキーのCMに長濱ねるが名探偵ねるとして出演、他にも4名出演

2018/08/30 欅坂46全国アリーナツアーin神戸ワールド記念ホール3days

2018/09/04 欅坂46全国アリーナツアーin幕張メッセ国際展示場1~3ホール2days

2018/09/04 長濱ねる20才の誕生日、誉田哲也が観覧、祝花とボールペンをプレゼント

2018/09/13 渋谷ストリーム開業記念イベント、渋谷ストリームホールでミニライブ

2018/09/15 ねるちゃんマップが日本経済新聞の九州版に掲載された

2018/09/15 8thシングル黒い羊収録のKEYAKI HOUSEの撮影を行った

2018/09/16 ガルアワ2018AWin幕張メッセに欅坂46&モデルメンバーが出演
2018/09/17 ミュージックステーションウルトラフェスに欅坂46/乃木坂46が出演

2018/09/20 TOKYO FM澤本・権八のすぐに終わりますから。に長濱ねるが出演

2018/09/22 滋賀県で行われるイナズマロックフェス雷神ステージに欅坂46が出演

2018/09/27 earth music&ecology KANKOレーベルの秋冬モデルが発表された

2018/09/27 TOKYO FM澤本・権八のすぐに終わりますから。に長濱ねるが2度目の出演

2018/10/02 ローソンコラボキャンペーン2019年年賀状で長濱ねる他6名の挨拶動画公開

2018/10/10 VOICE11月号に長濱ねるが登場し、人気アイドルが語る読書論が掲載

2018/10/16 ロッテクランキーキャンペーンで長濱ねる・渡邉理佐・渡辺梨加のA4ノート配布

2018/10/23 GQ JAPAN創刊15周年に欅坂46が出演し、長濱ねる他3名がコメントした

2018/10/24 ヒルナンデス!にチョークアートの河野真弓が出演し、長濱ねるの作品を紹介した

2018/10/24 フジテレビで長濱ねるがナレーションを務めた白衣のメロディが放送された

2018/10/31 こちら有楽町星空放送局公開イベントに長濱ねる・上村莉菜・尾関梨香が出演

2018/11/01 永谷園×欅坂46コラボキャンペーン発表会に長濱ねる等4人が出席した

2018/11/01 長濱ねる・渡邉理佐・小池美波による欅坂46写真集発売記念SHOWROOM

2018/11/02 長濱ねる・菅井友香・渡邉理佐・渡辺梨加が出演する永谷園のCM開始

2018/11/03 長濱ねるが準レギュラーを務めるビルボードジャパンに飛び入り参加した

2018/11/05 長濱ねる1st写真集20万部発行、1st写真集としては歴代1位

2018/11/05 長濱ねる出演のNHKドラマかんざらしに恋してが島原市でクランクイン

2018/11/06 かんざらしに恋しての撮影に長濱ねるは1日遅れで合流した模様

2018/11/14 かんざらしに恋しての島原ロケでは市内のホテルに湧水持ち帰り刺身三昧

2018/11/15 ベストヒット歌謡祭2018in大阪城ホールに欅坂46メンバーとして出演

2018/11/18 かんざらしに恋しての約2週間の島原ロケが終わり、無事クランプアップ

2018/11/22 舞台ザンビチームBlueを斎藤冬優花・金村美玖・宮田愛萌等と観劇した模様

2018/12/05 FNS歌謡祭で披露するスーパーアイドルグループのリハーサルに参加した

2018/12/12 FNS歌謡祭で平成最後のスーパーアイドルグループで必然性を披露した

2018/12/12 欅坂46長濱ねるのオールナイトニッポンに織田奈那を迎えて放送した

2018/12/20 くりぃむvs林修!負けたら即帰宅!超クイズ3時間SPに長濱ねるが出演

2018/12/29 人生最高レストランが好きだと以前言っていたお蔭で長濱ねるが出演

2018/12/30 欅坂46が日本レコード大賞優秀作品賞受賞し大賞にノミネート

2018/12/31 欅坂46と長濱ねるが紅白歌合戦にデビュー以来3年連続出場

2019/01/01 芸能人格付けチェック!に菅井友香・守屋茜・渡邉理佐と4人で出演

2019/01/13 長崎市の成人式会場で観光大使長濱ねるのビデオメッセージが流された

