こんにちは

印象スタイリスト  hakkaku  石松 利栄です


私のパーソナルカラー診断のメニュー内容は
大きく分けて2つ


①お似合い色の診断
外見(肌)と内面(性格や考え方)の両方から
似合う色を診る

②メイク
お似合い色のコスメを使ってのメイク


素顔にドレープ(色布)をあてて診断し
そのあとにメイクしています


似合うコスメの色を教えてくれる診断はあるし
メイクを教えてくれるカラーリストも
たくさんいますよ


でも診断時にメイクもするのは
そんなに多くないらしい


「診断とメイクは別コースにすればどう?」


そんなアドバイスもいただくのだけどね


そう言う人は、ほぼ男性(苦笑)


メイクの重要性がわかってないから
の言葉だと思ってる



私がメイクをする1番の理由は
最初にメイクの似合う色を知ってほしいから


女性はほぼ毎日メイクするでしょ?
メイクして服を着るでしょ?


そのメイクの色が似合う色じゃなかったら?


似合う色の服を選んでいても
似合ってるように見えないことになる


せっかくなのにちっとも映えない


だからメイクの色から基本を知って
「自分」を知ってほしいんです


なかでも特に「ファンデーションの色」ね


これは何年もパーソナルカラー診断をしてきて
年齢問わず多くの女性に会って思うことなんだけど


ファンデーションが肌と合ってない人が多くて


聞いてみると
こういう場合ほとんどが「自己診断」なの


いまどき肌より白くするなんてないだろうし
どこに基準を置くかで選ぶ色はちがうだろうけど
まず「基本」を知る


そこから少しずつゆっくりと
自分らしさを表に出していけばいいと思うんです




そしてもう一つ理由があって


それが

お客様自身が
すぐ、その場で、似合う色を実感できるから
メイクをする


正直なところ
ドレープで肌の変化を見てるだけよりもっとわかる


「似合う色=肌になじむ色」がわかると
好きとか嫌いとかいう話じゃなく
その色を素直に受け入れられるんです


だから診断時にメイクもする


これが変えられない私のこだわりなんです




 

website ⇒ www.hakkaku-styling.jp

mail ⇒ info@hakkaku-styling.jp

メニューはこちら ⇒ service

お申込みはこちら ⇒ contact