こんにちは

印象スタイリスト  hakkaku  石松 利栄です


週末2週続けて大掃除しました


1番片づけたかったものは
大量のファッション雑誌


2015年からたまってた(苦笑)


仕事を始めた頃
一生懸命切り抜きしてたんですよね


最近は必要な情報や画像収集はネットなので
雑誌を買うことが減ってほったらかしでした


掃除ついでに
ムスコのマンガスペースと
私の推しメンコレクションスペースを確保しようと
本棚も整理してたら


懐かしいものがいっぱい出てきました


ウン十年前帽子作りを学んでたころのノートや
グループ展をしたときのポストカード


学んでたクラスもグループ展の人も
服飾のプロやソーイングが趣味だった人ばかりで


帽子作りを学びに行くために針から揃えた私とは
雲泥の差の人たちでした(笑)
先生がよく受け入れてくれたと思う



私が学びに行った理由は
サイズの合う帽子が少なくて
あってもインポートで高いから


まだ帽子コーデが一般的じゃない頃だったので
「だったら自分で作ればいい」と
小さな新聞記事の「生徒募集」を見つけて
通ったんです


技術なんてまるっきりないから
何をするのも時間がかかりましたね


でも帽子が好きだったし
作ることもとても楽しかった


今ではまったく作らないけど
自分のスタイリングにも
お客さまへの提案にも役立っているので
学んでよかったと思ってます


あの頃、帽子の先生が話してくださった言葉で
忘れられないのが


かぶれたらそれはもう「帽子」なの
ファッションだから
常識にとらわれなくていい


人は自分のほしい言葉を
自分のいいように解釈すると思うけど
私にはそれは「支え」になる言葉でした


帽子の話だけじゃないんですよね


常識にとらわれず
私らしくあればいい


いいんですよ
やりたいことをやれば


あっ
また話が違う方向にいきそう(笑)


ではまた




 

website ⇒ www.hakkaku-styling.jp

mail ⇒ info@hakkaku-styling.jp

メニューはこちら ⇒ service

お申込みはこちら ⇒ contact