三原じゅん子オフィシャルブログ「夢前案内人」Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

安倍総理大臣問責決議案「反対討論」全文

「安倍晋三内閣総理大臣問責決議案 反対討論」

 

自由民主党の三原じゅん子です。

私は、自民・公明を代表して、野党から提出された安倍内閣総理大臣問責決議案に対して、断固反対。

断固反対の立場から、討論を行います。

 

もう何度、この光景を目にしたでしょうか。

野党の皆さん、はっきり言って、もううんざりです。

野党の皆さん、

国民にとって大切な、大切な年金を、政争の具にしないで頂きたい。

お一人おひとりの高齢者の皆様の、生活への切実な不安を、あおらないでいただきたい!

猛省を促します。

 

では、問います。

野党の皆さんは、年金を増やす具体的な政策を持ってるのでしょうか?

具体的な対案もないままに、いたずらに国民の不安をあおる。

 

具体的に申し上げましょう。

かつて民主党のマニフェストで、華々しく打ち上げた、

出来もしない「最低保障年金」。

あれは、いったい何だったのでしょうか?

更に、民主党政権の、あの3年間、

年金の支給額は、増えるどころか、なんと、引き下げられていたのです。

はっきり言って、無為無策だったのであります。

 

安倍内閣は、まったく違います。

今年、年金支給額は、プラスとなりました。

年金給付の前提となる積立金も、アベノミクス効果によって、6年間で44兆円、運用益が出たのであります。

年金制度は、安倍内閣のもとで、間違いなく、より強固で安心なものとなっています。

 

かたや、民主党政権時代、年金積立金の運用益は、この10分の1。

これは、年金の安定的な給付の前提になっている予定利回りを大きく下回り、年金の信頼性は、民主党政権によって、大きく傷つけられてしまったのです。

そして、今また、出来もしないのに、対案もないのに、ただ不安だけを掻き立てる。

野党の皆さん、もう、いい加減にしてください。

 

私たち自民党・公明党、そして、安倍政権は、

年金で生活している皆様、おひとりおひとりの不安な気持ちをあおるのではなく、その不安に真正面から向き合い、具体的な政策で、対応してまいります。

無年金の高齢者の問題に対しては、アベノミクスの果実を活かして、払込期間を25年から10年に短縮し、60万人を超える皆様に、新たに年金を支給いたしました。

年金額が少ない皆様のために、本年10月からは、財源をしっかり確保して、最大年6万円の給付金を支給し、しっかりと所得を底支えしてまいります。さらには、介護保険料も3分の1軽減いたします。

 

重要なことは、「実行」で、「結果」なのですよ、皆さん。

安倍内閣は、この6年間で、正社員を130万人以上増やしました。

民主党政権時代はどうだったか?増えるどころか、なんと、50万人も正社員が減っていた。あの時代、仕事をしたくても、見つからない。若者をはじめ多くの皆様が、辛い思いをしていたのであります。

 

安倍内閣のもと、この春、中小企業で働く皆様の賃金は、しっかりと上がりました。賃上げ率は、この20年間で最高水準です。

民主党政権時代はどうだったか? 賃金を増やすどころか、企業自体の倒産が今よりも4割以上多かった。連鎖倒産という言葉が、日本中を覆っていました。

 

まさに悪夢だったのであります。

 

政権交代から6年余り。民主党政権の負の遺産のしりぬぐいをしてきた安倍総理に、感謝こそすれ、問責決議案を提出するなど、まったくの常識はずれ、愚か者の所業とのそしりは免れません!

 

野党の皆さん、もう一度改めて申し上げます。

恥を知りなさい。

 

政府が国会で説明責任を果たすべきは当然です。安倍総理は、昨年一年間で、国会に270時間以上出席されました。

しかし、イギリスの首相は年間40時間程度、ドイツの首相は30時間余り。国際的にみると、明らかに突出しています。

我が国では、よほど、個別の大臣と議論するような専門的な課題が少ないのか?

それとも、野党が、国民の関心からほど遠い、ただただ無意味な質問を繰り返し、国のトップである総理大臣の時間を浪費しているのか?

答えは、明らかであります。

 

野党の皆さんは、自分の都合のいい時だけ、「参議院は言論の府だ」と主張します。しかし、自分の胸に、よく手をあてていただきたい。この1年間、憲法審査会は、たった3分間しか開かれていないのであります。

議論から逃げ回っているのは、一部野党の皆さん、あなた方自身ではありませんか!

 

野党の皆さん、もうご都合主義はやめましょうよ。

民主党の、具体策無きままに、ただ不安をあおるだけの口車に乗って、不安定な政治をもたらした結果がどうなったのか。有権者は、痛いほど思い知らされました。総理大臣は毎年のようにコロコロ変わり、日本のプレゼンスは一気に低下した。民主党政権は、国民との約束を次々と踏み倒してきた。

 

有権者は、すでに悪夢を経験しているのであります。

 

テレビ映りだけを意識して。

針小棒大のパフォーマンス。

選挙目当てで、国民不在。

所属政党コロコロ変える。

対案なしで何でも反対。

やることすべてがブーメラン。

もう悪夢は絶対見たくない。

 

皆さん、ヤジってる場合ではありません。冷静に、私たち国会議員に求められている責任を、厳粛に自覚しましょう。国民が求めているのは、足のひっぱりあいではありません。しっかりと政策論をしてほしい。実のある議論こそ求められているのであります。

 

令和の新しい時代に入って、明日の日本をどうつくるのか、建設的な議論を行う、真に国民のための国会を取り戻しましょう。

こんな光景は、平成の時代で終わりにしたかった。本当に残念でありますが、そのためにも、こんな常識外れの問責決議案の試みは、完膚なきまでに打ち砕かなければならない。次の世代に、野党のこんなやり方を絶対に引き継いではならないとの断固たる決意を持って、この問責決議案を否決すべきである。

そのことを強く申し上げ、わたくしの反対討論といたします。ありがとうございました。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>