2019/01/14 ニッポン放送ホリデーSP欅坂46長濱ねる二十歳の一曲に小池・佐藤出演

2019/01/19 NHK-BSプレミアムのほっこり散歩に長濱ねる・宮崎香蓮が出演

2019/01/23 くりぃむクイズミラクル9通常回に長濱ねるが11回目の出演、4度目の決勝進出

2019/01/26 NHK-BSプレミアム世界遺産特番ロザリオの記憶に長濱ねるが出演

2019/02/09 Billboard JAPAN HOT100 COUNTDOWNに長濱ねる4度目の生出演

2019/02/11 NHK-BSプレミアムの島原市発かんざらしに恋してにNHKドラマ初出演

2019/02/18 9月末までのNHK民放ラジオ101局共同ラジオキャンペーンキャスターに選出

2019/02/23 世界ふしぎ発見!の長崎キリシタン文化の回に解答者として初出演TOP賞獲得

2019/02/25 9月末まで続くイオンカードのCMに長濱ねる他計5名の出演が決定

2019/03/06 日向坂46デビューカウントダウンライブin横浜アリーナを関係者席で見た

2019/03/07 8thシングル黒い羊の個別握手会後に欅坂46を卒業すると発表

2019/03/09 全国握手会が幕張メッセで行われ、長濱ねるはソロ曲否定した未来を披露

2019/03/16 全国握手会が愛知ポートメッセなごやで行われた

2019/03/21 最後の全国握手会がインテック大阪で行われた

2019/03/24 個別握手会が愛知ポートメッセなごやで行われた

2019/03/29 こちら有楽町星空放送局のメインパーソナリティとして長濱ねるが最後の出演

2019/04/04 欅坂46三周年アニバーサリーライブin大阪フェスティバルホール初日に出演

2019/04/05 欅坂46三周年アニバーサリーライブin大阪フェスティバルホール2日目に出演

2019/04/06 欅坂46三周年アニバーサリーライブin大阪フェスティバルホール最終日に出演

2019/04/29 個別握手会が千葉幕張メッセで行われた

2019/05/04 個別握手会が神奈川パシフィコ横浜で行われた

2019/05/17 昨年初めて一度も帰らなかった五島に今年初めて行って寿司屋で寿司を食った

2019/05/19 長濱ねるにサインをして貰えるスペシャルイベント私物サイン会が行われた

2019/06/02 個別握手会が神奈川パシフィコ横浜で行われた

2019/06/23 個別握手会が京都パルスプラザで行われた

2019/07/14 個別握手会が神奈川パシフィコ横浜で行われた

2019/07/30 長濱ねる卒業イベントありがとうをめいっぱい伝える日を幕張メッセとLVで実施

2019/07/31 長濱ねる卒業後初の仕事長濱ねるのオールナイトニッポンを1時から放送

2019/08/04 欅坂46の冠番組欅って書けない?で長濱ねる卒業特集を録画で放送

2019/08/09 長濱ねるのメッセージサービスが終了

2019/08/31 長濱ねるのブログが正午で削除予定

2019/08/31 長濱ねるソロCMAGAヘアクリニックの公式Twitter終了予定

2019/09/13 NHK総合でかんざらしに恋してが長崎県内で地上波再放送

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2⃣ 伝説のアイドル

 

 

伝説のアイドルと聞かれてまず浮かぶのは山口百恵だろう。圧倒的な活躍と鮮やかな引退がセットになって伝説になった。つまり、アイドルが伝説になるには圧倒的な活躍と潔い引き際が大事なのだ。アイドルの寿命は短いが、その短い限られた期間にいかに輝くか、そしていかに爽やかに去っていくかが大事なのだ。従っていくら松田聖子のように大活躍しても長くやっていると色々ぼろも出てきて伝説ではなくなっていく。勿論、松田聖子も別に伝説のアイドルになるのが目的でもないでしょうから伝説の歌手を目指せばいいだろう。伝説の歌手と言えば美空ひばりだろうが、50代で亡くなっている。つまり、結果的ではあるが、殆ど歌唱力が衰えることなく去って行ったからより伝説性が強まった。

