プロ家庭教師 六甲台キャンパスのブログ

テーマ:

「苦手科目の挽回」

「塾なし中学受験」

「中高一貫校入学後の挽回」

この3つを専門にしている

プロ家庭教師六甲台キャンパスです

 

「中堅私立中受験より公立トップ校

ほうがマシですよね・・・」

 

教育相談で時々保護者の方から

出るお話です。

 

そこで、中3の昨年の五ツ木模試

のデータを確認してみると

 

第5回(10月15日実施データ)

*受験者数が年間で1番多くなる

時期の模試結果です。

 

学校別平均偏差値

(合格ラインはこの3~5上)

 

北野高校(文理科)69.4

茨木高校(文理科)64.6

大手前高校(文理科)64.1

天王寺高校(文理科)67.0

奈良高校 67.4

神戸高校(総合理)70.8

堀川高校(探求)67.1

 

上記の学校はそれぞれの地域の

保護者の方に評価が高いと思わ

れます。これらの学校は程度の

差こそありますが、学校の内申が

トップレベルを必要とされる場合が

大半です(5教科だけでなく、副教

科も)

 

プロ家庭教師六甲台キャンパスで

は毎年数名のリベンジ受験を行っ

ていますが、高校受験で公立トップ

校等に進学した生徒さんの成績の

通点は・・・

 

・学校の内申は5教科オール5

 (5段階評価)

 

・副教科の内申平均4以上

(北野高校はオール5に近い)

 

・五ツ木模試平均偏差値70以上

 

・中1からトップ校に向けて勉強

 

上記のような状況です。

中学受験とは比較できないですが、

それ相当の大変さはあると思うの

です。

 

ちなみに、この「リベンジ受験」です

が、成功される生徒さんの中学受験

時代の結果にも特徴があります。

 

・志望校合格にあと数点であった

(学校から点数が開示されている場合)

 

・併願校には合格している

 

・中学受験の勉強開始が遅かった

(小5でスタートできていない)

 

・習い事を真剣にやっていた経験が

ある

 

中学受験の魅力はたとえ「中堅校」

と言われる学校でも難関国立大学進学

者や医学部進学者が毎年一定数以上

出ているころです。高校受験の場合は

公立トップ校に行けない時点でトップ校と

の差が非常に大きくなる面も注意が必要

です(難関国立大学や早慶、医学部医学

への進学者数が激減する)

 

内申書で高得点をとれないタイプの生

徒さんの場合はその時点で公立トップ

校は黄色信号になってしまうかもしれ

ません。

 

上記から

 

「今、頑張ること」

「今、全力を尽くすこと」

「今、目標に近づくこと」

 

ここが大切に思うのです。

 

今、頑張れる子は

この先もまた頑張

れる可能性は非常

に高いと思うのです。

 

「中堅校受験より公立トップ校のほうが・・・」

 

上記を言い切るためには、今、出来る限

り頑張って「結果」を残すことが大切に思

うのです。今、必死に頑張ることが万一、

志望校が駄目で公立トップ校やリベンジを

目指すことになったとしても生かされると

思うのす。

 

すべての人に当てはまらないとは思いま

すが少しでもヒントになることがあればと

思います。

 

「プロ家庭教師六甲台キャンパスHP」
「お問い合わせ」

<<=HPをご覧頂けます。


テーマ:

「苦手科目の挽回」

「塾なし中学受験」

「中高一貫校入学後の挽回」

この3つを専門にしている

プロ家庭教師六甲台キャンパスです

 

朝晩、だんだん冷えてきました。

 

・なんでまだテレビ見る余裕あるねん!

・ゲームしたい??・・・信じられん

・えっ、遊びに行きたいって!?

・なに呑気に寝てるねん!!

・答え写してる・・・・

・偏差値たりない・・・

・過去問の点数が・・・

・また、計算ミス また、うっかりミス

 

いろんな気持ちが交錯している

かもしれません。ただ、これほど

濃密な親子の時間はもう最後か

もしれません。

 

中高生になった生徒さんたちに話

を聞くと、多くが

 

部活が・・・

友達と・・・・

学校が・・・

 

と親離れが加速しているようです。

完全に反抗期に入る子も中には

いるようです。

 

親の前ではクールを決め込んだり、

つれない感じの子も多いと思うの

ですが、進路を考えるような年齢に

なった生徒さんたちと話すと・・・

 

「お父さん(お母さん)みたいに仕事

頑張る人になりたい」

 

「お母さん(お父さん)いつも応援して

くれてるから頑張らなあかんねん」

 

どうやら「応援」は心に残るようです。

そして、子供は親が思う以上に親の

姿を見て影響を受けているようです。

 

(注)

受験校を含め、親の思いを押し付け

たり、選択肢を与えなかったりすると

その反動が中高生以降に影を落とす

報告も受けています。

 

否定語のシャワー浴びせ続けると

逆にその方向に向かって行くことが

多いかもしれません。

 

12歳の受験生との格闘はあと93日

です(関西中学受験)そして、これほど

濃密な親子の時間も93日で終了です。

 

「応援」の気持ちを忘れずにラスト93日

を過ごしたいものです。

 

新年度に向けてのご相談もお受けして

います。

 

「生徒募集と指導に対する考え」

「教育相談受付」
「プロ家庭教師六甲台キャンパスHP」
「お問い合わせ」

<<===クリック


テーマ:

「苦手科目の挽回」

「塾なし中学受験」

「中高一貫校入学後の挽回」

この3つを専門にしている

プロ家庭教師六甲台キャンパスです

 

入試が近くなると、学校に対する

いろいろな情報が増えてきます。

その昔は通っている生徒さんに

1つ1つ確認したこともありますが

・・・

 

志望校に関する情報でどうしても

気になることがある場合は通われ

ている塾の責任ある立場の先生

に確認することをおすすめします

(先生の反応を読み解くこが重要

なときもあるかもしれません)

 

また、保護者の方同士の情報交換

も注意が必要な場合があると思うの

です。お子さんが志望大学に進学

出来たか、成績が上位にいるか、

部活動が充実しているか等で同じ

学校でも評価が全く違うことも多い

です(お預かりしていた生徒さんの

保護者の方からの報告)

 

(注)

我が子が志望大学に進学出来な

かった場合は、一般的に評価の高い

学校でも、その保護者の方の学校

評価は非常に厳しい場合が多いで

す。

 

学校選びに関しては出来る限り学校

に直接接する機会を多くして「感じる

こと」が大切に思うのです。保護者の

方の感じたこと、子供さんの感じたこ

とがその学校との「相性」「ご縁」のよ

うな気もします。

 

すべての人に当てはまるとは思い

ません。考えるきっかけになること

が少しでもあればと思います。


「プロ家庭教師六甲台キャンパスHP」
「お問い合わせ」

「教育相談受付」

<<=HPをご覧頂けます

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス