全国がん患者団体連合会の院内集会。

私が国会議員になる前からの大切な仲間です。

がんゲノムの解析により、がん患者の行動や個人情報が脅かされ始めている実情があります。

わが国にも、アメリカのGINA法のように、遺伝情報による差別を禁止する法整備を進めるべきではないか。

がんにまつわる新たな問題を議論する勉強会です。

 

 

司会は、全がん連・天野慎介理事長

 

パネリストの皆様

 

塩崎恭久衆議院議員