家にいても 何から手をつけていいのかわからないくらい 引っ越しの荷物の収拾がつかなくなっている我が家

どうせなんもしないならお出かけしようと
わりと近いのに 行けてなかったんだよね~♪








老舗の和菓子屋さん 但馬屋さんの
茶房 だんだん




この扉 なんだっけ?くぐり戸?
何とかって言うよね?



但馬屋さんの全景
老舗の和菓子屋さんらしい趣がありますよね





先ずは かぼすジュース
市販のものより何倍も濃い濃厚ジュースでした




店内は 8人掛けの大きなテーブルが2つ
相席っぽい造りですが 間がゆったりしてるので あんまり気にならないかも?
あと普通の2人用の席と4人用の席が1つづつ




じゃじゃーん 丼かと思いきや



お重になっていました。





一の重
ゴマ豆腐 シソ昆布の佃 大根のお漬け物 葛切り?
鶏肉 高野豆腐 椎茸 生麩 かぼちゃ いんげん 干し筍の炊き合わせ



栗おこわ
味付けしてない餅米初めて食べました。
そのせいか 栗の素朴な味が際立っている気がしました。




お麩と三つ葉のお吸い物
デザートに淡雪 煎茶
昆布だしの美味しいお吸い物 ゴマ豆腐 炊き合わせ おかわりしたいくらい美味しかったです♪



はーるこぉーろぉーの はーなーのえんでお馴染みのこの方





滝廉太郎さんです。

荒城の月の舞台になったと言われる
岡城址に行ってきました。

お城と言っても建物はなく 城跡なので
石垣がずーっとある感じ
山あいにあるので 石垣ギリギリに立って度胸試しも出来ます。
私もびびりながらも 何度も覗きました(笑)

男前なみっちゃんは 見えてないのか
グイグイ行くので こっちはヒヤヒヤでした

お出かけ先あるあるですが
絹と同じ犬舎の男の子と会いました。
ジャックラッセル本当に多くなりましたね


あとがき
こうゆう石垣や階段がゴツゴツしたところは
目や耳の遠いみっちゃんは リードでコントロールが難しく 抱っこが必須な場所もありました
スリングお持ちの方はご準備をおすすめします。





私事ですが 4/22に社宅を引き払い我が家に帰って来ました。

申請をしたらあと1年延長できたかもしれませんが このまま帰らずに取り壊されてしまうより

一旦帰って ここから新しい生活の場所へ行きたいと
1年住めたら嬉しいけれど
いつどうなるかは全くわからない我が家

方向は決まりましたが 行政の支援を受けられるのに期限があり
熊本地震後で一番問題が多いと言われる我が家
土地を買いたいと言ってくださる業者もいますが、公費解体もうまくいかず 自費解体するにも 全員一致出来るか
いつまでも時間がかかると買い手も躊躇するらしい

そもそも いろいろな支援に期限があるのが悲しい
公費解体が受けられなかったのが運の尽きだった気がする




4/24社宅にお掃除しに行きました
3年過ごしたお家
ちゃちゃっと済ますつもりが あちこちからひょっこり出てくる白い毛に苦戦(笑)

震災後 ペット可の物件は何件もありましたが 2匹はダメと言われ続けて途方にくれていた時に
遠いけれど社宅として借り上げて頂けるとのことで決めたお家
そのまま借りられればと思いましたが
どう考えても家賃が分不相応で
新しい場所を常に探していた3年
いろんなことを思い出しながらのお掃除

気がついたら外は真っ暗で
10時間くらい経っていました
もっと早く帰る決断をしていたら良かった
絹も一緒に帰りたかったよね

引っ越しが終わり 倒れていた食器棚を起こしてもらい 震災後開かずの間になっていた部屋を引っ越し屋さんが開けて下さいました。

お風呂もキッチンも何とかいけそうですが お湯の温度調節が今一つなのでGW明けに見てもらおうと思っています


GWに入ったらはりきってかたずけするつもりでしたが 未だに手付かずで
絹の居場所だけはちゃんとしました

テレビが平成や令和でワイワイしてるのに
どこか気後れしてしまいます

でも平成天皇様がお元気で退位されることは きっと良いこと
天皇様自身がご経験された即位の日は
お父様を亡くされた日の翌日で 本当にお辛いなかでのご即位でした
退位後は どうか健やかに楽しい時間を過ごしていただきたいですね。





昨日は春のお彼岸

絹がお空に還って4カ月が経ちました

あちこちでサクラの開花宣言の声が聞こえはじめ
地元 熊本城では まだチラホラとニュースで言っていたのに





道の駅 旭志のサクラは満開でした




可愛いピンクのサクラ
早咲きの品種なのかな?



近頃のみっちゃんは ちょっぴりお耳が遠くなりました




仕事から帰っても わちゃわちゃとお迎えしてくれる事が少なくなり
たまに してくれたかと思ったら
誰もいない壁に向かってわちゃわちゃしています
右の白内障も進行して見えにくいし
手術を考えた方がいいのかなぁ…




あー 惜しいな鼻が入らなかった


2016 転属が決まってしまいがっかりしたときもここでサクラを見ました

アノときのように 絹が笑っている気がしました。