プロ家庭教師 六甲台キャンパスのブログ

「苦手科目の挽回」

「塾なし中学受験」

「中高一貫校入学後の挽回」

この3つを専門にしている

プロ家庭教師六甲台キャンパスです

 

五ツ木駸々堂模試特別会

が終了しました。推薦入試

でこちらの模試を活用され

る場合は、今回までが成績

証明書対象回の学校も多

いです。

 

<参考>

 

特別会平均点

(偏差値50)

 

小6(2019年度)

国語48点

算数43点

理科39点

社会43点

 

小6(2020年度)

国語55点

算数42点

理科35点

社会42点

 

小5(2019年度)

国語49点

算数49点

理科53点

社会51点

 

小5(2020年度)

国語49点

算数35点

理科50点

社会47点

 

小6受験生のZOOM

教育相談はあと4名

です(12時現在)

 

来年度に向けての

体験授業も受付中

です。

 

中高生の挽回指導

記録もたくさんあり

ます。教育相談・

体験授業などから

お声をかけて下さい。


「プロ家庭教師六甲台キャンパスHP」
「お問い合わせ」

<<===クリック

「苦手科目の挽回」

「塾なし中学受験」

「中高一貫校入学後の挽回」

この3つを専門にしている

プロ家庭教師六甲台キャンパスです

 

「併願校どうしよう」

「逆転合格できるだろうか」

 

たくさんのプロ講師の

合格指導記録をもとに

少しでもお役に立てる

情報を提供出来れば

という企画です。

 

プロ家庭教師六甲台キャン

パスでは、

 

最難関中レベルの学校

==>

 

・大手塾主催の冠模試

・大手塾の公開模試

 

ここを重視して生徒さん

たちにアドバイスさせて

貰っています。

 

最難関中以外の進学校、

関西有名大学附属中

===>

 

・五ツ木駸々堂模試

・芦研模試

(兵庫県内の私立校)

 

こちらの成績重視で

アドバイスさせて貰っ

ています。

 

上記以外では

「過去問題との相性」

ここも外せません。

 

同じレベルの学校でも

出題に特徴がある場合

もあります。配点も異な

ります。

 

科目担当講師により

子供さんの志望校に

対する評価が大きく

変わることもあります。

最重要科目の算数

講師の評価は特に

慎重に聞いておくこと

が大事な場合も多い

です(関西中学受験)

 

ただし、近年の中学

受験はアラカルト入試、

英検加点などいろいろ

な制度があり、偏差値

だけでは測れない場合

もあります。ここは注意

が必要です。

 

(注)

英検加点を実施してい

る学校は偏差値通りで

はない事象が起こりや

すいです。社会で大逆転

する生徒さんも毎年いま

す(アラカルト入試)

 

また、小6受験生の場合、

志望校に対する「正しい

情報」が重要だと痛感

します。情報による差も

非常に大きいです。

 

逆転劇が起こりやすい学校、

起こりにくい学校はデータで

かなり出ています。「合否分

布表」による客観的データ

に基ずく判断も非常に重要

です。

 

10月以降、お問いあわせが

特に多いため、11月の1ヶ月

限定で

 

「小6志望校相談」

(ZOOM限定)

 

を10名限定で行います。

(有料・外部生限定)

 

料金は「教育相談」を

参考にして下さい。

 

志望校のご相談は通常、

神戸事務所のみで実施

してきましたが、ZOOM

希望があまりに多いため

10名限定で実施させて

頂きます。

 

申込は明日、25日(月)

午前9時スタートで定員

になり次第、終了とさせて

頂きます。

 

併願校どうしよう?

逆転合格出来るの?

 

このあたりの具体的な

情報を提供できればと

思います。

 

良かったら「お問い合わせ」

からメールにてご連絡下さい。
 

「教育相談受付」
「プロ家庭教師六甲台キャンパスHP」
「お問い合わせ」

<<=HPをご覧頂けます

「苦手科目の挽回」

「塾なし中学受験」

「中高一貫校入学後の挽回」

この3つを専門にしている

プロ家庭教師六甲台キャンパスです

 

教育相談に多いテーマなので

再掲載しておきます。

 

「中学受験 偏差値50の価値」

<====クリック

 

これに続く第二弾です。

 

これまでたくさんのブログで書

いてきていますが、中学受験の

偏差値50の価値は低くなく、ま

た中学受験は12歳の「子ども」

の受験のため保護者の方の

 

「見守り」

「励まし」

「状況把握」

 

ここで助けられる子が多数いる

ことは何度も取り上げてきました。

 

(例)

「見守りは重要」

<===クリック

 

そして、いよいよ中学受験で

偏差値50を超えると、次の目

標は偏差値50をどれだけ超え

られるかです。勉強法もバージ

ョンアップが必要です。

 

ちなみに、中学受験偏差値50

価値がどれだけ低くないか具

体例を挙げると関西有名私大関

関同立附属校や卒業生の多くが

国公立大学に進学している進学

校が視野に入ってきます。

 

中学受験偏差値50の子が高校

受験をすると公立トップ校や難関

進学校に多数進学している実例

もあります。

 

「合格実例」

<===クリック

 

<偏差値50を超える勉強法>

 

・1問を深く考える

 

「5分考えたら答えを見る」のよ

うな勉強法は真逆になると思い

ます。

 

時には何日もかけて挑戦し続け

ことも大切


・トライ&エラー

 

勉強してきた基礎(原理原則)を使

いながら、とにかく、試してみる、

調べてみる、工夫をするを大切に

する。

 

算数だと「式を立てる」「図を書く」

「計算を工夫する」などは普段から

の意識が重要だと思います。

 

・答えを見せない

 

偏差値50を大きく超えていく生徒

さんの保護者の方で解答解説を宿

題を終えるまで保管するなどの工夫

をされている場合も多いです。

 

・自立(自律)

 

偏差値50を超えれば超えるほど

求められるのが「自立(自律)」です。

 

難関校ほど入試問題でどれだけ

「精神的に大人か」を試して来ます。

先生たちもさすがです。ひっかけも

高度になってきます。それらをはね

かえすためには普段から

 

「自分の頭で考える」

 

ここが非常に大切になってきます。

この「量・時間・質」ここを大切にし

ていないと、応用問題をどんどん

解ける子になかなかなりません。

パターンを外されると苦戦すること

が多いです。

 

・基本問題・典型題・標準

問題でのミスを極力防ぐ

 

ここに心から気が付くと偏差値60

台の世界が見えてきます。また、

別の視点として「質問をよく読む」

ここもミス防止の視点で見逃せま

せん。

 

(まとめ)

 

偏差値50を超えるためには勉強

法もそれに応じてバージョンアップ

が必要です。

 

中学受験偏差値50を超えればこ

るほど「宿題をやってればいい

でしょ」ではなく、「やり方」や「精神

面」も問われると思います。

 

「指導に対する考え」(重要)

<===クリック

 

「教育相談受付」
「プロ家庭教師六甲台キャンパスHP」
「お問い合わせ」

<<=HPをご覧頂けます