ピエロが西を向く!!

ピエロが西を向く!!

世田谷区経堂「しゅとカフェ」のオーナーシェフ。

Amebaでブログを始めよう!
バンコクドンムアン空港に到着。
無事に自転車も受け取り空港を出た。
ムアーっという東南アジア特有の湿度を感じると思ったら、意外とそうでもない。
これならば東京の方が蒸し暑いくらいである。
天候は曇り。

空港の隅で自転車を組み立てる。
そーいや本当はタイヤの空気を抜かなければならなかったのだが、忘れてしまいもしかしたらバーストでもしてるんじゃないかなあーと思っていたけど、大丈夫なようだ。

組み立てると言っても、前後のタイヤを装着するだけで、あとは簡易的なリアキャリアを取り付け、スタッフバッグの中に荷物を詰めてキャリアに取り付けるだけ。

荷物は驚くほどコンパクトである。
20リットルの袋一つ分。
内容はいたって簡潔である。
Tシャツ2枚、長袖Tシャツ1枚、海パン2枚、長ズボン1枚、靴下1足にポンチョ1つ。あと帽子。
あとは薬入れに自転車の修理用具一式。
そんなもんである。
なければ困るものしか持ってきてない。
したがってノーパンである。(いつものように)

必要ならば買えばいいと思ってるし、軽い方が身軽で良いのだ。

さてと、とりあえず今日はここドンムアンに宿を取ってあるので、そこへ。
なんか慣れたように書いてるけど、海外の自転車の旅は初めて。
平気な顔してるけどちょっとドキドキ。

近っ!!
っていうくらい近くに宿があった。
今日はゲストハウスで相部屋である。
フランス人が何人かいた。
「日本人か?どこにいく?」
「自転車でミャンマーまで行く予定なんだ。」
「おー!すげー」
みたいなやりとり。

あとはもう寝るだけ。

さて、初めての海外自転車の旅。
楽しみである。
ベッドに横になりながら、母親が作ってくれたおにぎりを頬張りながら、43歳胸をときめかせるのであった。
「しゅとさん今年はどこに行くんですかぁ〜?」

ゴールデンウィークが終わりジメジメした季節になってくると、よくお客さんにこう質問される。

「いやぁ、まあ今年もひと月ほど休みはもらってどこか旅に行くとは思うんですけど、まだ何も決めてないんですよねぇ〜」

そうなのだ。今年も夏が近づいているのだ。
旅の季節である。

僕は自宅で予約制の貸切カフェ「しゅとカフェ」をやっていて、まぁおかげさまで今年で7周年を迎え、なんとかやっている。
毎年8月をお休みにさせてもらって、旅に出てる。

東海道五十三次を歩いたり、北海道富良野まで北の国からのジャンパーを買いに自転車で行ったり、九州大分まで自転車で行ったり、屋久島に行ったりと、国内の旅が多かったんだけど、去年は東南アジア5か国をバス、電車で旅した。

今年はどうしようか?
また東南アジアか…
しかし自転車の旅もしたい…
ん?
それなら東南アジアを自転車で旅すればいいのか!
ということで今年の旅は東南アジア自転車の旅。

ベトナム縦断もいい。
タイの旅もいい。
だけど、どーせなら行ったことない所に行きたい。
迷った挙句タイバンコクからミャンマーヤンゴンまでの旅。
距離も1000キロくらいと程良い距離。

ふむふむなかなか良いぞ。

場所も決まったところで、次は自転車だ。
どーせならアジアの旅にふさわしい自転車で行きたい。
古ーいチャリなんかいいなぁとヤフオクで探してたら、あったあった!
これがいい!
¥8000と送料で合わせて¥15000。
購入したのはトレックの850という自転車。
トレックが最初に作ったマウンテンバイクである。
ボロボロだったけど磨いてワイヤーなんかを交換してまるで新品。
こいつを泥だらけにしたい。
ふむふむ良いぞぉ良いぞぉ〜






吾輩はハゲである。


ふむふむ。
やはりこのフレーズからリスタートするのがベストであると思われる。
これがベストでスベテである。

であるからして令和元年5月14日現在、僕は43歳で独身である。
ハゲだから当然である。と思われる。
ハゲだから独身であり、その他問題はないと思ってる。唯一の欠点はハゲであり、ハゲてる以外欠点は無いと思ってる。(ヤジはやめてください。)

よし、この際だから僕の自己紹介。
うん、まずは僕は何者かわからなくちゃ、ダメだよな。
そーいや、ちゃんと自己紹介っちゅうものを書いてなかった気もするし、したよーな気もするが、どーでもいい。

僕の名前は首藤洋介(しゅとうようすけ)。
東京世田谷区の病院で産まれ、幼少期は大阪で過ごし、小学3年から千葉の柏で過ごした。
父親の仕事の関係で転勤が多く、小学校は3つほど変わった。
カラダは小さく背の順はいつも一番前。
確か中学生になった時、身長138センチ。
おかげさまで中学三年間で人並みの身長になり、大きくはないけどただ今170センチ弱。
弱ってちゃんと公表するところがポイント。

地元の公立高校を卒業後、大学に通う為、東京の祖父母の家に下宿し上京。
大学2年からは高校の友人達5人で六畳二間風呂無しアパートで共同生活。(桂荘5号室)

大学では山岳部に所属。

大学卒業後、バンド(ジャンクションピーク)を組み、ビックになる夢を追う。(ジーパン屋、ラーメン屋、イタリアンレストランで働く)

ビックになれそうもないことを悟り、バンドを解散。


旅に出る。


旅から帰ってきたら、世田谷区経堂にて予約制貸切カフェ「しゅとカフェ」をオープン。
現在しゅとカフェオーナーシェフである。

ま、そーゆーことなのだ。

さて、どこから掻い摘んで話そうかね。