法政大学自主マスコミ講座ブログ

法政大学自主マスコミ講座ブログ

「表現する仕事で社会に貢献したい!」学生を応援する講座

自主マスコミ講座の授業内容、選考会のお知らせ等を中心に、
自主マスや法政大学に関する様々な情報を紹介していきます。

授業内容:13:30start 自己紹介(30min)

→グループワーク お題「みんなで作ろう売れない時代の売れる雑誌」(1.5h)

     →業界についての質問コーナー(30min)

          →就活に関して、なんでも質問コーナー(30min)  16:30fin

 

授業感想

グループワークのお題は「売れない時代」であるという点が鍵になっており、今現在の雑誌事情と照らし合わせることで、逆にどのようなコンテンツ、どの様な売り方なら読者は積極的に買おうとしてくれるのかを深く考える必要があった。

その点に関してはコースのメンバーも考えられていて、優勝したグループのアイデアである「推しに貢ぐ」という心理を使って購買意欲を高めさせる手法が評価された。

総括の際は、逆に優勝できなかったグループに何が足りなかったのかという講評をいただいた。その総括では、「顧客層が狭い」「独自性が足りないため雑誌としての価値が弱い」という評価があった。確かに目新しさばかりを求めて顧客層を無意識に絞る選択肢をとってしまう班が多く、「その業界について全く知らない人」に向けて売ろうという意志を感じさせる班は少なかった様に見える。あらゆる層や顧客のことを想定して売る手法を考える思考力が必要なのだなと感じた。

その後の質問コーナーでも、仕事のやりがいや編集部の裏側など、様々な視点、角度から質問が飛び出して、出版業界について知ろうという強い意思が感じ取れる雰囲気となった。