少年サッカーよもやま話し

とある少年サッカーチームに属するコーチの体験談。
いい意味でも悪い意味でも少年サッカーにおけるよもや話しをしていきます。

NEW !
テーマ:
少年団のボランティアスタッフ(お父さんコーチを含む)は基本いいとこ取りなんです。
これには2つのパターンがあります。

① 外の世界(スクール、クラブチーム、他競技、プロコーチ等)で行われている意味のある有効なトレーニングを積極的にチームに取り入れ実戦している。

② スクール等に通い、技術を身につけ上達した選手の成果を少年団で練習した成果として考えてしまう。

①のいいとこ取りは、チームに新たなトレーニングを取り入れ、技術向上に前向きな姿勢。

②のいいとこ取りは、うちのチームによくあるパターン。完全勘違い。
上手くなったのはチームの練習の成果だと思っている。
はっきり言うと、チームで昔からやっているトレーニングを数年続けても技術向上している選手はいない。

うちのチームを例に挙げて言うと、どこのスクールにも通わずチーム練習のみで数年プレーしてきた選手と、スクール等に通いながら数年プレーしてきた選手との差はかなり開く。
これほどまでに差が出るのかと思う程、圧倒的な差が出ている。
選手個人の意識の差や環境の差を鑑みても、やはり差は大きい。

チーム練習のみでやってきた選手もそれなりにサッカーは出来るようにはなる。
しかし、それはあくまでも放課後の遊びの延長レベル。誰に教えて貰わなくても、遊びでサッカーをやっているだけである程度上達するレベルの域を出ない。

遊びのサッカーを否定しているわけではない。
意識の高い選手が、意識を持って意味のある有効なトレーニングを取り入れた上で遊びのサッカーも体験するから上達する。
本気で上を目指している選手の家庭が、放課後の遊びのサッカーだけで十分と考えている事はほぼないだろう。

チームの選手が上達したのは、その選手と家庭での努力の積み重ねである。
チーム練習の賜物といいとこ取りの勘違いはしないように。






にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。