The new office worker 〜新時代のサラリーマン〜

The new office worker 〜新時代のサラリーマン〜

新時代に生き抜くには、どんなサラリーマンなのか?
理想のサラリーマン像を求めて成長していくストーリー。

今回の記事は、2016年11月に

掲載した内容を再編集したものです。

 

どうも、heeekunこと山本英貴です。
僕は普段サラリーマンをしています。

そこでの気付きや学びについて発信してます。


今回のテーマは

「新人教育」

 

について思うことがあったので

シェアしていきたいと思います。



教育熱心な上司や先輩はいいことです。

部下に対する思いも伝われば
部下もやる気が出ますしね。


しかし、ひとりで全員の面倒とか
見ようとしている人いませんか?えー


組織の規模にもよりますが
5人以上いるような組織なら
部下にある程度任せた方がいいと。

僕は思います。


特に新人教育というのは。


経験の浅い新人を
一人の人でする必要ありません。


一から教えるというのは
簡単なようで難しいのです。


一人の人からしか学ばないと

一人の人のやり方でしかできない
 

ということが起こります。

仕事というのはたくさん方法があるはずです。

色々な人から学んで

その中から自分に合った最良の方法を採用するべきです。


サンプルが多ければ迷うこともありますが

共通項も見えてくると思います。


人から技術を学ぶとは

そういうことなんですから。


先輩は楽をするためというよりは
後輩のためになる。


後輩を教育すれば
人に教えることで、自分も成長することが
できるんですよ。


また、

新人のときって年の離れた先輩に話って
しづらいって経験ある人もいると思いますが。えー


社会経験がある先輩が気軽に話せば
後輩だって話がしやすくなると思います。


実際、僕はそうでした。(笑)


ある程度、組織が大きいところなら
新人教育は複数人でしましょう。


で、できるだけ

仕事の方法を色々な角度で教えることです。


仕事を任せちゃいましょう。

 

参考にして頂ければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ps.ご意見ご感想、またコメント頂けたら嬉しいです。

 

フォローしてね!  ペタしてね

 

 

 

LINE@でも受け付けしてます。

 

 

友だち追加

 

↓オススメ文献です。