自由が丘の新たな名店誕生?!新進気鋭のシェフが手がける“ビステリア”『Satollo/サトッロ』 | 自由が丘.netブログ ~自由が丘のイマがわかる。~
2018-12-19 23:55:53

自由が丘の新たな名店誕生?!新進気鋭のシェフが手がける“ビステリア”『Satollo/サトッロ』

テーマ:自由が丘ランチ ├ フレンチ

こんばんは!
 

本日ご紹介するのは、今年の7月にOPENした

本格的なビストロ料理と、自家製パスタなど多彩なイタリアンの両方を楽しめる

ビストロ×オステリアの『Bisteria Satollo / ビステリアサトッロ』

 

場所は、学園通りのL字が丘の近く。
インドカレーの「タージマハール」の向かいあたり、「ohanaya」の跡地です。

学園通りを越えてしまうと、一気に閑静な路地になりますが、駅からは徒歩3分の距離。

 


 

2階になるので、気付きにくいのですが、これが南口あたり路面店なんかだったりすると

もうはや人気で入れなくなってるであろう、

ちょっとどころか、だいぶ!秘密にしておきたくなるお店なんです!!

 



というのも、こちらのオーナーシェフは

京都伏見の熟成肉専門店『中勢以』で肉捌きを修得し、同店の東京店の立ち上げに参画。

その後、奥沢の名店フレンチ、あの!『La butte boisée / ラビュットボワゼ』 にてスーシェフを務め、

フランスのミシュラン3ツ星店 『Flocons de Sel』 で本場での修業も経験。

帰国後、茗荷谷 『中勢以 内店』 にてシェフに就任時は、ミシュラン東京にて一つ星を獲得したという

とにかくすごい人!!

 

一見するとスペシャルティコーヒーのこだわりカフェや

オシャレな多肉植物なんかを売ってるグリーンショップにいそうな、(←勝手なイメージ笑)
イマドキのオシャレ青年。
気さくで全くそんな正体を微塵にも感じさせないのですが、なんだかすごいシェフなんです!
 

 

2階なのでうっかり見逃してしまいそうな立地ですが、オシャレなチョークアートの黒板が目印。


じつはこちのお店はOPEN直後にランチで訪問しているのですが、
あまりに感激してパクパク食べるのに夢中になってしまい、
写真は撮ったものの詳細をすっかり忘れてしまい、どうしようかな~と思っているうちに
季節が変わってしまい、記事にしたくても出来なかったお店なんです…。


もう知れ渡ったら、予約がなかなか取れないお店になってしまうに違いない!

 

と思いながらも、ようやく満を持して、ディナータイムにリベンジしてまいりました!
 

 

まずは、「ワイン」

フランス・イタリア・アメリカ・日本少し 約90種類200本用意されており、

グラスワインは、日替わりで常時8種類~10種類選べます。

    


アラカルトも用意されていますが、ランチの感激が忘れられず、
色々満喫したいので

『Bisteria Satolloを丸ごと楽しめるコース』 \5,000

 

 

そして、自家製の「フォカッチャ」

これがまた単品で販売して欲しいくらいの代物!
 


 

「スープ」は、ピーナッツカボチャのスープ

 

 

そしてランチの際も感激した、季節の本格料理が集う皿を気軽に味わえる「前菜の盛り合わせ」

 


 

・お野菜のテリーヌ

 →4日間くらいかけて丁寧にひいたコンソメと、色々なお野菜を合わせたテリーヌ

・岩中豚と、北海道北見の鹿レバーのパテ 茄子のピュレを添えて

・鳴門から直送 天然スズキのカルパッチョ クルミオイルのドレッシング

・色々なお野菜のピュレ

 →赤:ビーツ 

   緑:カブの葉と香ばしい菜の花のオイル(コルザオイル Huile de Colza)

      白:カリフラワー

 

どれも手の込んだ丁寧なお料理!!

その見た目だけで十分楽しませてくれますが、ピュレも色とりどりと、余すところなく
キレイにいただいちゃいました!

 

 

「パスタ」

・鳴門のマダコと眞嶋農園のお野菜のソース 

  鳴門コウイカのイカ墨を練りこんだ手打ちのタリアテッレ

 →今日の野菜:眞嶋農園より 2色のデカチャンプ(ジャンボピーマン 若い緑と完熟した赤色)

 

 

「鳴門直送鮮魚料理」

・ボラのポワレ デュクセルシャンピニオンのソースとサルボエビのソース

 眞嶋農園のみさきキャベツとパンチェッタの蒸し焼きと、レンズ豆と大根の煮込み

 

 

「お肉料理」

・北海道北見 poro wacca (ポロワッカ)から届く熟成の鹿もも肉のロティ

 鹿の骨からとった出汁と赤ワインビネガー・はちみつの甘酸っぱいソース

 村上農場の熟成したジャガイモのマッシュポテトと眞嶋農園のお野菜

 

メインのお料理に関しても色々と伝えたい気持ちが湧き上がっているのですが、

残念ながら、この絶妙なお料理のクオリティを表現する知識と語彙力を持ち合わせていないので…

細かい感想はさておき、お料理の説明と画像のみで感じとっていただきたい!
 

 

鹿肉に臭みが全くなく、こんなにも柔らかいなんて~!
シェフが調理前の鹿肉を持ってきてくれました。
まさかのこの状態!

シェフの経歴からすると当たり前ですが、処理が完璧なんでしょうね。

 

 

「デザート」

・自家製 2色のアイスクリーム (ショコラときなこ)

 完熟の柿のソースとキャラメルソース 小さなアーモンドのパウンドケーキ




これもまた、ランチでも驚愕のスイーツでしたが、
どこかにパティシエ隠してるんじゃないの?!というレベル。
カフェじゃないのは重々承知ですが、デザートだけでも食べに来たい!

 

食後はコーヒーか紅茶が選べますが、ティーセットも素敵だ~!

 

 

これだけの内容をこのお値段で提供してくれるなんて、バツグンの高コスパ!
カジュアルに楽しんでいただきたい。というシェフの気持ちに感謝しかないです。


 

ちなみに、ランチは日差しが明るい店内のまた違った雰囲気で、さらに“映える”写真が撮れますよ。

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので、とりあえず画像だけでもお届けしておきます(笑)

 

 

芸術系の大学出身でアートに精通してそうでハンドメイドが得意そうな(←これまた勝手なイメージ)
看板アートも手がけるオシャレなホールスタッフさんもの対応もとても丁寧で、
とにもかくにも至福の時間を過ごせました。

 


 

店名の“ビステリア”はビストロ×オステリアの造語だそうで、

その名の通りの、本格的なビストロ料理と多彩なイタリアンの両方を

存分に楽しむことができました!

 



ランチタイムは、定休日の月曜と火曜を除く12:00~15:00 (L.O.14:00)
ディナータイムは、 18:00~23:00 (L.O.21:30)

くわしい店舗情報はこちら→ 『Bisteria Satollo / ビステリアサトッロ』

 

 

 

ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ
 

GARDENがプロデュースする、スタイリッシュでリーズナブルなワインダイナー
Y's Diner / ワイズダイナー 

 

 

自由が丘の喧騒から少し離れ、奥沢駅すぐそばにある『ワイズダイナー』は、

お肉のグリルとパエリアが人気なレストランです!

ワイン好きのオーナーが揃えた各国のワインや、自家製のスパイシーなサングリアもおすすめです。

【自由が丘.net特典】で 「プチデザートのサービス!」

 

店舗情報はこちら→『Y's Diner / ワイズダイナー』

 

自由が丘.netさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス