JTA会員の声のブログ

JTA会員の声のブログ

21世紀という新しい時代には新しい武道が必要です。

日本発祥の新武道! 

フルコンタクト・テコンドー!!

日本テコンドー協会(JTA。創設1984年)は、

日本発祥の新武道「日本テコンドー」=フルコンタクト・テコンドーを

「新しい時代に最適な武道」という信念に基づき普及しています。

「日本テコンドー」は「最強テコンドー」&「武道テコンドー」を標榜し、

蹴美(シュウビ。華麗で美しく力強い蹴り)を

極める蹴武(シュウブ)です。 

本ブログはJTAの昇級審査時(2008年春・第83回審査会以降)に

提出された小論文の中から選ばれた(抜粋)

「JTA現役会員の声」を匿名で紹介しています。



テーマ:

自分を強くするためには

しっかりと事実を濁らせずに向き合い

ひとつひとつ責任感をもって

日々を反省することが大切だと思いました。

 

自分を甘やかせず

どうすれば向上していくか、

どうすれば正しく生きられるのかを考え、

価値観そのものを変えていく必要があります(略)

 

人間は弱い生き物で

長年努力ができても

よっぽど好きなことでない限り

心も疲れ果て潰れてしまう。

 

私の職場でも、その道を極め右に出る者はいないといった人でも

上の人間から正当に評価されず、

自問自答して自暴自棄になりかけたり、

仕事と家庭を両立させ職場関係も良好だった人が

ひょんなことで人間関係が崩れ

そこから離婚や入院と環境が悪化してうつ病になってしまった人もいる。

 

つまり自分で作り上げてきた環境も

何かをきっかけに簡単に壊れてしまうということだ(略)

 

何がおこっても冷静な判断、行動ができれば悪化を止められるかもしれないし、

奇想天外なよい出来事もあるかもしれません。

 

自分の人生に穴が空かない程度に休息し

嫌なことや

いらつくことあっても

冷静に食い止められる余裕をもって

振り回されずに強い自分を維持する精神バランスを作るのは

とても重要だと思いました。


テーマ:

学校や塾に行き勉強する理由は、

自分一人で勉強していたら気づかないことも

例えば、33人の人がいたら

自分が気づかなかった32個の考え方に気づくことができるかも知れないからです(略)

 

テコンドー道場では3つの学ぶことがあると思います。

一つ目は努力したら結果が出るということです。

私は初めて板を足でける時、1回目の試験では割ることができなかったものの

2回目の試験までに練習を積み重ねたことで割ることができました。

このように努力が大切だということを学びました。

 

二つ目は勉強の時に必要な集中力をつけることです。

テコンドーの練習中は、集中していないとけがをしてしまったり、

相手にけられてしまったりするため

とても集中をして行っています。

 

そのため勉強するときにも

集中した方が覚えるのが早くて済むという考えで

集中してやろうと思えました。

このように、テコンドーでやっていることが

普段の行動にもでてきていると思います。

 

三つめは忍耐力をつけることです(略)

勉強をしていて難しい問題や

自分の苦手な問題でとても嫌になってしまって

やめたくなる時があったとしても

忍耐力があれば、そういう時に

自分の気持ちを抑えて

その問題に立ち向かえるかも知れないと気づくことができました(略)

 

今年は高校の入学試験があるので

第一志望校に合格できるように

今回あげた努力をすること、

集中力をつけること、

忍耐力をつけることを

もっと意識していきたいです。


テーマ:

ぼくが尊敬する人はお父さんです。

父さんは間違っていることを

すごくおこり、

少しぼう力的なほどです。

 

父さんは、いつもいいこととと

わるいことをきびしく言います。

 

「もっと優しくしてくれればいいのにな」

と思うけど

父さんがきびしくしてくれないと

ぼくたちはわるいことをしても

分からないままになってしまします(略)

 

大人になり結婚して子供ができたら

自分のしてもらったように育てます。

なぜなら、その子も自分と同じように

いろいろないやなことがあると思うかです(略)

 

ぼくはお父さんと同じように

子供が間違ったことをしたら

正しいことを教えてあげたいと思います。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス