井上尚弥、ドネア戦は「大差判定勝ち」 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

井上尚弥、ドネア戦は「大差判定勝ち」 大橋会長は「完璧」宣言

デイリー

 「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(11月7日、さいたまスーパーアリーナ)

 WBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=と弟のWBC世界バンタム級暫定王者・拓真(23)=大橋=が18日、横浜市内の所属ジムで練習を公開。試合まで約3週間弱を残しながら、大橋秀行会長は「2人とも完璧に仕上がっている」と宣言した。

 尚弥は“仮想ドネア”のパートナー2人とのスパーリングを近日中に終える予定で、大橋会長は「練習を再開してから絶好調のままできた」と強調。この日は、ドラムミットなどに力強いパンチを打ち込んだ尚弥も「(調子の)波はない。ほぼ順調」を手応えを感じている。

 ドネアとの戦いについて、「今回は判定勝ちを狙うような。頭を使って」とイメージ。「倒そうと思って倒せる相手じゃない。12ラウンド通して作戦立てて、(チャンスが)来るときはいきますけど、基本的には大差判定勝ち」と説明した。

 

何度目の練習公開ですかね?試合1か月前でこれほど練習公開って聞いたことないですね。本番までこの調子で行って欲しいです。昨日やっとチケット発券してきました。はじめの一歩を買ったが500円近い値段になっていたのには驚いた。そろそろ交通関係のチケも予約しないと。あと当日は天候が良い事を願います。