コラボ企画第二弾 『M探偵・明茶マピ郎の事件簿』 第2話 | 『ババン子ブログ』
2010-11-04 16:08:27

コラボ企画第二弾 『M探偵・明茶マピ郎の事件簿』 第2話

テーマ:ボケて(bokete)

第0話/スんず区さん http://bokete.blog135.fc2.com/blog-entry-25.html

第1話/ponさん     http://ameblo.jp/system-pon/entry-10695408176.html




------------------------------------------------------------------






普段は閑静な住宅地なのだろうが、今はどうだろう。

マスコミに加え、騒ぎを聞きつけた野次馬でごった返している。


違法駐車するドライバーに向かって声を荒げる警官、

カメラに向かってVサインをする品のない若者、

「いやいや」と言いながら、いつまでもインタビューに答え続ける厚化粧の主婦。


そんな喧騒の中、

携帯の受信メール画面を見つめながら、ニヤッとほほ笑む男の姿など、

誰も気にとめる事はなかった・・・
















「さっさと追い払ってこいよ!!!

 しっかしマスコミってのは、一体どっから嗅ぎつけるんだぁ?


 ・・・おぃ!探偵さんよぉ!そんな所、じーっと見つめて何してやがるんだぁ?」










(やっべ・・・なんもひらめかねぇよ・・・)









「おぃ!!!」


「えっ?あ、いや・・・警部補殿。そう慌てなさんなって!」


「ほ~ぉ・・・その言いぶりは、もう分かったんだな?」


「ふっふっふ・・・もっふっふっふ・・・

 一旦、署に戻りましょうや!そこで全部整理してお話ししますから!」


「よっしゃ!・・・おい、そこの新人!車出せっ!」










(とりあえず時間稼ぎできたぞ・・・着くまでに何か考えなきゃ・・・)


マピ郎は前回解決した難事件がマグレだった事を、誰にも言えずにいた。












捜査本部が設置された野方警察署に向かう覆面パトカーの車内は、

異様な雰囲気だった。


助手席で、相も変わらずマピ郎に食ってかかる、エビフラ警部補。


後部座席真ん中で、呻き声をあげつつ、警部補のソレに応えるマピ郎。


後部座席左右から、マピ郎のアレをジュルジュルしゃぶる美人姉妹助手。


「なんでだよっ!!!」

ルームミラー越しにツッコむ、運転席の新人刑事、溝丸。


「「お前のも、吸ってやろうか?吸ったるでぇ!」」

後部座席左右から、マピ郎のアレを握ったまま問いかける美人姉妹助手。


「マ、マジっスか?俺のシフトレバー、まだ1速っスけど、いいんスか?」

ルームミラー越しに発情する、運転席の新人刑事、溝丸。


「黙れ新人がっ!てめぇ刑事だろ!何考えてんだ、バカ野郎!!!」

助手席で、既にズボンを下ろし終えたエビフェラ警部補。


「そう言えば、今週のFGTV、アイツが2週連続1位だったみたいですね!」

後部座席真ん中で、テンパり過ぎて全然関係のない事を言い出すマピ郎。


「・・・うっ!」


「・・・うっ!」


「・・・押尾っ!」











野方警察署に到着した時・・・


男たちは慌てて自分のベルトをガチャガチャと締め直し、

曇った窓ガラスを必死に拭いていた。














「エビさん!なんで電話に出ないんスか!!!」

署に着くなり、バタバタと階段を駆け降りてきた部下の声が響く。


「あん?電話だぁ?」

見るとマナーモードにしていた携帯に『不在着信』の文字が。


(なんだ・・・あの時のブルブルは、美人姉妹の技じゃなかったのか・・・)


「いや・・・あの探偵野郎と話しこんでてな・・・それより!何かあったのか?」


「『何か』なんてもんじゃないッスよ!犯人が出頭してきたんですよ!!!」


「何だとぉ!?」

一瞬、戸惑いの表情を見せた後、エビフェラはすぐにマピ郎に視線を向けた。


「てめぇ、最初っから、こうなる事を分かってたってのか?」







(ラ・・・ラッキー・・・)








「ふっふっふ・・・もっふっふっふ・・・皆さん、難しく考えすぎなんですよ!

 この事件は非常にシンプルな事件だったんですよ!

 まずは、彼の話を聞きましょうよ!多分、私の推測通りでしょうがね!」





「あ、あのぉ~・・・それが~・・・」

エビフェラの部下が、申し訳なさそうに割り込む。


「出頭してきた男が3人もいるんですよ!!!」





(えええぇぇぇ???

 めっちゃ複雑じゃん!!!)






続く

------------------------------------------------------------------







すみません・・・

ponさんの素敵な第1話を、

取鳥さんの予想通り、B級にしてしまいました(笑)


おきゃん姐さん!

後片付け、頼んます!!!

ファンキーガッツマン(実質ババン子)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス