The new office worker 〜新時代のサラリーマン〜

The new office worker 〜新時代のサラリーマン〜

新時代に生き抜くには、どんなサラリーマンなのか?
理想のサラリーマン像を求めて成長していくストーリー。

今回の記事は、2016年11月に

掲載した内容を再編集したものです。

 

どうも、heeekunこと山本英貴です。
僕は普段サラリーマンをしています。

そこでの気付きや学びについて発信してます。
 
今回は


「リーダーが持つパワー」
 


について僕の意見についてシェアです。


リーダーって、部下に命令や指示を
出すなどコントロールする

大切なポジションです。

当然、大きな影響力を持っています。


リーダーには5つのパワー
を巧みに使い分けていかなければ
いけないと思うのです。

で、
その5つを紹介します。


・強制的パワー

・報酬的パワー

・正当性パワー

・尊敬するパワー

・専門的パワー


この5つです。

順に説明していきます。


まず、強制的と報酬的を一緒に。

この2つはよく聞く言葉で説明すると

「アメとムチ」で表されます。

アメ、つまり報酬によって従わせる。

そして、

ムチ失敗などで罰して従わせる。


アメによって、頑張るケースって

子供のころとかにありませんでした?(笑)

学校の成績がよかったらとかで、

ゲームソフトを買ってあげるとか。

あれですね。


次に、正当性パワー。

これは、「立場的に聞くのが普通」

みたいなリーダーの指示や命令に従う

のが当然という状況の影響力です。


上司・部下の関係は普通に使いますね。

つぎに、尊敬するパワー。

「憧れのこの人についていこう」

「あの人みたいになりたい」

と個人的に魅力が影響力になる。


そして、最後は専門的パワー。

専門的知識や技能が高いとか

問題解決能力が高いなど。

この人に聞けば大丈夫みたいな

ベテランが信用を得られやすい力。


基本的には、誰しも何らか能力を

持っているし使っているはずです。


だから、リーダーというポジションに
就けた方が多いと思います。

 

以上5つです。


この5つをバランスよく使い分けることが
できれば、優れたリーダーになれる。


と僕は思います。


・強制的パワー

・報酬的パワー

・正当性パワー

・尊敬するパワー

・専門的パワー

どれが得意で、どれが足りないか
リーダーの方は
自己分析してみるのもいいと思います。

まあ、足りていないから

 

「リーダーに向いていない」

 

というわけでもないので

足りていないのであれば

補う努力をするだけです。

参考にしてみてください。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

ps.ご意見ご感想、またコメント頂けたら嬉しいです。

 

フォローしてね!  ペタしてね

 

 

 

LINE@でも受け付けしてます。

 

 

友だち追加

 

↓オススメ文献です。