初めてご訪問の方】→ こちらをお読みください。

【学校訪問、イベントの様子】は、→カテゴリー『啓発活動』講義記録 をご覧ください。

------------------------------------

 

 

8月10日、毎年恒例アイドッグの次世代チーム主催の『夏休み自由研究~保護犬新聞作り~』を飯田橋の会場にて行います。定員30名のところ、店員オーバーのお申し込みを受けての開催となりました。

 

その前に7月31日に行った、平日の第一回目の様子をお伝えします~

 

新聞作りの前に、保護犬についての解説。

いつものように、犬を飼ったことのない子にも前情報をお伝えすべく、

犬を飼うってこと の大変さ、難しさ、飼ったら必ず最後まで面倒を見なければいけないというお話を電子紙芝居でします。

 

でもね

それだけの苦労をしてもあなたが得られるもの、それはきっと『愛』

たったそれだけのことを自分にとって大事なこと、かけがえのないものと思える、

 

 

そんな人だけが犬と家族になってください

 

そういうお話をします。

 

そのあとに、現在の犬にまつわる日本と外国の扱いの差や、動物愛護センター、多頭崩壊、ブリーダー崩壊など、様々な問題を解説します。

 

前半を終えて

 

 

いよいよ新聞作りです。

 

私たちも今4年目に入り、どうしたら充実した資料を提供できるのか、どうしたら皆がサクサク作れるのかなど研究して、工夫に工夫を重ねて、今年はさらにパワーアップしました。

 

 

2年前は、どの机にも時間内に全然手の進まない子たちが半分以上いました。

私たちが回ってずっとアドバイスし続けていました。

 

それが今回はほとんど皆さんとお母様だけでどんどん作成していってくれています。

 

今日も楽しみです。

 

あとこの企画は18日を残すのみとなりました。

お申込みはこちら

 

すでにお申し込みは定員に達していますが、今年は一番大きな部屋を二つ予約しているため、あと少し受け入れできそうですので、満員御礼を出さずにいます。

 

もし興味のある人がいましたら、8/18をお申し込みください。

※見学も受け付けています。

お問い合わせはこちら

 

----------------------------------------

 

●次世代チームの今後の予定

8月18日 夏休み自由研究「保護犬新聞作り」3

9月1日  反省会とミーティング 夕方 納涼会

9月14日 江戸川区N小学校訪問

10月5日 葛飾ボランティアセンター協賛東京シューレ里親会

10月31日 江東区D小学校訪問

11月16日 板橋区S小学校訪問

11月30日 船橋市T小学校訪問

 

 

 

初めてご訪問の方】→ こちらをお読みください。

【学校訪問、イベントの様子】は、→カテゴリー『啓発活動』講義記録 をご覧ください。

------------------------------------

手作り新聞を作ろう!

  夏休み自由研究「保護犬」ってなあに?

  ~夏休みイベントのお知らせ~ 

 【参考】

昨年の様子はこちら

 

●1回目

https://ameblo.jp/aidog20141001/entry-12395953128.html

 

●2回目

https://ameblo.jp/aidog20141001/entry-12398060210.html

 

   

日時:7月31日(水)・8月10日(土)・8月18日(日)

      ※いずれかご希望の一日

   午後1時30分~3時30分 

 

会場:東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階

   東京ボランティア・市民活動センター (飯田橋駅となり)

 

対象:小学3年生以上 (ご弟妹の方のみ、小1、小2生の参加可能)

   中高生の自由研究レポート作成も可(お手伝いします)

 

材料費:500円

持ち物:筆記用具、ハサミ、のり

 

●当日は、作業の前にパワーポイントを使って子供たちへの講座

『犬を飼うって素敵ですか』を行います。

※講座は会場を暗くして行います。講座の間のみ、未就園児のつきそいは

ご遠慮お願いします。

 

●お申込み方法

こちらのフォームからお申し込みください。

https://ws.formzu.net/fgen/S2128319/

 

℡ 080-7898-7495

(お電話でのお申し込みは受け付けておりません)

 

主催:アイドッグ・レスキュー隊次世代チーム

 

次世代チーム活動報告です。

初めてご訪問の方】→ こちらをお読みください。

【学校訪問、イベントの様子】は、→カテゴリー『啓発活動』講義記録 をご覧ください。

------------------------------------

 

