第0話 スんず区さん→

http://bokete.blog135.fc2.com/blog-entry-25.html




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




一件のメールを受信しました


11月2日 (火) 22:28


件名:無題


本文:

そうだよ。ボクも、あの殺人事件の犯人の1人だよ。

ボクは絶対に捕まらない自信があるんだ。

犯罪心理学?心理分析?ムダだね。

従来の経験だけに頼ってると、

捜査がまるで見当違いの方向に進んでいくよ。

そのほうが、ボクにはいいんだけどね。

ボクは絶対に捕まらないよ。

絶対にね。








「今日午前4時20分頃、東京都中野区の自宅で男性の遺体が見つかりました。遺体には頭部を鈍器で殴られたような痕が数ヶ所見られるとのことで、野方警察署は、この男性の身元を調べています。・・・次のニュースです」






一件のメールを受信しました


11月3日 (水) 21:52



件名:Re 無題


本文:

ボクはね、法律にうんざりしてしまったんだよ。

たぶん、今頃、裁判官が発布する

捜査令状を手に捜査本部なんて

立ち上げちゃったりなんかして

無能なヤツラが

犯罪事実を立証しようとしてるんだろうね。

ボクはね、社会の矛盾や軋轢から生ずる

人の誤った行為を正し、

人々の生活を平穏にしたくて法曹関係の

仕事に就こうとしていたんだよ。

司法試験にだって合格したよ。

司法研修生として2年間過ごしたよ。

裁判官か、検察官、弁護士のどれでもなれる。

その、どれかになりたかったからね。

でもね、ボクはどれも選ばなかったんだよ。

ボクは、この国の司法や法律が、どの程度か

知ってしまったんだ。現実ってやつをね。

ヤツラは、

人を裁くことや、

人の罪を暴くことや、

人を守ることとか、

肝心なことを、学んでないんだよ。

人が人を裁くなんて、罪を暴くなんて、守るなんて

偽善者だから出来るんだ。

もちろん、そんなヤツラばかりじゃないって思うよ。

ボクはそんなに卑屈になっていないよ。

尊敬する先輩だっているんだよ。

大好きな人だっているんだよ。

人殺しはいけないと知ってはいたけど、

ボクは、ヤツラに挑戦状を叩きつけたんだ。

サイコ?

狂ってるって?

そう思うなら、思ってもいいよ。

そこは、キミの思うように思ってくれていいんだ。






ーあいつらも、うまく逃げ延びてくれてたらいいなー






新着メールはありません





外は少しずつ暗さを増して、また夜が訪れる。

静寂の深い闇に包まれて。

漆黒の深い感情に包まれて。


to be continue!!





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


犯罪者の心情というか、内面を書いてみました。

そういうところから、探りを入れて書きました。

携帯電話のメールの形式で、書きました。

本当は、いろんな人をいろんな場面を想定して

書いて見たかったんですが。

初稿では、その予定で書いていたモノもありました。

キチンと、まとめられなかったので、やめました。


これから、続きを書いてくれる人がたくさんいるので

そこは、続きの人達に任せちゃいますww


一番最初なんで、とりあえず好きにやってみました。

この先の展開が、楽しみです。

これからの物語の行く末を、静かに見守って

いこうと思いますww


読んでくれて、ありがとうございました。


ファンガツさん、次、よろしくねー。


AD

コメント(22)