彼はひきこもりだった 完 | ラッキースターボクシングクラブ
2019-04-18 11:51:26

彼はひきこもりだった 完

テーマ:ブログ

続き

十分な練習をこなしたうえで面接に挑んだ彼は、
その会社に採用されることとなった。
がんばった甲斐があったと私も喜んだ。

彼は就職後もしばらくは練習に来たが、
来るペースがおち始め、
やがて数か月後にはまったく顔を見せなくなった。
仕事が忙しくなったんだろうと考え、
時たま、元気にしているだろうか、
仕事は続いているだろうかと彼のことを思いだした。

それから7年ほどたった頃だったかと思う。
ある日、ジムの前に軽トラが停車し、
作業服の男が降りてきたと思ったら、
そのままジムに入ってくる。
何だろうと思って見ると、彼だった。
「お久しぶりです、覚えてくださってますか?」
照れくさそうに笑う彼は、
かつての彼とは別人のようになっていた、
聞けば、就職して始めた建築の仕事をずっと続け、
独立して「ひとり親方」になったのだそうだ。
在籍した会社の下請けですよと謙遜するが、
たいしたものだよと心から感心した。
「あの時、ボクシングと出会ってなかったら、
 今もまだ家にこもってたかもしれないです」
いきいきと明るく語る彼の言葉に
よかった、ほんとによかったと
喜びで胸がいっぱいになった。

終わり

 

大阪のボクシングジム

ラッキースターボクシングクラブのメインサイトはこちら


 

 

JOHNNYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