 

外国ではジェームズディーンが伝説のアイドルとして有名だが、やはり24歳という若さで亡くなった。別に亡くなってまで有名になる必要もないが、桜と同じでアイドルは散り際が大事なのだ。例えばキャンディーズは活動期間中の活躍は決して超一流とは言えないが、解散した時が21~23才という若さもあるが、去り際に残した言葉が秀逸だった。「普通の女の子に戻りたい」という名文句を残して去ったが、山口百恵もマイクをステージ床に置いて去るという感動的な去り方をした。つまり、伝説というからには現役中の活躍が記録的で印象にも残ることが大事だが、それ以上に辞める時の印象が最も大事なのだ。早い話が絶頂期に辞めるのが最高だから長濱ねるは23才前後がベストだと思う。

 

では長濱ねるが伝説になるには何が必要かを考えてみます。一つは本業のアイドルとして欅坂46のセンターに立つのは勿論のこと、紅白歌合戦にも出続けること、写真集も1st写真集の今世紀1位だけでなく、2nd写真集では白石麻衣を抜いて今世紀1位になることは最低条件です。出来れば20世紀のヌードを除く販売記録南野陽子の43万部を越えれば立派な伝説の写真集になるでしょう。クイズもタイムショックで優勝又は決勝に残れば伝説クラスでしょうし、ミラクル9でももう2回100万円獲得メンバーになれば過去最高になり、伝説クラスになるでしょう。長崎市の観光大使就任や長崎ランタンフェスティバルの皇后役もやり、過去最高の人出でしたが、更に長崎の為に出来ることは多そうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3⃣ 踊る!さんま御殿!!

 

 

欅坂46の長濱ねるが3時間SPで放送の日本テレビ系踊る!さんま御殿!!に2度目の出演をした。写真集が16万部の大ヒットを記録する長濱が今アツイ有名人の一員として同番組に再び参戦。好きな人にプレゼントして欲しいものはまさかのカラスミといい、意外な渋い好みが発覚するなど可愛すぎる天然発言を連発。また青山テルマは今付き合っている普通のサラリーマンからもらった30歳の誕生日プレゼント高価なシャーペンに不満を爆発させ、そのプレゼントになったいきさつに一同爆笑。さらに「欅坂46は無理!」とまさかの発言をし、長濱を唖然とさせる。                (modelpress編集部)

 

 

出演者

 

① 今アツイ有名人:青山テルマ、ANZEN漫才、石原良純、菊地亜美、千鳥、長濱ねる

              ゆりやんレトリィバァ、吉沢亮、ロバート

② 世代対抗トークSP:石川千裕、完熟フレッシュ、北村匠海、陣内智則、出川哲朗、デヴィ夫人

                 平野ノラ、辺見えみり、丸岡いずみ、みちょぱ、薬丸玲美、六角精児

③ モテ美女VS女芸人:尼神インター、いとうあさこ、伊東紗冶子、河北麻友子、ガンバレルーヤ

                 滝沢カレン、田中道子、寺田ちひろ、ハリセンボン、真飛聖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4⃣ 長濱ねるの軌跡

 

 

長濱ねるの軌跡:https://ameblo.jp/kablogkun/entry-12244677512.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5⃣ 感想

 

 

長濱ねるが伝説のアイドルになるには上に書いた以外にも色々必要だと思うが、自身がセンターでミリオン達成も必要だろうし、長崎市の観光大使以外にも公的な肩書があった方がいい。芸能関係者との繋がりはかなり順調に進んでいるが、文化人との交流ももう少し欲しい。出来れば園遊会に呼ばれるような活躍もして欲しい。女性アイドルのタレントパワーランキングの上位進出は勿論だが、できれば1位の指原莉乃に並びかけるような位置に行って欲しい。中々ハードルは高そうだが朝ドラのヒロインにでもなれば一気に急上昇するし、20才になる今年は飛躍の大チャンスだろう。他にも色々考えてみたいが、不可能を可能にするのが長濱ねるだと思っています。特に最大の強みは原爆に対する深い認識と世界平和に対する強い心だと思いますからそういう舞台で世界に発信できるようになればいいと思います。