大阪府枚方市にある 医)慈明会こうやま眼科 理事長のブログ

大阪府枚方市にある 医)慈明会こうやま眼科 理事長のブログ

大阪府枚方市にある医)慈明会こうやま眼科の公式ブログ。ホームページに書ききれない情報を展開します。

ご連絡遅くなり、申し訳ありません。

12月ですが、

12/3、4は網膜硝子体学会のため本院分院とも休診となります。

また

12/28から1/3まで冬季休暇とさせていただきます。

何卒ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

COVID19はどうやら命を奪うだけでなく、

 

人の心もむしばみ、人と人を分断するウイルスのようです。

 

iphoneができて13年

 

SNSが当たり前になり気が付けば

一億総芸能レポーターや一億総政治、経済評論家が出現したようです。

 

一か〇かしかない世界

 

黒か白しかない世界

 

日本には 例えば「赤色」だけでも何十種類もあります。

 

人間も物事も一つの色でしか判断できない世界は

 

とても悲しいと想います

 

お釈迦様は「六波羅蜜」ということをおっしゃいました。

 

昔 稲盛和夫氏は講演で、自分が会社を立ち上げたときこの六波羅密の気持ちは忘れずに

 

会社を経営していこうと思い今日にいたったとお話されていました。

 

今の世の中を見ると、この六波羅蜜の世界とはかけ離れているように思えてなりません。

 

自分が存在すると感じれるのは他者が存在するからです。

 

光がみえるのは闇の世界を知るからです。

 

自分以外の存在が自分を照らしてくれているのです。

 

人と人はそういう存在です。

 

この世界に自分一人だけを想像してください。

 

他に人がいるありがたさを。

 

 

 

「六波羅密」

 

布施:他人に対して財や行ないによって施しをする
 

持戒:自分を戒め、迷惑をかけず、日常生活の諸規則を守って人間らしく生きる。
 

忍辱:苦しいことがあってもじっと耐える。
  

精進:心身を精励し、あらゆる努力を惜しまない。
  

禅定:心を乱さず現在していることに心を集中させ、日常の一挙手・一投足を大切にする。
  

智慧:様々な修行を通し自分本来の姿に目覚める知慧(ちえ)を理解し、上記五つの実践を支える。 

 

ようやく

 

ようやく

 

日常がすこし戻ろうかとしています。

 

たった3か月での全国民の70%超に対するワクチン接種(世界的にみても稀有である)と

 

国民のウイルスに対する恐怖心とまじめな国民性なのか、一部の人間をのぞいて多くの人々が感染症対策を継続している

 

統計学的にみても科学的に見てもこの2点がCOVID19陽性者が減少した理由と考えられます。

 

国は第6波に向けて年末からの3回目のワクチン接種のスケジューリングを始めており、

 

私たちも出務の段取りになってきました。

 

 

血清カクテル藥がようやく皮下注射がみとめられましたし、

 

おそらく内服薬も英国、米国に続き緊急承認となるようです。

 

感染症第2類のままですと、外来レベルで処方投与ができませんので、

 

気軽に身近に処方できるようしていただければと切に希望いたします。

 

 

10月の私たちのなかでは一番大きな学会も多くの方が参加され、

地方会も戻ってきました。

 

地方への手術出張も通常通り私も行っています。

 

今月はの外来診療はカレンダー通りです。

 

何卒よろしくお願いいたします。