相模原市緑区の県立障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺され、26人が重軽傷を負った事件は、本日26日で発生から3年が経ちました。

建て替え工事など園の再生に向けた様々な準備が進んでいます。

一方、殺人罪などで起訴された元職員 植松聖被告(29)の初公判は来年1月の期日がようやく決まったとの事。

3年の月日が経った今、関係者の記憶も薄れる中で、どう事件の真相を解明するのか、、、。

風化させてはなりません。

常に寄り添うことを忘れずに、これからの共生社会を充たしていかなければならない。

それが私たちの使命だと思います。