住教育から学ぼう〜

住教育から学ぼう〜

【住教育・住育】とは様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と
「住」を選択したり、見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる人間を育てることである。
(ウィギペギアより)
一般社団法人住教育推進機構 三ツ井仁

NEW !
テーマ:

リフォーム瑕疵保険をご存知ですか?

 

国土交通省
住宅瑕疵担保履行法サイト

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutaku-kentiku.files/kashitanpocorner/index.html

 

 

リフォーム時の検査と保証がある保険制度。

 

 

検査員による検査が実施されているところへ
同行いたしました。

 

 

図面通りに施工されているのか。
耐震補強は計画通りに施工されているか。
など、細かく検査されています。

 

完成すると見えなくなってしまう部分の施工。

現場検査により
その施工性が確保されていきます。

 

 

この現場は
リフォーム事業者団体登録されている事業者の現場です。

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000090.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もありがとうございます

 

新暦 平成30年11月19日
旧暦 10月12日

立冬(りっとう) 金盞香(きんせんかさく)

 

立冬(りっとう)とは
冬が始まる頃。
木枯らしが吹き
木々の葉が落ち
早いところでは初雪の知らせが届きます。
真冬の寒さに備えて
冬の準備を始める
「こたつ開き」の時期です。

 

金盞香(きんせんかさく)とは
水仙の花が咲きはじめる頃。
漢字やよみからは
金盞花を連想してしまいそうですが
水仙の花のことを表しています。
水仙は上品な香りと
育てやすさから人気のある花です。

 

 

 

『住教育』とは住まいの教育です。

 

「衣・食・住」という言葉があるように
『住まい』は生きていく上で必ず必要です。

 

一言で『住まい』と言っても、様々な選択肢があります。

 

一軒家が良いのかマンションが良いのか
購入せずに賃貸する方が良いのか
人それぞれライフスタイルなどで変わってきます。

 

一軒家を建てたいと考えた時
どこに頼むのが良いのでしょうか?

 

工務店、ハウスメーカー、地域の大工・・・
こちらも選択肢が様々です。

 

住まいとは
モノとしての住宅という意味だけではなく
住生活も含まれます。

 

雨風を凌ぐための建物としてだけではなく
豊かで快適な生活を送るために必要なものが住まいなのです。

 

住まいに関して学んでいただく事で
自分にとって快適な住まいとは何かを考え
住まいの選択ができる力を身に付けます。

 

住教育を通して
豊かで快適な住まいで暮らして頂けるように
「住まい」を様々な視点から学び
より良い住まい作りや住まい選びができるノウハウを提供する取り組みです。

 

 

 

 

一般社団法人住教育推進機構
http://www.jyukyoiku.org/

 

 


テーマ:

土の中から出てくる樹木があります。

 

神代。。。と呼ばれています
中には千年以上も地中に埋まっていた樹木が
掘り出されることもあるそうです。

 

一方で草や葉っぱは
すぐに朽ちてしまいます。

 

同じ植物なのに
大きく違いますね。

 

樹木・木材には
セルトロースとリグニンが
その成分として存在しています。

 

セルロースは
植物繊維でしなやかさを生み出します。

 

リグニンは固さを生み出します。
このリグニンが
自然界では分解しにくい物質なので
木材は長持ちする性質を有します。

 

そういえば
骨も長い年月地中に埋まりながら
残っていることがありますね。

骨は
炭酸カルシウムとコラーゲンで構成されています。

 

コラーゲンは
繊維状になった動物性タンパク質で
脆さを補うしなやかさを保ちます。

 

一方
炭酸カルシウムは骨の固さの重要な要素。

 

 

骨と木材。
植物と動物と全く別モノでも
似たような仕組みに支えられています。

固さとしなやかさの絶妙なバランスを保つ両者。
なかなかの優れものですね。

 

 

 

 

 

 

今日もありがとうございます

 

新暦 平成30年11月18日
旧暦 10月11日

立冬(りっとう) 金盞香(きんせんかさく)

 

立冬(りっとう)とは
冬が始まる頃。
木枯らしが吹き
木々の葉が落ち
早いところでは初雪の知らせが届きます。
真冬の寒さに備えて
冬の準備を始める
「こたつ開き」の時期です。

 

金盞香(きんせんかさく)とは
水仙の花が咲きはじめる頃。
漢字やよみからは
金盞花を連想してしまいそうですが
水仙の花のことを表しています。
水仙は上品な香りと
育てやすさから人気のある花です。

 

 

 

『住教育』とは住まいの教育です。

 

「衣・食・住」という言葉があるように
『住まい』は生きていく上で必ず必要です。

 

一言で『住まい』と言っても、様々な選択肢があります。

 

一軒家が良いのかマンションが良いのか
購入せずに賃貸する方が良いのか
人それぞれライフスタイルなどで変わってきます。

 

一軒家を建てたいと考えた時
どこに頼むのが良いのでしょうか?

 

工務店、ハウスメーカー、地域の大工・・・
こちらも選択肢が様々です。

 

住まいとは
モノとしての住宅という意味だけではなく
住生活も含まれます。

 

雨風を凌ぐための建物としてだけではなく
豊かで快適な生活を送るために必要なものが住まいなのです。

 

住まいに関して学んでいただく事で
自分にとって快適な住まいとは何かを考え
住まいの選択ができる力を身に付けます。

 

住教育を通して
豊かで快適な住まいで暮らして頂けるように
「住まい」を様々な視点から学び
より良い住まい作りや住まい選びができるノウハウを提供する取り組みです。

 

 

 

 

一般社団法人住教育推進機構
http://www.jyukyoiku.org/

 


テーマ:

クリスマスが近づくと目にするイルミネーション。

 

 

建物や街路樹が鮮やかな光に彩られる景観は
今や冬の風物ともなってきました。

 

そもそもイルミネーションはいつから登場したのでしょうか?

 

有力な説は16世紀。
光を飾るという概念を思いついたのは
宗教改革で知られるドイツの「マルティン・ルター」だと言われています。

彼は、夜に森の中で星を見て感動し
自宅の木の枝に多くのロウソクを飾って星を再現しようとしたそうです。

 

また
初めて電球を使ったのは
発明者自身である「トーマス・アルバ・エジソン」。

彼は発明品を宣伝するため
研究施設の周辺を電球で飾ったとされています。

 

 

日本での始まりは明治時代。

 

東京や大阪などで開催された博覧会(内国勧業博覧会)で
盛大な電飾が施されたり
舶来品を売る「明治屋」が銀座に進出し
毎晩イルミネーションを点灯したことが話題となり
次第に各地に広がったと言われています。

 

最新のイルミネーションには
LEDとハーフミラーを組み合わせ
より幻想的に演出するものや
見る人がスマートフォンから光を操れるものなどが登場しているようです。

 

 

 

 

 

 

 

今日もありがとうございます

 

新暦 平成30年11月17日
旧暦 10月10日

立冬(りっとう) 金盞香(きんせんかさく)

 

立冬(りっとう)とは
冬が始まる頃。
木枯らしが吹き
木々の葉が落ち
早いところでは初雪の知らせが届きます。
真冬の寒さに備えて
冬の準備を始める
「こたつ開き」の時期です。

 

金盞香(きんせんかさく)とは
水仙の花が咲きはじめる頃。
漢字やよみからは
金盞花を連想してしまいそうですが
水仙の花のことを表しています。
水仙は上品な香りと
育てやすさから人気のある花です。

 

 

 

『住教育』とは住まいの教育です。

 

「衣・食・住」という言葉があるように
『住まい』は生きていく上で必ず必要です。

 

一言で『住まい』と言っても、様々な選択肢があります。

 

一軒家が良いのかマンションが良いのか
購入せずに賃貸する方が良いのか
人それぞれライフスタイルなどで変わってきます。

 

一軒家を建てたいと考えた時
どこに頼むのが良いのでしょうか?

 

工務店、ハウスメーカー、地域の大工・・・
こちらも選択肢が様々です。

 

住まいとは
モノとしての住宅という意味だけではなく
住生活も含まれます。

 

雨風を凌ぐための建物としてだけではなく
豊かで快適な生活を送るために必要なものが住まいなのです。

 

住まいに関して学んでいただく事で
自分にとって快適な住まいとは何かを考え
住まいの選択ができる力を身に付けます。

 

住教育を通して
豊かで快適な住まいで暮らして頂けるように
「住まい」を様々な視点から学び
より良い住まい作りや住まい選びができるノウハウを提供する取り組みです。

 

 

 

 

一般社団法人住教育推進機構
http://www.jyukyoiku.org/

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス