キャンプ🏕に連れて行ってもらいました!


インドアな私
キャンプ🏕なんて学生の頃以来
実に二十数年ぶり
そんなに久しぶりだと
もう ほぼ初めての体験だよね
実際
キャンプの道具(キャンプギア)だって
私の知っているものとは全然違って
機能的だし 格好いい‼️

2日間 何もかもが新鮮で  すべてが楽しかった✨


キャンプに行ってきた ではなく
連れて行ってもらった と書いたのは
もうホント 何から何まで
準備から 運転から 設営から お食事まで
全部お任せで 私はただただ楽しんでいたから

普段だったらSNSに投稿するのだろうけど
自然の中で過ごす時間が楽しすぎて
それを味わうことで手一杯で
すっかり忘れていた(←ダメじゃん。。。)


キャンプ好きで 今年はソロキャン(ひとりキャンプ)をしている友人が あまりに楽しそうで
いいなー 行きたい!とおねだり
もう1人 やはりキャンプ好きで
このキャンプのためにテントをポチったという友人と3人で出掛けることに

白老のASOBUBAという
今年オープンしたばかりの
とってもおしゃれなキャンプ場
トイレやシャワーがとってもきれいで
女性でも お子さん連れのご家族でも
私みたいなキャンプ初心者にも安心✨


出発当日
直前まで天気予報は雨マークだったのに
前日も夜から雨が降り出したのに
朝になったらやんでいた!
途中 少し降ったり
山道は霧がかかっていたりしたけれど
地元の海産物を扱うお店やしいたけ農園
スーパーでお買い物をして
現地についた時には降り止んで
暑すぎもせず快適なお天気に‼️


2人がテキパキと設営していくのを
手伝ってはみたものの
やってる本人は真剣なんだけど
手伝ってるんだか 
邪魔してるんだか
甚だ疑問
子供のお手伝いか猫の手程度?
それでも 設営完了時には
一丁前に達成感など味わってみたり


薄曇りで太陽は隠れていたので暑すぎないし
到着してから ずーっと同じ明るさのまま
時間が過ぎて行って  
それもまた特別な感じがしてよかったなぁ

木があって
土があって
森があって
川の音が聞こえて
ぼんやりと座っているだけで心地いい


そう
キャンプだというのに
ぼんやりと座っている大贅沢✨

食事の用意をしてくれる友人
焚き火の管理に余念のない友人
その後ろで ただただビールを飲む私🍺✨

キャンプと言えば焼肉かなと思うでしょ
ところが料理上手な友人のキャンプ飯は
アヒージョからの薫製いろいろ
空豆、しいたけ、お豆腐、ホッケ、スペアリブ
高菜、ナッツ。。。
網で焼いた大きなホッキ貝
どれもこれも美味しくて
写真を撮るのも忘れて 
食べる 飲む🍺✨(←だからダメじゃん)


夜になっても雨は降らず
なぜか気温が下がることもなく
用意していた上着は出番なし
寝るまで半袖のままでいられた

寝ている間には
ちょっと強めの雨が降っていたのだけど
翌朝には快晴☀️
テントの中が暑くて目が覚めたくらい

こんな景色を眺めながら飲む
朝のコーヒー☕️は至福
(これまた淹れてもらってるから特別✨)

前日とは打って変わって
暑いったらない💦
朝からこんなに暑い?っていうくらいの日差し
時折 気まぐれに吹く風に助けられた

おかげで
朝ごはんを食べる間に
濡れていたテントも大方乾いて
さぁ そろそろ撤収という頃には
朝よりも雲が増えて 
暑さも軽減していて
連れて行ってくれた友人が
『僕はキャンプの神様に愛されている』と豪語するのも大いに納得してしまう タイミングの良さ


キャンプ場をチェックアウトした後は
アヨロ温泉♨️でホッと一息
(友人が撮った写真を拝借)
トロリとした泉質でお肌つるつる
先を急いでいたので
そんなに長湯はしていないのに
上がってからも どんどんポカポカしてきて
エアコンの効いた車内でも汗が止まらず
顔汗を拭い続けることに。。。
とってもいい温泉だったので 
またゆっくり行ってみたいな


話題のウポポイに立ち寄り
学校では習うことのないアイヌ文化に触れ
知っていたことはほんの僅かで
知らなかったことも 
誤解していた部分もたくさん


日頃 陽に当たることの少ない私
午前中だけで ひと夏分の陽を浴びて
温泉にまで入っちゃったものだから
頭が働かない💦
解説の文章を読むのにひと苦労
(国語得意だったはずなのに。。。)
自然の中にいる間はしなくてよかったマスク😷にも 手古摺って
お昼ご飯を食べたら更にぼんやりになり
体力の無さを露呈


結局この日も
時折少し降るものの
本格的な雨には当たらず 帰って来られた!


2日間のお休み
めちゃめちゃ充実した
いい時間を過ごさせてもらいました



どうしよう
キャンプ🏕楽しい
またすぐにでも行きたくなってしまう