私も長年、映像翻訳や通訳に携わっていますが、

語学力だけを武器にやっていくには

難しいことを痛感しています。

 

もちろん、ある程度の語学力は必要ですが

それ以上に、文化背景の理解や

日本語力、専門分野の知識などが重要ポイント。

 

たとえば、海外ドラマに字幕を付ける時に

明日シーンでその国で親しまれている

お菓子の名前が登場したとします。まかろん

そうすると、こんなことを考え始めます。

 

そのお菓子が何なのか?

その国の人たちにとってどんな存在なのか?

商品名をそのまま出して、日本の視聴者は分かるのか?

それに代わる日本の国民的お菓子とは?

そうやって字幕を決めていくのです。

何も考えずに訳すことだけに集中しても

視聴者に伝わる字幕は作れません。

 

そんな風に語学以外の部分に注意を払えることが

真のプロと言えるのではないでしょうか。

 

ぜひ、皆さんも翻訳する機会がある時は

書かれている情報にも目を向けてみてくださいね癒し系笑顔

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

9月30日(日)に日本映像翻訳アカデミーで行われる

イベントに登壇し、映像翻訳について語ります。

★イベント詳細はこちらから

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

ダウン学校の情報はこちらダウン
   

 

ロサンゼルスで

下矢印映像翻訳を学びたい方下矢印