幸福と不幸 | 四神のブログ

四神のブログ

あなたは、今 幸せですか。。。
あなたが幸せになれるよう、お手伝いさせて下さい。


テーマ:

 

 

幸福と不幸は『気づきやすさ』に大きな特徴があります。

 

 

 

 

 

 

この特徴は、みなさんの人生にも役立つかも知れません。

 

 

 

 

 

 

それは『幸福は気づきにくく、不幸は気づきやすい』という特徴です。

 

 

 

 

 

 

どちらも幸福感に関わる感覚ですが、気づきやすさは、天と地ほど

 

大きな違いがあります。

 

 

 

 

 

 

 

『幸せは気づきにくい』

 

幸福は気づきにくい特徴があります。

 

 

 

 

 

 

人には『危険回避』の本能があります。

 

 

 

 

 

 

命を守るためには、危険を回避することが重要です。

 

 

 

 

 

 

幸福は、危険に関係しないため、注意が向きません。

 

 

 

 

 

 

『問題がない』と判断するため、無意識のうちにスルーしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

なかなか注意が向かないと、実感も湧きにくい。

 

 

 

 

 

 

幸せなことが10個あろうと100個あろうと、気づかなければ、ないも同然

 

になるんです。

 

 

 

 

 

 

たとえば、健康です。

 

 

 

 

 

 

健康は幸せなことですが、普段は実感しにくいのと同じです。

 

 

 

 

 

 

健康そのものは危険に直結しないため、普段は注意が向きません。

 

 

 

 

 

 

健康を失ってから、健康に注意が向いて、いかに健康が幸せなことで

 

あるか気づきます。

 

 

 

 

 

 

そのため普通にしていると、幸せがあっても気づきにくくなるんです。

 

 

 

 

 

 

 

『不幸は気づきやすい』

 

不幸は気づきやすい特徴があります。

 

 

 

 

 

 

不幸なことは生命に関係しています。

 

 

 

 

 

 

人間には危険回避の本能がありますが、不幸は危険に関係している

 

こと。

 

 

 

 

 

 

本能的に不幸には敏感に反応するため、不幸のほうが目立ちやすく

 

なります。

 

 

 

 

 

 

こうした気づきやすさの違いのため、私たちは普通に生活していると、

 

幸せより不幸のほうに注意が向き、目立って見えるんです。

 

 

 

 

 

 

 

『幸せでない』という感覚の大半は、気のせいであり勘違い

 

『私は幸せではない』

 

 

 

 

 

 

もしそう思うことがあるなら、本当に幸せでないのか、いま一度疑って

 

みてください。

 

 

 

 

 

 

自分では『幸せではない』と感じても、実際は『気づいていないだけ』

 

という可能性があります。

 

 

 

 

 

 

思い出してください。

 

 

 

 

 

 

『幸せは気づきにくく、不幸は気づきやすい』という特徴を。

 

 

 

 

 

 

不幸のほうが目立って見えるため『不幸に囲まれている』と錯覚して

 

いるだけです。

 

 

 

 

 

 

不幸しか見ていなければ、悪いことが浮き彫りになり、不幸に感じる

 

のも当然です。

 

 

 

 

 

 

不幸だと思ったとき、恵まれている幸せに注目してみてください。

 

 

 

 

 

健康であること。

 
 
 

親や友達がいること。

 
 
 

自由な時間があること。

 
 
 

好きな勉強ができること。

 
 
 

食べるもの・住むところがあること。

 
 
 
 
 
 

どれも幸せなことです。

 

 

 

 

 

 

当たり前に感じるかもしれませんが、どれも幸せの1つであるのは事実

 

です。

 

 

 

 

 

 

希少性や有用性にとらわれてはいけません。

 

 

 

 

 

 

価値や金額の大小にとらわれてもいけません。

 

 

 

 

 

 

安全・安心・希望につながることは、すべて幸せです。

 

 

 

 

 

 

それらは普段実感しにくいことですが、あなたの幸福に関わる重要

 

な要素です。

 

 

 

 

 

 

『幸せではない』という感覚の大半は、気のせいであり、勘違いです。

 

 

 

 

 

 

幸福は気づきにくくて、不幸は気づきやすいため、そう感じるだけの

 

こと。

 

 

 

 

 

 

たとえ少しくらい不幸なことがあっても、自分の周りにある数々の幸せ

 

に気づけば、悲しい気持ちは吹き飛ぶでしょう。

 

 

 

 

 

 

ハッと我に返り『どうして落ち込んでいたのだろう』と不思議に思うはず

 

です。

 

 

 

 

 

 

あなたは、不幸ではありません。

 

 

 

 

 

 

不幸どころか、本当は幸せなんです。

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』

 

 

 

ペタしてね

 

 

霊能者・スピリチュアルカウンセラー 和頼さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス