『ママは強くなりたい』塩沢淳子オフィシャルブログ

$『ママは強くなりたい』塩沢淳子オフィシャルブログ
著書:「OHANA~奇跡の明日を信じて~」

                      2011年5月13日発売

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

4/9/21 嬉しい事と困った事

まず有り難かった事から。

 

今日レンタル会社から連絡があり、

月曜日に仮の車椅子をレンタルできる事になりました!

 

皆さん、心配していただきありがとうございました。

 

ハワイではこんなに早く届くことは本当に珍しくて、

PCP(家庭医)、ケースマネージャー、保険会社の担当者の方が迅速に連絡を取り合ってくれたからです。本当に良かったです。

 

今の車椅子はリクライニングが壊れているので、

クリが突っ張ると椅子から落ちそうになります。

さっき背中を見たら、赤くなっていたんですよね。

 

少しでも危険が回避できるので、良かったです。

 

PCPやケースマネージャーにお礼のメールを打ったら、

彼らも喜んでくれました。

 

 

 

 

 

で、もう一つは、頭の痛い話。

クリのサクションに使う赤いラバーは定期的に交換しなければなりません。

 

使い方はこんな風です。

 

 
もう何度も紹介して、見ていただいた方も多いかと思います。
 
クリの場合は、痰が喉に溜まると急激に酸素濃度が下がるので、
サクションはとても大切です。
 
ところが前回サクションのラバーが届いたら、
赤いタイプではなく間違ってベージュのタイプが入っていました。
 
 
上のベージュのタイプは、柔らかすぎて痰があまり取れません。
なので残った赤いタイプのラバーを、何度も消毒して使っていました。
 
今回、また交換時期となり、
PCPに上の写真を送って、「くれぐれも赤いタイプをお願いします」と伝えました。
PCPのナース達もわざわざ写真を別に撮ってくれて、
配給の会社に処方箋を送ってくれたのですが、、、
 
また間違ったタイプが送られてきました。
こうした間違いも、ハワイ、よくあります。
 
 
まあ、変換は明日考えます。
車椅子の方が緊急だったので、良しとします。
 
 
 
 
 
 
 
毎日こんな風に色々なことが起こります。
特に病気が進行して、医療機器を使うようになってからは、
それだけトラブルも多いです。
 
 
 
でも困った事が多かった分、
ハワイの福祉事情を知る機会もでき、
最近は誰かに相談されて答えることも増えました。
 
日本から来た人にとって、わからないことだらけですから、
少しでも役に立てたら嬉しいです。
 
 
 
 
先日も知り合いに、障害者用サービスの申請の仕方を聞かれて、
「書類ができたら郵送しないで、担当部署まで直接持って行った方がいいですよ。それで担当者に渡すとき、受け取ったというスタンプを押してもらってね」と言ったら、
 
「それ聞いたことあります。スタンプを押されていると、途中で書類が無くなる確率が減るんですよね」と彼女も言ってました。
 
こうやって、異国で困った事が起きた時の対処法を、
私たちは次の人たちに伝えて助け合って来たのかもしれません。
 
 
明日は私一人の日なので、クリのリハビリ頑張ります。
 
明日もいい日になりますように。
 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>