サ・ロ・メ

テーマ:

11月27日(日)



タンゴを聴いて、ラテン系気分はフラメンコに向かう。


以前、トマティートを聴きに行ったときに知ったDVD。



サロメ



Salome







監督はあのフラメンコ の Carlos Saura 。


主演は来日したアイーダ・ゴメスで、

私は全く踊りのことはわからないのだが、

ここでの踊りはフラメンコではなく、スペイン舞踊というらしい。


前半にメイキングシーンがあり、

その後に本編 Salome の舞踊が始まる。


踊り手たちの鍛錬を重ねた美しい肉体

無駄のない動き、表情、

光とシルエットの演出...


そして音楽は、ロケ・バーニョスという人だが、

場面にふさわしく、観る者を一層引き込ませる。


監督が、

今はまだ若くそれほど名も知られていないが、

これから飛躍していくだろう

というようなことをコメントしていたが、

それが実感できる。


もちろんギターの演奏はトマティート。




extra で監督やアイーダのインタビューがあったのも

よかった。