【重要】「手話で楽しむ能・狂言特別公演」中止のお知らせ | 社会福祉法人トット基金日本ろう者劇団
新型コロナウイルスに関する情報について

社会福祉法人トット基金日本ろう者劇団

1980年設立。おかげさまで2020年4月に創立40周年となります。
江副悟史代表のもと、ろう者18名、聴者1名で活動しています。
手話狂言、視覚演劇、ムーブメントシアター、手話教室、視覚ワークショップ等...
東京都品川区のトット文化館を拠点に活動を展開しています





日本ろう者劇団代表の江副です。

 

手話狂言公演について、様々なお問い合わせ、ご心配をおかけし申し訳ございません。


本日、関係者と協議し、

3月6日(金)、7日(土)国立能楽堂にて予定をしておりました

「手話で楽しむ能・狂言特別公演」は

コロナウイルスの影響を考慮し、中止することといたしました。

 

公演のチケットをご購入頂き、楽しみにされていた皆様、誠に申し訳ございません。

私どもも稽古を重ねてきた中での苦渋の決断となります。何卒ご理解ください。


チケットの扱いについては体制を整え次第、速やかにお知らせをいたします。

 

取り急ぎお知らせとお詫びを申し上げます。

 

社会福祉法人トット基金