東京・新宿 臨床心理士が提供するコーチングとカウンセリング
臨床心理士×プロコーチのカミヤカオリです。
屋号を『アトリエ南風』と名付けて2010年よりフリーで活動しています。

たくさんの人に夢を叶えて生きがいのある人生を創ってほしい。

だけど、悩みや迷い、自信のなさ、などにそれを阻まれている人も多いなぁと感じています。

そんな人たちが、こころの土台を整え、夢や生きがいある人生を手作りできるよう、
カウンセリングとコーチングでお手伝いしています。

一人ひとりの心にしなやかな南風がふきますように☆


→ プロフィールはこちら

→ セッションメニューはこちら

→ はじめての方はこちら


☆セミナー/ワークショップ☆
→ 最新情報はこちらからどうぞ☆


1冊をたっぷり味わうしつもん読書会

NEW !
テーマ:

 

 

桃に続いて?
好きなものシリーズ。
 
読書が好きです。
 
子どものころから
本が好きです。
 
子ども部屋の本を制覇し
学校の図書室に手を出し
市立の図書館に通いだし
 
と読書人生を
歩んで参りました(笑)。
 
 

7月はほとんど読めず
 
読書記録も
ゼロ記録でしたので
(8月もそんな気配!?)
 
今日は
気ままに本にまつわる
話をしようかなーと思います。
 
 
 
本の話・・・
 
切り口がたくさんあって
どこから話そうかと
なんだかわくわくしますが・・・
 
本との出合いの場、
でいきますかね。
 
本を見つける場所。
 
 

本屋さん(WEB・リアル両方)、
図書館、
SNSの投稿、
 
メインはこんなところでしょうか。
 
昔と違うのはSNSですかね、
お友達が読んでいる本は
 
「読んでみようかな」
 
という気持ちに
なりやすい気がします。
 
 

でも、私の主戦場?は
やはり図書館かな。
 
ぶらぶらと書架を眺めて
ピンときたものを選ぶ。
 
出合った感触で
あまり悩み過ぎずに借りる。
 
面白かった!
 
とヒットしたときは
自分の選択眼に
一人悦にいったりします(笑)。
 
 

あとは本の中。
 
読んでいる本の中に出てくる
面白そうな本。
 
これも割とみなさん
実践してらっしゃいますよね。
 
本の連鎖。
 
本が本を呼ぶ。
 
これも”出合い”って
感じがしますよね。
 
 

他にも
『同じ作家シリーズ』
もやります。
 
一冊、偶然に出合った本が
特に好みだったとき、
 
この作家さんは
他にはどんなものを
書いているのかな?
 
と作品から作家へと
興味が広がります。
 
 
 
これは自分から探しにいくので
ちょっと攻めな出合いですが
 
うまくハマると
 
しばらくの間、
同じ作家さんの作品が続く
 
なんてこともあります。
 
 
 
なかなか無いだけに
 
この手の出合いがあったときは
大当たりな気分です(笑)。
 
読書の醍醐味ですね。
 
 
 
 
 
 
 

同じ作家シリーズ
といえば思い出すのが・・・
 
中学生のときにお世話になった
国語の先生の言葉です。
 
『もし、好きな作家に出会ったら
書かれた順に読むようにしなさい』
 
 
教科書に載っていたことは
ほとんど覚えていないのに
 
この言葉は
未だに私の中で生きています。
 
 
 
好きだな、
もっとこの人の言葉を読みたいな、
 
と思う出合いがあったら
まずは古い作品を探します。
 
これはもう、
私の読書習慣として
完全に定着しています。
 
 
 
古い作品には
案外、その人らしさが
詰まっているように感じます。
 
後期の作品になるほど
洗練されていて
ひっかかりなく読めるのですが、
 
初期の作品に
打ち出されていたテーマが
 
薄くなるというか、
さらりとしてしまうというか、
もがきが見えなくなるというか、、、
 
そうだな、
 
テーマが薄くなるんじゃなくて
その人らしさが薄くなるのかな。
 
その人の匂いみたいなものが
整えられてしまうというか。
 
 
 
