6月26日(日)

エディオンアリーナ大阪




一般女子重量級

第4位 青木 杏樹





女子と言えども、素手素足で男子と同条件で戦う。


1回戦は176㎝75kgのカザフスタンから参戦した

黒帯選手。体格差から一発を警戒しながら

くっついてボディーをしつこく攻めて勝利。


2回戦では格上の幾多の全日本で実績野ある

士衛塾の伊藤選手と対戦。パンチの強い選手で

ここがヤマ場だったが後半、左右に回りながらの

攻撃がハマり判定勝ち。


準決勝は相手の細かい突きに噛み合わず、

蓄積ダメージもあり判定負け。

3位決定戦も同様、盛り返すことが出来ず完敗。


キツいブロックを良く頑張ったと思います。


昨年3位の近藤勇樹は初戦を得意とする

突きから膝蹴りを繋いで判定勝ち。

2回戦は3年前にこの大会で優勝している

大場選手と対戦。

いくつか稽古して来た成果を出せた面もあって

本戦引き分けたが延長で敗退。


八木隼斗は1回戦kWF極真の大多和選手と対戦。

お互い圧をかけて接近戦から突きの応酬。

判定勝ち。2回戦は優勝することになる平木選手

と対戦。軽快なフットワークから素早い出入りで

仕掛けて来る組手に自分の組手が出来ず、敗退。


同じ世界全極真の仲間である高取優太朗も中量級

に参戦。初戦は終始主導権を握り快勝。

2回戦では3位になった選手に敗れた。


小椋ちはるは3年前に負けている桜塾の酒井選手

と2度目の対戦。前回は成す術がなく歯が立たなかった相手の上段を警戒し、間合いを潰してインファイトに持ち込む作戦だったが、蹴り技を警戒し過ぎて突きが出せずに敗退。


今回、4月の世界大会選考大会と言うこともあり、

強豪が多数エントリーしていた。


実績ある同士が早い回で対戦することが多々

あって厳しい結果になったが、間違いなく

先に繋がる経験が出来たと思う。


今大会では久しぶりにみんなのセコンドに着いた


昔はよく着いていたが、今はセコンド人員が 

育っているので見守る方が多いのだが、

ある事があって私が入ることになった。


選手から心強かったと後でメールをもらって

必要ならばまたいつか着きたいと思うが、

基本的には出しゃばらず、後進に任せたいと

思っている。



出場した選手のみんな、お疲れ様でした❗️

まずはしっかり休養し、ダメージ回復に努めて

次の目標に向かって頑張ろう!


主催された皆様、関係者の皆様、

ありがとうございました。









6月25日土曜日は2クラス指導した後に

大阪へ遠征。

飛行機は今年になってから2/25徳島、

5/15北海道5/20JFKO、

6/11徳島に次いで5回目(^^;;



自分の乗った飛行機から外の風景が見える。

初めて離陸や着陸の映像が見れて

これはこれで楽しかった。


6月26日(日)

全日本ウエイト制大会。



ウチからは

近藤勇樹、八木隼斗、青木杏樹、小椋ちはる

4名が出場。






昇段審査を受けて、合格した2人の黒帯が

届きました。


八木 康平初段




八木3兄弟

左から祥平・康平・陽平

昇段を喜ぶ兄想いの2人😊



青木 杏樹初段




試合でいえば、2年前に充分な実績があったが

そこだけでは昇段させない。


礼節・基本・移動・型・組手が黒帯として相応しい

か、先輩として後輩達の面倒やアドバイス、時に

指導などが出来るか、言われてやるのではなく、

自主的に物事に取り組んでいるか、などなど…


ここ数年、2人には本当に厳しく、

辞めてしまうのではないか?

というぐらい指導して来ました。


本当によく頑張った!


2人の努力を知るだけに、

昇段したことを心から祝福したい。


若い人材が育って来たことは道場の将来に

とっても、明るい兆しと後輩達に良い影響を

与えてくれる。


昇段おめでとう㊗️

泣けてくるな〜😂