 「次世代の子供たちへの啓発活動」

会場 品川区源氏前小学校

参加生徒 小学生 5年6年 57名

動物愛護についての作文を書くための授業

------------------------------

 

6月8日、次世代チームは出張授業に行ってまいりました。

 

朝早く到着すると学校全体で運動会の練習をしている賑やかな様子。

太鼓や生徒さん達の勇ましい応援団の声などをBGMにシステムの立ち上げ、マイクの調整を行いました。

 

この日の参加メンバー

パワポ ピース母さん、ナオナオさん

朗読 ケイトさん、モカ母さん、羊さん、ミナト

触れあい犬は無し

 
運動会の練習を終えた生徒さん達も揃い、スライドを交えて次世代活動出張授業開始。
緊張感溢れる瞬間です。
 
この日の授業は先日ミーティングで話し合い、新しい試みも織り交ぜてあります。ピース母さんが徹夜でアレンジし、毎回学校により違うオリジナルの台本なのです。

朗読は慣れることなく毎回気が張ります。
 
最後の質問コーナーでは今までになく質問が相次ぎました。
 
 
運動会の練習を終えて暑い体育館に入ってきた時と授業終えかけた今、生徒さんの顔つきが全く変わっています。
 
シーンとしたなか、次々に手が挙がります。
代表のケイトさん、どんどん質問に答えます。
 
東京にある保護施設は何ヵ所ですか?
今までに何頭の保護犬を助けたのですか?
保護犬を引き取る時にお金はかかりますか?等々
そして最後に、
 
何故 犬を殺処分するのですか?
 
あるメンバーは最後の質問にキター!と思ったそうです。
私もそう思いました。皆同じだったと思います。
なんで殺処分があるんだろう…と思い、そうならない犬をもっと増やしたいから、それをなくすためにどうすればいいのだろう、と感じて次世代活動チームで活動しています。
 
数人の生徒さんが引き上げる私たちを追いかけてきて、恥ずかしそうに書き損じや未使用葉書を差し出してくれました。
ありがとうございます。
保護犬を助ける活動に活かさせて貰いますね。
 
とても地道にゆっくり進む次世代活動です
でも柔らかな子供達の心に、保護犬を守りたいという気持ちが芽生えた気がして、大きなやり甲斐を感じた一日でした。
 

レポートはミナトさん

【初めてご訪問の方】→ こちらをお読みください。

【学校訪問、イベントの様子】は、→カテゴリー『啓発活動』講義記録 をご覧ください。

------------------------------------

 

 「次世代の子供たちへの啓発活動」

会場 練馬区豊渓中学訪問

参加生徒 中学生137名+保護者

------------------------------

 

先日、次世代チームは2019年1回目の出張授業に行ってまいりました。

 

次世代チームの出張授業を始めてから4年め。

今年になって、何人の生徒さんに伝え続けてきたかを計算しています。そのうち累計生徒数を書き込んでいきますが、今年中に1万人の子どもたちへの講座を達成しそうです。

 

続けることが大事!

メンバーの皆さんの士気は今年になってさらに上がっているようです。

この日の参加メンバー

パワポ ピース母さん、新人ナオナオさん

朗読 ちーさん、モカ母さん、けー子さん、コキリさん、ダイナさん、ケイト

犬担当 新人リエさん、スズキさん

 

中学生対象は、最近、一歩進んだフリートークを行っています。

これが時間の配分が大変・・・💦

 

今回は、私がこの保護活動を始めた13年前の話から。

当時はセンターの人たちを「処分機にかける敵」のように思っていましたという所からの初めての話をしました。

後ほど聞いていたメンバーから「面白かった・・」と言われ、ほっとしました。

 

そのあと今回の学校では、生徒さんをいくつかのグループに分けて話し合いをさせるという場面がありました。

 

一時、ピリピリムードで、「殺処分」に対して、真剣な話し合いが行われていましたが、最後に登場させたふれあい犬達を見て、一気にほっこりムードに。

 

今回の参加犬達は、

元保護犬のごうくん、ナナちゃん

そして里親募集中のパフィちゃん

 

預かりのリエさんが、今後も次世代チームに参加できる子を預かりたいと言って下さり、私たちを喜ばせてくださいました。