たいてい初期のほうが
「もがき」「必死さ」
みたいなものがくっきり出ていて
 
その人固有の
匂いというか、存在感というか
 
そんな野性味?のようなものが
漂っているものです。
 
 

それを読んだ上で
時代を上ってくると
 
理解も深まるというか
味わいがまた深まるというか、
 
順番に読むとは
その変遷をたどること、
 
そんなことなんでしょうかね。
 
 

最初の作品に
その人の興味・関心の
すべてが詰まっている、
 
というのは大げさでなく
毎回思うことです。
 
ご本人はそれほど
意識していないかもしれませんが・・・。
 
いや、もしかしたら逆で
そういう
 
興味・関心の幅が
せまい?定まった?作家に
”私が” 惹かれる
 
ということなのかもしれません。

まぁ、多才で多彩な作品を
残す方もいらっしゃるので・・・
 
一概には言えないのでしょう。
 
 

ここまで書いて思いました。
 
あれですね、
 
一人の作家作品を
古い方からたどるというのは
 
その人の作品人生?を
たどるという点で
 
カウンセリングでやっている
一人ひとりの人生をたどるのと同じだなと。
 
 
 
 
作品を通して
個人史をみるような、
 
そんな感覚があるのですね。

そういえば、
それで思い出すのは
初回セッションのことです。
 
 

カウンセリングは
何回も、時に何年も続きますが
 
最終回に
「あぁ、そうか」
となることがあります。
 
それが初回セッションなのです。
 
 

何10回と重ねてきた
最後のセッションで
 
初回セッションのことを振り返ると
「あぁ、だからこれか」
と思い至ることが
 
すでに初回で
語られているのです。
 
もちろんそれは
回数を重ねてきたからこそ
 
そのように
クリアに見えるわけですが、
 
それはそれは
本当に鮮やかです。
 
 
 
あぁ、なるほど

ここに至るためにこれまでの
セッションがあったのだな、
 
と分かるわけです。

推理小説の犯人が
分かってから読み直すと、
 
「あぁ、この時」
 
と分かるような、
あんな感じです。
 
推理している最中には
スルーしてしまうヒントも
 
犯人が分かってから読むと
くっきり見える。
 
 

・・・って
いったい何の話でしたっけ・・・。
 
読書の話からいつのまにか
カウンセリングの話に(笑)。
 
作品を読めば
作家のことが分かる、
 
というほど
単純ではないはずですが、
 
そうではなく、
 
読書という活動そのものは
人間を理解する助けになる
 
とは思います。
 
 

・・・ずいぶん
長くなりましたね。
 
まだまだ語り足りないですが(!)
 
みなさんの
読書タイムを奪わない程度の
 
この辺にしておきますか(笑)。
 
 

秋になったら
また読書会やりましょう。

 

 

 

カミヤカオリ

 

 

*夏季休業のお知らせ*

2018年8月12日(日)~8月19日(日)

期間中ご不自由をおかけいたします。

詳細はこちらをご覧くださいませ。

 

 

ウインク【企画中】開催予定の勉強会&セミナーはこれ
→ (9月以降)しつもん読書会 vol.3 はちょっとお休みします☆
→ (9月以降)こころを整える大人のワークショップvol.8はちょっとお休みします☆
→ (開催未定)プロコーチ向けセミナー第4弾は調整中です☆

 

 

ニコニコカミヤってどんな人?
→ プロフィールはコチラからどうぞ

→ アトリエ南風『はじめての方へ

 

 

キョロキョロコーチング/カウンセリングが気になる☆
→ 詳細・お問合せ・お申込みはコチラからどうぞ

 

 

ウインク思い立ったときにスグ予約!前日18:00まで受付☆

→ メニューとご料金一覧はコチラからどうぞ

 

 

ニコニコプロコーチのケース立て直しを臨床心理士が後方支援!

→ 〈対人支援の専門家向け〉コンサルテーションサービス

 

 

ショボーン大切な人の様子がいつもと違う・・・ご家族やご友人のご相談お受けしています

→ コチラより初回カウンセリングとしてお申込みください

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス