達成率の計算 | 人事評価のQ&A
2010年11月21日(日)

達成率の計算

テーマ:目標管理と成果

 「数値目標は達成率が計算で出るので評価しやすい」といわれるが、その場合、計算式を明確にしておく必要がある。

 

 目標達成率の計算式は通常、達成率=実績÷目標値×100(%)で計算される。しかし、その目標値を総数で設定する場合と増減率(増減数)で設定する場合があり、同じ内容でも設定の仕方によって達成率が違ってくる。

 
 計算式① 達成率=総数の実績÷総数の目標値×100(%)


 計算式② 達成率=増減の実績÷増減の目標値×100(%)
         =(総数の実績-従来値)÷(総数の目標値-従来値)×100(%)

 

 例えば、前期の実績が100の時、今期の目標を10%アップとした場合、実績が5%アップの場合、計算式②を使えば、5÷10×100(%)=50%となり,計算式①を使えば総数の実績は前期比105%、総数の目標は前期比110%であるから105÷110×100(%)=95.45%となる。

 
 このように同じ実績であっても、設定方法(表現方法)により、目標達成率が違ってくる。

 

 したがって、目標達成度を計算する場合、どの計算式を使って計算するのかを事前に決めておく必要がある。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス