こんにちは

印象スタイリスト  hakkaku  石松 利栄です


咳がなかなか治らないので
この3連休は家に引きこもり


本を読んだり
ドラマを見たり


めずらしくごはんもいろいろ作って
おだやかに過ごしました
だし違いの手抜き鍋料理が3日続くこともあるわが家(苦笑)


今年はできるだけ
読書やドラマ・映画の時間を持とうと思ってます



この連休で一気に観た
『応答せよ1988』

{64F07143-3A88-487D-A5B8-22C0A518D73C}


1988年、ある町に住む住人たちの物語


若い子たちのラブコメだと思ってたら
ちょっと違ってた(笑)


恋の行方は⁉︎っていうのは
話の軸ではあるんだけど


そこに
親子や夫婦
今ではあまりないご近所さんなどが
助け合いながら生きていく姿が描かれてました


私の年齢だと
ドラマ後半の親の歳になるんで


さりげなく支え合う夫婦だったり
うまく言葉にできないでいるけど
いつも心にある子への思い


そっちに感情移入しちゃって
もうね、号泣笑い泣き


若いときだとたぶんわからなかっただろうから
こういうとき、歳とっててよかったなって思う


このドラマ、韓国で大ヒットしてて
子供たちを演じた俳優さんたちは
その後、ドラマの主役で活躍したり
演技賞なんかも数々受賞してるんですよ


1988年が舞台だから
「こんなのあった〜!」みたいなものが
いろいろ出てきます


ケミカルウォッシュのジーンズや
「ジャンパー」をよく着てたり
ブルゾンという言葉が似合わない(苦笑)


やけにデカいパソコンだったりね


親のファッションも笑うほどダサいんだけど
それはそれで懐かしいんです(苦笑)


長編ですが、お時間があればおススメ100点します!






 

website ⇒ www.hakkaku-styling.jp

mail ⇒ info@hakkaku-styling.jp

メニューはこちら ⇒ service

お申込みはこちら ⇒ contact
 

 

こんにちは

印象スタイリスト  hakkaku  石松 利栄です


今年のお正月は
「これぞ、寝正月!」
ってくらい寝ました


その合間にブログやFacebookを見てると
みなさん、いろんなところに出かけてますね〜


私は例年実家に行って、初詣して、くらいで
旅行とかも行かないですが


今年はめずらしく
実家の帰りに梅田にちょっと寄る予定にしたので


カシミアセーターにスキニーパンツを合わせ
ロングダウンコートで出かけました


ふだんロングダウンって
寒い早朝に出かけるときしか着ません


でも
実家→山なので寒い
初詣→夕方なので寒い


それなのに
寄り道する梅田(しかもヨドバシカメラ)は
空調が効きすぎてる


ってことで
インはできるだけ薄着して
脱いでも軽く持てるアウターを選びました
私のダウンコートは超軽量なんです(笑)



この冬はダウンが復活してましたが
一時期

ダウンコート=オバさまのアウター

のイメージだったと思うのは
私だけでしょうか?


{798A9FCA-5336-4127-B657-4C7D5A629D6B}


阪神間に住んでると
たしかにロングダウンが必要なほど
寒くはないんですよね


なのになぜオバさまは好んで着るのか?
って思ってたんですが


自分がその歳になってわかったこと


ダウンの軽さがラク
なんですね


おしゃれもしたいけど
重さやフィット感、着心地が
自分のスタイリングでとても気になるのが
私のようなアラフィフ世代なんでしょうね


だからこそ
アラフィフ世代に気をつけてほしいと思うこと


着心地と見た目の印象の
どちらも大切にしてほしい


どちらも大切にできるはずなんです


たとえばダウンを着るなら
サイズ感やキルティングの幅


後ろ姿をチェックしてみてください


あなたの身長から考えて
ロングダウンを着たバランスは
美しいバランスですか?


ダウンの厚み
実際のあなたより大きく見せてませんか?


ダウンってどうしても着ぶくれしやすいですからね

{D32CE14C-3B2D-4B6A-BB38-C6B25B00D1EE}


セールも始まっているので
ダウンコートの購入を検討されてるなら
ぜひ細かくチェックしてみてくださいね


年の初めに
「自分世代のおしゃれってなんだろう」
そんなことを考えたのでした





 

website ⇒ www.hakkaku-styling.jp

mail ⇒ info@hakkaku-styling.jp

メニューはこちら ⇒ service

お申込みはこちら ⇒ contact
 

 

あけましておめでとうございます


リスタート…
そんな言葉が元旦の朝浮かびました


{A0D4B60B-93C6-4500-94E8-97B7E1DB49F0}


そのとおりだなぁ


気づかないように
見ないように
近づかないように
できるだけそうしてきた数々のことがらに
向き合うときが来たようです


きよっさんじゃないけど
小さいことからコツコツと!


がんばる運ならがんばるしかないですね


{B2924B6B-609A-4551-8EDA-54EE69FE5E28}


正月なんでちょっとマジメに(笑)


いつものように玄関を飾る義母の花
いつものようにお酒が入ってから詣る神社


26年目にして初めて撮りました


今年もなにとぞよろしくお願いいたします


印象スタイリスト
hakkaku  石松 利栄