タピオカブームの次はこれ?!駅近の映えるフルーツカフェ『フルーツティー&コーヒーF』OPEN! | 自由が丘.netブログ ~自由が丘のイマがわかる。~

タピオカブームの次はこれ?!駅近の映えるフルーツカフェ『フルーツティー&コーヒーF』OPEN!

こんばんは!
お盆休みも始まりましたね。
今回は長い人だと最大9連休だとか。

帰省や旅行で静まりそうな自由が丘ですが、地元人も多く意外にもそれほど変化はないのかも?
これだけ長いと街の動きもさっぱり読めませんね。

さて、そんな夏休み真っ只中の猛暑の続く自由が丘。

本日お届けするのは、
新たな旋風を巻き起こせるのか?
タピオカに次ぐブームになるのでは?と言われている(?)
7月19日にOPENしたフルーツティーのカフェ

『FRUITS TEA & COFFEE F 自由が丘店 / フルーツティー&コーヒーエフ』

 


場所は、ヒロストリートの「ボディショップ」お隣り、和雑貨の「時遊館」の跡地になります。
こちらは、「星乃珈琲」や「モーツァルト」、「腰塚」などを展開する
自由が丘三大勢力(勝手に呼んでいる)のひとつ「日本レストランシステム(NRS)」の系列店舗。
※ちなみにあとの二つはラーメンの「無邪気グループ」とアパレルやパンケーキの「ベイクルーズ」

 



くしくも、すぐ向かいには、ブームの最中でもある(だいぶ落ち着いてきていますが)
タピオカティースタンド「茶工廠」があり、もう少し先にブームを先駆け過ぎた
食べる紅茶とブリュレドナツの「VIVACE trend cafe」があった場所。
カスタムの幅が広く、本格台湾茶を使用したフルーツティーを扱い、
タピオカブームが終わっても何とか販路が見出せそうな 「茶工廠」を目の当たりに
フルーツティーとコーヒーだけで勝負するとは、なかなか強気かも。
さすが自由が丘に根付いている「NRS」。
どんな店で勝負にでるのか興味津々で、OPEN直後に行ってみました!

 

 

ずいぶんと可愛い若い女子を意識したおしゃれな外観。
飲食店の多いこのエリアでも華があり、目を引きます。
アーチを描いた入り口には扉がなく、中の様子が見えるものの丸見えではなく、
とても入りやすいです!
タピオカがないからなのかそんなに知られていないのか、OPEN間もない時期ですが、
だいぶ店内はゆったりしていて空いていました。
混んでいるのがホントに苦手なので、駅チカでこれはありがたいですね。

 

 

メニューはこちら。
ドリンクのメインはフルーツティーとフルーツコーヒーで種類は3つ。
・シトラス

・ベリー

・トロピカル

大きさは選べず、カップ入り(\600)か、ボトル入り(\1000)が選べます。
※フルーツなしのコーヒー、紅茶もあり。



フードはフルーツタルト(¥500)とサンドウィッチ(¥350)の2つ。
どちらも3種類づつ。
3種類にこだわりがあるのでしょうか??
トッピングやカスタムなどなく、メニューはコンパクトでかなり分かりやすい。
 



カウンターで先にオーダーするセルフスタイルです。

 



カウンターの後ろにはキャス・○ッドソン風の花柄の壁紙に木製ベンチ。
カフェスペースはシャンデリアにデコラティブなお花のミラーが飾られていて、
これでもか!というくらい、つくづくターゲットは女子な感じの作りになっています。
店内は奥行きがあって、テーブル数もありかなりゆっくりできますが、
これは男性おひとり様には、まぁまぁハードルが高いかもしれませんね(笑)。

 


フルーツティーの方がどう考えても相性がいいに決まってる!
と思いながらもフルーツコーヒーなんて飲んだことない!
という好奇心に負けて、見た目も写真映えしないコーヒーをついついセレクト。
…予想通りフルーツがよく見えません(笑)

 

というより、よくある話だけどメニューの写真に比べてフルーツが少なく、
カップの1/3くらいの量なのでコーヒーを選ぶとほぼ真っ黒。
フルーツが全然見えません…。
ふたを開けて上から撮るとようやく映えてきました(笑)
「ベリーコーヒー」です。

 


ちなみにストローがハートの形になっていて、フルーツを潰して飲んでください。とのことでしたが、
そんなに密集率が高くないので、フルーツがクルクル回って私には全く潰せませんでした(笑)
みんないったいどうやっているの?
と難易度の高さを痛感しつつもあっさりとあきらめスプーンも取りに…。
器用さに自信のない方は、あらかじめスプーンを使いましょう。
というか、スプーンがないとフルーツは食べれません。
みんなフルーツは食べないのかしら?

 

 

肝心のお味のほうですが、コーヒーとフルーツってどうなの?
と半信半疑で飲んでみると、これが意外や意外!
もともと甘味を足してあるコーヒーなのですが、ベリーとミックスされることで、
なんだかビターなベリーチョコみたい。
好みにもよるし、普通に考えてティーの方が美味しいに決まってる。
加糖だからこ出せる味わいなので、甘いのが苦手な人はもちろんNGかと思いますが、
個人的には結構好きですねー。これ!

 



フルーツサンドはフルーツぎっしり!ボリュームのある生クリームのもったり感もなく、
二層のクリームで酸味のさっぱりいただけます。
ただサンドイッチというと、どうしても三角の2つ入りのあれのイメージが強いので、
ちょっぴり物足りないかな~。
でもこれがカフェスタイルというものかな~。

 



奥まで入るとル○アール風でじつはとっても落ち着くスペース。
フルーツティーだけでは正直厳しいかも…というのが正直な感想。
実際、流行るのかどうかも疑わしいけど、
そんなブームはさておき、おじ様だろうと勇気を出して一歩足を踏み入れれば、
駅近で¥380でこんなにゆったりブレンドが飲める!
どうせだったらフルーツパフェとかフルーツサンデーとか、
純喫茶路線のメニューがあってもいいのでは?どうですか?NRSさん!(笑)

もはやフルーツの垣根を越えてナポリタンとかあって欲しいくらいだけど、

こんな穴場的な喫茶店は他にないので、使い勝手がいいと思います。

 



さして珍しくもなくなったフルーツティーですが、
自由が丘ではここでしか飲めないフルーツコーヒー!
SNS映えは難しいけれど、その分お店が映えているのでノープロブレムです。
駅近の穴場的なフルーツカフェ。
自由が丘散策の合間にちょっと一休みするのにもちょうどいいですよ!

くわしい店舗情報はこちら↓
『FRUITS TEA & COFFEE F 自由が丘店 / フルーツティー&コーヒーエフ』

 

 

ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ
 

奥沢神社に立ち寄った際は、ちょっと一息してみては?
神社から徒歩1分。夕方5時からOPEN。
お子様連れもOK!カフェ利用もできるアメリカンオールドスタイルの小さな酒場
77SALOON / ナナナナサルーン 

 

 

オーナーこだわりのアンティークな雑貨や木製看板などで飾られた
心地よいソウルミュージックが流れる大人のサルーンです。
ちょっと一杯から、女性のおひとり様も気軽に立ち寄れます。
軽いおつまみから、しっかり食べられるご飯ものなどのアメリカンフードが楽しめます。

くわしい店舗情報はこちら↓

 

『77SALOON / ナナナナサルーン』