絶対食べておきたい!自由が丘の期間限定アイスクリームの名店 『ラリューシェ』2019年オープン! | 自由が丘.netブログ ~自由が丘のイマがわかる。~
2019-06-09 21:46:46

絶対食べておきたい!自由が丘の期間限定アイスクリームの名店 『ラリューシェ』2019年オープン!

テーマ:自由が丘スイーツ

こんばんは!
梅雨入りしたとたん肌寒い週末となりましたね。

そんなときでも食べたくなっちゃう、あのお店の季節が今年もやってきましたよ!

そうです!

自由が丘ツウの人ならご存知かと思いますが、
期間限定の老舗ジェラートアイスクリームの名店 『La Ruche / ラリューシェ』 
今週6月12日(金)からOPENします!

 

 

田園調布のマリアージュ 「レピドール」 の姉妹店でもあり、
その日の販売する分だけを作るフレッシュジェラートの専門店。

 

ラ・リューシェ

 

場所は、学園通りを環八方面へ、エネオスの角を曲がった等々力通り沿いを少し入ったところ。
自由が丘からは少々離れていますが、
ここをお目当てに訪れる人がいるほどの名店です!

 

ラ・リューシェ
 

6月~9月の間しか味わえない自由が丘の風物詩的存在!
その日の分だけで、作り置きしないアイスは、毎日同じものがあるとは限りません。

 


 

ショーケースには常時、
ソルベ(シャーベット)系とグラス(アイスクリーム)系の20種類ほどのフレーバーが並びます。
種類が豊富なのも嬉しいところ。
定番商品のほかに期間限定のその月にしか食べられないフレーバーも!
トウモロコシやほうじ茶、ジャスミンティーなんて珍しいものも登場します。
 



好みのフレーバーが2種類選べて¥400前後というお値段もとっても魅力的です!

ちなみにアイスクリームとソフトクリームのハーフ&ハーフという、

美味しいとこ取りの組み合わせもできちゃいます!

人気で売り切れの場合もあるので、気になるフレーバーは事前予約も可能だそうです。
 


しかも!こちらでは、フルーツ素材の持ち込みもOKで、
好きなアイスを作ってもらうこともできるんです!
オリジナルのマイフレーバーを作りたてで味わえる!
この辺が他のジェラートショップでは真似できないサービスです!
 

他に 「スティックグラッセ」 と呼ばれるアイスキャンデータイプのものもありますよ。
お土産にも喜ばれそうですね!

 

 

店内にはイートインスペースも設置されていますが、暑い日はいつもいっぱい。
↑こんなに空いている状態は、平日のタイミングのよいときのレアショットです。

自由が丘を語るなら外せないスイーツの1つ。
まだお試しでないアナタは、ぜひともお試しください。
 

詳しい店舗情報はこちら→ 『La Ruche / ラリューシェ』

 

ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ

 

イールスキン(うなぎの革)製ファッション雑貨の専門店 『Boranton / ボラントン』

 


 

バッグや財布など全てがイールスキン! 

イールスキンは軽くて丈夫、更には水にも強いと言われるレザーです。

染まりやすいという革の特性を活かし、 店内には他の革ではあまり見られない

鮮やかなカラーが多数揃っています。

 

くわしくはこちらから↓

『イールスキン専門店 Boranton / ボラントン』