(事務所スタッフ、アンザイです。

本日は、最近つとに地域の方々からさまざまな陳情やご相談なども多く、なかなか時間が取れない様子の市議に代わってブログを更新させていただきますアセアセ

 

9月14日 第1回目となる

『新型コロナウイルス感染症対策調査特別委員会』が開催されました。

 

ご存じのように、新型コロナウイルスの出現により、社会も市民生活も大きく変貌しました。

これまでの対応、対策はどうなのか、もし、第3波がきたら・・。

避難所に行くときはどうする?・・など多くの不安なことがあるかと思います。

この委員会は9月4日の臨時市議会で全会一致で承認され、これまでの対応、対策についてを審議するものです。

25名の市議で構成され、小竹市議も委員として選任されました。

この委員会はコロナが収束するまで、あるいは今任期が終了するまで続けられます。

 

今回は、自民党会派からの質問として

先日ニュースにもなったすすきの“夜の街関連”のリスト漏洩問題や感染者情報の取り扱いなど「情報開示の在り方」について。
助成金や事業者向けの融資制度などの拡充について。

地域経済を担う「商店街」の支援について。
教育委員会に対しては、学校行事等における感染対策や感染者発生時の対応について。
また、秋冬に向けての発熱外来の取組や第3波を想定しての対応策など11項目にわたり行政対応のチェックを行いました。
高齢者施設で起きてしまったクラスター事案なども審議されました。

これらの審議から第3波を想定した未来のモデルが出来上がることを期待するとともに、この委員会に課せられた責務の重さを
一委員として感じていると市議は話しておりました。

 

なお、この委員会は、本会議と同様にインターネットで傍聴することができます。
第2回委員会は10月7日(水)、本会議修了後に行われます。
札幌市議会のHPよりごらんください。

以前、ご紹介しました 『札幌市飲食店未来応援クラウドファンディング』 (7月3日のブログ)
第3弾が、9月1日12時から始まりました。

お食事券の使用期間は10月20日から来年 2月28日まで。
クリスマス、お正月、バレンタイン・・と意外にイベントが多い時期になります。お店によっては、おせち、オードブルなどにも使用可能です。

今回も同じく、1,000円の購入で1,300円分のお食事ができます。

30%のプレミアム分は札幌市が負担します。

これまでと違うのは、お食事券1枚1,300円を2分割にすることができます。
たとえば、お昼に700円のラーメン ラーメン  を食べました。お支払いは、お食事券の半分650円に50円を追加 してレジへ。
カフェでケーキセットカップケーキコーヒーを注文。1100円。

お食事券650円分に450円 を準備してレジへ。
お釣りがでない弱点を見事にリカバリー。ニコニコ

 

飲食店側の参加登録もまだ間に合います。

9月15日まで募集中。

PCやスマホの操作が苦手な店主の方へ朗報です。事務局まで出向けば、ページ作成を代行してくれます。

参加登録、事務局住所などはこちら

 

なお、事業の予算に達した場合は、事前の告知なく終了しますので、お早めに。

今すぐ、こちらから。

第1弾、第2弾と好評のこの企画。
新型コロナウイルスの影響で飲食店の来店者も激減しています。
「食」を楽しみながら、みんなで応援しましょう。

821()の朝、

月寒小学校正門横に子どもたちが自らの安全を守るための行動をわかりやすくまとめた「いかのおすし」の標識が設置されました。

 

もうご存知の方、多いとは思いますが、

『いかのおすし』 とは

いかない⇒ついていかない

らない⇒車にのらない

おきなこえをだす、

ぐにげる

らせる⇒まわりの大人にしらせる

の頭文字をとった防犯標語です。

 

標識を製造、設置してくださったのは、

地元、豊平区月寒で(小竹金物店とも長くお取引をいただいた

創業62年を誇る道路標識メーカーである

(株)大宮ホーロー北海道製作所 さんです。

 

 

大宮ホーローさんは、

昨年『豊平区まちづくりパートナー』に登録されて早速、地域貢献活動としてこの『いかのおすし』設置に向け準備を進めてくださっていたのですが、途中、感染症拡大へのご配慮もあり、およそ一年越しの実現となりました。

 

 

月寒小学校正面玄関前で

㈱大宮ホーロー北海道製作所 甚内祐亮 代表取締役

月寒小学校 小野寺伴幸 校長(写真左側)と、

 

 

手際よい作業、さすがです。

 

高さや標識の向きなど安全面も確認しながらシッカリと設置。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『いかのおすし』がつきました!

 

公道の道路標識と同じものなので、冬季間の積雪時や強風などにも問題がないとのことです。

校長先生、教頭先生と共に作業を見守らせていただき

完成したときには思わず歓声があがりました!!…ホントですっ!

 

この標識が単なる言葉の語呂合わせではなく

子どもたち一人一人や家庭で、「知らない人」についての認識や身近にある「危険」について考えるきっかけづくりにも役立ってくれることを願っています。

大宮ホーローさん!甚内社長!

ありがとうございましたキラキラ

 

 おまけの画像 》

 

正門横にはお手入れの賜物

りんごが赤く色づいていましたりんご

 

自分たちが育てた朝顔
子どもたちの姿が愛らしく…ラブラブラブラブ