極上中国茶と出会うために・・ | 中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅
2011-04-23 21:00:21

極上中国茶と出会うために・・

テーマ:中国へ、茶の研究の旅

今月のカルチャー・Xingfuの毎月講座は出来立て新茶「龍井茶」でした。



同じ茶園の同じ茶師が作ったものが品種によって、どう違うか感じて頂きました。



カルチャーといっても、テストではないですが、毎回、1つずつ学んで頂き、

感じていただきたいと思っています。



それに先立ち、わたしも杭州の茶師のもと、厳しいテイスティング試験??を

受けてきました。



中国茶deチャイナな気分


産経イザの中国茶・台湾茶専門家としてのブログ では掲載させていただいたの

ですが、茶師たちは茶葉と向き合っているときはきびしいです。



というより、関係が深くなるほど、厳しく指導されます。



最初に行っていたころは、いつもこやかに話していたのに、回数を重ねると

茶については厳しくなります。



こちらが真剣だとわかるから、茶師たちも真剣に教えてくれるようになるいうこと。



その代り、「お昼は食べてきたか?」など、それ以外は身内のように親身に

考えてくれます。



今回は、行った途端に茶をずらりと出され、抜き打ちテイスティング

がありました。



一言。



「なにが違うか?」だけ言われ。。



そう、茶師とわたしのマンツーマンのテイスティングテストが開始です。



すべての五感をフル活用。



作った日、品種、すべて違うのを出され、それを1つずつ表現(中国語です)します。



悪かったところを指摘し、その理由も説明します。



どうして、この香りになったのか、味になったのか?



その理由をです。



茶葉は、摘んだ日の天候、その前後の天候、そして、作る工程がすべて違います。



それによって、香りも味も、形状も変わります。



それがわかるのは、作った茶師だから。



香りをかぎ分け、そして、味を見て。。



今回はこの4種の龍井茶と・・


中国茶deチャイナな気分


九曲紅梅の試験。。



そして・・



無事に、すべて合格



よかったもの、そして、悪かったものの理由も合格しました!ホっ。。



中国茶葉協会 より、厳しいテイスティングの試験・・・な気がします。。



そのご褒美として・・・



こっそりと出してくれる極上茶葉たち。。



「わかる人にしか、良いものは売らない」。



中国茶葉協会の先生たちが教えを請う茶師ならではの重い言葉です。。



次回、また極上茶葉を頂くため、日々、訓練です音譜



********************************


「東方美人茶会」5月開催します。


★日程:5月7日(土)  午前1名、午後2名 空席


     5月13日(金) 午後2名 空席


     5月27日(金) 午後2名 空席


★時間:午前:10時半~12時半、 午後:2時~4時


★費用:4000円(4種以上の茶葉と茶菓子、プチプレゼント付)


     気に入った東方美人茶をその場で購入することに致します!

     (一部、東日本震災への寄付と致します)


★場所:杉並の自宅サロン(詳しい場所は予約の方にお伝えいたします)



詳しくは、中国&台湾茶教室―Tea salon XingfuのHP★★ より、ご覧ください。



受け付けは、こちら★★ もしくはメッセージより、お願いいたします。




中国茶・台湾茶研究家 今野純子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス